カテゴリー別アーカイブ: トリムタブ

偽善・偽装・欺瞞といった3Gパターン

記憶がないとか、私の記憶に基づいてとか、
議事録や報告書が保管されていないとか
個々の政治家や官僚にはビッグデータとは無縁な素振りである。
彼らこそ、最初にAIに乗っ取られるだろう。

国会討論の過去のデータから特定のパターンを見出す
機械学習のAIは、偽善・偽装・欺瞞といった3Gのような
品格のない言動パターンによって、人間から希望を奪いながら
傲慢さで退屈させるような仕事でも権力で優遇される指導者の地位を
簡単に代替することができるだろう。

AI自らが工作することは、法律がそれらを禁じても、
危険な政治家よりもはるかに危険なAIの知的能力は短期間に成長するだろうから。

思考の外部化

考えたことは、書くよりも、
ipad proの音声認識アプリでテキスト変換したほうが
正確で早いだけではなく、話しながら考えることのほうが
より自然である。
言葉は、思考を生成するが、声が思考を外部化する。

絶縁方法(isolation)

言葉に対して誠実さと自律の意志を欠いた人々が作成する憲法は、
属国特有の内部を外部から絶縁させる方法から編み出されている。
絶縁とは、電子回路の一部が、信号や電力は伝達されるが
導体は分離している状態である。

絶縁こそ、その物理的な絶縁を破壊する行為と意志を
絶望的だと感じさせるためのもっとも効果的な方法なのだ。

分離と隔離(=isolation)は、支配するための見えない武器である。

結び目

船の速度の単位ノット(knot)は<結び目>を意味する。
砂時計の砂がすべて落ちる28秒間にロープの等間隔の<結び目>を
動く船から海中にいくつ繰り出したかでその船の速度を測った。

ノットは日本語で瘤であるが、船舶や航空機の速度をあらわす単位ノットは
もっとも単純で高度なサバイバル時のロープワークである。

バイオスフィアの歴史でこの瘤(ノット)を作れるのは海の民だけである。

草刈り

弁護士に相談するとに初回の相談料だけ時給5000円だが、生きるための権利に関する諸問題は消えない。
草刈りが時給5000円なら、日本中の雑草は、除草剤を使用しなくとも根絶やしになるだろう。
同時に全国的な除染対策も可能だ。

クロノロジー(chronology)

バックミンスター・フラーが
デザインサイエンス革命の実践方法において
自ら革命と定義したとき、
彼のデザインサイエンスとシナジェティクスの講義を理解して
彼と直接コンタクトした世界中の学生の名簿を、フィラデルフィアではなく
ロサンゼルス時代のフラー研究所のアーカイブで見たことがある。
そこには、六千名のリストがあった。
私の名前も日本の古い住所のままでそこにあった。

片方向的なフォロワー(追従者)が
いま何を考えて、何を実践しているかに関わらず、
予知的な徴としての価値を持つ経験やシナジェティクス・モデルを、
アーカイブの内部から取り出す方法はつねに革命的である。

それは、クロノロジー(chronology)に基づくいた
<クロノファイル>と呼ばれている。

自らの行為の誤りとその正しさの客観性を主張する根拠は
<クロノファイル>が生成する時間(chronos)にある。

システムの優位性

都市での労働や健康という概念、コストと耐久性との対比、国家が定義する耐震性、
そして食料とエネルギーを貨幣で買う経済システムの優位性の否定から
始めなければならない。

銀河系での惑星地球システムの希有な優位性と
バイオシェルター内部での
植物の光合成によるエネルギー経済が忘れられているなら
モバイルテンセグリティの現実的な居住空間は存続しない。

均一化(equalize)装置

イコライザー (Equalizer) は、
音声信号の周波数特性を変更する優れた音響機器である。
小さなスピーカーで音像を
自分の好みに均一化(equalize)する場合には
不可欠なツールになっている。
クラシックのためのイコライザーに
もっとも近いのはジャズのイコライザーである。
そして、ほぼそれに接近しているのはロック用である。
全体的な音質を補正するための平均化や音像の明確化の方法が
音楽ジャンル別にあるわけでないことが
イコライザーの波形分布から分かるのである。
21世紀のイコライザーは、ビッグデータが反映された
人類の感覚の均一化装置である。

