月別アーカイブ: 2006年4月

一年草

稲はイネ科の一年草なのに、そのサイクルは稲刈りまで以外誰も知らない。
稲は、一万年間にわたって、人間に与えてばかりだ。
このことが遺伝子に影響しないわけがない。  Y.K

悠々自適

株とは、地球上で一番遊んで暮らしたい人間が発明したものである。
しかし、確実に遊んで暮らしたければ詐欺師になればよい。
耐震偽造もLDも詐欺の変種である。
この悠々自適の手法は統計的にも確認できる。
詐欺師が遊ぶ金は至る所に十分にあるほど、日本は金融ユビキタス社会だ。  Y.K

デザインサイエンス

グラフィックデザインであれ、プロダクトデザインであれ、
デザインを生業にしている人が、
実際にデザインサイエンスを作り出している人々に
少しでも有用なデザインを提供することはほとんどないだろう。
デザイン作業で使用される言語が違いすぎるのがその原因だ。

金儲けの手段か常識的な欲望を再現する記号のプログラムを
無意識に組む過程は、機械語に近い。
イデオロギーが違えば簡単に理解できるような形式にはなっていないことにデザイナーは無関心である。

デザインサイエンスのコンパイラは、常に宇宙の原理だ。
しかし、これが理解されるまでそう長くはかからないだろう。
少なくとも1927年から80年間は経過しているのだから。  Y.K

註:コンパイラ
人間がプログラミング言語で記述したソフトウェアの設計図を、
コンピュータが実行できる形式に変換するソフトウェア

  

相互作用

フラーレンは実験室で合成される以前から隕石中に含まれていたし、
宇宙空間を彷徨っていた。
さらに、極小の復層ナノチューブの引張強度は、炭素繊維よりも優れている。
炭素原子は4面体構造である。
発見されたナノ現実は、単純な相互作用が結合することで
驚くべき壮大な現象へと構成された結果である。
この宇宙的シナジーの現実は依然教育プログラムと対立したまま、
科学者の探求心をも混乱させている。  Y.K
 

ユーザビリティ

朝市便 http://asaichibin.com/ は、
日本で最初の生産者のためのユーザビリティを解決した
カメラ付き携帯によるショッピングモールだ。
1万人のユーザに対応可能だ。

このプライムデザインはハッカーによって僅か3日間でモデリングされた。
ユーザビリティのデザインとはフルオートマチック車のデザイニングに近い。
イントラの行政担当者がその管理規約作成に要した時間よりもはるかに短い。

携帯はインターネットそのものだ。
地域イントラがいなくても誰も困らない。
元々誰も使えないようにしてあるのだから。
誰もいない遊園地のように。  Y.K

参照 4月25日中国新聞 朝刊経済欄
http://asaichibin.com/info/archives/2006/04/images/1145926200.jpg

作業仮説VS秩序

科学者は、「混沌から秩序をもぎ取る」と言われてきた。
科学者の物理的な実験によってこれまでわかったことは、
自然の先験的な秩序または
科学者の自身の作業仮説を発見させた優雅さで常に作用している宇宙に比べると
彼らのもぎ取った秩序は常に粗雑に見えるということである。  Y.K

環境デザイン

子供は、集中から、学習のしかたを学習する。
学習のしかたを習得するために、
エネルギーの99%を環境のデザインに向ける。
そしてこの方法は、両親や学校の教育方にほとんど矛盾する。
環境デザインの危機は、教育の危機である。  Y.K

既製品

イントラネットの存在理由は
高価なオリジナルな専用回線で管理者から保護されてきた。
この管理者とは、技術知識が不十分な大企業または
行政の担当者が得意先(クライアント)になる場合である。
(なぜイントラネットが高価なのかは、大企業が高価なシステムを売りつけるのが原因である。
高価に見せかけるためには高価な営業費がかかる。)

しかし、コンピュータネットワークにおいて、クライアントとは
サーバからサービスを受ける側のことである。つまりユーザまたは住民である。

いまや、最良のイントラネットはインターネットである。
現在のイントラネットのシステムの運営管理をアウトソースすれば、
その管理費で5万人程度の都市の ITは何でも出来る。
しかもそのほとんどは既製品で賄える。
つまり、イントラネットは、衛星インターネットが来る前から、
技術的に存在理由がほとんどなくなっている。

それを証明するための仕事は、不要だ。
最初の数人のユーザが真っ先に利用するだけで十分に証明される。  Y.K

郷とテレコミュニケーション

テレコミュニケーション(telecommuniction)とは
遠距離通信技術という意味である。
teleとは[遠くから]というギリシャ語である。
インターネットはリモート技術である。
社会組織の最小単位でインストールされたインターネット回 LAN版システムは
以下の問題を解決するための最優先されるべき、
直接性民主主義化のための装置である。

農業の衰退によって引き起こされる21世紀村落共同体の3つの欠乏
1 奉仕の精神不在
補助金制度による市場原理の解体
2 長老の不在
優秀な人材の都市部への移住と高齢化によるリーダーの不在 
3 対話の不在
長老なき疑似「男社会」による女性と若者の排除

