月別アーカイブ: 2006年1月

少子化、過疎化2

少子化、過疎化という現象面だけが貧弱に議論される過程に、分散型統合社会=グローバリゼーションは確実に浸透している。世界に分散したコングロマリットが支配するネットワークを見れば明らかである。
耕作地を放棄する農民が増加する一方で、多国籍企業による少子化、過疎化対策は農地の買収である。
富の蓄積形態は、富の搾取形態を見えなくさせている。  Y.K

少子化、過疎化1

少子化、過疎化といわれる町や村では全戸に配備された町営の防災無線放送で、早朝からお葬式や告別式のアナウンスが頻繁に聞かれる。ところが、どこかに赤ん坊が生まれても、放送はされない(人口2000程度の町で、誰かの誕生日のお知らせをしたとしても日々6人平均である)。
インターネットのない時代のハイテク装置には、ネガティブで非対称的な無意識的社会の一面だけが生き残っている。

産業社会では、省力化と省エネ社会を構築した結果、工場労働者は減少し同時に若年化している。その結果、農村は稲作を放棄してまで労働者の供給場所ではなくなったのである。より効果的なテクノロジーによって、農村も工場も過疎化する傾向にある。

少子化、過疎化は工業化社会の富の蓄積の結果であるということが理解されていない。  Y.K

出生率 VS利子率

 
100円を年率1.1%の複利で貯金した場合1000万円になるまで千年はかからないという理由で、100人の村の人口は、複利的な出生率1.1%(100人全員で必ず毎年1.1人生み続けた場合)でも千年以内で1000万人に増加する。日本の合計特殊出生率が最も高かった1971年の2.16から、2003年には先進諸国でもっとも低い4割減の1.29になったが、千年間で見れば別に人口は減少しないことになる。 
この違いの原因はどこにあるのか。 
 
短期的に人口が減少しているのは、医療サービスの向上から乳児死亡率が先進諸国でもっとも低いにもかかわらず、企業の人員整理よる合理化で自殺者総数が増加し、医療サービスの向上から超高齢化社会になった結果として老人死亡率が高くなってきただけである。 
生まれた子供が、また子供を産むという概念が合計特殊出生率には除外されている。 
複利のように出生率を定義し直すべきである。  
 
しかし、人口64億の人類の人口動態統には古典的なネズミ算的複利計算でよいわけではない。 
元金やネズミ算には死亡率、すなわち消失し変動する概念が最初からない。  Y.K 
 

自然農4

不耕起という経済性が収穫率に矛盾しない栽培農の革命は、農業の専従者ほど認識しにくい。この矛盾の説明は、燃料電池の技術は、内燃機関の技術とは全く異なっているという比喩で十分である。
燃料電池の開発は単に電気製品やパソコンに近いばかりではなく、宇宙にもっとも豊富に存在する水素によるシナジー的発電装置によって、石油資本と対立し最終的に脱石油資本化しなければその実用化は決定的に阻まれている。
農業収入だけに関心を持つ専門家に包括的な栽培農のシナジー概念の理解は期待できないだろう。。  Y.K

自然農3

農業を重視しないイデオロギーは存続しないが、冷戦によって農業から純粋科学が後退した。イデオロギー強化のために、遺伝子工学とその操作によってより効果的に軍事的経済を維持できると考えている。天然ガスや油田の開発技術、穀物の増産技術などは、隠れた兵器産業である。両陣営がもっとも畏れているのは、自給率が高くて税金が収奪できなくなる市民菜園ダーチャ型自然農である。

農業でお金を稼ぐ必要がない場合、たとえば火星に長期間住む人類にとって、自然農的テクノロジーによってもっとも軽量で少ない労力と資源から効果的に食糧調達ができる。自然農は21世紀の純粋科学として認識されるだろう。  Y.K

応力分散

冗長度(リダンダンシー)とランダム度をまったく排除した構造は存在する。テンセグリティ構造の直径を2倍にすると表面積が4倍になることから構造の表面に対する応力が4分の一に縮小されるという機能は、積雪時のアウトドア用のドームテント(ほとんどはノースフェイス社製に限定される)でも証明できる。なぜならドームテントはテンセグリティ理論を応用してデザインされた。つまり構造が外力で振動するように設計される。これが、農業用ハウスとの決定的な違いである。農業用ハウスは基本的には立方体の変形であり、固体的な構造デザインの妥協的産物である。  Y.K

自然農1

自然農の原理は福岡正信によって発見され、
自然農の経済性は川口由一によって証明された。
自然農はバイオスフィア本来のテクノロジーである。
バイオスフィアはバイオスフィア自身を再生するテクノロジーを備えている。

「自然農はこの楽園を一切損ね壊すことのない栽培農である」 川口由 一
                                                                                                    Y.K

