月別アーカイブ: 2015年7月

自然の構造デザイン

面構造システム、フレーム構造システム、ジョイントシステム
といったものがあるわけではない。
フレーム構造が面構造に取って代わり
また、ジョイントシステムがフレーム構造に取って代わったというのでもない。
これら三つの面、線、点に関する個々のメカニズムは
相互に作用する複合的な構造であり、
その中で変わっていくものは
それらの相互作用を見抜いて単純化された
構造に関するテクノロジーだけである。
つまり、自然が採用した構造を学びたければ、
テンセグリティ構造から始めるべきだ。

ノード

結合角度を統合的にかつ動的に
向上させることができるのは
テンセグリティが
ジョイントレスであるという理解は
多面体が固体(Solid)として見立てる習慣と変わらない。
テンセグリティジョイントは
圧縮力と張力を相互変換する重要なノードである。

人工気象

今年の夏は、雲が多く
霧の日も多い。
圧倒的に、湿度も増加している。
これは、地下での100トンものウラニウムの
存在と無関係であるはずはないだろう。
そのウラニウムはこれから一体
何トンの雲を発生させるのだろうか。
この気候が、1世紀も続く時
オリンピックを思い出す人類もいないだろう。

戦略的なゲーム

バックミンスター・フラーの後継者の見解にすぎないとされることが多いのだが、
<テンセグリティは美しいが、建築空間には使用できない>という
建築コードのユーザである建築家たちの考え方は、
私の考えとはおよそかけ離れている。
建築とは戦略的なゲーム(国立競技場の場合がそれを物語っている)のことであり、
テンセグリティが、最初の科学的構造であるということは
誰もが解っているはずのことである。

シェルター

シェルターについては、
〈所有する側と〉と〈所有しない側〉との対比や、
格差モデルや生産性の優位性を放棄しなければならない。
航空機がデザインされるときのように
安全性と軽量化によるモバイル性が
土地資本主義からの脱出手段を決定づけるのである。

自己複製

自己規律に反した従属的態度と
経済的自己複製から生まれる陳腐な詭弁
それらが、被曝後に著しく顕著になったのは
政治家だけではない。
地下で解放された2機の原子炉が
地下水と触れて水蒸気雲を吹き出している
事実を受け入れられない
すべての人々のエネルギーは
つねに、放射的である。

対比的構造

張力に統合力は内在する。
圧縮力も外在的なものではなく、
構造に生じる圧縮力の不均衡の結果としての張力作用が
やがて両者が相補的に等価の構造を生成する内的条件となる。
そして、稀に、圧縮力と張力は閉じた構造で対比的に調和する。
その構造とパターンのメタフィジックスの起源は
テンセグリティに始まる。
それは第2次世界大戦後だ。

軸角(axial)

幾何学でもっとも衰退した角度の概念は、
軸角(axial)と2面角である。
ダビンチの時代に一度復活したのは球面幾何学と共にである。
Axial 上反角は、飛行機の翼の水平面から上方に上がっている角度であり、
自動的に水平姿勢に戻す作用がある。
横揺れ安定性を向上させるのであるが、
人間にとっても身体中心部と言う意味がある。

砕くために

図と地が同時に見れないように
圧縮力と張力を同時に
理解できないという認識こそ
自己以外の何者も必要としない
自己の統御を砕く
テンセグリティにふさわしい思考である。
つまり、足場のない相互作用の
最初の創設システムに向けられる。

網膜を超えて

小さな要素の集合体として描く構造分析方法が
張力の統合作用を除外していても
誰も気にとめなかったのは
全体が部分の集合ではない存在を知識以上に見れないから
〈テンセグリティ〉という存在の明白さによって
すっかり盲目にされてしまったからかもしれない。
相補的であれ、補助的であれ、
張力の機能が熟考されないままに
人体も、細胞も、住宅も、
そして、太陽系も
意識の背後に残されてしまう。
網膜を超えて熟考する時に
真の構造はやってくる。

モデル言語とシナジェティクス

シナジェティクスを理解して自分の知識にしようとする
段階の好奇心からではなく、
自己からの離脱を試みるシナジェティクス・モデリングは
すでに形態(form)ではない。
操作主義的モデリングに極意などは存在しないが
モデル言語の言語化は一般化できない。
—————自己からの離脱以外に。

最初の<構造>

自己以外の存在を必要としない
自己充足の極限とその限界から
テンセグリティ構造の自律性が発見されたと見るべきである。
宇宙と自己の相互関係を捉える
ケプラー以後の
独創的なメタフィジックスから生まれた。
自然の構造を科学者が語る時
これほどまでに主体の倫理に
基づかなければならない構造はないだろう。
テンセグリティが観察から発見されなかった
自然の構造であるがゆえに、
テンセグリティの統合性の分析は、
自己の自己への関係によって規定された
最初の<構造>に関する分析である。

分離する抵抗

経済と政治の関係は、それほど基本的ではない。
哲学と政治の関係は、
科学と産業の関係と同じように基本的である。
哲学と科学は、
分離されて教育されてきた。
それは哲学的でも科学的でもない。
つまり、政治的なのだ。

回転と振動

テンセグリティは
テンセグリティの構成要素に拠って自律するものではない。
原子核が、核磁気共鳴から生まれる歳差運動と
互いにバネでつながれている
おもりの振動から生まれる格子振動によって
構造化されているように
テンセグリティは、
結合エネルギーによる
回転と振動で自律しているのである。
構造の分析の前提をことごとく破壊するテンセグリティは
原因と結果の閉じた論理的な循環から発見されなかった。

