月別アーカイブ: 2016年3月

相互作用

デザインサイエンスが
プロダクトデザインや
インダストリアルデザインと異なるのは、
デザインサイエンスが
シナジェティクスと相互的に直接作用するからだ
——–より加速度的に、より経済的に、より軽量に、
そして、より数学的に、より包括的に。

沿岸部文明

お金を稼いだ結果、喜びをとても遠くにまで探し求めなければならない。
火星計画は、ひとつの答えだった。

より幸福であるためのモバイルは
重要な遺伝子の複製の結果だが
デザインサイエンスは
大気圏内宇宙へのモバイルで十分である。

80%の人々はまだ沿岸部で
生まれて死んでいる。
沿岸部文明の人生は、まだ静止的で固体的である。

エネルギーと食料の生産技術を奪われたインターネット社会は
閉ざされた行動力の代用品にすぎない。

Cosmic Integrity

デザインサイエンスは、アメリカにおいても
それ以外の世界にあっても
学的党派性を陳腐化しながら存続しているのは
バックミンスター・フラーが自ら
学的党派性を否定して行動していたからではなく
宇宙の知的存在に対する信念(faithful to cosmic integrity)を
疑わなかったからである。

デザインサイエンスのクリティカル・パスには
バックミンスター・フラーの偶像化を否定するプロセスがある。

——それは、独創的なシナジェティクスモデリングによって
非局所的な過程を乗り越えるプロセスでもある。

その同時的かつ非同時的で
多様な<cosmic integrity>は
重さのない一つの構造とパターンに変換可能である。

テンセグリティとは何か

形態というものがある種の表層的な作用にすぎないこと、
時と空間の中で生命と非生命を先験的に支えている
構造システムであることが発見された後に
テンセグリティ理論が形成された。

まだ実用性がないというエンジニアリングに無関心な
建築家の思い上がりや
コッホの細胞理論の破壊にも関わらず
タンパク質で形成された構造システムが
すべての細胞において横断する
システムの究極のエフェメラリゼーション。

いたるところのありふれた物質から
圧縮材と張力材を合成するこのモバイラーたちに
知性の境界線は存在しない。