最後の産業革命2

30年ローンで購入する現在の住居は、30年後にエネルギー供給するシステムがインストールされていなければ、資産として無価値になるだろう。ガソリン車が30年後には走行できないように。(もし走行していれば、バイオスフィアは海面上昇でどんな車も海岸線は走行できないだろう。)
地上の建物の形態と機能は大変革を遂げるに違いない。
住居の大量生産は最後の産業革命の課題である。  Y.K

インフレスパイラルvsデフレスパイラル

大地や海から労働が抽象的に分離すればするほど富裕層に接近できるという幻想に多くの人々を誘因してきた。個人投資家が増大するに従って、株で株を買い、お金で利子を稼ぐといった直接に労働しない欲望は、インフレスパイラルとデフレスパイラルとの間を振幅するエンジンとなる。それは、台風やハリケーンの破壊力は正負のスパイラル(吸引と排出)構造が時間的差異によって安定した空力的流体エンジンのように見える。  Y.K

シェルターの汚染

人間は、空気が3分なければ窒息死する。人間は、水が3日なければ脱水死する。人間は、食料が1週間なければ餓死する。無農薬食品、水道水の濾過器、空気清浄機という上記のほぼ逆の順番で人々が汚染に関心を持った理由は、空気と水が食料に比べれば、自然界に無尽蔵に存在すると無意識に期待してきたからである。コンビニで食糧や水を買うように、再生された有限な空気を買うことは時間の問題である。しかし、人間の温度に対する生存範囲は、摂氏±40度を超えられない。この大気圏の温度は、エアコンで調節できないばかりかお金では買えない。埋蔵地下資源の化学的燃焼は、温度という最終段階のシェルターの汚染である。   Y.K

融雪装置付き屋根

雪は一立方メートルあたり三百−五百キロもの重さがある。アメリカの南極基地のジオデシックドームはハリケーン以上の破壊エネルギーを持つブリザードや圧倒的な積雪に30年以上も無傷で耐えてきた。この構造は、屋根の機能を壁と分離する必要のない全方向的な外力分散の機能を備えている。降雪時に蓄積しておいた太陽熱とか水で雪を溶かすような特別な融雪装置付き屋根をデザインしなくても、ジオデシックドームはもっとも安全で経済的なシェルターである。通常の建物において毎年の除雪にかかる全エネルギーコストと耐久性、安全性を計算すれば、ジオデシックドームの優位な経済性および安全性は科学的に証明できる。  Y.K

アーティスト・サイエンティスト

われわれは、永遠性よりも日々変動するレートや株価、さらには瞬時に決められるオークションの方を信頼している。法則よりも人為的な偶然性を帯びた人生ゲームに興じることを優位においている。株式会社の平均寿命は25年以下であるにも関わらず、科学的普遍性をつまりは永遠性を容認しない傾向がある。その結果、科学者は総人口の0.1%以下のままである。不幸にも、人類に影響を与える発明家の数はさらに少ない。産業史で描かれる技術革命に実際に関わったのは、こうしたアーティスト・サイエンティスト達である。  Y.K

職業と仕事

利害を超越した独創的な仕事は、芸術や科学だけにあたえられているのではない。
しかし、生産的な活動と生活費を稼ぐこととを同一視しているのは、こどもの将来に愛情を傾ける両親や教師である。
職業と仕事を区別しない思考の条件反射が、義務教育課程で自動的に再生産されやすいのは、職業を決めてから受験科目を決定する思考なき習慣が、彼らが運営するPTA(Parent‐Teacher Association)によって維持されているからではないだろうか。

ライト兄弟は(おそらく最初の宇宙飛行士も)、職業を決めてから受験科目を決定しなかった人たちである。
なぜならそういう専門職は当時の社会に存在していなかった。
利害を超越した独創的な仕事は、しばしば生活費を稼ぐための大多数の職業の起源を説明する。  Y.K

デザイン・プロセス

惑星地球の基本アーキテクチャは、マクロ構造をミクロ構造から造るデザイン・プロセスである。見えない構造から見える建造物へ変換するプロセスである。
太陽系アーキテクチャのプロセスにも、重力という見えない非物質的な張力によって、テンセグリティ構造が介在する。  Y.K

リダンダンシー

テンセグリティ構造は原子核構造モデルから銀河系モデルを通底する普遍性を備えている。振動しない構造システムは銀河系では存続できないので、テンセグリティ構造は外力を振動によって、システム内で分散し、限界を超えた分散に対しては、部分的な破壊で衝撃を吸収してシステムの補償作用でバックアップする。テンセグリティ構造においては、リダンダンシー、すなわち想定される最低限の負荷と要求される最低限の性能に対し、それより多め、大きめに設計されたこれまでの「余裕」や「余地」は、反転する。
より大きくデザインする場合、テンセグリティ構造の構成要素はより細く、軽くデザインされる。原子核構造にリダンダンシーが極小化される理由に、より接近する。
テンセグリティ構造では、リダンダンシーはついに非物質化されようとしている。  Y.K

