月別アーカイブ: 2015年12月

最小限の装置=trimtab

人間の生存をかけた闘い理由にしてなされる
最大の正義(Justice)は、戦争である。
生き残る必要性を公平な名目として
殺し合うようにわれわれは訓練されている。

デザインサイエンス革命は、
人類の生存のために
わずかな力で巨大な全体を動かす最小限の<装置=trimtab>のデザインと制作
から生まれる。

デザインナーたちは、
最小限の装置=trimtabとは何かを考える仕事を
自分たちの仕事から最初に除外してしまった。
裕福な人や企業が生き残るために。

テンセグリティは誰が発見したかーー芸術家の自惚

テンセグリティは誰が発見したか

バックミンスター・フラーはテンセグリティをいつどこで発見したのだろうか。
これまでこの疑問に答える明確な書物はなかった。
みんな情報の受け売りだった。
それゆえに、人々は現在も活動しているケネス・スネルソンの発言を重んじてきた。

構造の歴史において、
もっとも重要で単純なこの事実を
当時ロサンゼルスからサンタバーバラに移転した直後の
バックミンスター・フラー研究所のアーカイブの膨大なクロノファイルに分け入ることで
ついに閲覧し、確認する機会がやってきた。

1986年、バックミンスター・フラー研究所主催の最初のシナジェティクス講義と
ワークショップの講師として滞在していたときのことだ。

スネルソンとの往復書簡にその詳細な記録が記されていた。
1949年、バックミンスター・フラーはブラックマウンテン大学で、
最初の球状テンセグリティモデル(6 struts tensegrity)を制作している。
驚くことにスネルソンの目の前で、
圧縮材が互いに非接触で、不連続なテンセグリティは
地球上で最初の共鳴構造を顕わにした。
しかし、それは若者に純粋な原理に遭遇する苦しみが始まった瞬間だった。

I wish you hadn’t discoverd that.
If you had produced it, I would have acclaimed you ever more.

これはフラーの最初のテンセグリティのモデリングが完成した瞬間に
スネルソンがフラーに投げつけた言葉だ。

彼は歴史的発見を受け入れられなかったほど混乱している。

テンセグリティを作品化しする才能が
テンセグリティを産業化する才能と重なる必要はないが、
原理の単純さのまえにして、晒される芸術家の自惚は度し難い。

他者によるテンセグリティ原理の発見の瞬間に共鳴できなかったスネルソンは
この手紙の公開をもっとも怖れているに違いない。

しかし、スネルソンの言説が
テンセグリティの構造としての有用性を信じていない
超専門分化の代弁者に仕立てられていることの方が深刻だ。

(全文引用)
2010-01-28 (木)シナジェティクス講座 | テンセグリティ理論から

宇宙線(cosimic ray)とコスモグラフィー

新しい資源を見出さなければ、消滅するように人間は
運命づけられているが故に
エネルギーと食料生産に駆り立てられている。

この現実を疑う科学も消滅しかけているように見える中でさえ
高エネルギーの放射線は1世紀前に発見された後に
新粒子は素粒子実験より先に宇宙線中から見つかった事実と共に
宇宙線(cosimic ray)と微生物の相互作用なくして
モバイルシェルターの内部宇宙は
自律できないことが証明されるだろう。

これは火星計画以上に重要な仕事だ。
モバイルシェルターは、コスモグラフィー(宇宙形態論)と共に存続する。

動くシェルター

気取ったデザインや
表面的デザイン、あるいは
懲りすぎたデザインが
どれもシェルターには適さないのは
死を想定したサバイバルの手段だからだ。

水と食料とエネルギー、
そしてシェルターから人類の移動による人口増加が始まった。

死を予測的に遠ざけるデザインは
だれでも瞬時に見分けることができる。

船、自動車、飛行機、
そして動くシェルターのデザイナーは
つねに建築家ではない。

10歳までに

生存のためのテクノロジーという自己のテクノロジーを
道徳に組み込み、さらに教育や医療、心理学などにおける
観察者の主体性に統合していく権力テクノロジーによって
自己と宇宙との相互関係の重要性(メタフィジックス)と自立性に関して
その階層構造を失ってしまったゆえに
シナジェティクスは、つねに自己のテクノロジーと共にでしか存続できない。

対象に何も働きかけない人々のための
人為的な<観察者の主体性>に、自然は何も働きかけない、
という事実を最初に観察しなければならない。
たとえば、10歳までに学校の外で。