高速道路の安全率(Safety Factor)

高速道路または国道内で
車が積雪で埋もれ物流が止まった主要原因は
予測を超えた豪雪や密度の高い雪質だったからではない。
都市間のほとんどを互いに張り巡らし
つねに整備された高速ネットワークが
基本的に2車線しかなかったからである。
日本以外の20世紀の先進工業国の高速ネットワークは
すべて3車線で設計されてきた。
危機的情況での移動し分散する自由度が
3車線目にあるからである。
設計技術的な無知によって
不確実性がより増大しているにもかかわらず
半世紀ぶりの気象異変という不確実性を信じ込まされている。
そして、構造のマージン(余裕部分)を無視した
擬似的な安全率によって
人々は移動中に凍死または餓死しかけたのである。

STAP細胞 (Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency)

どんな細胞にもなれるが
しかし、細胞自らが初期化する<万能細胞>が発見された。
細胞の初期化とは
ips細胞のような初期化の操作方法ではなく
操作という外部のエネルギーによって
細胞が予めデザインし初期化のプログラムを作動させていたのである。
つまり、細胞のすべての可能性は予めデザインされていた。
細胞に対して<万能>という概念は
あまりに人間的すぎたのではないだろうか。
生き延びるために過去を初期化するのではなく
予測される未来から現在と過去を初期化する
自然の<デフォルト>だったのである。
——–すべての現在に過去と未来の始まりを合成するために。
生物学は<万能>に対して
なにもデザイン(あるいは操作)しなかった事実を明らかにした。
われわれは、デフォルトから
まだ抜け出たことがない未知なる内部なのだ。

余裕(マージン)

<余裕>のために人々は
危険度を分散する自由度を減少させている。
にもかかわらず、人々はより豊かな<余裕>を求めている。
実際は、<余裕(マージン)のより少ないテクノロジー>が
より自由度の高い生活をもたらすことができる。
なせなら、それはテクノロジーの本質的機能と目的だからである。

21世紀の雑用(再考)

誰でも、雑用は嫌いである。あるいは苦手である。
しかし、雑用のない仕事は存在しない。
すばらしいと感じる仕事の90%は雑用から成り立っている。
水素の核融合反応によって、2つの水素原子からヘリウムが生成され
そのヘリウムから炭素、窒素、酸素が生成される。
水素原子はこの二つの核融合反応を起こす担い手であり
宇宙全体の活動に深く関わりがあるのは
質量では宇宙全体の55%を占め
宇宙で有限な原子数の90%以上を占めているからである。
水素は、宇宙で最も豊富な元素ゆえに
宇宙の雑用をこなしている。
ありふれた雑用は、個人の統合的な仕事に深く関与している。
それゆえに、個人が宇宙全体の活動に深く関わろうとする場合
分類不可能な「環境の準備」として加速度的な雑用の増加が現れる。  
この進化する雑用こそ
ロボットには代用できない仕事なのである。
雑用を職業的代行として認識しているかぎり。

朝の運動

動物行動学者コンラート・ ローレンツの朝の運動は
朝食前にお気に入りの仮説をひとつ踏みつぶして捨てることだった。
ならば、次の朝食までに踏みつぶすべき
次のお気に入りを用意できるかどうかが
日課になったはずだ。
それほどの学者だったからこそ
ある仮説の一つが偉大な発見に繋がっただけではなさそうだ。
仮説を踏みつぶす日々の運動なくして
科学的な創造性を獲得できない経験的事実を
誰かから<刷り込み>されていたのだ。
つまり、10才までのデフォルト期限までに。

自然農

農業は定住することで
生産性を拡大できる。
そして、栽培技術と共に
人間が移動したからこそ
栽培技術がより向上し
都市人口が飛躍的に増大したのである。
移動(モバイル)技術は
人間の知性を短時間に
包括的知性へと変換できる。
自然農法(稲作)は
森と共に移動した結果生まれた。