〈免震構造〉と〈耐震構造〉を超えて

〈免震構造〉とは建物の基礎部分に特殊なゴム層などを入れて地盤と絶縁し、地震の震動が地盤から建物に伝わるのを防ぐ仕組みであり、建物を丈夫にする耐震構造とは発想が異なる。〈免震構造〉は非固体的なメカニズムであるが、〈耐震構造〉はより固体的なメカニズムである。
大陸は、時計の長針のように目に見えない速度で常に移動している以上、非固体的なメカニズムでさえ大地と絶縁することは不可能である。
大地からの自律度という概念が、〈免震構造〉にも〈耐震構造〉にも欠けている。

大地からの自律度がもっとも高く安定した構造システムは、テンセグリティ構造である。  Y.K

構造システム

人間が物質と確認するものは、すべて構造システムである。
すべての構造は原子から成る。
その原子は、モノでない。
純粋な原理で発生するエネルギー事象である。
したがって、すべての構造は常にダイナミックで決して静的でない。
言い換えれば、すべての構造は、特例な場合の複合体による密接なシナジェティックな相互作用の結果である。

デザインとは、すべての構成要素が思慮深く秩序づけられるように構成する行為を意味する。すべての構造システムはデザインされたエネルギー事象のパターンを備えている。  Y.K

無柱、無線、無管、無軌道

宇宙船などの宇宙空間に滞在するための環境制御デザインから見れば、建物の「内臓機能」はすべて固体的で非効率的である。大気圏外での生存は、有線、有管、有道から、可能な限り無柱、無線、無管、無軌道に変換されている。大気圏内でもっとも経済的で安全なテクノロジーの度合いも有柱、有線、有管、有道からの離脱度で図られる。
宇宙におけるバイオスフィアはもっとも優れた宇宙船のデザインの宝庫である。  Y.K

最後の産業革命1

エネルギーの自給自足なき住居は支配であり、手っ取り早い現金収奪装置である。
耐震装置や免震装置があろうがなかろうが、災害非常時にエネルギーと食糧が部分的にも調達できない住居は、すべて生存困難な単なる空間となる(災害の後にたとえ被害を受けない住居として残っても、大地に根ざした町全体のインフラ機能がすべて廃棄されると無価値になる場合がある)。

エネルギー生産装置付住宅による自給自足は、住宅に組み込まれた一種の「生産装置」であり、それによって住民は、経済の悪化によりエネルギー収入がたたれようとも、「とりあえずは生きていくことができる」。それは汎地球的な再生的エコロジーの原点でもある。

これは60年前に、バックミンスター・フラーがダイマクシオンハウスのプロトタイプに、現在の航空機産業でも自動車産業でも到達していない機能をインストールしなけれならなかった理由である。  Y.K

形態と機能

建物は整備された下水道、上水道、電線、道路などに完全に依存している。
建造物はまず地主に、次に建築規制や法的規制によって、つまりすべて不動産の所有権と、その公道や上下水道の管理に根ざした固体的で古典的なテクノロジーで制御され、国家の新陳代謝を支配する「内臓機能」になっている。
地面に根をおろしたこの内蔵の重さはまったく考慮されていない。
また植物との違いは、光合成によって自律的にエネルギーを変換し蓄積できないので、建物に住む人々は、エネルギーを常に購入しなければならない。

地上の建物の形態と機能は、植物的段階にも至っていないと考えられる。 Y.K

ファイヤーウォール

積雪2メートルにもなれば雪害はかなり発生してくる。
しかし広葉樹林帯の森は、都市文明との交流を4ヶ月間遮断できる。
雪はエコロジーのファイヤーウォールだ。

ここ農村部では除雪サービスで雪の壁が道の両端に作られるが、森から飛び出した狸やイノシシの子供などの小動物たちは、突然できる凍った高い壁を越えられないで自動車にあえなくひかれてしまう。  Y.K

アジア的自給自足5

自給自足なき農業は支配であり、農業なき自給自足はサバイバルである。

住宅地付属地による市民菜園的自給自足は、住宅に組み込まれた一種の「安全装置」であり、それによって、住民が経済の悪化により現金収入がたたれようとも「とりあえずは食べていくことができる」のは、アジア的自給自足の原点である。  Y.K

