モバイル・シェルターの環境制御

モバイル・シェルターの環境制御とは
回転する角度・屈折・反射・磁力、重力などの
異なる物理的作用を相互に関連づけながら
選択可能な環境的要素とそれらが織りなすプロセスを
包括的に管理する技術である。

相互に関連する環境的要素とは、
光(エネルギー)、温度(断熱)、太陽の軌道(方位)、空気(流体)、水(湿度)、
植物(光合成)、微生物(共生)、人間の主体(メタフィジックス)である。

思考の外部化

考えたことは、書くよりも、
ipad proの音声認識アプリでテキスト変換したほうが
正確で早いだけではなく、話しながら考えることのほうが
より自然である。
言葉は、思考を生成するが、声が思考を外部化する。

計画された冒涜

安全な記者クラブから嘘を捏造し
憎悪を煽り機動隊を差し向ける
絶えざる偽善者による利権の独占に
批判するだけの指導者たちは色あせた。

賢者を気取りつつ
無知と迷信を助長する彼らの元で学ぶ若者の
美しさと想像力を破壊し
不合理な法律コードの脅しで喜びを封じ
惨めな高コストの味気ない環境で魂を圧殺するばかりか
制御できない人間に悪意のみを露わにする高慢な罪人たちに
反論するよりも沈黙させる平和戦略こそ
計画された冒涜なのだ。
この心理作戦に使われた自国の軍事費は膨大だ。

心に、愛よりは
憎悪ではなく、無関心が巣くう段階以上に
魂の占領はないのだ。

無血に占領された無数の基地から核ミサイルは自在に発射できる。

プレアデス星団の軌跡

プレアデス星団が、太陽から離れて、<暁の東の地平>に見える時、
金星よりも明るく輝いていることにはじめて気づいた。

120個ほどの恒星と青白い星間ガスの集合からなる銀河星団は
銀河系の円盤ディスク領域に位置し、
それらすべての星が相互に関連しながら、同一方向に同一速度で動く星の軌跡を
<暁の東の地平>からどのように思い描くことができるのだろうか。

天体と宇宙全体を研究する物理学(uranology)は、
内部からの軸回転で生まれるある軌跡を
その回転軸から離脱して外部から観察するテクノロジーである。

コスモグラフィー(Cosmography)における
シナジェティクスモデル(例えばベクトル平衡体)の回転・変換運動の記述方法も
物理学(uranology)と同じように内部と外部からの2通りある。

オフグリッド

住居デザインは、気候や言語そして経済性の違いによっても異なるが
住居空間に対する身体の強制と思考を矯正する政治的技術の介入はほとんど変わらない。

住居空間が依存する都市の上下水道システムは、基本的には数千年も変化していない。
最新のトイレとキッチンのデザインでさえ、つねに都市の上下水道システムの有料アプリにすぎない。

森の微生物学なくして、メータ付きの課金装置(=地下グリッド)から
脱獄するトイレとキッチンを発明できなかったからだ。

21世紀の<オフグリッド>には、
無料の上下水道システムおよび無臭への脱獄方法は未だ含まれていない。

焦点からの逸脱

人間は、完全さを求めて生きられない。
しかし、まったくの不完全さのままでも生きられない。
人間はどちらからも逸脱することができる。
少なくとも唯一無二に見える焦点に拘束されないように。

焦点からの逸脱がたとえ逃亡であったとしても、
逸脱は全方向性への自由度を備えている。

続)絶縁方法(isolation)

支持率が低下しても憲法改正と原発再稼働、
そしてオリンピック開催が相互に強化しあうことで、
人々から<地位協定>の現実を忘却させ再び維持するための
記号言語のテクノロジーが存在する。
それにどうのように対抗できるかがが、現在の根源的な問題なのだ。

パスポートなしで米軍の駐留を許す日本国とアメリカ合衆国との間の条約は
第2次世界大戦後の最大の属国の協定に違いない。
在日するアメリカ人の総数は“日本の外国人”の統計から除外されている。
——アマゾンでの日本人の消費額が、消費統計から除外されているように。
(もはや日銀が調査する消費物価指数は現実的ではない)

