月別アーカイブ: 2017年7月

上部構造(superstructure)からの

インフラストラクチャー(infrastructure)とは、「下部構造」を意味する。
ライフライン(Life Line)は、下部構造に属する。
それに対して、上部構造(superstructure)とは、法律体系や道徳・芸術・宗教などの
政治・経済的・社会的意識の諸形態のことである。
(したがって電気代をゼロにする程度の<オフグリッド>は、
上部構造からはけっして離脱できない段階なのである。)

モバイル・テンセグリティシェルターは、
上部構造にも下部構造にも属さない概念から設計し生産される。
テンセグリティシェルターを支える宇宙の諸原理は、
上部構造も下部構造も形成していないからである。

そして、私のテンセグリティシェルターの構造原理は、
まだ建築学からは解析不可能である。

偽善・偽装・欺瞞といった3Gパターン

記憶がないとか、私の記憶に基づいてとか、
議事録や報告書が保管されていないとか
個々の政治家や官僚にはビッグデータとは無縁な素振りである。
彼らこそ、最初にAIに乗っ取られるだろう。

国会討論の過去のデータから特定のパターンを見出す
機械学習のAIは、偽善・偽装・欺瞞といった3Gのような
品格のない言動パターンによって、人間から希望を奪いながら
傲慢さで退屈させるような仕事でも権力で優遇される指導者の地位を
簡単に代替することができるだろう。

AI自らが工作することは、法律がそれらを禁じても、
危険な政治家よりもはるかに危険なAIの知的能力は短期間に成長するだろうから。

シナジェティクスを理解する以前

16歳までの思い違いに目覚め、1975年に出版直後の『シナジェティクス』に出会い、
25歳までの更なる思い違いを排除する過程で習得した
思考のプロセスと方法を独力でモデルと論文に変換し、
1981年夏ついにバックミンスター・フラーに出会えた時の
安心感と信頼以上の科学的探究のための環境はないだろう。

モデルと論文を見たフラーが、シナジェティクスのすべてを理解していると評価してくれた時、
私はまだ1000ページを超える『シナジェティクス』を読破していなかった。

その時、10代の時に私がアメリカで教育されていたら
19歳ですでにバックミンスター・フラーと共同研究できていたと確信した。
その仮定法過去が未来を透視したその瞬間は、私の思い違いではなかった。
バックミンスター・フラーは、私が発見したシナジェティクスモデルとモデル言語に
しばらく魅入っていた。その時の会話は彼の指示で録音されている。

シナジェティクスに挑戦することは、シナジェティクスを理解する以前にある。
それを理解できる人だけがシナジェティクスに挑戦している。

単一種を群生させる除草剤

除草剤は、短時間に確かに除草するが
除草剤はある種の植物を除草しないようにデザインされている。

生き残った植物は、除草する前よりも短時間により成長することができる。
ある種の植物は、人間の背丈までに達する単一種の群生となる。
それによって、除草剤を確実に断続的に使用させることができる。

除草剤は、高コストな食料生産のプロセスに
無意識的に適応させる矯正装置になるばかりか、
農業基盤である耕作地域の破壊が目的である。

思い違い(under a misapprehension)

どれほどの思い違いをして生きているのかに
気づかないように生きることができる。
それはDNAの間違った発明に違いない。

自惚れや自己愛を遠ざけるだけでは、この思い違いから解放されないだろう。
真実を求めていない群れの規律(=見えない空気)のなかで生活している時代は続く。
その時代毎の富が注がれながら。

シナジェティクスは、数学の思い違いからさえも解放する<方法とモデル>の宝庫である。
シナジェティクスは群れの外部で形成される。

真実は外部からやって来る内部形成(反・DNA)である。

動力学的モデルの発見まで

ベクトル平衡体は、回転軸と頂点の軌道を同時に視覚化する
最初の動力学的モデルである。
ギリシア時代の大理石から再現される固体的な多面体モデルから
この動力学的モデルの発見まで2500年間が経過する過程に
原子核構造が発見され、その軌道には回転対称性が発見されている。

さらに、核子がスピンと回転対称性的な軌道を有する殻モデルの発見から
ベクトル平衡体の物理的世界像が形成された。

ギリシア時代の多面体(polyhedron)の概念は、シナジェティクスでは、
面が存在しない多稜体(polyvertexia)に変換される。
シナジェティクスは、視覚的な形態ではない、時間を包含するモデルを発見してきた。

防衛システムの日報

非公表や隠蔽に対して罰を受ける能力は、罪を感じる能力とは無関係な場合がある。
政治や法的な記号システムに習熟したとしてもその能力がない人にはないのだ。
その能力は法学や医学の対象外だが、兵站戦の最高指揮官のその虚偽(バグ)が
防衛システムにインストールされた時に、最大の弱点になるだろう。