構造デザイン

テンセグリティの構造デザインが
最初は構造を構造自身から引き剥がす
限界構造という概念から始める時、
剥がされて露わになった残余が
建築ビジネス用のリダンダンシーである。
リダンダンシーこそが
つねに構造デザインを
自然の構造であり続けることを妨げるための
国家管理の装置の中に位置づけるものである。

受動性

圧縮材が張力を引き出し、
張力材が圧縮力を引き出す
テンセグリティは、
受動性を否定するシステムである。
しかし、このシステムは
固体の概念からは
作為として理解される。
弾性率(elastic modulus)の高さを
固体の概念に求めた数十万年間のモデル言語の不在によって
テンセグリティの振動が
受動性として感じられるのである。

固体建造費2250億円

構造については、
〈利害関係のある〉素材による構造とパターンと
〈利害関係のない〉リダンダンシーとの対比と
大地という基礎にすべての自重を流すモデルと
そして、
固体の優位性を放棄しなければならない。
<宇宙には固体は存在しない>RBF

安全システム

監視よりも安全システムに
関心が移行しつつある。
リダンダンシーの過剰から
許容の限界を拡大することで
完全に逃れられる
ある種の威嚇をでっち上げる。
監視よりも約束事で
支配の形態を再生産できる。

解離 (dissociation) のすすめ

テンセグリティ構造には、不連続性が存在し
圧縮力と張力は非鏡像的な相補性がある。
権力の組織間には、連続性が存在し
有機的な関係も生成されるが、
そこにはアナロジーも相似もなく
機構と様式の分類カテゴリーがあるだけである。
分類カテゴリーこそ
権力がリアリティを生成するプログラムなのである。
そして、われわれの教育過程でも頻繁に利用されている。
テンセグリティを学ぶことによって
人類はそれらのプログラムから短時間に
一時的にも解離できる。
この統合性の喪失なくして
テンセグリティによる統合が困難になるほど
概念の牢獄に繋がれているにちがいない。
非鏡像的な相補性こそ、
原子核に存在する宇宙の秩序の1つである。

統合性の定義

統合性という概念によって、
構造を定義し、規定し、組織し、
それを生活器とするための実践の具体性を志向する。
人生を費やして
個人はこの戦略を互いに自由に行使しうるものである。
しかし、統合性の定義は
自己の自己との関係を含むからこそ
テンセグリティモデルを
構成し、製作し、そして破壊した時に
最大の混乱がその定義から生まれるのである。

タイムラグ

圧縮材は張力材によって圧縮力を生むと同時に
張力材は圧縮材によって張力材を生む。
テンセグリティにおいては
この相互作用にタイムラグがあるので
構造に振動が生まれる。
あるいは振動が、圧縮力と張力の相互変換を
連続的に生成する。

逃走と包囲

テンセグリティにおける張力ネットワークは
圧縮材を攻囲し、圧縮材を介して、
そのネットワークは貫かれる。
しかもその圧縮材は、ネットワークを拠り所にする。
網の中で逃げ惑う無数の魚の個別の運動が
球状の網を形成するように
その網の半径は
魚の全方位的に逃亡する放射エネルギーだけではなく
球状に周回しながら円周方向に多角形状に衝突する魚たちの逃走を
包囲するエネルギーが維持しているのである。

自己認識のための最初のモデリング

テンセグリティのモデル言語が
自己認識と関わる時、
身体と細胞の構造とパターン
そのような構造とパターンを発見する方法とオペレーション
認識すべき対象として自己に配慮する絶えざる実践
思考形式を変容させるための様々な挑戦がある。
テンセグリティモデルの制作に関する
ミスインフォメーションの排除が
最初の自己認識に関わっている。
あるいは、最初のテンセグリティモデルは
思考形式の変容に関わっている。

シナリオ宇宙

テンセグリティは下部構造から形成されていない。
あるいは、上部構造さえ形成しない。
また、統合されたネットワークを出発点として
生成されるものではない。
圧縮材、テンション材、閉じたネットワーク
回転するテンセグリティジョイントから
形成され作動する多様な力関係は
シナジェティクな機能を生み
より重要な部分といった分析の前提を
破壊していくシナリオから生まれている。
たとえば、回転するテンセグリティジョイントでさえ
圧縮材のタービングの配置パターンをインストールされた
テンセグリティに対して
張力材による圧縮材のタービングによるトルクの発生を
相殺するという循環的な関係によって
外力分散システムのシナジーのシナジー化を
形成しているのである。

圧縮力

人類は、経済に於いても政治に於いても
まだ「骨太の改革案」求めている。
骨は生命が生成する圧縮材である。
圧縮材は太くなればなるほど、自重は増大し、
安全率は加速度的に増大し、
エネルギー効率は非経済的になる。
骨太の恐竜は、火山活動による
劇的な気候の変動に対応できなかった。
強度的な補正を目的とする
解決策は、つねに圧縮力に依存する。

ノウハウ

ノウハウのほとんどは
実践的であるがゆえに
他を犠牲にする有用性を受容し
妥協に満ちたまま、不確定性に耐えた結果の
まだ脆い技術なのである。
真のノウハウは
自然の原理の永遠性に照らされる時の
影なのである。

不意に

自分が既に知っている構造を正当化する代わりに
別のモデルで思索することが
どのような方法で何が可能かを知ろうとする企てに
シナジェティクスが関与する機会が不意に人生に訪れた時に
テンセグリティのモデル言語化による
張力による果てしない統合作用
の真実を伝えるべきである。
太陽に照射された
テンセグリティモデルの美しい影を追う
移りゆく風になる前に。