月別アーカイブ: 2006年11月

平均的な人類

バイオスフィアの4分の3は海である。
これは人間の水分含有率に等しい。
生命が陸に上がった時代のナトリウムの比率が高い細胞外液の組成が海水に近いように、生命間の比率は相似的になる。
そして人類の大多数は、今なお人生の四分の三は、睡眠、労働、苦痛、束縛、あらゆる種類の苦しみによって費やされる。人類の労働時間は、低下するばかりか上昇している。
テクノロジーは人類を労働から解放する原則に反している。
テクノロジーの本質は step out*だ。
デザインサイエンスの仕事は、地球全土でほぼ無数に存在する。  Y.K
*生産性証明済みの油井付近に掘られた井戸。

農業的思考

他人の考えたとおりに栽培しなければならない。
そうでないと、自分が栽培したとおりに考えてしまう。
こうして、
肥料と農薬なしでは考えられなくなるのである。

すべての植物は、栽培する前に自生していた事実を忘れた社会は、
ますます耕すことでより収穫を上げるという幻想を抱いている。
これは農業社会だけではなく、産業社会でもテクノロジーは
人間が作り上げる前には何一つ存在していなかったという幻想を生んでいる。
こうして、フラーレンやナノチューブも水素原子のように宇宙空間に存在していたという意識的な発見は、実験室での偶然の合成よりもずっと後になる。
ところが、元素の周期律の発見はこうした思考に依存しなかったからなされた。  Y.K

ノウハウ know how からノウホワイknow whyへ 

Cosmic Integrityを科学的にも証明できるとするのがシナジェティクスであるが、
シナジェティクスを学ぶ前に数学が深く関与するはずだと考えられたのが
一番リアリティがあったから、バックミンスター・フラーと研究する場を共有できた。
しかし、そのリアリティをさらに具体的な形にするには当時の私には
数学的知識があまりにも不足していた。
だれでも現実を肯定して、考えることを考え始めざるを得ないと考えている。
与えられたすべてのデフォルトを受容する態度は
royal(王権)のデフォルトを排除する機会を失ってしまうだろう。
リアリティ(reality)は、royal(王権)の名残りに今なお閉じられているからだ。
分断された異なった自己が統合されるには、
局所的な個人のそれぞれの挑戦と失敗が必要だ。
ノウワット(know what=目的意識)ばかりでは、ノウハウも発見も生まれない。
目的意識は簡単に捏造できる。
ノウハウ( know how=技術知識)ばかりでは、何も発見されない。
技術知識は独占されやすい。
ノウホワイ(know why=理由・動機を知っていること)には、
国家や大企業、教育組織は無関心である。
個人は、ノウホワイを生得的デフォルトから自ら発見できる。
同時に、ノウホワイからノウハウとノウワットを分断する境界線を消去できる
重要なオペレーションが生まれるはずである。
know whyは教育不可能であるという理由から、
教育課程では完全に除外されているが、
私は、バックミンスター・フラーからknow whyについてもっとも対話できた。
バックミンスター・フラーは、知識よりも概念を優先していたからである。
概念デザイン(prime design)は共有することができた。
偉大な師は、know whyをデザインサイエンスとシナジェティクスに
リンクしたまま、去ったのだ。
友人のシナジェティクス研究者ロバート・グレイ(Robert Grey)が立ち上げたサイで、
バックミンスター・フラーのシナジェティクスの原書のテキストと図版から
いつでも自由に学ぶことができる。
http://www.rwgrayprojects.com/synergetics/synergetics.html
このリンクを理解するには学校(建物)と教師は不要だ。
100ドルパソコンと辞書でモバイルするときが来たのである。 
梶川 泰司 
                         
                            

数学者エッシャー

エッシャーは、構造とパターンによって
エレメントの外形線の自由度が決まることを直観的に理解していたが、
それを数学理論にするまで20年間の懐胎期間がある。

バックミンスター・フラーが
4Dハウスからジオデシック数学を構築するまでとほぼ同じである。

構造とパターンは幾何学よりも、岡潔のいう「情緒と創造」に関与していると感じる。
事実を観察することから始める客観的主義への依存度がほとんどないからである。
しかし、メタフィジクスの神髄に触れることから20年間の懐胎期間が始まる。

こうした激しい持続は、偉大な芸術家や科学者の特徴である。

http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0701/escher.html
http://synergetics.jp/gallery/

消失点

プレートテクトニクスが機能している厚さも地球のほんの表層のせいぜい数100kmに過ぎない。
大気圏が機能している厚さと変わらない。
私が、仕事で奥出雲空港を中心に大都市圏を往復する距離のほうが大きいのである。

最新のプレートテクトニクス理論や流体地理学を理解する場合、
土地資本主義という遠近法を支える<不動産>という固定された消失点が、一過性の人工物に見える。  Y.K

