月別アーカイブ: 2007年7月

持続可能という概念

人類が持続する条件を科学的に理解する前に
終わる可能性がはるかに大きいのは、
<持続可能>という概念にすでに表れている。

持続可能な世界を
国や企業や村や家族にまで拡張してきたのは、
バイオスフィアの49億年間の試行錯誤を
忘れた思い上がりに過ぎない。

人類は試供品としてこの星にやってきただけである。
自然は、バイオスフィアを犠牲にしてまでも人類に愛着はない。
自然は、試供品の調査を350万年も続けたので
その結果にはきっと悔いはないだろう。        Y.K

ナポリタン風

イタリアのスパゲッティに
ナポリタンがないように、
広島風お好み焼きは、ヒロシマにはない。
ナポリタン風やヒロシマ風で人々を欺くことができたのは、
人々が移動できなかった時代である。

ふるさと朝市、ふるさと村、ふるさと公園、ふるさと会議など
<ふるさと>と名の付くものすべては
都会人を相手にした田舎の詐欺師の企画と考えてよい。
たいてい、第2次世界大戦後生れの、
都会で定住できなかった詐欺師たちである。
ふるさと納税にいたっては、財務・総務の天下りが
「ふるさとを助けよう」という表看板で
飢えたハイエナが血税をむさぼり食うシステムである。

どこで生まれようがどこで働こうが
この惑星のメタボリックシステムへの間違った郷愁がある限り、
詐欺はますます横行する。        Y.K

2つの理解

記憶や学習の関係を扱う
頭脳による理解(understand)と、
経験とマインドと密接な統合的関係を
生成するもう一つの理解(comprehensive)がある。

後者は脳科学者の研究対象ではない。
記憶や学習はすべての人間に備わっているから。

原理を発見した科学者のみが、
マインドの存在を認識している。
マインドの研究には科学的原理の発見という複数の経験が
研究者に要求される。  Y.K

無防備

動物と植物の攻撃と防御のバリエーションは豊富だ。
生命は学習する。さもなくば絶滅する。
例えば、植物にも動物にも表面には棘があるタイプがある。

それに比べれば、人間は無防備だ。
裸で生まれる以上に無謀な生まれ方はないだろう。

人間が半世紀以上も生き延びれば、赤ん坊の無謀と違って
もはや適者生存のノウハウの集積となる。
しかし、そのノウハウのほとんどは惑星の存続とは無関係であった。

宗教や政治が自らの存続をかけるように、
科学は惑星が存続するための目的論に関与しなかった。
ほとんどの科学者は <公理>を利用する同業者組合員として生活しているからだ。
専門家も無防備だ。

宇宙に温暖化という危機は存在しない。
エネルギーの変換があるだけである。
惑星の危機は、人間だけが無防備で生まれることに
関係しているにちがいない。

人間だけが無防備で生まれるデザインが正しいかどうかは
今後半世紀で結論が出るだろう。

現在20歳代の人たちには
人格のない惑星地球自身が目的論(=メタフィジクス)の存在を証明する
またとない機会が与えられている。    Y.K

環境保護主義者

個人に割り当てられた資源・エネルギー以上を
自然から搾取すべきではないと言う。

しかし、その割当量を科学者は規定しなかった。
少なくとも資本主義による農業や工業は
自然を搾取することで成立している。
石油を藻類という原料から生産すると電気エネルギーは
もっとも高価な商品となる以上。

環境保護主義者の限界は、
自然の決定的な崩壊を防ぐための効果的な方法として、
有害な化学物質のように
このイデオロギーの存続を否定しなかったことだ。    Y.K

表面積

フラットな耕作地の草の場合よりも森林の樹冠の凸凹によって、
大気圏への水蒸気の運搬能力は大きくなる。
森林の蒸発・蒸散の量を最大にするには、葉の数以外に、
凸凹の表面積が関与する。

山脈の深いシワの総面積を拡大することが
温暖化防止に直結している。
蒸発・蒸散によって、表面温度は奪われる。
草原や耕作地よりは、森の樹冠の凸凹は有効だ。
そして藻類が群生する海の表面積と温度にも同じことが言えるだろう。    Y.K

