月別アーカイブ: 2007年6月

梅雨

湿度は90%を越えるときは、
浴室やトイレのタイルは結露する。
除湿器の10リットルのタンクがすぐに満タンになる
ことで、山脈全体が雲の中にいることがわかる。

梅雨による大量の淡水を移動させ貯蔵するルートの確保は
森による雲の生成にかかっている。

移動できない樹木にとって、
梅雨は大気圏との貴重な交流手段だ。

移動できない不動産の集積都市で毎年淡水が不足するのは、
樹木と大気の流体テクノロジーを生活圏から除外して
莫大な投資を必要とする地上の固定した貯水ダムにのみ
依存しているからだ。 

空気中に水が豊富に含まれるところには、ブナの森があるだろう。
自然は森以上の流体を大地にデザインしなかった。
そして海岸線まで延びた
鮎や鮭の遡上する長い川がある。   Y.K

地域人間

会社人間は地域人間になりたがる傾向がある。

視野が縮小され、彼らの関心の対象を、
自分自身と局所的な問題に制限することを
常に選ぶのは、会社人間時代とまったく変わらない
行動原理だ。

関心の対象を自分自身と局所的な問題に制限した利己主義が
人々の最優先課題を解決できる幻想は終わっている。

人々を発展させてきたのは、遠隔技術であり遠隔操作である。
つまり、「完全な機能の具現化(RBF)」である。   Y.K

視神経

われわれの視神経はかなり太い。
人間の目から得られる情報量は、
耳から得られる情報量の100万倍にもなる。

350万年間、絶滅を避けるための必須条件だったからであるが、
では、どうしてテレビやネットやゲームばかり見ていられるのだろう。

ものごとは、包括的に思考しなくてはいけない。
毎日、テレビやネットやゲームを見る毎に
われわれの視神経はより太くなり、
その代償として、包括的な思考力が奪われているのかもしれない。
つまり、100万倍がすでに、より近視眼化した
特殊な器官になりつつある過程であるかもしれないのだ。

なぜなら、見るという過度に専門化した生物種は、
毎日自分の運命をテレビでみながら傍観できるのだから。 Y.K

同系交配

資本主義は、お金持ちを真似た働きたくない大量の専門家を生み出した。

第2次世界大戦後、3世代目の人類は、
貯金、生命保険、年金、株式投資、オークション、ギャンブルなどに
膨大なエネルギーとマネーを投じている。

しかし、まれに見る大きなエネルギー事象が起こる事態にはまったく無力である。
なぜなら、より働かないためにお金に依存する特別な能力を、
同系交配によって突出させると、
通常とは異なる環境条件に対処する一般的能力を失っているからだ。

危機とは、お金だけでは問題が解決できない状態であるが、
過度の専門化は容易に危機と結びつく。

専門化主義は、オックスフォード大学とそれに続いたあらゆる教育機関の
組織化の前提条件である専門化のための
教育カテゴリーの創設という計画的な策略からはじまった。

専門化主義は伝統ある似非科学主義である。
結果的にわれわれは分断され、専門化主義を日常化している。
そして、物質も精神もことごとく征服されているとは思っていない。

専門化主義は、分断され与えられた権限以外は、
他の専門化主義に譲渡するシステムの一部にすぎない。    Y.K

ナビゲーション

誤りによって作られた幸福など欲しくないが、
無知を強いられた世界は増大するばかりだ。

自分たちの誤りと無知が暴露されないように、
公理(現在ではプログラムと呼ばれる)をでっち上げた人々がいる。
同時に、誤りと無知を減ずるために、
誤りと無知を公然と禁じることを発明した。

こうして、
学校で会社で、そしてこの惑星で、
利己主義と戦争は助長されるばかりとなった。

ナビゲーションは天文学の原点である。
海軍(navy)の語源は navigationだ。
私は昨晩から今朝にかけて、古代ギリシャ時代から
続く幾何学公理上の無知をまた一つ減らすことができた。
公理の支配力は、長く圧倒的だ。

誤りと無知をそれぞれの方法で自ら減ずるナビゲーションからしか
幸福にはなれないにちがいない。 Y.K