月別アーカイブ: 2005年10月

関係性の最小単位

集団性の最小単位は3人ではなく、4人である。
関係性の最小単位は、3ではなく6である。
最小限の正4面体的構造から派生する関係性によって、
最小限の社会性が類推される。
なぜなら4つの事象間の関係に、はじめて内部と外部が発生するからである。

4人の個人の関係のなかで起こることは、65億の人類に関係する。
e・食・住(energy,food,shelter)と一人の個人の中で起こることから、
65億の人類の出来事を類推できる。

e・食・住.org

二酸化炭素の増加と酸素減少

大気中に人類が生存し、海洋中に物言わぬ無数の海洋生物が生存している。
彼らは酸素を必要とする。

大気中の酸素は、海洋中よりは豊富であり、
海洋中の二酸化炭素は、大気中よりは豊富である。
これを言い換えると、
二酸化炭素は水に溶けやすいので、
大気中の二酸化炭素は、海洋中よりははるかに微量である。
酸素は、水に溶けにくいので、
海洋中の酸素は大気中よりはるかに微量である。

未だに考察されていない重要な科学的予測は、
二酸化炭素の増加によるエコロジーの破壊は、大気中で発生し、
酸素の減少によるエコロジーの破壊は、海洋中で発生する。

なぜなら化石燃料の化学的燃焼によって、二酸化炭素は増加し
同時に酸素は減少しているという反対称的事実は、
地球温暖化や海面上昇の問題から忘れ去られている。

e・食・住.org

ロシア革命

自己の発現が偶然である以上に、バイオスフィアの誕生は
無数の偶然の集積として説明されている。

一方、最近の天文学、物理学を知れば知るほど、
宇宙は人類の誕生を予定していたことを否定する
科学的事実は発見されていないことが分かる。

メタフィジクスがフィジクスから除外されたのは、
歴史的にロシア革命後である。

e・食・住.org

水の重力

水力発電による水の重力を電気エネルギーに変換する効率は100%に近い。
重力のエントロピーはゼロであることに起因している。
公害規制をクリアーした新エンジンであろうが、
ハイブリッドエンジンであろうが、
ガソリンの内燃機関のエネルギー効率は、この30年間5%以下である。
重力エネルギーが宇宙の序列の最上位にあり、これからも支配的であるのは、
人類にとって夜空の星々が永遠に美しく輝いていることを意味する。
重力エネルギー源は地球エコロジーの拠り所である。

e・食・住.org