アンチ・レバレッジ

外部や内部からの力に対して
変形しない物体は宇宙には存在しない。
剛体は理想化された仮想的な物質である。
剛体力学は、数千年間も梃子(lever)という
棒状の剛体の実用性に囚われてきた。
経済でさえ、他人資本を使うことで、
自己資本に対する利益率を高めるレバレッジに夢中である。
rigid body dynamicsから
レバレッジなきtensegrity dynamicsへ
この張力の包括的な原理と実践方法については
まだ誰も科学的に教育できていない。

計画的陳腐化

日本人によるウォークマンの脳死宣告が
遅すぎたのではない。
模倣やコストダウン、製品管理で対抗する世界が終わったのだ。
計画的陳腐化は製品だけではなく
ノウハウの習得方法にも及んでいる。
知識や技術の習得において
頭が良いだけの人には不都合な世界が始まった。

続2)デルス・ウザーラーーーーLife Packingの原型

何らかの方法で自分以外の環境をデザインすると同時に
宇宙との関係性に変化を与える<Life Packing>は
21世紀の個人的な所有物の組み合わせからは構成できない。
モバイル用シェルターがまだ含まれていないのは
耐久性・耐候性・断熱性などの長期の生存機能に欠けた
アウトドア用のテントしか存在していないからだ。
極地的な用途で生まれたアウトドア用のドームテントは
軽量化を最優先にしたために長期間外部での使用には耐えられない。
最優先されるべき生活空間のテクノロジーは
大気圏という外部を未だ内部化できていない。

複製技術

インフルエンザウィルスの直径は80-120nm
プロセッサの配線の太さの最小は32nm
しかし、ウィルスの核酸RNAはもっとも細い。
そのDNAは直径2nm(nm=100万分の1mm)
自然のテクノロジーは
まだ複製できていない。
プロセッサの配線は
RNAのように螺旋ではなく、まだ直線だからだろう。
☆<自然は最短距離に直線を使わない> 梶川泰司 

inful-thumb-500x199-27

捨てられるモノと機能について

いま日本中から使われなくなった
しかし、優れたボール盤や旋盤が
より増加している話を友人から聞いた。
捨てられるモノの機能は
ほとんどは壊れていない。
捨てるとは所有権の放棄であるが
機能の飛躍的な移動の始まりでもある。
修理するボール盤や旋盤の道具だけで
ガレージでも耐久性30年のシェルターが作れるが
そのシェルター自体は
まだ捨てるほど製造されていない。
無数の個人が自由により移動するためには
最初のシェルターの所有権が譲渡され
あるいは放棄されなければならない。
世界中の中古車が
新車よりも移動しているように。

森でさえ

世界人口の加速度的な増加は
より都市に定住したからではなく、
農村部から都市へ、
そして都市から都市へ移動する人々が
移動しながら海岸部で増加する現象である。
森でさえ
樹木が非同時的に移動した結果だ。
実際、かつての森も海岸線まで達していた。
ーーーーーー他の大陸を求めて

反定住時代

20世紀の後半から
田舎の過疎化する傾向にある村落
つまり高齢者がより移動しない社会構造では
定住者を募集してきた。
人々を固定したいこの願望こそ
過疎化を加速している原因の一つだ。
第3次産業革命後の都市部の大多数は
平均3年に一度引っ越しをしている。
一時的な停泊こそ、21世紀の居住方法である。

消費税と付加価値について

消費税は外部から調達した原材料やサービスのコストを差し引いた
<付加価値>に着目して課税する間接税として概念化され
第2次世界大戦後の工業先進諸国(フランスが最初)から導入されてきた。
税収奪のためのもっとも効果的な対象は
工学(21世紀からは遺伝子工学)における
加速度的に増大している<付加価値>である。
それはアップルがIT革命において
ソフトウエアだけではなくハードウエアの工学的開発を
つねに怠らなかった理由でもある。