参照
インターネット回 LAN版システム  http://hibagun.net/netchaya/netchayaimage.html   Y.K

 

農村部の自治振興区

「郷に入っては郷に従う 」とは、新しい土地に入れば、
その土地の風俗・習慣に従うのが処世の法のことである。
その法の起源は律令制であり、地方行政における社会組織の最小単位であった。
「土地と人民は王の支配に服属する」という理念を具現化しようとする体制であった。
非常に精緻な官僚機構であった。

21世紀の農村と都市の対立は増大している。
なぜならこの郷が、
地方自治の要である自治振興区の単位として生き残っているからである。
郷の構成員にも異なった郷の間にも互いに情報を共有する習慣がない。
まして情報の公開は望めない人口1万人以下の中山間地域は無数にある。
それらは財政難を理由に合併され続けている。
そして、21世紀の小さな政府と地方自治にあって、
自治振興区は区長制度と共に
社会組織の最小単位として曖昧に位置づけられている。
日本版グローバリズムは加速するしかない状況下で、
同時にこの曖昧さのに郷システムが密かに温存されている.  Y.K

団塊の世代

素晴らしい人生は、青年時代に考えたことが壮年になってから
実現されることであるという理由から
彼らは田舎で暖炉のあるログハウスを建てるのだ。
これでは普通すぎないだろうか。
そのログハウスが輸入品であろうとなかろうと。  Y.K

経済指標

日本の2000人暮らす村を過疎と呼んでいたら
極地に住むエスキモーの経済は、持続できなかった。
過疎の定義は、都市型の経済指標が決めているだけである。
エスキモー村には2家族しか住んでいない場合がある。  Y.K

過疎VS国家

アラスカのかつてのエスキモーインディアンの村は本質的に過疎である。
容易に進入できないほど過疎だからこそ生存できたのである。
軍事・資源問題から国家が介入しなければ、
彼らは浮いた氷の上に持続的に停泊できた。  Y.K

デザイナー

長年にわたってアメリカの伝統的な価値感だと見なされてきた
古き良き個人主義は、
「自分の分け前は手に入れたから、お前は地獄に堕ちてもかまわない」
と言い換えることができる。
21世紀のアメリカの社会はこの価値観を容認する。
日本ではこの価値観に奉仕する人々は勝ち組と称される。
 
デザイナーはもっぱらこれらの人々に奉仕する関係に置かれている。
デザイナーが歴史的に直感を重要視し流行に敏感な傾向は
「体系的な思考」から逃れる立場を社会的に確保するためである。
被害を受けるのは大多数の納税者とこの地球である。
彼らから深刻に抗議された場合は、
デザイナーと雇い主を財政的損失から保護する法的仕組みになっている。

イラク戦争(つまり資源戦争)とは古き良き個人主義の集大成である。
エコロジー運動に関わる人々がテクノロジーをしばしば非難するのは、
資源を独占するために平和な場所で展開される心理戦争の古き良き効果である。  Y.K

テクノロジーの過疎地域

情報もまた人口比では消費されていない。
人口はテクノロジーの過疎地域で暴発している。
日本の過疎は豊かさの不均衡な歪みでしかない。
2007年問題の有力な解決法である農村と都市の交流など、
総額3兆円の退職金の流れのデザインでしかない。  Y.K

闇の格差

人工衛星から見る限り、日本の夜に漆黒の闇はない。
人口密度は高く、夜も明るい地域にアメリカやヨーロッパ、そして日本がある。
人口密度が高いが、
夜はとても暗い地域にインドやアフリカ、南アメリカなどが含まれる。
食料だけではなく、電気エネルギーも人口比では消費されていない。  Y.K

http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap020810.html 

分け前

この世でエコロジー以上の何かを求める人は、
エコロジーの分け前にあずからなくとも不満を言ってはならない。
空や海に向かって、太陽や星に向かって、
草や樹木に向かって、動物に向かって、
そして重力に向かって不満を言ってはならない。  Y.K

一年草

稲はイネ科の一年草なのに、
そのサイクルは稲刈りまで以外誰も知らない。
稲は、一万年間にわたって、人間に与えてばかりだ。
このことが遺伝子に影響しないわけがない。  Y.K

免責

人間はどんな生命保険に入ろうと死亡率を低下できない。
しかし、貧乏人は短命である。
条件のいい生命保険に加入できる人は、生存率がもともと高い。
これ以上の免責はあるだろうか。
法律上の自己責任は、大英帝国の最初の保険会社(=東インド会社)
が考案した。  Y.K

補助金

都会人には魚釣りの方法を
田舎人には魚自体を与える。
両者は一生を通して食える。
しかし、上流で放流しないかぎり魚は一匹もいない。

このゲーム自体が贈与経済であり、世界経済の膨大な上澄み部分を構成する。
淀んだこの上澄みの中では、自由競争の原理は除外されている。  Y.K