予測

未来を予測する最善の方法は、
間違っても主体的に関わらないことだ。

たとえば、地球温暖化の科学者の予測やその方法など。
つまり、人々は彼らから主観的に対処することを学んだ。 Y.K

天然水

ダイマクシオン・ハウスは、
上下水道がない無管デザインである。
水分を空気中から回収するために
温度差で冷却された金属面に
蒸気が凝結する作用を利用している。

除湿器の水を湧かしてコーヒーを飲む場合、
除湿器の電気エネルギー代は
ペットボトルを購入するよりもはるかに安価である。
1時間に6リットルも回収できる。

このところ霧雲のなかにいるのでその純度は保障できる。
ブナの森の近くの私のアトリエの空気からつくる
天然水は、さらに価値があるはずである。    Y.K

巨大ビジネス

生活水準が高まるほどに出生率は低下する統計は
60年代に発見された。
それは電気エネルギー利用率が向上した結果でもある。

21世紀の地球人口は、この法則を証明している。
つまり、生活水準が低下するほど出生率が上昇している多くの地域が
発生しているこが統計的に確認できる。

人口爆発は意図的なテクノロジーの遅延によって
引き起こされてきた。

地球温暖化によって、
もうじき80億人の平均的生活水準はより確実に低下するだろう。

例えば、エタノール入りのガソリンの値上げは、
もっとも効果的な地球温暖化対策として受け入れられている。
テクノロジーの遅延は、巨大ビジネスである。         Y.K

五月晴れ

マクロコズムとミクロコズムを通底する宇宙論には
いくつかの重要な飛躍があった。

五月闇のなかで
私はやっと仕事を終えた。
天才の最後の遺稿に示された
構造と意味を完全に復元した。

五月晴れとは
本来、梅雨の晴れ間のことであった。

身も心も五月晴れだ。
こんな日はめったにない。    Y.K

避難場所

強い地震が発生し被害が甚大な
場合は、大勢の人は小学校の体育館に避難する。
体育館は柱がなくとも天井が高く、そして広い。
体育館はいつも安全である。
半世紀前から屋根や壁面を軽く丈夫に作るテクノロジーは存在する。

柱がより多くある家が倒壊し、柱の少ない構造が安全なら
どうして人々は最初から体育館のような構造を住居にして
空間を仕切って暮らさないのだろうか。
そうすれば避難することも不要だ。 Y.K

   

食料戦争

中国の輸入食品の汚染が繰り返し指摘されている。
詐欺師たちの基本的技術の問題だから汚染は根絶はできない。

しかし、もともと食品に毒を混ぜて食べる習慣は
西側諸国、つまり自由主義陣営の考え出した
金儲けの手段である。

効果的な殺戮兵器の代わりに、
農薬や保存剤などが投下される
個々のメタボリックシステムへの攻撃は
イデオロギーを超えて、
緩やかな他者の死によって、金儲けをする食料戦争だ。

350万年間、人類にとって食べ物とは本来、神聖な繋がりを感じる
もっとも身近な存在であった。
そう感じていない民は絶滅したに違いない。
食べ物が生きるためのエネルギー源以上に感じられないのは
過度の専門化を意味している。
消費者は明らかに、消費の専門家になりつつある。

国家が基準値を満たす政策を待つよりも、
われわれがすべての食品に毒を混ぜて食べる
この半世紀間に身に付けた習慣を
排除することが最優先だ。        Y.K

静止宇宙観

地球が太陽を周回していることを
実際に観察するには、太陽から地球を見なければならない。
この簡単な実験を実行できなかったからこそ、
天動説で多数の人々を騙すことができた。