反射と逸脱

脊髄で情報が折り返される<反射>の過程には、僅かな時間が介在する。
火傷の危険を回避するには、運動神経に命令を伝えるための最小限の時間がかかる。

すべての生命現象には、生命を維持するための固有のズレを補正する
<可動舵 (trimtab)>が形成される。
たとえば、筋肉に命令をより速く伝達するために、
運動神経は筋肉よりも相対的により太くなる。

こうした遅延を補正する逸脱システムは、生命には固有のものであるが、
政治は、意見の相違を支配力で無化し、
経済は、時差を隈無く利益として独占することによって
大多数の人生の可能性をより短命にしている。

逸脱を排除したい社会システムには、
危険を回避するための個人による微小で多様な<可動舵>が反射的に形成されるに違いない。

モバイル・シェルターの環境制御

モバイル・シェルターの環境制御とは
回転する角度・屈折・反射・磁力、重力などの
異なる物理的作用を相互に関連づけながら
選択可能な環境的要素とそれらが織りなすプロセスを
包括的に管理する技術である。

相互に関連する環境的要素とは、
光(エネルギー)、温度(断熱)、太陽の軌道(方位)、空気(流体)、水(湿度)、
植物(光合成)、微生物(共生)、人間の主体(メタフィジックス)である。

思考の外部化

考えたことは、書くよりも、
ipad proの音声認識アプリでテキスト変換したほうが
正確で早いだけではなく、話しながら考えることのほうが
より自然である。
言葉は、思考を生成するが、声が思考を外部化する。

計画された冒涜

安全な記者クラブから嘘を捏造し
憎悪を煽り機動隊を差し向ける
絶えざる偽善者による利権の独占に
批判するだけの指導者たちは色あせた。

賢者を気取りつつ
無知と迷信を助長する彼らの元で学ぶ若者の
美しさと想像力を破壊し
不合理な法律コードの脅しで喜びを封じ
惨めな高コストの味気ない環境で魂を圧殺するばかりか
制御できない人間に悪意のみを露わにする高慢な罪人たちに
反論するよりも沈黙させる平和戦略こそ
計画された冒涜なのだ。
この心理作戦に使われた自国の軍事費は膨大だ。

心に、愛よりは
憎悪ではなく、無関心が巣くう段階以上に
魂の占領はないのだ。

無血に占領された無数の基地から核ミサイルは自在に発射できる。

プレアデス星団の軌跡

プレアデス星団が、太陽から離れて、<暁の東の地平>に見える時、
金星よりも明るく輝いていることにはじめて気づいた。

120個ほどの恒星と青白い星間ガスの集合からなる銀河星団は
銀河系の円盤ディスク領域に位置し、
それらすべての星が相互に関連しながら、同一方向に同一速度で動く星の軌跡を
<暁の東の地平>からどのように思い描くことができるのだろうか。

天体と宇宙全体を研究する物理学(uranology)は、
内部からの軸回転で生まれるある軌跡を
その回転軸から離脱して外部から観察するテクノロジーである。

コスモグラフィー(Cosmography)における
シナジェティクスモデル(例えばベクトル平衡体)の回転・変換運動の記述方法も
物理学(uranology)と同じように内部と外部からの2通りある。

オフグリッド

住居デザインは、気候や言語そして経済性の違いによっても異なるが
住居空間に対する身体の強制と思考を矯正する政治的技術の介入はほとんど変わらない。

住居空間が依存する都市の上下水道システムは、基本的には数千年も変化していない。
最新のトイレとキッチンのデザインでさえ、つねに都市の上下水道システムの有料アプリにすぎない。

森の微生物学なくして、メータ付きの課金装置(=地下グリッド)から
脱獄するトイレとキッチンを発明できなかったからだ。

21世紀の<オフグリッド>には、
無料の上下水道システムおよび無臭への脱獄方法は未だ含まれていない。

焦点からの逸脱

人間は、完全さを求めて生きられない。
しかし、まったくの不完全さのままでも生きられない。
人間はどちらからも逸脱することができる。
少なくとも唯一無二に見える焦点に拘束されないように。

焦点からの逸脱がたとえ逃亡であったとしても、
逸脱は全方向性への自由度を備えている。

続)絶縁方法(isolation)

支持率が低下しても憲法改正と原発再稼働、
そしてオリンピック開催が相互に強化しあうことで、
人々から<地位協定>の現実を忘却させ再び維持するための
記号言語のテクノロジーが存在する。
それにどうのように対抗できるかがが、現在の根源的な問題なのだ。

