月別アーカイブ: 2016年3月

相互作用

デザインサイエンスが
プロダクトデザインや
インダストリアルデザインと異なるのは、
デザインサイエンスが
シナジェティクスと相互的に直接作用するからだ
——–より加速度的に、より経済的に、より軽量に、
そして、より数学的に、より包括的に。

沿岸部文明

お金を稼いだ結果、喜びをとても遠くにまで探し求めなければならない。
火星計画は、ひとつの答えだった。

より幸福であるためのモバイルは
重要な遺伝子の複製の結果だが
デザインサイエンスは
大気圏内宇宙へのモバイルで十分である。

80%の人々はまだ沿岸部で
生まれて死んでいる。
沿岸部文明の人生は、まだ静止的で固体的である。

エネルギーと食料の生産技術を奪われたインターネット社会は
閉ざされた行動力の代用品にすぎない。

Cosmic Integrity

デザインサイエンスは、アメリカにおいても
それ以外の世界にあっても
学的党派性を陳腐化しながら存続しているのは
バックミンスター・フラーが自ら
学的党派性を否定して行動していたからではなく
宇宙の知的存在に対する信念(faithful to cosmic integrity)を
疑わなかったからである。

デザインサイエンスのクリティカル・パスには
バックミンスター・フラーの偶像化を否定するプロセスがある。

——それは、独創的なシナジェティクスモデリングによって
非局所的な過程を乗り越えるプロセスでもある。

その同時的かつ非同時的で
多様な<cosmic integrity>は
重さのない一つの構造とパターンに変換可能である。

テンセグリティとは何か

形態というものがある種の表層的な作用にすぎないこと、
時と空間の中で生命と非生命を先験的に支えている
構造システムであることが発見された後に
テンセグリティ理論が形成された。

まだ実用性がないというエンジニアリングに無関心な
建築家の思い上がりや
コッホの細胞理論の破壊にも関わらず
タンパク質で形成された構造システムが
すべての細胞において横断する
システムの究極のエフェメラリゼーション。

いたるところのありふれた物質から
圧縮材と張力材を合成するこのモバイラーたちに
知性の境界線は存在しない。

生活器というマニホールド(Manifold)

デザインサイエンスを直接に実践する代わりに
シナジェティクスについて語るよりも
シナジェティクス言語を語らずして
デザインサイエンスについて語れないよりも

シナジェティクスをなぞって
デザインサイエンスを
デザイン理論だと思わせる人々は
生活器には無縁である。

バックミンスター・フラーの最初の量産型のデザインは
ジオデシックドームではなく
トイレ付きのバスルームだった。

エンジン以外でマニホールド(Manifold)を使用した最初のデザインだ。

移動する外部

外部の事物を若返らせ
同時に自己との関わりを変容させるのは
思考ではない。

認識対象の領域を拡張する手段としての
シェルターで移動するか
内部から移動する外部を観察する方法によるのである。

シェルターがジオスコープ化するこそ
移動する外部そのものである。

シェルターは
バイオスフィア内部の静止衛星である。

シナジェティクスと直観

シナジェティクスは感性的直観に対立しない。

シナジェティクスは
知性には還元不可能なものとされている
感性的直観の本源的な生産性をモデリングに求める。

形態(form)とモデル(model)の相違は
メタフィジックスにあるだろう。

そして、プロダクトデザインと
デザインサイエンスとの圧倒的な相違は
目的論(teleology)にあるはずだ。

固体的空虚

人々はもはや消滅した構造が残した空虚の中でしか
思考することはできないのだろうか。

シナジェティクス原理の発見が
大地に依存しながらも地震を憎む構造の終焉であるとすれば
デザインサイエンスは反建築への起爆になるだろう。

移動しない構造は、思考の空虚を充填させるものでも
埋められた固体的空虚を穿つものでもない。

生き延びる構造は
振動数と角度から生成されているからだ。

シェルターデザイン

シェルターとは何か。

大地に働きかけようとしなかったなら死に絶えるように
バイオスフィアに働きかけようとする時にのみに形成される
自己のテクノロジーなくしては
生き延びられない。

テンセグリティ・シェルターデザインは
都市生活者のためのアウトドアへの新たな道具ではなく
バイオスフィアへのインドアなのである。

健康と人口さえも

コンビニとアマゾンは
電気や上下水道のように
すでに社会インフラ化している。

個人を高齢化するまで
都市に定住させるためのテクノロジーは
動的なテクノロジーによって形成されている。

10兆円規模の多国籍企業は
政治経済に影響を与えるだけではなく
健康と人口に関するビッグデータの
解析能力とその未来予測に影響を与えている。

教育が個人の選択に応じて自らを変えることを可能にするように
21世紀のこれらの社会インフラ化は
個人の選択に応じて自らの好みと健康、
そして思考を変えることを可能にする。

