月別アーカイブ: 2006年4月

一年草

稲はイネ科の一年草なのに、そのサイクルは稲刈りまで以外誰も知らない。
稲は、一万年間にわたって、人間に与えてばかりだ。
このことが遺伝子に影響しないわけがない。  Y.K

悠々自適

株とは、地球上で一番遊んで暮らしたい人間が発明したものである。
しかし、確実に遊んで暮らしたければ詐欺師になればよい。
耐震偽造もLDも詐欺の変種である。
この悠々自適の手法は統計的にも確認できる。
詐欺師が遊ぶ金は至る所に十分にあるほど、日本は金融ユビキタス社会だ。  Y.K

デザインサイエンス

グラフィックデザインであれ、プロダクトデザインであれ、
デザインを生業にしている人が、
実際にデザインサイエンスを作り出している人々に
少しでも有用なデザインを提供することはほとんどないだろう。
デザイン作業で使用される言語が違いすぎるのがその原因だ。

金儲けの手段か常識的な欲望を再現する記号のプログラムを
無意識に組む過程は、機械語に近い。
イデオロギーが違えば簡単に理解できるような形式にはなっていないことにデザイナーは無関心である。

デザインサイエンスのコンパイラは、常に宇宙の原理だ。
しかし、これが理解されるまでそう長くはかからないだろう。
少なくとも1927年から80年間は経過しているのだから。  Y.K

註:コンパイラ
人間がプログラミング言語で記述したソフトウェアの設計図を、
コンピュータが実行できる形式に変換するソフトウェア

  

相互作用

フラーレンは実験室で合成される以前から隕石中に含まれていたし、
宇宙空間を彷徨っていた。
さらに、極小の復層ナノチューブの引張強度は、炭素繊維よりも優れている。
炭素原子は4面体構造である。
発見されたナノ現実は、単純な相互作用が結合することで
驚くべき壮大な現象へと構成された結果である。
この宇宙的シナジーの現実は依然教育プログラムと対立したまま、
科学者の探求心をも混乱させている。  Y.K