パスポートなしで米軍の駐留を許す日本国とアメリカ合衆国との間の条約は
第2次世界大戦後の最大の属国の協定に違いない。
在日するアメリカ人の総数は“日本の外国人”の統計から除外されている。
——アマゾンでの日本人の消費額が、消費統計から除外されているように。
(もはや日銀が調査する消費物価指数は現実的ではない)

<地位協定>で失われる人権と富は、永続する劣等感と戦勝金に変換されている。
その変換方法こそ、支配するための<分離と隔離>方法なのである。

非同時的で同時的宇宙

宇宙は開発されない。
開発の意図から出た大気圏外の宇宙計画は、圧制の道具や手段になる。
宇宙はつねに発見される。

実験室で初めて合成された未知の無機物(たとえばフラーレーン)でさえ、
非同時的で同時的な宇宙の闇を繋ぐ星々の履歴からやって来る。

それらと無数の地球微生物との遭遇なくして、
大気圏内の生存をかけた宇宙計画も成功しないだろう。

現金製造装置

貨幣を製造する権力は、
自ら返済不要な<補助金>という現金製造装置を
システムにインストールした。

税金を加工した<蜜>に群がる企業や大学によって、
例えば、原子力発電が開発され、民間企業に譲渡された。
現金製造装置を自在に内蔵するシステムこそ、
最大の不労収入、または純利という持続する<蜜>造をもたらす。

主観性の偽装

自己を維持する唯一の関係は、個人の<主観性>にある。
しかし、この自己に対する自己意識が、
<自己と他者>との、あるいは<他者と他者>との関係に置換され続けるならば、
権力こそ、自己に対する自己意識でつねに満たされているのである。
これ以上の主観性の偽装はないだろう。

しかし、主観性の欠如は、誠実さの犠牲と反対称的に共存する。

絶縁方法(isolation)

言葉に対して誠実さと自律の意志を欠いた人々が作成する憲法は、
属国特有の内部を外部から絶縁させる方法から編み出されている。
絶縁とは、電子回路の一部が、信号や電力は伝達されるが
導体は分離している状態である。

絶縁こそ、その物理的な絶縁を破壊する行為と意志を
絶望的だと感じさせるためのもっとも効果的な方法なのだ。

分離と隔離(=isolation)は、支配するための見えない武器である。

知られざるテンセグリティモデル

バックミンスター・フラーが講義で使用していた
球状のテンセグリティモデルは、飛行機での移動には不適切であった。
講義の前に僅かな時間で組み立てられる方法よりも
折りたためる構造をすでに発明していた。
この方法は、まだどの文献にもBFIのアーカイブにも存在していない。
見えないモデル言語は、まだ未整理のままなのだ。
シナジェティクスの有用性は、現在の数学には属さない。

気楽な夜空に

裏庭で梅雨の切れ切れの夜空を仰ぎながら乾いた薪で焚火しても
静かな夜がすぐには取り戻せない。

裏庭に繋がる背戸の森が開発されてこれまでよりも広大になったからではなく、
ついに背戸がもっとも遠いアマゾン流域のお土産用観光植民地と繋がって
彼らも市場原理を強いられて生きている現実を共有する段階にいて、
気楽な夜空が突如、ICBMの軌道が描かれるスクリーンに変貌するからだ。

医学的知識

病理から標準的な健康状態を啓蒙するTV番組が、
人類学や生物学ではなく医学を基盤とするようになったのは21世紀からである。
年金制度の崩壊から医学的知識への理解が医療費を劇的に削減できることが分かった結果である。

さらなる暗黒時代へ

都民ファーストの代表が、
「国民主権という傲慢な思想を直ちに放棄すべきことを主張する」のだから
<犬のしっぽに犬の散歩>をまた依頼してしまったようだ。
権力の外部と内部の交替のシナリオが報道されていないだけなのだろうか。

知の臨界蜂起

投票率が低いにもかかわらず、メディアの予想を超えた議席数の地滑り的反転は
これまで従属化され抑圧されていた知の臨界蜂起と言えるだろう。
だが、真の自発的蜂起なら、沖縄に転位するはずだ。

結び目

船の速度の単位ノット(knot)は<結び目>を意味する。
砂時計の砂がすべて落ちる28秒間にロープの等間隔の<結び目>を
動く船から海中にいくつ繰り出したかでその船の速度を測った。

ノットは日本語で瘤であるが、船舶や航空機の速度をあらわす単位ノットは
もっとも単純で高度なサバイバル時のロープワークである。

バイオスフィアの歴史でこの瘤(ノット)を作れるのは海の民だけである。