月別アーカイブ: 2006年10月

限界集落

人里離れた山間地はほぼ限界集落なので
ある神経症が進行しているもと都会人は考えている。
プラスチックゴミの野焼きなどは日常的で、野蛮な知識で現代の農業が維持されているのは事実である。
農薬や肥料(それに伴う石油系農業資材など)、そして限界集落は権力構造が作りだした農業に対する強迫神経症の成功例である。
日本人に永遠にエネルギーと食料を購入させるための壮大で長期的な準備段階であった。

しかし、こうしたシナリオを社会全体は偶然であったと言い聞かせたいのである。この意識構造こそが、隠れたやっかいな強迫神経症である。  Y.K

核保有

十分な核保有がなされ
そればかりか、核融合が絶えず実験され
数億年のテスト期間を経て、宇宙は、
光合成を安全に作用させるシステムとデフォルトという生命を完成させた。
さらに、太陽系に唯一の安全な場所が確保された。
惑星地球が核を保有する必要はない。
北朝鮮を批判する前に、政治家の言説を信じてはならない。  Y.K

プロトタイプのシミュレーション

実物大のプロトタイプを製作し、
機能テストをする必要のない量産型の工業製品は現在2つある。
1つは自動車。
すべての部品のはコンピュータ上でアセンブルされテスト走行まで可能である。
他の一つは核兵器である。
過去の無数の地下核実験のデータの蓄積から新たな核実験はすべてシミュレーションで実行できる。

モデル化によるシミュレーションは、現象についてどの程度正確に再現できるかによって計算要素とその量を制御できるので、現象についての完全な知識は不要である。
言い換えるならば、システムのモデル化は、完全な模倣からは始まらない。
システムの発見から始まるのである。  Y.K

テンセグリティ構造とパターン

知的爆発は、教育投資に比例するという前提で、通常の教育組織は運営されている。
彼らのビジネスは、常に「自然」が生成する内的プログラムを隠蔽することである。
しかし、学校が存在しなくても知的爆発時期は存在するのである。

たとえば、この知的爆発時期の子供は、テンセグリティ構造とパターンの完全性を予備知識なく瞬時に理解できる。これは神秘ではないだろうか。ーーーー貧感からの脱出には早期教育ほど効果的なものはない。  Y.K

知的爆発1

大脳生理学的には、sense or moneyは知的爆発時期の11歳に決定されているはずである。
ところが、この時期の子供は学習塾に通っているので、爆発する機会を完全に奪われている。将来の職業のランキングに成績を適応させている。両親がカネを稼ぐのに夢中になっている間、両親が子供の内的プログラム(脳内ネットワークまたは人格の形成)を遮蔽する社会構造の変革を政治家に委任した結果である。
内的自然を破壊する行為を現在の教育はエコロジーの破壊とは言っていないが、こうした内的自然をも対象とすることはメタフィジクスの問題である。
『宇宙エコロジー』では、さらに数学的自然でさえも「自然」に包含される。
この「自然」は究極ではないが、これまでの「自然に優しく」する疑似エコロジーのカテゴリーとは全く異なっている。
したがって、自然を包含するさらなる階層構造の存在は、資本主義社会そして共産主義社会の教育プログラムから完全に除外されている。  Y.K