しかし、無数のユーザからは、自分の主体性、自分自身との関係を変える
テクノロジーとは無関係であると思われている。

自己エコロジー

構造は大地に自らの自重を流す技法によって
その構造安定性と構造の自立性に関して
定義を失ってしまった。

建築の疑似構造は
大地は不動ではないことで
大地が生成された流体地理学を
けっして受容しなかった。
彼らは津波に対向できるより大きな固体を
<浮かぶ陸地>に建造するだけである。

流体地理学と共存できないゆえに、
同時に、エネルギーと食料の生産技術は
建築の疑似構造によって権力行使の中に組み込まれ、
さらに後には、
医療や教育、美術といった記号システムに統合された。

自己エコロジーは
<真の構造>の発見する自己のテクノロジーと共に始まる。

記憶している森

ひと雪ごとに、春になり
きょうから一雨ごとに、花粉が減る。

森の衰退による農業生産性の低下
(例えば、化学肥料による高コスト化)以上に
医療費の増大に伴う工業生産性の低下なども包括的に研究されていた
とは想像できないほどに
彼らは思考の奴隷化に成功したのだろうか。

花粉症は
敗戦国の生物的奴隷化であるが
惑星地球上での杉の相対的存在度を復元するならば
日本はまだエコロジー的に優位な場所にあるだろう。

地球表層部の化学組成ですら均一ではない理由がある。
岩石圏に集まりやすい元素群や
金属相に集まりやすい元素群の無意識は忘れられている。

杉と言えども
太陽系内物質であり
植林による杉の分布は
太陽系存在度を記憶している森に
従うべきである。

自惚れについて

黙々とひたすら構造とパターンを
発見しようと試みる。

その結果、発見された構造デザインを
他者にけっして原型をプレゼンしないまま
プロトタイプを再び黙々と制作する。

構造とパターンを最適な物理的モデルに変換した結果を
形態美やコストという<見える機能>から評価する知識から
けっして評価させない自由と経済的に自律する配慮は
他人の欲望を利用するデザイナーたちの
自惚れ(個人的獲得物質=for personal gain)からは生まれない。

自然の優れた構造とパターンには
もっとも経済的な構造安定性が共存している。
——–美が無意識と共存しているように

直観と美

エネルギーと食料、そして住居を個人が生産しない場合、
政治権力は意識や思考に作用する。
さらにいっそう個人の身体に対して物理的に働きかける。

人々を物理的・空間的に都市と農村に
巧妙に配置することによって
思考と消費の流れを作り出すばかりか
人々の無意識と直観、そして美を遮るまでに成長する。

政治権力が
呼吸、姿勢、モラル、身体動作、空間認識・住居や車のデザインなどを
人間に強制するだけではなく
その方法までも支配するという現実を理解する方法を
だれも研究しない。

エネルギーと食料、そして住居の包括的な生産方法を
個人がその歴史とノウハウを理解する過程で
そして、それらを直観と美のみにしたがって
自発的に学習する時、
政治権力の起源を想起することが含まれるだろう。

個人はことごとく遮られている現実を識るために、
そして、
それと絶縁するためのテクノロジーを習得する前に。

正常化する技術

秩序で正常化させる技術は
メディアの内部、学校や国会で使われる。

権力による正常化のノウハウは
役所や工場、オフィスなど至る所で
もっとも平均的な思考力とともに
定着する。

メルトダウンを隠蔽する技術は
それを公開する技術よりも優れていたが
メルトダウンを正常化する技術は
時間以外に存在しない。

復興資本主義

大規模な復興の実態とは
耐震設計以前の構造救済の形態が
構造の貧困化の最大の原因であり
あらゆる生産的で安全な空間構造への
法律的な漸進的固定化によってもたらされる
固体的構造の緩慢な死は
つまり、40年以内だ。

