カテゴリー別アーカイブ: トリムタブ

再生的なクリティカル・パス

92種の元素は増えも減りもしないまま、生命はつねに物理的で再生的だ。
再生には、再生するためのシステムの自動バージョンアップも含まれる。
人間の教育システムは非再生的に復旧するばかりだ。
クリティカル・パスがないシステムには緩やかな死が内包されている。

稲穂の二酸化炭素を低下機能

猛暑で室内を閉め切ると3時間程度で1800ppmになるので換気が必要だ。
稲穂が実る時期に雷が多いが、早朝まで窓を開けたままの仕事場の二酸化炭素濃度が
通常の500ppmから350ppmにまで低下して今年の最小値を記録した。
稲穂は裏庭までの二酸化炭素を激しく吸収している。

気孔の冷却機能

稲作による蒸散による冷却効果はドライミストの冷却効果よりも大きい。
単位あたりの稲の葉の気孔数はドライミストの微粒子数よりも圧倒的に少ない。
気孔から外部の気体の交換する場合、
ドライミストの微粒子(16ミクロン)の素早く蒸発しやすいレベルではなく
不可視の水素イオンの約0.38nm以下のレベルだからだろう。

生活器をデザインする数学

花粉の直径が増大するとジオデシックの構造とパターンが再現される。
放散虫と類似した花粉の球状構造には
予定しなかった大地に不時着するために張力材は採用されなかった。
疑似無重力圏の放散虫は張力材でより強度を得る。
植物と動物の生活器をデザインする数学は変わらない。

花粉の構造とパターン (Wiki)

奪熱(エアロ・ミスト効果)

猛暑の駐車で高温化した車内の室温は
冷房の送風口にミストを噴霧すれば効果的に全体から短時間に奪熱できる。
アスファルト熱波を走行中する時も断続的にミストすれば燃費さえも改善できる。
エアロ・ミスト効果は極細ミスト用のスプレーボトルで十分だ。
奪熱という概念が方法を生む。

安価な極細ミスト用のスプレーボトル

遮熱や断熱ではなく奪熱

直射を受けて長時間駐車した車に乗り込む前に窓をあけて熱気を逃がした後、
ボディに直接ミストを噴霧しても金属部分の蓄熱温度は変化しないが
室内にミストを噴霧するだけで
ハンドルやフロントパネルの表面温度を最大30度も低下できる。
体温を超える熱波には、遮熱や断熱ではなく奪熱が人間にも物体も有効になる。

火星の畑

よく発酵したコンポストはいい香りがする。
腐敗したコンポストは栽培には有害だ。
カエルたちが農薬と腐敗した肥料によって
雑草のない乾燥した剥き出しの表土から逃れて
小さな宇宙船に避難してくる。
微生物の発酵に群がる昆虫たちは先住者だ。
こんな簡単なことも火星では先進的だ。

火星の砂嵐 by NASA / JPL-Caltech / MSSS

秩序を理解する働き

個人の直観から始まり、
他者の理解から一般的な認識に至っていないアプローチによって
純粋な原理による完全なプロトタイプが初めて可視化される。
このアプローチとは秩序を求める行為であり
秩序を理解する働きが宇宙に存在することを識る
直観的段階のマニュアルは存在しない。
紀元前3000年頃3way gridはすでに発見されている。

SYNERGETICS RBF 1975