<地位協定>で失われる人権と富は、永続する劣等感と戦勝金に変換されている。
その変換方法こそ、支配するための<分離と隔離>方法なのである。

非同時的で同時的宇宙

宇宙は開発されない。
開発の意図から出た大気圏外の宇宙計画は、圧制の道具や手段になる。
宇宙はつねに発見される。

実験室で初めて合成された未知の無機物(たとえばフラーレーン)でさえ、
非同時的で同時的な宇宙の闇を繋ぐ星々の履歴からやって来る。

それらと無数の地球微生物との遭遇なくして、
大気圏内の生存をかけた宇宙計画も成功しないだろう。

現金製造装置

貨幣を製造する権力は、
自ら返済不要な<補助金>という現金製造装置を
システムにインストールした。

税金を加工した<蜜>に群がる企業や大学によって、
例えば、原子力発電が開発され、民間企業に譲渡された。
現金製造装置を自在に内蔵するシステムこそ、
最大の不労収入、または純利という持続する<蜜>造をもたらす。

主観性の偽装

自己を維持する唯一の関係は、個人の<主観性>にある。
しかし、この自己に対する自己意識が、
<自己と他者>との、あるいは<他者と他者>との関係に置換され続けるならば、
権力こそ、自己に対する自己意識でつねに満たされているのである。
これ以上の主観性の偽装はないだろう。

しかし、主観性の欠如は、誠実さの犠牲と反対称的に共存する。

絶縁方法(isolation)

言葉に対して誠実さと自律の意志を欠いた人々が作成する憲法は、
属国特有の内部を外部から絶縁させる方法から編み出されている。
絶縁とは、電子回路の一部が、信号や電力は伝達されるが
導体は分離している状態である。

絶縁こそ、その物理的な絶縁を破壊する行為と意志を
絶望的だと感じさせるためのもっとも効果的な方法なのだ。

分離と隔離(=isolation)は、支配するための見えない武器である。

知られざるテンセグリティモデル

バックミンスター・フラーが講義で使用していた
球状のテンセグリティモデルは、飛行機での移動には不適切であった。
講義の前に僅かな時間で組み立てられる方法よりも
折りたためる構造をすでに発明していた。
この方法は、まだどの文献にもBFIのアーカイブにも存在していない。
見えないモデル言語は、まだ未整理のままなのだ。
シナジェティクスの有用性は、現在の数学には属さない。

気楽な夜空に

裏庭で梅雨の切れ切れの夜空を仰ぎながら乾いた薪で焚火しても
静かな夜がすぐには取り戻せない。

裏庭に繋がる背戸の森が開発されてこれまでよりも広大になったからではなく、
ついに背戸がもっとも遠いアマゾン流域のお土産用観光植民地と繋がって
彼らも市場原理を強いられて生きている現実を共有する段階にいて、
気楽な夜空が突如、ICBMの軌道が描かれるスクリーンに変貌するからだ。

医学的知識

病理から標準的な健康状態を啓蒙するTV番組が、
人類学や生物学ではなく医学を基盤とするようになったのは21世紀からである。
年金制度の崩壊から医学的知識への理解が医療費を劇的に削減できることが分かった結果である。

さらなる暗黒時代へ

都民ファーストの代表が、
「国民主権という傲慢な思想を直ちに放棄すべきことを主張する」のだから
<犬のしっぽに犬の散歩>をまた依頼してしまったようだ。
権力の外部と内部の交替のシナリオが報道されていないだけなのだろうか。

知の臨界蜂起

投票率が低いにもかかわらず、メディアの予想を超えた議席数の地滑り的反転は
これまで従属化され抑圧されていた知の臨界蜂起と言えるだろう。
だが、真の自発的蜂起なら、沖縄に転位するはずだ。

結び目

船の速度の単位ノット(knot)は<結び目>を意味する。
砂時計の砂がすべて落ちる28秒間にロープの等間隔の<結び目>を
動く船から海中にいくつ繰り出したかでその船の速度を測った。

ノットは日本語で瘤であるが、船舶や航空機の速度をあらわす単位ノットは
もっとも単純で高度なサバイバル時のロープワークである。

バイオスフィアの歴史でこの瘤(ノット)を作れるのは海の民だけである。

作用・反作用・結果

物事を理解すれば、それらを相互に秩序づけたくなる。
あるいは、秩序の存在を感じた時(作用)に、理解が訪れる(反作用)のかもしれない。
しばしば、その作用効果として人間は自発的に座り込む(結果)。

身体を一時的に静止して熟考することで、さらにダイナミックな知性が形成される。

はったりゲーム

シナジェティクスは、微積分や微分方程式を使用しない。
シナジェティクスは直接的にシナジェティクスのモデル言語を発見する。
微積分は、数学から視覚を失わせて独占的な利益を獲得できる手段である。
視覚を排除した時のはったりゲームに学生たちは自覚なく溺れていく。
はったりゲームの魅力は、政治経済だけに終わらない。

