月別アーカイブ: 2007年7月

持続可能という概念

人類が持続する条件を科学的に理解する前に
終わる可能性がはるかに大きいのは、
<持続可能>という概念にすでに表れている。

持続可能な世界を
国や企業や村や家族にまで拡張してきたのは、
バイオスフィアの49億年間の試行錯誤を
忘れた思い上がりに過ぎない。

人類は試供品としてこの星にやってきただけである。
自然は、バイオスフィアを犠牲にしてまでも人類に愛着はない。
自然は、試供品の調査を350万年も続けたので
その結果にはきっと悔いはないだろう。        Y.K

ナポリタン風

イタリアのスパゲッティに
ナポリタンがないように、
広島風お好み焼きは、ヒロシマにはない。
ナポリタン風やヒロシマ風で人々を欺くことができたのは、
人々が移動できなかった時代である。

ふるさと朝市、ふるさと村、ふるさと公園、ふるさと会議など
<ふるさと>と名の付くものすべては
都会人を相手にした田舎の詐欺師の企画と考えてよい。
たいてい、第2次世界大戦後生れの、
都会で定住できなかった詐欺師たちである。
ふるさと納税にいたっては、財務・総務の天下りが
「ふるさとを助けよう」という表看板で
飢えたハイエナが血税をむさぼり食うシステムである。

どこで生まれようがどこで働こうが
この惑星のメタボリックシステムへの間違った郷愁がある限り、
詐欺はますます横行する。        Y.K

2つの理解

記憶や学習の関係を扱う
頭脳による理解(understand)と、
経験とマインドと密接な統合的関係を
生成するもう一つの理解(comprehensive)がある。

後者は脳科学者の研究対象ではない。
記憶や学習はすべての人間に備わっているから。

原理を発見した科学者のみが、
マインドの存在を認識している。
マインドの研究には科学的原理の発見という複数の経験が
研究者に要求される。  Y.K

無防備

動物と植物の攻撃と防御のバリエーションは豊富だ。
生命は学習する。さもなくば絶滅する。
例えば、植物にも動物にも表面には棘があるタイプがある。

それに比べれば、人間は無防備だ。
裸で生まれる以上に無謀な生まれ方はないだろう。

人間が半世紀以上も生き延びれば、赤ん坊の無謀と違って
もはや適者生存のノウハウの集積となる。
しかし、そのノウハウのほとんどは惑星の存続とは無関係であった。

宗教や政治が自らの存続をかけるように、
科学は惑星が存続するための目的論に関与しなかった。
ほとんどの科学者は <公理>を利用する同業者組合員として生活しているからだ。
専門家も無防備だ。

宇宙に温暖化という危機は存在しない。
エネルギーの変換があるだけである。
惑星の危機は、人間だけが無防備で生まれることに
関係しているにちがいない。

人間だけが無防備で生まれるデザインが正しいかどうかは
今後半世紀で結論が出るだろう。

現在20歳代の人たちには
人格のない惑星地球自身が目的論(=メタフィジクス)の存在を証明する
またとない機会が与えられている。    Y.K