『クリティカル・パス』

少年少女は自殺する。
死が正義になるのは彼らだけという現実を知る前に。
あるいは、その現実を知って、兵士になる若者もいる。
正義にも現実にも計画的陳腐化のシナリオがある。

死に急ぐのであれば、もしくは生き残ってなお人生の節約をして
学校で静かな絶望的な生活を送っているならば、
『クリティカル・パス』バックミンスター・フラー著を読んでほしい。
シナリオどうりに死んだ歴史を学ぶものも意味あることだ。  Y.K

知られざる循環型社会構成

対話のない農村は存在しない。
都市と農村の交流は可能だ。
ただ、どうすれば民主的に見えるかさえ知らない農村は存在する。
ミラーイメージは鏡像であるが、鏡像を忘れた集団性は農村部の団塊の世代が構成していることがほとんどだ。彼らの共通点は、最初に都市からUターンした世代だ。そして定住者として手厚く保護された補助金バブル世代だ。
彼らの特徴は、一階がトラクターを格納する納屋があり、その2階部分に息子夫婦が住んでいる。
このトラクターも納屋も補助金(自己負担は最大で50%)で個人所有にされたものだ。
補助金は、利子どころか返済の義務のないことはいうまでもない。
こうして、住民票だけを残して息子たちは都市に移住して別の職業に就くことになる。
彼も再び村への定住者として手厚く保護される準備のために。(少なくとも2年前までは3子目を生みに帰ると、100万円が奨励金として贈与されていた農村は無数にあった。いうまでもなく子供たちは都市で教育される。)
こうした日常性こそ市町村合併前までの<明るい農村>の姿だ。

<明るい農村>は補助金による循環型社会の実例の一端にすぎないが、
この分野の都市と農村の格差はほとんど知られていない。
知られていない最大の理由は、都市納税者の常識からは想像できないからだ。

メディアは農村部の高齢化少子化を心配するが、こうした会計学は決して取材しない。
取材記者もまた都市納税者の常識のままだ。
こうした日本型権力構造が、グローバリゼイションの障壁になることは戦後の農村部を解体したアメリカの戦略のとおりであった。
なぜなら農民は補助金のおかげで、現金をほとんど貯蓄できたからである。

郵政民営化までのシナリオは、アメリカの軍部の戦略ノウハウである。  Y.K

智のデフォルト

インターネットから学生たちが一番危機を感じるのは、インターネットには誰かのアイデアを模倣したもので溢れているという事実である。
発明とは、他人の発明を模倣しないようにするのではなく、
原理を発見することだ。
発明は発見された原理を応用することだ。
これらことはよく知られている。
偉大な発明者がたいてい原理の発見と発明を同時に成し遂げているのは、宇宙は無数の原理で溢れているという智のデフォルトを大学で教育される前に理解しているからだ。発明者は、それ自体を教わるのではなく自らの試行錯誤から発見していたに違いない。
このことはよく知られていない。
偉大な発明と発見は、20世紀以後ほとんど大学の外でなされているからだ。

散漫な教育は、無用であるばかりか、メタフィジクスを滅ぼしている。
メタフィジクスの減衰が生命の危機に繋がるという認識は、宗教と同一視されている。  Y.K

知の貿易商

独創性の時代がインターネットで加速されている一方で、学生たちに独創性の根源をうまく教えられない大学と教師が高校生の獲得競争をしている。
明治以後、知の貿易商で経営されてきた大学と学者の時代が終わった。
授業料は知の貿易商に支払うには高すぎると感じさせる前にこうした広告的手段に身をゆだねるしかないのである。  Y.K

最初の計画的陳腐化

試験が済むと、たいていのことはすぐに忘れてしまう。
忘れなければ耐えられない内容だからである。
学校で学ぶことは、最初の計画的陳腐化である。
この計画的陳腐化の後で、傷ついてなお残っているもの、それこそ教育だ。
この教育は、学校がなければもっと残れるとは考えないのが、教師たちとPTAだ。学校社会は、人間の精神は文化環境によって形成されるという幻想によって維持されているにすぎない。
言語の普遍的デフォルトについて何も分かっていない。  Y.K

うどん屋さん

役人、銀行員、会社員にはなるな。
月給取りはつまらぬから、うどん屋さんや風呂屋さんのように独立した実業人になれ。
と福沢諭吉(1835〜1901)は言っている。
しかし、馬車で移動した1世紀も前のことだ。
21世紀ではうどん屋さんや風呂屋さんは、独立した科学者や発明家になれる。
それが情報産業社会だ。
だからといって、多くの科学者や発明家は、国家や企業に雇用されているので、
役人、銀行員、会社員と変わらない生活をしている。
彼らが、うどん屋さんや風呂屋さんのように自由ではないことは明らかだ。  Y.K

