月別アーカイブ: 2017年9月

非自発的失業へ

金銭を稼ぐすべての方法は、
全自動のITロボット化を目指して完全な失業状態まで突き進む。

3%の失業率をもって完全雇用とする法律によって
仕事を発明し続けるのは政治である。

政治家がその政策を考案するのは選挙の時だけである。
自らが失職しないように。

長期的には政治家は皆死んでいる。
法律の作成もITロボットが代行できるからだ。

政治家の非自発的失業以上の発明はないだろう。

停留所

鈍い馬から降りたと思ったら
死んだ馬に乗り換える指導者ども。

停留所の方が早く移動しているだけである。
停留所は遠隔操作できるから。

続)ゼロの脅迫

金銭で金銭を増やす経済学は、
稲作の一粒万倍(=微生物的触媒によるシナジー)の起源に
怯えている。

アジアと中東の稲作地帯は、戦時には爆弾と枯れ葉剤で、
そして、平時には肥料と農薬で計画的に破壊されている。

一粒万倍の経済学は、ゼロの脅迫を陳腐化するにちがいない。

ゼロの脅迫(再考)

ゼロ円生活、ゼロ金利、残高ゼロ、
ガス欠、停電・・・・・
みんなゼロの使い方を間違っているようだ。
昼となく夜となく
<何もない状態>に怯えている。

ゼロという
無限を対象化した概念と記号化の革命で
数えられない無限観(=空)から
人類を解放した歴史が忘れ去られ、
誰かの富は誰かの借金だというゲームを
信じ込まされている。

富と借金を合計するとゼロになるという
<何もない状態>を作り出す経済学に。

太陽系の<何もない状態>のバイオスフィアに
人類は降り立つことはできななかった。

空き家率

無柱、無線、無管、無軌道のテクノロジーは
定住よりも移動によってより加速してきた。
船舶、電気自動車、そして航空機や宇宙船のように。

個人の移動距離の増大によって、
個人はより一時的にホテルや船舶、航空機や宇宙船に
住む習慣を形成してきた。

一方、人々を定住させる土地資本主義は、
1950年代からの持ち家政策によって
都市と農村の空き家率を増大させながら
新築マンションを増加させてきた。

2033年までに空き家率30.2%に上昇するのは偶然ではない。

もっとも高額な商品としての住宅は
より短命で非再生的にデザインされてきたのである。