カテゴリー別アーカイブ: コスモグラフィー

付加価値に課税する政治システム

バイオスフィアは無償で管理する再生的取引システムによって
酸素の元素存在比を不変的に維持してきたが
全人類が生存のために自由に代謝する膨大な酸素量にはけっして課税しない。
財貨サービスの取引で生ずる付加価値に課税する政治システムは
自然資本主義を永遠に模倣できない。
物質やエネルギーは決して消費できない科学的概念は
教育されていない。

風と波間に漂流する航海者

筏で最も安定する場所は筏の中点が球面に接している場所である。
まだ見ぬ島を水平線の向こうに想像しながら
風と波間に漂流する航海者には球体世界はつねに強く意識されていた。

無数のまだ見ぬ断層に怯えながら惑星の大地を漂流する航海者は
球状モバイルテンセグリティ構造を発見した。

衛星ウイルスのモバイル構造

宿主細胞と螺旋体状タバコモザイクウイルス(TMV)から
必要な構成部品を調達することによって複製機能を形成する衛星ウイルスは、
感染の症状を悪化させる小型の正20面体状のモバイルウイルスである。
サテライトウイルスは、自然界で最も小さな複写装置にちがいない。
自然の相互依存は最小限の構造体に依存する。

サテライトウイルスとタバコモザイクウイルス

ウイルスのモバイル構造

風疹、インフルエンザ、エイズ、E型肝炎などのウイルスは
内部の一本鎖RNAを5回対称性のある
主に正20面体状に総三角形化された
モジュール構造でパッケージし、
さらにその外部をエンベロープの皮膜で覆う。
それらはモバイル・テンセグリティシェルターの構造デザインの起源である。
真の動く構造は発見されてきた。


Molecule of the Month by David S. Goodsell

知的爆発時期

脳は季節のように移ろいやすい変化に絶えず囲まれている。
経験による全体的な変化は内部と相互作用する。
より複合的であればあるほど、真の変化は劇的で短時間に外部化する。
この相互作用こそマインドの嵐ではないだろうか。
最初の兆しは11歳児の知的爆発時期に訪れる。

イノベーション<innovation>

イノベーションは生産を拡大するために
新たな生産要素を導入したりする企業家の言語である。
物事の新しい結びつきを考え出す時、
新しい概念がしばしば直観的に形成される
シナジェティクスにイノベーションは馴染まない。
生産手段や資源労働力の統合よりも先行する概念がある。

シナジー触媒

原理的理解から発するシナジェティクスモデルに
可能な限り接近するための構造デザインを構成する
最小限の素材間の相互作用が
予測を超えた物理的機能に変換される瞬間を待ち伏せる。
原理的理解に基づくデザイン操作が明らかなシナジー触媒を引き起こす時、
デザインサイエンティストは、
数学的知識には現れない物質変換に関わっている。

非物質化の実践

掛け替えのない唯一無二を前提にした自然は、
情緒的で可視的な一時的なエコロジーに終わる。

シナジェティクスが発見する原理によって構造とパターンを相互に置換する機能が生まれる。

構造とパターンはつねに掛け替えられる。
——–核子の交換によって、異なった原子核が生成し、または消滅するように

シナジェティクスは
可視的な形態に、形態からは推測できない見えない機能を付加すると共に、
増大する大きさに抗した重さのない機能による<非物質化>の段階を示唆することにある。

一日1200キロの長距離ドライブ

車で一日1200キロを16時間で移動する時に経験する
様々な危険と苦痛を軽減するには
運転するための脳の機能とは
まったく異なる脳の機能を運転中に使わなければならない。
たとえば遠隔地の誰かと会話しながら運転する。
視覚以外の情報を増大させるだけで脳はより統合されることで
脳は劇的に疲労しない。

相対的に空気中を高速移動する

この頻度とパターンで気候変動期の台風がこの規模で通過するなら、
誰でももっと安全に何処にどんな住宅に住むべきかを科学的に思考し始める。
住宅はまだ自動車や飛行機のように空気力学的ではないが、
相対的に空気中を秒速30m以上で移動する形態に
気象予報士や建築家はまだ無関心だ。