教育死亡率

飛行機にエンジントラブルがあれば、
緊急着陸するか、原因が解明するまでは飛行はできない。
墜落事故の原因から設計変更される場合がある。
自動車にも電気製品にもリコールがある。
ところが、こどもが自殺しているにもかかわらず、その学校は今日も運営されている。
教育システムは工業製品ではないが、生命に関わりがあることは明らかである。
大学の合格率と同様に、
日本の義務教育システムによる死亡率を公開すべきである。  Y.K

聞く人

ところが、聞く人は、学校にはいない。
その人も学校は、大気圏外よりも危険だと感じている。
こうして、危険だといえる大人が学校からいなくなった。
教えるばかりのつまらない人が教師になったのは
両親がこどものために聞く人を探さないからだ。  Y.K

学校

学校へ行かないことは、死ぬよりもつらいのである。
だから、毎日学校で子供が死んでいる。

学校は、大気圏外よりも危険な場所に違いない。

そろそろ家に帰って、家族と一緒に暮らそうではないか。
みんな大きな家がある。
勉強は、コタツでみかんを食べながら母さんと一緒にするもんだ。
そして母さんも分からないときには、母さんと一緒に聞きに行くんだ。
聞く人は、母さんが心から尊敬できる人に決まっている。  Y.K

流体地理学

大気圏で二酸化炭素が増加しても、酸素の含有率が一定なのは
生命にとっての大気圏のシンメトリーが存在するからである。
厚い地層が強く褶曲して変形し、マグマの活動や変成作用が起こり、
やがて一大山脈となり大陸地殻に転化してゆく過程の
地殻の動的で可視的な均衡(プレートテクトニクス)以外に、
大気圏の不可視なシンメトリーが、生物の生きる場所を決定している。

バイオスフィアに[固体は存在しない]という流体地理学から
21世紀のデザインサイエンスは始まる。  Y.K

メタフィジクスと超訳

「形而上学」は、
『易経』の「形而上者謂之道、形而下者謂之器」
 (形よりして上なる者これを道と謂い、形よりして下なる者これを器と謂う)
に由来していて、
明治時代にこの概念を導入した際の頼りない、一種の超訳=メタ訳なのである。
こうした訳語は不思議とカタカナで語の本来の意味が復活する。  Y.K

メタフィジクスとフィジクス

アリストテレスは、ほとんどの重要な講義を文章として残している。
そのうち、物体の運動などこの世界の物理的現象を扱った講義録があるが、後の分類学者がその遺稿に対し、テーマごとに分類して『自然学』(physika)とした。この『自然学』(physika)の講義録には、続編があり、この現実世界の「背後」にある原理などが考察されていた。分類学者が、この講義のことを 『自然学の後に続く書』(”ta meta ta physika”)と分類した。つまり、アリストテレスの分類ではないが、自然的なものを超え自然的なものの基礎となる問題について考察する学は、21世紀でもメタフィジクス(Metaphysics)と呼ばれている。一方、フィジクスは『自然学』ではなく『物理学』だけを意味するようになった。

メタフィジクスは哲学でフィジクスが科学だと明確に分類する概念は、
古代ギリシャの『自然学』にもなかったが、
現在の『物理学』は完全に除外している。
メタフィジクスは、「科学的ではない」という常識が支配している。
超専門分化するのは、フィジクスばかりであるという
分類学のルールに従っているだけである。  Y.K

短命なロハス的思考

ロハスはヒト・モノ・カネから、ヒト・モノ・コトを対象とした。

しかし、エコロジーは、本質的に重さのない相互関係から成り立つ、
予測不可能な総体(コト)である。
(カネをコトに替えただけは、シナジーに到達できない。)

ロハスは都市型スローライフの賢い消費者になるための啓蒙である。
スローに同調するライフスタイルの問題だ。

エコロジーはスローでもファーストでもない。
自然は、超低周波から高低周波までの現実とつねに同調している。
ヒト・モノ・コトという主に可視化を対象とするロハスは、
バイオスフィアには決して同調できないだろう。
これはライフスタイルの問題ではなく直観の問題である。  Y.K

近道2

映像産業と音楽産業は、ともに巨大産業になったのは効果的に奪うことができるテクノロジーを確立できたからである。(預貯金の利子と利子率さえもこのテクノロジーで簡単に奪えることは証明されている)

メタフィジクスに接近するには、見る側も編集する側も、もう一つの現実に生きていなければ想像力をかき立てる映像と音声は生まれない。
99%の現実は、編集されたバーチャルである。
だからテレビを見るかぎり、世界は単純に見える。  Y.K

