月別アーカイブ: 2016年5月

構造における坐屈(buckling)

構造においてすべてを行うことが許されているような建築は一つとしてない。

そして、シナジェティクスは、
創造性によって自由な構造が始まるのではなく、
建築が坐屈(buckling)の境界と
超えるべからざる記号のテクノロジーと共に始まるのだということを知っている。

シナジェティクスは、概念モデルの発見の無限性と同時に生じる
<概念の牢獄>の破壊によって、
はじめて坐屈を無化する構造が
支えられているのだということを絶えず再考する。

大量破壊兵器

金融商品(デリバディブ)という
21世紀の見えない大量破壊兵器を作成した専門家は
経済学者ではなく、数学者や科学者である。

リーマンショックだけでも
その被曝者は、5千万人を超えていた。

個人住宅の所有は、金融兵器製造の始まりである。
生き残るためには、住宅を決してローンで購入してはいけない。

モバイルシェルターは、政府と銀行によって計画的に製造されてこなかった。

階層化

シナジェティクスは、複数のモデル言語を
それらの多様な現象的存在において差異化し
それらに固有の永続性において
階層化するシステムである。

権力構造から一時的にステップアウトした広島スピーチ

「国家は犠牲と協力で人々が団結するストーリーをこしらえ、
優れた功績を認めるようになります。
しかし、自分たちとは違う人々を抑圧し、人間性を奪うため、
こうしたものと同様のストーリーが頻繁に利用されたのです。」
———2016年5月27日 オバマ大統領の広島スピーチから引用

これは、アメリカの現職大統領が自ら権力構造から
最初にステップアウトした公式スピーチかもしれない。
これが、ノーベル平和賞の唯一の役割かもしれない。

「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべき」だが
その恐怖の論理を人々に教育しているのはその国家だけではなく、
被曝者の悲惨な人生も自分たちとは違う敵国の人々を抑圧し
その論理の構築に頻繁に利用される幻想メカニズムは
いまや市民社会に浸透したのである。

その幻想メカニズムがすべての核を生産しているのである。

物質(ウラニウム)と精神の分裂エネルギーこそ、
権力構造を効果的に維持できるからである。


step out=一時的に引退する行為

アンチ・トレードオフ(Trade-off)へ

デザインサイエンスにトレードオフ(Trade-off)は存在しない。
トレードオフとは、
一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという段階の概念である。

シナジーが、より少ない資源、エネルギー、時間によって
効果的な機能を生成する過程に
どんなトレードオフも存在しない。

トレードオフ(Trade-off)を必要とする存在形態は
予測される部分の寄せ集めの全体にすぎない。