しかし、地球と太陽を同時に観察できる場所から、
周回という円運動は観察できないだろう。
地動説は太陽中心説であり、
これまでも多数の人々を騙している。

太陽系の惑星や恒星の軌道上の回転運動は、
すべて螺旋運動として観察される。

太陽は銀河系で円運動をするなどと言う概念は
今なお温存されているニュートン的静止宇宙観である。   Y.K

一夜漬け

「意味を為す代わりに金を儲ける時間は残されていない
重要な転換点にいる。」1983 RBF

それから 25年が経過した。
一夜漬けが得意な人類のために、
無料で開催される最初の全世界統一試験は確実となった、

この<最終審査>の審査員は、
権力構造側の権威ではないだろう。
皮肉にも、この最終審査が終わるその瞬間に、
人間が進化としておこがましくも概念化してきた、
人間ではない知性の存在を知るだろう。         Y.K

加算的

そのものを理解した経験がない場合は、
名詞的・非現実性に棲む都会系の
エコ派なのだ。

要するにピザのトッピングを選ぶ時の
ロハスな加算的なときめきで、
私的な宇宙も赤色に遷移しているから、
いつものポイント生活をしているつもり。             Y.K

麻酔

理解できることよりも
理解できないことが多い日々があるのは、健全だ。
そうでなければ、麻酔させられているのだ。

この麻酔から目覚めている人がほとんどいないのは、
それを考えるだけですぐに目覚めてしまうからだ。    Y.K

動物

動物を見ていると優しい気持ちになる。
カエルは犬ではない。猫はそのことを疑問に思っていない。
しかし、みんなそれぞれ雨のことは気にしている。
それは神秘な関係だ。    Y.K

温泉

30分程度のドライブで下山すれば温泉がいくつかある
そんな山脈の真ん中に住んでいる。
この山脈ではニュースには取り上げられない程度の
地震がいつも小刻みに発生している。

地殻の構造プレートの運動エネルギーは
地殻に含まれる放射性元素の崩壊によって発生する
放射エネルギーが源泉である。

天然の温泉は、その小さな天然の原子炉の核分裂のメカニズムが発見されるまでは、
いわゆるマグマの<地熱>によって温められた地下水が
自然に湧出するもの考えられていた。
宇宙からよりも大地からの放射線量が多いのは、地球内部の元素崩壊による。

天然で湧き出てくる温泉以外の投機的なボーリングによる温泉開発は
お湯の排出によって河川や地表面の温暖化を加速しているばかりか、
地下に眠っていたメタンガス(二酸化炭素の24倍程度の温室効果)を
大気中に常時排出する場合がある。
京都議定書には温泉開発の禁止は含まれなかった。

温泉の地熱によって癒されることばかりを求めても
バイオスフィアにとって安全とは限らない。   Y.K

夏休み

今後発生する最悪の気候変動で
母なる惑星は、相当なダメージを受けるが心配はいらない。
人類を除いたバイオスフィアは生き残れる。

バイオスフィアには、太陽系にこれまで十分適応してきた
40億年の記憶とテクノロジーがある。
北極とグリーンランドに再び氷ができるまでの
久々に静かな、しかし最初は苦手な暑すぎる
20万年間の夏休みがある。           Y.K

譬え話

譬え話のうまい人は、文学者に多い。
幾何学のいいところは
譬え話をしなくてもよいことだ。
もっとも単純な思考システムを求めるには
譬え話では退屈だ。         Y.K

考え方

考え方を変えるのは難しい。
とくに他人の考え方を変えようとすると
誰かが血を流さなければならないだろう。

このことに比べれば、地球環境を変えることは
不可能なことではない。
しかし、重要なことは、
それがもはや手遅れであることである。

なぜなら、
自分の考え方を変えることすらできなかった
この星には<不都合な寄生体>にすぎなかったからだ。     Y.K

実験と経験

実験(experiment)と経験(experience)は
ex(=fully) = 十分に経験するという同じ語源をもっている。
エキスパート(expert)は専門家のことである。

真実の証明には
誰でも再現可能な方法が採用される。

再現可能な方法を考案するには
様々な実験と経験が必要である。
たいていの人は時間がないので、
公理という既製品で間に合わせる習慣がある。
科学者もその例外ではない。
21世紀になって、突然それらの既製品が広範囲でがらくたになってきている。
しかし、真実の証明には
実験(experiment)と経験(experience)の
もう一つの語根であるperil、
つまり、危険と冒険が介在する。
21世紀は、最後の実験と経験の時代になるだろう。   Y.K