リセットしない復興システムの
緩慢な死こそ
復興資本主義の強欲な形態でもある。

非再生的な固体

なぜなら、「宇宙には固体は存在しない。」RBF
そして、固体物理学も存在しない。

固体(solid)という概念が
防波堤やビルディングの強度と剛性に対する
願望を存在させているのである。

短命な固体こそ、分子的に変化し崩壊している。

実際、その寿命は実質40年間であり
非再生的で短命である。

無秩序の秩序化

「防潮堤は景観だけでなく目の前の津波襲撃を
ブラインドする凶器の遮蔽壁となった」

津波に対する防波堤は
土木工事で富を稼ぐための
コンクリート(=固体的)な思考そのものである。

セメントで凝固させた硬化物(コンクリート)は、
無秩序の秩序というものを
分子的なレベルで組織してきた。

その無秩序な防潮堤は都市を取り巻いている。

無秩序の秩序化は
権力テクノロジーの基本的な方法論である。

防潮堤ほど、権力テクノロジーによる非構造化を
視覚化している高価な固体はないだろう。

共振する構造

3mの高さから落下させて、
バウンドして、その衝突のエネルギーによって
なおも共振しながらもさらにバウンドして
その衝撃をより短期間に減衰していく過程で
テンセグリティをより構造化する構造モデルは
そのシナジーの全体性を記述することの不可能なモデルであり、
その共振という現象を回避することの不可能な最初の構造である。

固有の周波数の電磁波と原子核が相互作用するように
われわれの生命を保護するための
共振する構造として。

よりコンクリートな構造

コンクリート(concrete)は
もはや凝結した固体的な物質観に支配された言語の一つである。

語源的には、<concretus(con-共に+crescere成長する>
成長過程を意味している。
そして、有形な明確な具体性を意味しはじめたのである。

テンセグリティ以上に構造を
張力と共に成長過程に曝す
つまり、より構造を<コンクリート>にするシステムは存在しない。

テンセグリティは、非固体的で圧縮材と張力材が
ついに凝結しない
永遠に動的に共存するコンクリートな構造である。

テンセグリティは、
間違って凝結した
われわれの言語を砕くために発見されたのだ。

構造をより構造化するシステム

壊滅された都市を復興させるのは
破壊される前の記憶である。

構造は最近の発見である。
構造は空間に関する知で継承された
古典的な問題でも最優先的な問題でもなかった。

構造をより構造化するシステムは、
構成部材の強度や剛性から到達できない
重さのない統合性なのだ。

構造をより構造化するシステムは
最近まで未知(unknown)であった。

真の構造を通過するエネルギーは
構造をより強化するように機能するノウハウを
人間はついに想像できなかった。

構造を通過するエネルギーと専ら闘っているだけである。

無媒介な力

権力は、イデオロギー的ではなく、無媒介な影響力によって
無益な学習と労働を強制しつづける。

住宅とその所有にかかる金利合計は
最大の無益な学習と労働を生む。

動くテンセグリティシェルターのデザインは
反権力的構造に根ざしている。

つまり、イデオロギーによる反権力的構造ではなく
太陽系の引力、つまり宇宙における重力はつねに無媒介である構造を
生命が利用するデザインである。
(重力波を媒介する粒子は未だ未発見である)

<否定的無>から<自律的無>へと

無管、無線、無柱、無軌道という4つの<否定的無>は
構造の自律性のテクノロジーと
エネルギー・食料の生産性のテクノロジーによって
都市や農村から
分離可能な<自律的無>へと変換される。

すなわち、沿岸部に全人口の80%を閉める
現在の都市文明から
人口のない内陸部の極地へと向かうのである。

あるいは、珊瑚礁の小さな島々を移動し続けるのである。

圏外テンセグリティ

テンセグリティというもっとも素材を使わない
非・資本主義的な構造は
西欧文明の圏外、つまり海の民(あるいはその末裔)でしか発展しないだろう。

テンセグリティ構造は、張力に関する「知」の操作主義から生まれた。
(「知」の操作主義を科学でもっとも成功させたのは
アインシュタインである。)

非・資本主義的な反イデオロギー的で
エネルギーと食料の高い永続性のある
コロニーを創出するには
圏外テンセグリティは最適である。

レイマンとしての動機(Know Why)

彼に合う前から、そして最後に仕事した1983年以後も、
「構造とそのデザインの多くの部分を、
バックミンスター・フラーの功績に負っている。
これからなすべきこと、思考し、言うべきこともまたフラーに負っていて
この期間は21世紀へと続くだろう。
シナジェティクスはより偉大になるだろう。」と考えていた。

1986年のバックミンスター・フラー研究所の理事会で
私から提案された<シナジェティクス研究所(Synergetics Institute)>
という名前の元での
私のシナジェティクスの研究開発とシナジェティクス教育の活動
(最初はアメリカで、後に日本で)が承認された最大の理由は
当時のアメリカ人は、バックミンスター・フラーよりも
シナジェティクスの重要さには
ほとんど無関心だからだという理由だった。