人間の視神経の束の直径は他の神経に比較して格段に大きい理由は
シナジェティクスの原理の発見方法とそのプロセスで証明されてきた。

過剰による分配よりも欠乏による支配

世界人口は、局所的に高齢化によって減少していく一方で、
殺し合うように訓練された局所がある。
依然ただ増大していくのは、
食料とエネルギーの意図的な欠乏によって
より支配され希望を失っていく過程へと転換されるからだ。
その過程では食料とエネルギーの生産量の過半数が
廃棄されていくテクノロジーが介在する。

エネルギーと食料、そして住居が過不足なくあれば、
人口は確実に制御できることに、
その欠乏の過程に投資する株主たちは無関心だ。

ハイエンドユーザ

テンセグリティ構造の自由度と安全性に深刻な影響を与える建築法規(コード)のために
生活空間としてのテンセグリティ構造の可能性を一掃しなければならないということではなく、
構造の自由度、それに伴う強度と剛性は、ある領域において制限されるべきだなどとは
建築コードという記号テクノロジーからは本来何も本来何も言えないのだ。

まして、建築コードの組合せを駆使するハイエンドユーザである建築家から
テンセグリティの可能性を否定することはできない。
科学テクノロジーは、しばしば、記号テクノロジーを陳腐化してきたからだ。

航空機が実用化されるまでの間に翼やプロペラの挙動に関する
空気力学や機械工学的なノウハウが獲得された後に、航空機の免許制度ができたのではなく
航空力学が最初に誕生したのだ。
技術的に精通したユーザー(tech-savvy users)は、教育の効果から生まれる。

草刈り

弁護士に相談するとに初回の相談料だけ時給5000円だが、生きるための権利に関する諸問題は消えない。
草刈りが時給5000円なら、日本中の雑草は、除草剤を使用しなくとも根絶やしになるだろう。
同時に全国的な除染対策も可能だ。

概念モデルから始まる

圧縮材と張力材が互いに影響しあう作用だけで
外部エネルギーを完全に内部に循環させ、重力にも依存しない。
これがテンセグリティの無機的な特徴である。
テンセグリティの動的でしばしば有機的に見える均衡力が、
すべての科学分野での理解を超えていたのは
テンセグリティモデルが観察から発見されなかったことにあるだろう。

フラーレーンの電子的存在を発見する40年前に
バックミンスター・フラーの思考の幾何学で捉えた概念的モデルが
1949年球状テンセグリティを生成したのである。
同時にテンセグリティの科学的評価が1980年代のフラーレーンの発見まで遅れたのである。

シナジェティクスが、机上理論(desk theory)に
優先する発見型机上モデル(desk model)による、
新たなシナジェティクス原理の発見へと誘導される時、
絶対的な数学的な証明を伴うコスモグラフィーへと統合されていく。

巨石とモバイラー

どんな巨石も、動いてきた結果である。
森は、樹木が光を求めて移動してきたのではなく
単独では生存できない樹木が寄り添っているのである。

巨大都市は、人間が群れつづけながら入れ替わり
遂に移動しないことで安定する。

政治・経済的要因によって左右されるない主体性を獲得する場所を求めて
都市が形成された歴史は存在しない。

個人だけが、自分以外の環境を変えられるように
死の危険性さえも受容する単独者モバイラーとして
デザインされているだけである。

階層的秩序

自然は、われわれの思考形式に先んじて、
そして、構造の概念の革命に先んじて、
動物や植物の細胞をすべてテンセグリティ化していただけではなく、
ほとんどの隕石に含まれるフラーレンさえもテンセグリティ化していた。

元素を内包するフラーレンには,第2の周期律が存在する。
元素を内包するフラーレンには、超伝導、半導体、磁性のいずれかの機能が備わっているが
フラーレンを構成する炭素原子自体や内包された元素から
それらのシナジー作用は推測不可能であった。

シナジーはデザインできない

より加速度的に増加する局所情報を劇的に無化するシナジーは、デザインできない。

局所的に激しく強く受ける外力エネルギーを
非同時的に全体に分散する機能に変換するばかりか、
システムを通過する外力エネルギーをよりシステムを強化するために振動し、
それゆえにより軽量化を果たしながら
動的な均衡を維持するテンセグリティモデルさえも。

同時的すぎる思考の防御方法は、固体的でより脆弱になり、
そして統合されたテンセグリティを不安定でより危険な構造とみなすほど
自然に対して傲慢なのである。

続)戦略情報(tactical information)

