月別アーカイブ: 2006年11月

平均的な人類

バイオスフィアの4分の3は海である。
これは人間の水分含有率に等しい。
生命が陸に上がった時代のナトリウムの比率が高い細胞外液の組成が海水に近いように、生命間の比率は相似的になる。
そして人類の大多数は、今なお人生の四分の三は、睡眠、労働、苦痛、束縛、あらゆる種類の苦しみによって費やされる。人類の労働時間は、低下するばかりか上昇している。
テクノロジーは人類を労働から解放する原則に反している。
テクノロジーの本質は step out*だ。
デザインサイエンスの仕事は、地球全土でほぼ無数に存在する。  Y.K
*生産性証明済みの油井付近に掘られた井戸。

農業的思考

他人の考えたとおりに栽培しなければならない。
そうでないと、自分が栽培したとおりに考えてしまう。
こうして、
肥料と農薬なしでは考えられなくなるのである。

すべての植物は、栽培する前に自生していた事実を忘れた社会は、
ますます耕すことでより収穫を上げるという幻想を抱いている。
これは農業社会だけではなく、産業社会でもテクノロジーは
人間が作り上げる前には何一つ存在していなかったという幻想を生んでいる。
こうして、フラーレンやナノチューブも水素原子のように宇宙空間に存在していたという意識的な発見は、実験室での偶然の合成よりもずっと後になる。
ところが、元素の周期律の発見はこうした思考に依存しなかったからなされた。  Y.K

ノウハウ know how からノウホワイknow whyへ 

Cosmic Integrityを科学的にも証明できるとするのがシナジェティクスであるが、
シナジェティクスを学ぶ前に数学が深く関与するはずだと考えられたのが
一番リアリティがあったから、バックミンスター・フラーと研究する場を共有できた。
しかし、そのリアリティをさらに具体的な形にするには当時の私には
数学的知識があまりにも不足していた。
だれでも現実を肯定して、考えることを考え始めざるを得ないと考えている。
与えられたすべてのデフォルトを受容する態度は
royal(王権)のデフォルトを排除する機会を失ってしまうだろう。
リアリティ(reality)は、royal(王権)の名残りに今なお閉じられているからだ。
分断された異なった自己が統合されるには、
局所的な個人のそれぞれの挑戦と失敗が必要だ。
ノウワット(know what=目的意識)ばかりでは、ノウハウも発見も生まれない。
目的意識は簡単に捏造できる。
ノウハウ( know how=技術知識)ばかりでは、何も発見されない。
技術知識は独占されやすい。
ノウホワイ(know why=理由・動機を知っていること)には、
国家や大企業、教育組織は無関心である。
個人は、ノウホワイを生得的デフォルトから自ら発見できる。
同時に、ノウホワイからノウハウとノウワットを分断する境界線を消去できる
重要なオペレーションが生まれるはずである。
know whyは教育不可能であるという理由から、
教育課程では完全に除外されているが、
私は、バックミンスター・フラーからknow whyについてもっとも対話できた。
バックミンスター・フラーは、知識よりも概念を優先していたからである。
概念デザイン(prime design)は共有することができた。
偉大な師は、know whyをデザインサイエンスとシナジェティクスに
リンクしたまま、去ったのだ。
友人のシナジェティクス研究者ロバート・グレイ(Robert Grey)が立ち上げたサイで、
バックミンスター・フラーのシナジェティクスの原書のテキストと図版から
いつでも自由に学ぶことができる。
http://www.rwgrayprojects.com/synergetics/synergetics.html
このリンクを理解するには学校(建物)と教師は不要だ。
100ドルパソコンと辞書でモバイルするときが来たのである。 
梶川 泰司 
                         
                            

数学者エッシャー

エッシャーは、構造とパターンによって
エレメントの外形線の自由度が決まることを直観的に理解していたが、
それを数学理論にするまで20年間の懐胎期間がある。

バックミンスター・フラーが
4Dハウスからジオデシック数学を構築するまでとほぼ同じである。

構造とパターンは幾何学よりも、岡潔のいう「情緒と創造」に関与していると感じる。
事実を観察することから始める客観的主義への依存度がほとんどないからである。
しかし、メタフィジクスの神髄に触れることから20年間の懐胎期間が始まる。

こうした激しい持続は、偉大な芸術家や科学者の特徴である。

http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0701/escher.html
http://synergetics.jp/gallery/