地下茎ネットワーク

シナジェティクスに憧れると
シナジェティクスを発見できない。
憧れとは
最大の他者との比較であり
すべての比較を超えなければ
内部の混乱は避けられないだろう。
ランダムに見える地下茎は、
地上の嵐で揺れ動く無数の葉の光合成を
不可視の微生物ネットワークに接続する。

地下茎ネットワーク

シナジェティクス3

バックミンスター・フラーと彼が亡くなるまで
共同研究している間、
自分の名前で論文を出そうなどとは
思ってもいなかった。
モデル言語を学べるだけで十分だった。
彼が滞在するホテルの朝食会で
彼が私に自分の名前で論文を出版すべきだと
言った時はほんとうに驚いた。
彼はシナジェティクス3のモデル言語の始まりを
予感していたのだ。

それを理解できたのは
彼が亡くなった後の
バックミンスターフラー研究所の
シナジェティクスのアーカイブを
閲覧したときだった。

SYNERGETICS 2 RBF 1979

構造の定義は変容する

シナジェティクスには日々発見がある。
テンセグリティについて昨日の発見を思い出して
ほとんど何も分かっていないことを知ると、
それだけで構造の定義は変容する。
私のスタジオは高い天井までモデルだらけで
テンセグリティに引越すしかなかったのが
テンセグリティにとって最大の変化だった。

バイダルカが外洋を航行できるように
テンセグリティは大陸の表面を航行するために
浮遊するほど軽量だ。

動く組立ライン

テンセグリティシェルターは
互いに遠隔地にいるアセンブラーとの対話と
既製品との相互関係が作り出す張力から
デザインされるまったく新しい空間構造なのだ。
テンセグリティシェルターの動く組立ラインは
外部のロジスティクスと
内部のシナジェティクスとの共存から形成される。

互いに遠隔地にいるアセンブラーとの対話からデザインされた
テンセグリティシェルター 2008 
シナジェティクス研究所 制作 構造デザイン 梶川 泰司

美よりも包括的な宇宙の原理

科学的原理をモデル化しただけでは芸術作品にはならない。
テンセグリティに美を求めるよりも
構造原理を応用する仕事がなぜ優先されなかったのか。
美よりも包括的な宇宙の原理を
フラーから学んだスネルソンが
シナジェティクスを発展できなかったのは
欲望による概念の所有にある。

Tensegrity
SYNERGETICS R.B.Fuller 1975

美よりも包括的なテンセグリティ

生物学では細胞という概念を考えた人が
最初に細胞を発見した人だ。
ケネス・スネルソンの傲慢さは
バックミンスターフラーが発見した
テンセグリティの原理と概念を
自分の彫刻の作品名にしたことだ。
スネルソンはフラーの概念から
圧縮材が不連続なテンセグリティ作品を作り始めている。

シナジェティクス3

バックミンスター・フラーに出来なかったことは、
テンセグリティシェルターの中で
シナジェティクス3を書くことだった。
彼の60年代の自宅はジオデシックドームだった。
20年以上の耐候性のある皮膜や張力材が
まだ存在していなかったからではない。
モバイル用のテンセグリティ原理が
まだ発見されていなかったからだ。

テンセグリティ構造 SYNERGETICS RBF 1975

子どもが子どもを教育する実験

無知から生まれる無秩序が
自発的学習のデフォルトではなく、
無知を日々破壊する好奇心が生む無知への絶えざる自覚から
デフォルトが生成される。
デフォルトは最初の自覚できない
非人格的なインテグリティだ。
教師や教科書がなくとも
子どもが子どもを
教育する実験が社会でできないだけだ。

インテグリティ(integrity)が物質化される時

構造原理の純粋さから
テンセグリティをアセンブルするプロセスに
宇宙のインテグリティ(integrity)が物質化される時、
その先験的システムに予想を超えた驚くべき物理現象が現出する。
テンセグリティシェルターは
強風や豪雨、豪雪や猛暑の気候変動に
共鳴しながらより熟成していく。
それは秘密にすべき空間だったのだ。

Earth Global Circulation_