部分的破壊から推測できない 全体のシステムの働き 

テンセグリティにシンメトリックな美や動的平衡
そして付加されないリダンダンシーや
自律的な外力分散機能を望む前に
テンセグリティを破壊したことがあるだろうか。
部分と全体が破壊される時の
部分的破壊から推測できない
全体のシステムの働きが最も効果的に作用するその瞬間を

SYNERGETICS R.Buckminster Fuller 1975
Indefinitely Extensive Array of Tensegrity Icosahedra.
TENSEGRITY

存在が流転するための物理的な変換過程

すべての存在が流転するための物理的な変換過程から
宝石のような固形的な物理性に
絶対性を求めるメカニズムは
貴金属より安定しない。
天然鉱物の無機物結晶こそ地殻変動を証明する。
絶対的な存在が
それ自身に終わりもなく
変換不可能な静的な存在であるならば
経験的に意味がない。

Nucleated Cube: The “External” Octahedron
SYNERGETICS RBF 1975

非幾何学的なテンセグリティの起源

テンセグリティを学ぶ前に
幾何学の基礎から学ぼうとする考えには
テンセグリティが幾何学の応用によって
作り出されたという前提がある。
幾何学に動く構造を考えた歴史は存在しない。
テンセグリティは固体の概念を破壊し
牢獄から脱した構造のメタフィジックスの起源である。

非対称的なテンセグリティ構造
バックミンスター・フラー 1981

反復的、再帰的から回帰的思考へ

社会が採用する効果的な学習方法は反復的だ。
過去の習慣的方法を放棄して
新たな経験や思考を始める過程を
内面化していく方法は再帰的である。
構造とパターンが数字と互いに融合する
野性的な視覚言語を創出するシナジェティクスは
元型に対して回帰的なモデリングを発見する。

Five Tetra 1985 シナジェティクス研究所 梶川 泰司
同型の正4面体は他の4つの正4面体と互いに接触する場合
それらの頂点は正12面体を形成することが発見された。
右勝手と左勝手がある。

テンセグリティはどこで生まれたか

TENSILE-INTEGRITY STRUCTUREの短縮形テンセグリティは、
動詞に複数の意味的または文法的単位が複合され名詞化された。
言語の形態学的類型の分布から見ると
シナジェティクスは分析的言語型の場所で生まれている。
しかし、構造とパターンが数字と互いに融合する
前例のない野性的な21世紀の視覚言語が
どの場所でどのように形成されるかは未知である。
http://synergetics.jp/tensegrityblog/

世界の言語の形態学的類型の分布
言語の型はどの場所で形成されるか
analytical
Fusional
Agglutinative
Polysynthetic

もう一つの現実

自然は、
光をわれわれの現実と一致させるための波動を生成するが、
原理と原理の間には、
波動が作り出す認識可能な質以上の
もう一つの現実がある。
複数の原理間には矛盾が存在しないという現実は
メタフィジックスにある。

マジックナンバーとシナジェティクス RBF 1975
A Vector Models of Atomic Nuclei: Magic Numbers:
In the structure of atomic nuclei there are certain numbers of neutrons and protons
which correspond to states of increased stability.
These numbers are known as the magic numbers and have the following values:
2, 8, 20, 28, 50, 82, and 126.

4Dハウスとテンセグリティ構造

ジオデシック構造の発見よりも
テンセグリティ原理の発見が先行する驚くべき歴史がある。
その原理の発見過程は、
4Dハウスからダイマクションハウスの開発時までに想起された
中央の圧縮材(マスト)の分散化と多軸化の
同時的な方法を具現化するための
モデル言語の解読と解体過程として捉えられる。
数十万年にわたる構造の定義を変えた歴史がある。

4Dハウス 1927 バックミンスター・フラー 
初期のテンセグリティ構造では
圧縮材は中央のマストだけであった。

テンセグリティは原子核モデル

核力は陽子と中性子の間に働く力である。
離れた圧縮材の間に働く張力は
テンセグリティ構造を生成する。
核力が核子を原子核に結合するように
張力は不連続な圧縮材を相互結合する。
自然の構造のシナジーの起源に関する相似律が存在する。
テンセグリティは原子核モデルである。

http://synergetics.jp/tensegrityblog/
30−Struts Tensegrity Model 
シナジェティクス研究所制作 2007 

原子炉は10年で2回爆発する

再び、ロシアで原子炉の反応器が開放された。
ロシア政府以外の科学者は、
ニョノクサ実験場で2019年8月8日に放出された放射性同位体
(ストロンチウム91、バリウム139、バリウム140、ランタン140の4種類)は
「核分裂の連鎖反応」に由来し、
「原子炉の爆発」の証拠だとした。
核戦争以外でも都市付近の原子炉は
10年で少なくとも2回爆発する。

BBC
https://www.bbc.com/japanese/49327600

原子炉の爆発 2019年8月8日 ニョノクサ実験場

月の裏側の資源と軍産複合体

「第二次世界大戦以後、
アイゼンハワーによる軍産複合体が開発してきた、
現金と引き替えに全宇宙から真の富を奪うためのシステムには
「原子力発電システム」と
「金融クレジット・システム」の2つが含まれていた。
不可視の技術的ノウハウの、
膨大な目録を利用するグランチにとって、
地球上のすべての富の合法的な収奪以外に
彼らの目的は存在しない。」
バックミンスター・フラー 1983

月の裏側にはレアメタルや、更に希少なレアアースが眠る。
宇宙のすべての富の合法的な収奪が始まっている。