反建築コード

建築コードとしての構造理論は、
法的な主体による法律上の概念に基づいているが
自然における構造の統合性の分析は
自己の自己へのテクノロジーによって形成された
主体の倫理に基づかなければならない。

テンセグリティがまだ建築コード化されていないのは
バックミンスター・フラーの
自己テクノロジーから生まれただけではなく
テンセグリティ以上に自然に属している純粋な構造は
発見されなかったからである。

シナジーは、
人間にとってつねに未知(unknownw)を含んだ構造を形成しているかぎり
人為的な記号テクノロジーは時代遅れである。

シンタックスなき意味作用

構造とパターンに関する思考において重要なのは
人間が思考から得た構造とパターンよりも
発見された構造とパターンの方が
圧倒的に産業に影響を与えている事実にある。

宇宙の先験的な構造とパターンが
人間の諸々の科学的思考を体系化した場合に限って
際限もなくしばらくは新たな意味作用だけで再び思考することになる。

例えば、バックミンスター・フラーレンが内部に取り込んだ
種々の元素の新たなシナジー的機能で言えば
まだ重要なモデル言語が獲得されないまま
産業はそれらの機能に付加価値を査定してきたのである。

シンタックスなき意味作用は超専門分化の特徴である。

動力学的なシナジェティクス

1976年代以前の静的な幾何学と現在の動力学的なシナジェティクスとの間には
すなわち、バックミンスター・フラーによる「SYNERGETICS」の出版以後、
記述と知覚の方法において、全面的な相違を認めざるを得ない。

この変化は、幾何学とその対象との関係が全く変わったために生じた。
モデル言語の形成には、
この関係が内包され観察者の眼差し以上に
観察行為を逸脱する客観的企てが投影するものである。

宇宙開発

宇宙パイロットを英雄化する習慣のある
双方のイデオロギー指導者たちを警戒すべきだったと
人々が回顧する前に
太陽系で生存するための包括的テクノロジーはすでに完成している。

宇宙に外部と内部は存在しない。
大気圏内の宇宙開発を成功させのは
宇宙エコロジーを支える微生物群である。

<宇宙とは自己を含むすべて>RBF

差異へ

<現在>のモデリングは
先行する他者、または自己のモデル言語に対して
いかなる差異を導入できるものか、
または
誘導できる一つの差異を求めるのだ。

つまり、一つのシナジェティクスモデリングからでさえ
<現在>はまだ理解できない
断片的な情報が隠されていると考えていいだろう。

消失と出現

モデル言語は
観察者を観察する主体から引き剥がす作用を持っている。
観察者がもはや自己でなくなるか、
あるいは、自己の超越か、
さもなくば自己を消失させる機能を形成する。

それは
脱-主体化によって
あたかも原子核の消失のような
エントロピーが崩壊していく兆しなのだ。

つまり、<消失>は異なる領域での<出現>を意味する。

コスモグラフィー的対話

このところ週末は、偉大な生物物理学者と対話していた。

無機物と有機物との境界線がないばかりか
新たな元素変換の革命的プロセスの彼の発見から
宇宙エコロジー的認識と役割を学べたことに深く感謝し
原理に基づいたデザインサイエンスの統合的実践に
参加する幸福を深く感じた。

メタフィジックスには、神秘があっても秘密はない。

そして、<Cosmic Integrity>の存在を証明する
シナジェティクスは
目的化された神聖幾何学を
つねに陳腐化するコスモグラフィー的過程にある。

発見された構造

船舶と航空機は
浮力や揚力に変換する力学の発見によって
重力を利用してきたが
建築はつねに重力と闘ってきた。

テンセグリティ構造のみが
重力を張力と見なして
圧縮力に変換する力学を発見したのである。

つまり、それまで原理的な真の構造は発見されていなかったのである。

そして、その発見から半世紀以上経過した現在も
その作用と機能はまだ十分に解析されていないが
デザインサイエンスの任務はそれらの証明問題にはない。

航空力学が誕生する前に
飛行機は、大地から離陸したように。

テクノロジー

真の資本主義的な国家はまだ存在していない。
中央銀行があるかぎり。

真の共産主義的な国家も存在していない。
資本主義がある限り。

しかし、真の独裁国家や軍産複合体はすでに存在している。
権力テクノロジーは絶えず存在してきた。

非戦闘員

国家の防衛ために戦争を仕掛けるのではない。
非戦闘員が生き残ることを名目にしてなされるのだ。

自らが生き残るための人道性を名目として
核の傘の中で互いに被曝しあうように
すでに訓練されているのだ。