分断し征服するための全体は、無数の局所の積み上げから成り立っている。
自然法則に反した情報がより局所的に分断するための
疑似グローバル社会を動かしている。

原子核の全体質量はそれを構成する各核子の質量の総計よりも
少なくする自然のシナジー戦略は、核兵器と原発以外に
まだ21世紀の政治・経済、そして教育には反映されていない。

シナジーは、より加速度的に増加する局所情報を劇的に無化するから。

戦略情報(tactical information)

地球資源が汚染されていく過程の形成には、
人間の自発的にすばやく反応して行動する能力に対抗するための
国家や企業の戦略情報が介入している。

政治的経済的な戦略情報は、戦略核兵器(tacticalt nuclear weapons)と同じように
局地的に制限するために開発されている。分断し征服するための歴史的方法に基づいて。

大気圏を除くバイオスフィアの重要な海洋・地下資源、および、平野や盆地の耕作地、
のほとんどが、つねに局地的に形成され持続されているから。
そして、局地的な都市と農村の文化がそれぞれ同期していくのである。

実際、共謀罪の成立までに、人々が自発的にすばやく反応する能力に対抗するための
戦略情報はこれまでになく駆使された。

不足しない思考

すべての経済学は、不足を前提にした思考形式に練り込まれている。
危機的に不足する情況の必要性さえも予め練り込まれている。
電力や食料、住居、そして教育費や医療費、そして軍事費など。

しかし、不足しない思考だけが<テクノロジー>を発見してきたのである。

超望遠単焦点レンズ800mm

早朝に森を散策した。
今年は気温が低いのでまだオオルリが梢の方で鳴いていた。
渓流の岩場で遭遇した野鳥観察のカメラマンに
オオルリの生態について質問した時に気づいたのだが
15m先の鳥類図鑑のようなオオルリの羽根の美しい細部を
再現できる超望遠単焦点レンズは800mmであった。
渓流の岩場の穴にコケで巣作りする時の敏捷な動きをの記録には、
マグネシウム合金ボディで小型・軽量化された望遠レンズが不可欠なようだ。

図鑑の挿絵は、おそらく超望遠単焦点レンズによる映像を参考にして描かれたにちがいない。

湧水と牒

地下水を散水して雑草を刈っているとアゲハチョウがやって来る。
湧水の香りは、故郷(オアシス)の記憶か。

黒い輪郭で縁取られたウスバシロチョウは梅雨明けにやって来るだろう。
森に接近しなくとも庭で散水するだけで、マクロレンズで撮影できる。
羽根の曲線のエッジに囲まれた半透明の面は、強い太陽を反射しないから。

非物質的

誰かが絶対的存在と言うとき何か物質的な存在を思い描くが、
非物質的だが終わりのないメタフィジックスは
漸進的変化のプロセスを捉える動詞にある。

形態的反撃

DNA分子が存在するが核膜がなく有糸分裂をしない原核生物は、
地球のバイオマスを圧倒的に占有し、最も重要な栄養素を循環させる役割を形成する。
微生物の諸細胞が、その細胞外構造を形成し未知の神経ネットワークを形成する。

地球上の最古の有機体における
効率の良いエネルギー分散とコミュニケーションについて理解しようとする時に、
この森の形態的反撃は、微生物による神経ネットワークが引き起こす
偶然のコミュニケーションではないかもしれない。


<北アルプスの晩秋の森から>

抽象的思考

物質から生まれる漸進的変化は、つねに抽象的であるが、
抽象的思考をメカニズムにまで変換するには
それを思考する人生よりも長い時間がかかっている。

抽象性にはパターンが存在しないので
人々はパターンを複製することから始める。

科学的発見方法が一般化できないように、バックミンスター・フラーの抽象性は、
まだ5%も具現化されていない。

高ぶった安物

高価でない中国製を安物とは言わない。
安物は、意図的に非効果的にデザインしたモノである。

モノからその意図が見えるように、人間からは人格が見える。
品格がない場合は、意図的に非効果的にしたのである。

政治も高ぶった安者がデザインできる時代だ。
彼らは安く買って高く売っている。

誘導する力学

社会学は、特別な思想から期待させる非対称的で魅惑的な2つの異なる世界像を描いてきた。
それぞれの世界には、核弾頭だけが慣性により<無誘導>のまま飛行する
大陸間弾道ミサイルが装備される。