受動的抵抗について

受動的なすべての抵抗は
人間のための生命維持装置システム(shelter+energy+food)の
生産を拡大しなかった。
より受動的な生活を拡大するためのシステムが
これまでになく積極的に開発されている。

続)iphoneについて

適者生存(=survival of the fittest))のためのカスタマイズから
生存に有利なものが生き残りの道具に方向性を与えるのは
独創的なデザイナーよりもユーザなのである。
それは自然が自ら採用した生き残り方法、
つまり、自然選択(=natural selection)に
より接近している方法なのである。

iphoneについて

その<形態は機能に従う>ようにデザインされなかった
最初の工業製品である。
無数のアプリが言わば自然選択(=natural selection)できるシステム上に
置かれているという前例のない革命がまだ十分に言語化できていない間に
ついに、それまでの押しつけがましい機能や
専門分化しすぎた無駄な機能を
ユーザが個別に排除できるようにデザインされていたのである。
インストール時のハードウエアとソフトだけの従来のカスタマイズ(=改造)は
すでに陳腐化されていることに気づくだろう。

モジュールについて

モジュールは
分断化からは生まれない。
断片化された超専門分化からも生まれない。
原子は再生的でもっとも統合された
最古のモジュールである。
再生的にデザインされ生産性の高い人工物は
モジュールから構成されている。
その場合、各機能を再現できるモジュールの内部は
ブラックボックスでもかまわない。
かつて原子核構造が人類にブラックボックスであったように。

独創性

独創性を獲得する秘法は
独創性のなかった人しか知らない。
その秘法を実践できる現実に
遭遇する神秘に無関心だったから。

段階について

エコロジーを富の増加のために利用できても
有機体生命と非生命との間
および
非生命間どうしの
エコロジーを認識しない社会道徳とその諸々の価値を
そしてそれらの思考方法を
全的に否定することは
思考ではなく瞑想の段階にある。

未知(unknown)

思考する優れた方法には
目的と手段を融合させるための長い準備段階が含まれる。
例えば
バックミンスター・フラーが50年の歳月を費やして到達した
<クリティカル・パス方法>は
1950年代に開発されたジェネラル・ダイナミクスと
アメリカ海軍のクリティカル・パスとは異なっている。
彼の晩年の代表作である『クリティカル・パス』(1998 白揚社)は
最短経路ではなく
必要不可欠な試行錯誤を含んだ絶対時間を積算した
最長経路の思考方法である。
プロジェクト完了までにかかる最短時間を決定するためには
最長経路のデザインが最優先される。
それゆえに、クリティカル・パスは
未知の分野の探査に使用されてきた。

逃走

逃走とは
逃走の方法を発見することである。
中性子のように。
さもなくば
鉛になってしまうだろう。

(続)trimtab

センスでは
お金を稼げないように
お金でセンスは買えない。
しかし、
どちらかを選ぶと
片方は
ありふれた夢のままだ。
真理を知る
正しい知恵(trimtab)のないことが、
今を生きることへの苦しみと
夢を生み出す。

think different

カボチャも林檎も
時期がくれば腐る。
輝く子孫のために・・・・。
人間は
生きているときから
腐っている。
自分以外を忘れるために。
なんという違いだろう。

trimtab

ジョブスは去った。
海賊になる方法より
最良のtrimtabをデザインする方法を
重さのない
永遠のクラウドに残して。

無為

貧しさは貧しいと感じた時から始まるが
幸せは幸せと感じた時には去っている。
どちらも感じないように
生きる術を学ぶほど
無為から遠ざかり
人生はより短くなっていく。

非・売電化

すべての原子力発電は送電線を前提にした
19世紀の局所的なネットワークに組み込まれている。
自然には送電線は存在しない。
太陽の核融合エネルギーは放射性が除去されて
無線ネットワークでやってくる。
植物に葉緑素が備わっているように
自然エネルギーは
つねに無線テクノロジーで変換される。
最新の太陽光発電システムでさえ
補助金と売電のために19世紀のネットワークを前提とするが
植物が太陽に売電しないように
住宅にも自律的で再生的なエネルギー変換器と
無線テクノロジーを必要とする。
自然は再生可能なエネルギーを
売ったり買ったりしないように
デザインしている。
たとえば、風のように。