近道

人間の視覚と聴覚の不完全さを唯一補うのは想像力である。

テレビは映像と音声からできている。
視覚と聴覚に依存する生活は基本的にバーチャルである。
何かを所有するために、コマーシャルを見るという現実が生まれる。

こうして、人間が編集する映像と音声によるコミュニケーションは、
メタフィジクスに接近するよりも
フィジクスに接近する近道を提供できる。

子供にとって、映像と音声は、もっとも奪われやすい領域である。
本を読むのは、生まれてからずっと後である。  Y.K

焚き火

私は秋には外出しない。

裏庭の小枝を集めて焚き火をたいて、三度の食事を作る。
そして、満月の夜は、椎の木の葉の茂みで、明かりを消して酒を酌む。
私の小さな裏庭の紅葉は、境界もなく中国山脈の森に繋がっている。
そろそろ、獣たちもわたしの茶室に近づいてくる。

これ以上のエコロジーを望んではいけない。
何もしないエコロジーを誰もデザインできないのだから。  Y.K

見えない「ケージ」2

21世紀の農村と都市の交流は、都会人には見えない「ケージ」の中で行われている。
かつてこの「ケージ」は見える広葉樹の森に覆われていたが、第2次世界大戦後は、森との有機的農法が杉の植林とダム建設でゆっくりと破壊されたのである。
見えない「ケージ」とは、補助金である。
この補助金はどんな収益事業でも収入として計上される。
この会計学が、ほとんどの事業の本質的な失敗を回避させている。
見えない「ケージ」は、金融経済の隠れ箕である。
贈与経済の研究は自由経済圏では禁止されている。
一切の研究費は認められていない理由である。

補助金は工業社会の生み出す膨大な余剰利益の変形であるが、日本の農村だけではなくアメリカが主導する世界経済の特徴でもある。  Y.K

見えない「ケージ」

「あなたの臭いをハリネズミに覚えさせる方法は、古いTシャツを二日以上着た後にケージに入れる。彼らには選択肢がないのでその下に潜り込んで巣として使うだろう。やがて、あなたの臭いはハリネズミを驚かすことなく、彼らに好かれるようになるだろう。これが彼らを慣らす最短の方法である」
「それよりも、効果的な方法は、ハリネズミを飼い慣らすより、飼い主が慣れるべきだ」
私のこの4年間の農村での経験から、
たとえば、ハリネズミとは農村への移住者である。
飼い主とは限界集落という国家が用意した看板を掲げた村落共同体である、と提言できる。  Y.K

グランチの産業史

自動車と家電、パソコン以外のファッションやエコロジー的ロハスにも使用されている、製品開発に不可欠なテクノロジーがある。それは、計画的陳腐化というテクノロジーである。つまり、新製品は時代遅れを作るためにデザインされている。
第1次世界大戦以後の兵器に最初に適用され、後に民生化された主導的なテクノロジーである。(バウハウスが日本の家電デザインに吸収された最大の理由でもある。)
このテクノロジーが地球温暖化のリストには含まれていないのは、人類の近視眼的経済を維持するにはまだ十分に有効だからである。
自然界では未だに発見されていないテクノロジーでかつ産業技術史から意図的に除外されている主導的なテクノロジーである。  Y.K

水稲とメタン

水田土壌中で生成されたメタンは、一部は大気中に放出され、
その他は、土壌中に一時滞留し、一部は土壌中で分解する。
水田において土壌有機物から生成されるメタンの総量は
年間約9.6万トン見積られている。(化学肥料を使用すると
大気中に放出される割合は10%以上増加する。)
光合成により有機物へと同化された二酸化炭素が再びメタンとなって、
大気に放出されるまでにわずか1.5時間しか要しない。
一方、浸透水中のメタンは心土を通過中に分解する。
水稲自体がメタンの起源として重要なシナジーに関与している。  Y.K

(栽培操作の対象となる上層の根張りの大部分を耕土といい、つづく下層を心土(しんど)という。) 

いじめ

軍隊などの厳格な規律が重視される組織や閉鎖性の強い組織においては、欲求不満が蓄積される。学校がいじめの温床になっているのは学校が軍隊と同質だからである。教育が軍事に接近しているからだ。
失敗を排除する組織が期待する効果的な選択肢は厳格な管理と閉鎖性である。
民主主義を教育する人間たちが失敗を排除する選択肢を好む理由はそれがもっとも簡単だからである。  Y.K

スーパー林道

そして各限界集落は、それらを貫通するスーパー林道という平坦線(ロジスティクス)の地上輸送ルートの中継地になるだろう。スーパー林道は特定森林開発林道開設事業によって日本海側と太平洋側を連絡する隠れた軍事道路である。
スーパー林道が一般にアスファルト舗装された2車線であるのは、戦車の移動や大型トラックよる物資の輸送のためである。
森林開発公団は平成11年緑資源公団に改称された。
森林開発公団はかつて日本国内の広葉樹を絶滅に追いやった杉の植林を推進したばかりか、エコロジーを装った緑資源公団は、ロジスティクスを植林や森林再生予算に加工する軍備組織である。  Y.K