アジア的自給自足4

アメリカでは牛の数の方が人口を上回っている。
(牛や羊の反芻作用に関わる細菌が草を分解(発酵)するときにメタンガスが発生し、しかも糞尿からもメタンガスが発生し、彼らのゲップと合わせると地球の全排出量の32%にもなる。人間は牛に比べれば小柄であるが事情は小さな牛と同じである)。
排ガス規制は煙突や車だけに限らない。
牛を使役動物でなく食肉として飼育する行為は、パソコンや車を家財として購入する行為に似ている。  Y.K

アジア的自給自足3

肉食しなければ栄養失調になると考えているのは、運動不足で病んだ牛の霜降り肉が高級であると信じているように、単に権力機構による食糧戦略の刷り込み効果である。
アジアの稲作地帯は、伝統的に自給自足地帯である。
それに比べて、小麦生産地帯は森林伐採が完全に進行し、腐葉土が供給できない非自給自足地帯となっている。アメリカ資本主義が真に破壊したいのは共産主義というイデオロギーではなく、アジア的自給自足の伝統である。
10歳までにハンバーガーの餌付けに成功すれば、アジア的自給自足の伝統はその子供から消え去る。それがイデオロギー教育よりも効果的なのは、食糧は栽培するよりもお金で買った方が楽で安いという仕組みまでが理解され、やがて子供は両親の働いたお金で食糧を購入する習慣を確立できるからである。  Y.K

アジア的自給自足2

個人の庭先にたわわに実をつけるオレンジを収穫するカリフォルニア人はほとんどいなくなった。梯子をよじ登ってまで無農薬のオレンジを収穫するよりも、日持ちのするスーパーマーケットのワックス付きオレンジを好むのではなく、食べるものはお金で買うという条件反射を徹底化した姿であり、食糧を自家栽培する行為は、共産主義的ダーチャ、すなわち生活水準の低下を意味するまでになったのである。
人類が飢餓に苦しむ時代が長かった故に、人類には肥満に対する防御が形成されなかったように、食糧のすべてではないにしてもその一部を自家栽培する行為を閉ざすと、多くの場合は徐々に精神のバランスを崩すという単純な仕組みは隠蔽されてきた。
ガーデニングが支持される理由は、西欧の富裕層の趣味を輸入したカルチャーであり、家庭菜園の支持層が無意識的にアジア的自給自足に回帰しているのは、歴史的に構造的に理解できる。  Y.K

アジア的自給自足1

冷戦が終焉とともに生じたロシアの経済的混乱で郊外での家庭菜園が見直され、平均的家族の年間に必要とする種々の野菜は、30坪程度の畑があれば栽培可能であるという市民菜園ダーチャがTVでレポートされたことがある(当時ロシア政府はこの事実を否定した)。
それを聞いて、私の両親がほとんど庭のない一戸建てを購入して山手に引っ越すまでの12年間、6人家族全員の野菜類は畑の収穫だけで十分賄えていたことを思い出した。市内にあったその畑は現在駐車場になり、地主の家族は、きっとその駐車場収入から食糧を購入しているにちがいない。  Y.K

海辺

人間は、現在でもほとんど海辺に住んでいる。
星の観測による航海術のネットワークが構築された後に、外洋を利用した交易のために海辺に都市が形成された。

農村と都市といういう場合、ほとんどの農村は海辺ではなく山間部に位置している。
日本ではこの100年間、もっとも人口が移動したのは都市ではなく農村部である。 
かつて農村での出生率が高かったのは、乳児の死亡率が高いにもかかわらず、数百万人の海外派兵を維持するためであった。アフリカでは21世紀になってからも乳児の死亡率が増加するとともに、出生率も増加している傾向は、戦争による貧困が主原因である。
この理由はいずこも同じである。
「日本は明治時代からもともと子どもをたくさん産む社会で、ずっと生活水準が満たされていない段階でもたくさん育てていた」という小泉首相の発言(2005年12月24)に見られる文化論的分析は統計学的に正しくない。

戦後の農業生産人口は、改善された農業テクノロジーによって本質的に過疎化されたのである(工場が生産力を増強するために人員を削減した場合は、過疎化ではなく合理化と言われる)。
人口増加とは都市での安定した出生率が積算された結果であるように、農村の過疎化とは必要とされる食料自給率が積算された結果である。食料は今やエネルギーのように加工され保存され蓄積され、世界全体では過剰生産されて久しい。   Y.K

シナジーのシナジー化

地球温暖化という複数のシナジー原理間の相互関係の破壊過程における負のシナジー作用(エントロピー作用)もわれわれには予測不可能である。

バイオスフィアは、大気圏に限定されないシナジーのシナジー化を具現していたという驚異的現実を、その破壊過程においてしか確認できない重大な危機を意識しはじめたのは30年前である。しかも、一握りの科学者だけであった。     Y.K