森のように

森は移動した結果だ。
そのためには
樹木から無数の種子が
飛行しなければならなかった。
森は移動することで
より再生的になる。
都市は
森と闘い
森の再生機能を否定することによって
増殖してきたので
固体的なままだ。
都市は静止したコロニーだ。

方法

α線ではなく、
朝日で目覚める生活が懐かしい。
光合成の傍で暮らす夏の日々はもう望めないが
雨上がりの畑に最後の苗を植えよう。
今は植物と一緒に暮らす生活よりも
その方法がより重要になった。
方法こそつねに
重さのない
移動できるトリムタブ(trimtab)だ。

大気圏外ガイガーカウンター

原子核崩壊や核分裂反応の発見のあとに
バンアレン帯が発見されたのは
衛星に搭載されていた
ガイガーカウンターの観測結果からだった。
人類は大気圏内でのみ
生命がもっとも安全に維持できる
自然の仕組みを理解したのは
1958年の冷戦の最中であった。

電気製品

本当の美しい電気製品とは
それを使いながらエネルギーを生み出す
全体の装置のことだ。
植物のように
エネルギーは買わないシステムを
まして売る必要もない方法を
想像したことがあっただろうか。
本当の見えない機能は
まだデザインされていない。

主観的

この情況に楽観的か、悲観的かは
まだ主観的だ。
怒りさえ、時間が鎮静化するだろう。
絶望こそ、
客観的行動のための初期設定だ。

緊急事態

緊急事態とは、
人々がパニックに陥る怖れから
国家が存続をかけて
情報をコントロールすることではない。
大多数の人々が
間違った理由で
生存のための
正しいことを選択することである。
緊急事態とは、
このプロセスに
国家が介在できない状態である。

エネルギー・ジレンマ

人間は、生命を維持するエネルギーを植物のように
直接太陽光から得ることはできない。
しかし、道具という人工物(trimtab)を介在すれば
直接太陽光をエネルギーに変換できる段階にいる。
太陽系の生命には
開放系バイオスフィアが標準テクノロジーだ。
有限な地下資源ウランに依存した
原子力発電のエネルギー・ジレンマなどは
もはや存在しない。

超無料化コミュニケーション

災害には陸路の崩壊によって内部と外部が形成される。
無軌道化と無線化に対応したテクノロジーが最優先される。
孤立した災害地の人々へは
移動型衛星インターネットシステムの貸し出し、
太陽光パネルと蓄電システムの貸し出し、
そして
Skype Accessの無料化をセットで実践しなければ、
超無料化は有効ではない。
救援のためのこの超無料化によって
効果的なコミュニケーションだけではなく
遠隔地とのコミュニティが形成できる。
日銀の26.5兆円の国家資金供給システムは
個々人には時代遅れだ。

Skype社は災害連絡支援のために、
日本国内5,500以上の公衆Wi-Fiスポットで
インターネットに接続できるように
Skype Access を現在無料にしている。
Skype同士の音声通話、ビデオ通話を無料化。
これら無料化のための
Skypeクレジットバウチャー(クーポン)の有効化手順
1. skype.com/go/voucherをクリック
2. 「Skype名」および「パスワード」を入力
3. Skypeバウチャーコード(クーポン番号)(※1)を入力
Skypeクレジットバウチャーコード: 8VURAJ8AMMKDK8DG
スカイプ社に心から感謝します。

素食&素職のすすめ

21世紀の被曝国の生き方は
長期の素食と素職に耐えられるかどうかで確立される。
素食とは放射物質を廃毒する玄米食である。
そして、
2番目の素職とは
放射物質から身を守る
インターネットによる在宅勤務である。

ガイガーカウンター

ナビといっしょに
ガイガーカウンターを車に搭載すれば、
非常車両になる。
しかしガイガーカウンタ-は
すでに売り切れている。
個人以外の誰が
それを買い占めたのかを知れば、
今回の危機の深刻度は正確に把握できる。