生存に不可欠な自然の諸原理の機能を覆い隠すこの企てなくして、
共産主義が資本主義を<誘導する力学>はついに認識できないだろう。

日本では大陸間弾道ミサイルと共謀罪がほぼ同時に武装される。

富と秩序

富とは、生存する能力であり、ハエやネズミにも備わっている。
基本的な秩序へと再調整するために、エネルギーの流れを制御する能力である。
その結果、ハエやネズミは短期間に増殖できる。

共謀罪という<権力と記号のテクノロジー>で、
人間が生存するための基本的なエネルギーと秩序は、けっして制御できないだろう。

シナジー(synergy)の発見と定義

積分(integration)とは、
微分(differentiation)に対する数学的概念として学ぶが、
歴史的には、分化・特殊化(differentiation)に対する
統合(integration)の概念が先行している。

歴史的には、シナジー(synergy)は、
薬学における共働作用という専門化し分化した概念であったが
バックミンスター・フラーによって、シナジー(synergy)は、
エネルギーに対する微積分的な物理的な相互作用として発見され定義された。

細胞という概念が発見されなければ、顕微鏡の発明によっても、
細胞が形態的に認識できなかったように、
この本質的な差異の認識からシナジェティクスは、
シナジー作用を引き起こす結合と解離における構造とパターンを発見してきた。

究極の構造システム

建築における構造設計では、これまでコンピュータによる計算結果よりも
数倍の安全率を使用してきた。航空機の場合は、せいぜい2倍を超えないのは
その安全率の起源と必要性を熟知しているからである。

技術的な無知の増大によって、構造の自重の増加に伴った安全率も自ずと増大する。
より大きな安全率は、より大きいリダンダンシーと荷重分散に対する自由度を失う。
航空機では機体重量の増加は、死の危険性ばかりか、飛行の経済性をも失うだろう。

耐震や免震、そして制振技術以上に、構造の軽量化と剛性化をも統合したテンセグリティは、
究極の構造システムである。

しかし、構造に関わる専門家たちが、テンセグリティが非実用的であるばかりか
もっとも危険な構造だと信じ込まされているのは、構造の自重増加が
材料費と施工費の増大による利益率の増加をもたらしてきた経験からである。

住宅は、航空機や自動車の安全性能や燃費性能、耐久性への革命に比較すれば、
暗黒時代の産物である。

バックミンスター・フラーによるオクテットトラスのテンセグリティ構造体 1980

tensegrity module

微生物の移動

森の樹木を繰り返し伐採してダメージを与え続けると、やがて
衰弱した樹木は、その根のあたりで、ウィルスに感染して変形し始める。
森の怒りが形になると感じてしまうが、根の周辺の微生物群が大移動し始める予兆なのである。

枯れていく樹木を数えても、移動する微生物は数えられないのは本質的ではない。
<図>としての微生物は動的に変位すると共に、<地>としての樹木も機敏に動くから。

この映像は、微生物群が短時間に移動して、
大地の水が蒸発して森の周辺から砂漠化していく時の形相である。

予測的デザインサイエンス

自然は何をしようとしているのかを考察し、為すべきことは何かを考える場合、
あるいは、後者の方がより困難な場合に、予測的デザインサイエンスが開始される。

その過程において、
誘導されることが目的化される疑似神秘学につねに憑依されない
自発的な真の目的意識だけが、シナジェティクス原理群へと誘導される。

その過程が実在するいくつかの経験から自己のテクノロジーが形成される。

ゲームの誤謬

資本家は、他者よりも前に潜在的な報酬を看破できる。

たとえ、その報酬が自然が作り出した物であろうとなかろうと
あたかも彼らが所有する物としてふるまうことによって、
彼らの利益は稼ぎ出される。

利益は本質的に増大するという考えが、
電力や石油から、そして、農薬付けの植物から、耐久性の欠如した高価な住宅から
人類全体に分配されるべき膨大な利益をバイオスフィアから
ゲームのルールに従って略奪できるのである。
(誰かの富はそれ以外の誰かの負債であるという19世紀の資本主義のルール)

資本主義といわれる多くの誤謬(=デフォルト・ゲーム)が継続されてきた。

労働よりも稼ぐために生きる

生きるための権利に生きる要求を人間性から剥奪するシステムは存在する。

生きるために稼ぐ労働と生きる権利は、計画的に分離されたにちがいない。
生きるために稼ぐよりも稼ぐために生きる現実を受け入れるように。

酸素と水素が整数比で絶えず結合するための許可が存在しないように、
労働をもっとも偉大な人間の特権として受け入れる
デフォルト(=宇宙の会計システム)は存在する。