カテゴリー別アーカイブ: トリムタブ

真実と事実が交差する網膜へ

超高精細4K・8KのTV映像は、現行の解像度の最大16倍で
すでに網膜の解像度を超える。
優れた解像度は真実を再現する度合いとは比例しない。
虚偽の追従者たちは美的で高価な表現手段を愛好する。
もはや映像は可視的な外部の編集ではなく、
真実と事実が交差する網膜への絶えざる剥離手段なのだ。

樹木のテンセグリティ構造

強風には、針葉樹よりも広葉樹や常緑樹が耐える。
葉の全表面積と無数の枝で風速を減速させながら
幹から分岐した小枝で外力を全方向的に分散する。
導管内の水分子どうしの間には凝集力が働いて導管内の圧力が上昇し、
導管師管が集合した束に圧縮力と張力の機能が形成される。


Les spectaculaires arbres tordus de Slope Point

自然のウイングレット(主翼端翼)

主翼の端部に発生する激しい渦は、
空気抵抗となって機体の推進力を低下させる。
翼端渦の気流を拡散しさらには推進力に変換するのが
小さなウイングレッド。
空気抵抗を抑えることで燃費を向上させる機能は
コハクチョウから学んだ方法だ。

最小限の生活空間

遠隔地のロボットがロボットをデザインし生産するまで
どんな部品も人間の頭と手を経る。
自動車、PCなどのアセンブルはまだ分業された手作業である。
最小限の生活空間構造は単純な素材の手作業から構成できる。
効果な空間を購入する習慣は労働の喜びを効果的に破壊する代償だった。

労働力と思考力

労働は自分や家族を養うためだけにあるのではない。
労働と生きる権利は分離されるべきだ。
労働は人間の特権に違いない。
19世紀以後の加速度的な進化は
労働の喜びと生きる権利を分離するはずだった。
今や人間の思考さえも労働力のように
自分や家族を養うために酷使されている。

霧と雨と風

晩秋の温度差によって深い霧で朝日がいつまでも届かない。
やがて雨が降り出して翌日の朝まで強い風が吹き荒れた時、
ほとんどの車のボディーと窓は洗車してワックスがけしたように輝いていた。
自然の霧と雨と風には優れた洗浄力がある。
紅葉した無数の葉も洗浄されより鮮やかになる。

科学論文の口述入力

私のこれまでの数学論文は準備した原稿なしで
少数の他者に口述しながら文字入力されて書かれた。
口述筆記は科学論文という表現に最適である。
原始的な思考力は話から生まれる。
40歳まで私はCADアプリ以外でキーボードを使用しなかった。
今では口述入力は単独で可能だ。

衛星ウイルスのモバイル構造

宿主細胞と螺旋体状タバコモザイクウイルス(TMV)から
必要な構成部品を調達することによって複製機能を形成する衛星ウイルスは、
感染の症状を悪化させる小型の正20面体状のモバイルウイルスである。
サテライトウイルスは、自然界で最も小さな複写装置にちがいない。
自然の相互依存は最小限の構造体に依存する。

サテライトウイルスとタバコモザイクウイルス

生活空間にCO2濃度センサーを

大都市以外の大気の通常の二酸化炭素濃度は400ppm前後であるが
車の窓を閉めて外気の交換を完全に閉鎖した状態で走行すると
1時間で3500ppm以上まで上昇する。
6000ppmでは完全な眠気と倦怠感、頭痛、耳鳴り、息苦しさに襲われる。
生産性の向上に限らずスマホにはCO2濃度センサーが必要である。

霧のナノミスト効果

朝霧に晒され全面に結露した車のボディーを
朝日で乾燥する前に水だけで洗車すると汚れはほとんど落ちる。
霧状ミストが汚れや菌の隙間に浸透し、
塗装表面からそれらを剥離できるのは水分子の表面張力による。
しかし、結露したボディーを太陽光で再び乾燥させると
ほとんど隙間のない汚れとなり塗装をより劣化させる。