個人的な願望

自由主義経済圏は、私企業の経済圏の言い換えである。
繰り返される広告によって、個人的な願望は、
個々の頭蓋に守られ、個別の柔らかい皮膚でくるまれた有機体による
無限の選択肢の上に置かれているという
錯覚をつくりだしてきた。

その有機体の消費を加速させても、
惑星の再生的な経済成長はできなかった。
この惑星を錯覚の手段にする歴史は
遅かれ早かれ閉じられるだろう。
カオスには物理的、超物理的な決断期がある。

しかし、それに気づいた人は幸運にも知性的であったが、
不運なのは気づくのが遅すぎたという
圧倒的な反カオスをどう打ち消せるのかである。
決断するための実験に基づいた証明を必要とする。       Y.K

消えたミツバチ

アメリカの農場からミツバチが突然消えた。
携帯電話などから発せられる電磁波が
ミツバチの方向感覚を狂わし、
結果として巣から出たまま戻ることができなくなったといわれている。
ミツバチの他花受粉には、コストがかからなかったが
これからは農薬以上に高価な商品になるだろう。

そして日本では田んぼのカエルが激減している。
私が住んでいる穀倉地帯でも
昼となく夜となく続くカエルの合唱は急に途絶えている。
稲作にカエルは不可欠だ。
これらは偶然か、意図かは別として、
都会で毎日飲料水を買うように
やがて農業でも生きるためにミツバチやカエルを買うことは、
常識になるだろう。

このまま局所的な危機毎に、エコロジーを理解していくならば
もっとも高いコストを支払い続けなければならない。
エコロジーは産業社会にとって最大のブラックボックスだ。       Y.K

生物圏保護

エコロジー(生態学)は最初の包括的学問である。
エコロジーは相互作用だ。岩と空気と水と微生物と葉緑素と、
海と氷と・・・月と太陽と・・・あなたと私の。

しかし、この10年間このエコロジーの定義から、
多くの科学者は、地球温暖化を仮説理論として排除してきたばかりである。

個人的な判断や周囲の少数の人々の感情だけに束縛されてきた結果、
宇宙の相互関係とは切り離された
別のシステムの構成員という繋がりを優先させる傾向が強く生き残っている。

エコロジーという概念が生まれて一世紀以上経過したが、
生物圏保護の概念が生まれてから、まだ半世紀も経過していない。
そして、われわれが生物圏に保護されている概念の理解は始まったばかりだ。

他と切り離された独立した事象や経験は存在しない
という論理的帰結がむしろ未知(unkonown)を含む結果となった。
われわれが観測しているのは地球そのものではなく、
われわれのエコロジーの定義に映し出された地球の姿だ。     Y.K

語彙格差

日本の大学の英語受験では6千語程度の単語力が必要と言われている。
アメリカの平均的な6才児の語彙は5千語にもなる。

日本の農村部での日常会話の平均的語彙は、多くても5千語程度である。
この語彙格差は、ラジオやテレビでも改善できなかった。
農薬と肥料が、そしてトラクターが
彼らが属する生物圏の語彙を激減させた。
(インターネットでは600万語以上の英語辞書が無料化されているが、
彼らはより加速する情報・ IT格差社会に置かれている。)
補助金という無償の贈与は、
世界中のあらゆる格差の根源をゆっくりと確実につくりだす。 

そして、雑草や昆虫、そして広葉樹の森などの
自然からの無数の贈与と敵対している。   Y.K

稲妻

遠くに聞こえる稲妻の音
激しい雨の後の曇り日での焚き火は、
すぐに消えて儚い。

近くに落ちる稲妻までは、あと2週間も待たなければならない。
それまでは、音楽を聴きながら
近くて遠い友人に短いメールをたくさん書こう。

年金問題に熱中しても
なかなか死ぬ理由は見つからないらしい。
せいぜい「100人の村」をみて生きる理由を傍観する
家族に電話しよう。
遠くに聞こえる稲妻の音をきかせよう。     Y.K