1986年以後、この30年間アメリカ人によるシナジェティクスに関する
重要な発見はほとんど存在しない。
そればかりか、シナジェティクス原理の発見数は
PCやインターネットの発展とはまったく比例していない。

その理由は、シナジェティクスを学ぶ人々が
シナジェティクスから生まれた英知を
短絡的な生きる手段にしようとしていたからではなく
シナジェティクス自体が
学問的だが退屈な権力思考(平均的な群れが好む党派性)と
その構造を変革するのではなく、破壊してきたからだ。

原理の理解から原理の発見は生まれない。
原理の存在もレイマンとしての動機(Know Why)に深く関わっている。
それは、シナジェティクスの<構造>に関する重要な生存機能のひとつだ。

隔てるデザイン

自由な個人を
互いに隔離するための
<壁と床>で隔てるデザインよりも
急流で隔たった谷間を張力的力学の<橋>で引き合わせる
行為がデザインサイエンスである。

対話させない社会の
無数の<壁と床>を破壊する行為よりも
簡単ではないデザインにちがいない。

批判の独創性

類似性に対する憎しみや攻撃性から
批判は生まれない。

批判の独創性は
差異(difference)に対する注意力と
寛大さから始まり、
つまり、
知性の特殊化への批判から生まれる。

漸進的変化(evolution)

目覚めている間、いつもの思考方法とは異なる思考ですることができるか、
さらに、慣れ親しんだビジョンとは異なる場で知覚することができるか、
そのことを知るための経験が
シナジェティクスを続けるために不可欠である。

そのような機会が訪れるとき
人間はつねに経済的に貧しい情況に置かれているという
傾向が続いている。

それは、驚くべき漸進的変化(evolution)の兆しのことだ。

構造とは何か

構造とは何かという問いが
建築専門分化ではその問いを退け
その軌跡を再び明晰にする一つの答えにおいて
構造家たちのそれまでの仕事を無力にする原理の発見で完結する。

すなわち、
圧縮力と張力における
張力の優位性をモデルで証明するテンセグリティの
宇宙原理において。

テンセグリティの圧縮力と張力も
宇宙で6番目に多く存在する炭素の
<宇宙存在度>から作られるだろう。

そして、その張力の実用化によって
新たなデザインサイエンスの歴史が始まる。

思考の野生

思考するシナジェティクスの野性とは何か。

ゴム紐や釣糸、そして
伸長する重いステンレスワイヤーからも
この振動する張力の統合力は再現不可能だという認識は
真のテンセグリティモデルを
自らの手で試行錯誤することから始まる。
<modelability>の形成なくして、認識も形成されない。

思考する野性が、モデリング言語を形成する。

人体から骨格モデル(=圧縮力モデル)以外の
非鏡像的な相補性を取り出さなければ、
身体の100兆個の細胞から取り出す
振動する張力の総計は
ピアノのすべての弦に与えられた張力の総計以上であるという
<modelability>は形成されない。

そして、誰がその張力を形成し調整しているかという
第2の<modelability>がやってくる。

共鳴について

共鳴するとは何か。

自分の外部の何ものをも享受しない
テンセグリティは存在しない。

外部のエネルギーによって
自身をより強化する構造の出現によって
人間のデザインする構造は、ことごとく黄昏れるのだ。

共鳴現象は、人間社会よりも
自然界により多く存在する。

世の構造

競争や利己心、嫉妬心や攻撃性、貪欲さと妥協心が
生きる上での自然な姿だとして
その生き方を次第に容認していく時、
社会の構造もそのまま受容した
<世の中>で生きることになる。

しかし、その<世>の構造は
自然の構造とはまったく遊離したものである。

世の中で生きるのか、
その前に、
世に出るためにいきるのか、
あるいは
世を出るために生きるのか、
そのどれよりも
だれもがバイオスフィアに
この瞬間に生きているのだ。

その時空を<世の中>から
排除するシステムを受容する人々が
<世の中>で受ける矯正は
自然の構造を作り上げていく峻烈な試みとは
隔絶したものである。

競争や利己心、嫉妬心や攻撃性、貪欲さと妥協心から
自然の構造が形成する統合力は生まれない。

世の構造はこの統合力を奪う側が支持している。

振動する宇宙モデル

孤立し遊離していく不連続な圧縮材のみが
互いに非接触なまま
球面上で再び出会うことができるのは
張力の統合力の出現であることが発見された。

圧縮材は自らを孤立させる形式によって
振動する仮想的な球面と結びついているテンセグリティは
視覚化された振動する宇宙モデルである。

その宇宙モデルと
プリミティブで多機能な単細胞原始マクロファージは
明らかな相互作用を始めるだろう。