月別アーカイブ: 2008年3月

テキスト節約生活

テキストに依存する知は、読書量に陥りやすい。
読書量を劇的に節約する方法は思考することである。
そうすれば、読んでいる時間がなくなるだろう。
もしそれでも時間ができれば、思考したことを編集すればよい。
ほとんど何も思考していないことに気づけば、
読書よりもましなテキスト節約生活だ。   Y.K

宇宙ステーション

日本人宇宙パイロットが「日本の家」から帰還した。
「宇宙船地球号」以外の宇宙ステーションは
誰も欲しがらないだろう。
「宇宙船地球号」はメンテナンスフリーだから。
否、だった。
水も風も雲も、
そしてエネルギーも食料も無料だった。 Y.K

地球人口がますます増大しているなかで、
 日本の農村部が過疎化しているという危機感は
 あまりにも局所的産物だ。

非再生的な工業化の予測された過程に過ぎない。

自然は太陽からのエネルギーや重力、そして風を
 もっとも経済的に運用しているから、
 過疎化する森や過密化する葉は存在しない。

森は移動した結果だということに都市は無関心だ。 Y.K

読書

読書から知識は増える。
増えることが他者を知ることとは限らない。
知ることは実際に会うことだ。
読書はそれからでも遅くはない。
一方、自分を知るには、
他者に会う前の孤独に耐えなければならない。Y.K

偶然

仮定、認識または実行段階の誤りを
頻繁に発見できる才能は誰にもある。
しかし、間違った経験から学ぶには、勇気がいる。
さらに、真実への重要性の意識が自尊心よりも大きければ、
誤りは認められるだろう。
誤りを認めるこれらの過程で、
偶然に真実を発見できる。
知識と真実にはつねに偶然という隔たりがある。 Y.K

海底不動産

海洋法の国際会議を無視して海底鉱物資源の開発を進める
暫定的な合意に達したアメリカ、イギリス、フランス、ドイツを
日本の外務省は批判し、
このような計画は国連の援助の下で遂行すべきだと主張したが、
これらの四カ国には認められなかった。
国連機関に海底資源開発を監督させようとする要求は、先進国から拒否された。
これは1982年の話である。
全地球表面の4分の3を占める海底を独占したがるこれらの国家に加えて、
発展途上国の中国がある。
なぜなら、中国は安保理の常任理事国(P5)である。
人々は一戸建ての建てられない海底の不動産売買にはまったく無関心だ。Y.K

非対称的

企業という抽象的な巨人によって社会へ還元される利益は、
事業で生産された商品、サービス、博物館、
そしてあまり利用されない公共施設として、
目に見える形で分配されるが、
株主への配当金は目に見えない形で配布される。
そして株価の非周期的な暴落で、
分配された配当金は、
より小さな無数の株主が一時的に所有した
不動産から回収される。
格差はつねに合法的かつ非対称的である。
消費によってこの非対称性を広く市民に認めさせるノウハウは、
十四世紀から約3世紀間かけて完成された。  Y.K

妄想

科学と人間の発明の才によって、
労働および生産システムの維持管理に要する単位時間に対して、
より優れた性能を生み出す方法を絶えず実践し、
現実の宇宙的コストを常に減少させてきたにもかかわらず、
原油高によるすべての価格上昇は、
政治的手段で誘導する巨大企業の利己主義である。
有限なエネルギー資源を、威圧的にかつエコロジー的押しつける態度は、
捏造された妄想の特徴である。 Y.K

人格

友人はあなたの成功を願っている。
両親はもっとそれを望んでいる。
そしてついに真の味方がこの世に4人もいれば幸福である。
味方を選ぶ上で、あなたが人格にしか興味がないならば、
この4人のなかにエコロジーはけっして含まれないだろう。
それでも自然は人間を成功させたがっている。  Y.K

不動産

宇宙(正確には大気圏外)に「日本の家」(NASAの宇宙実験棟)は不要だ。
不動産は地球上で十分だ。
その概念では宇宙でも住宅は不足し、
サブプライム問題は発生するだろう。  Y.K

同時的な外部

そして
これまで自分の全体像(数学的には 720度の全方位から)を、
同時に外部から見てしまった人間はいない。
(鏡では画角やリアリティが不足している)
ほとんどの人間は自分の外部を驚くほど知らないで生きている。
同時的な外部を見るにはテクノロジーが必要だ。
人類がはじめて惑星地球を外部(=月面)から
ほぼ同時的に見たのは 1969年である。  Y.K

99%

頭で理解できることに価値はないと
芸術家が言える根拠は、
宇宙の出来事の99%は人間には見えないからだ。

たとえば、
エネルギーやエコロジーを見た人間はいない。 Y.K

日本の宇宙実験棟「きぼう」が、国際宇宙ステーションに取り付けられた時、
宇宙飛行士は「小さいけれど宇宙に日本の家ができることを知ってほしい。」
と言っていた。

基礎がないばかりか、排水装置もなく、
秒速5キロメートルで、大気圏外を周回するために、
放射線被曝から保護された分厚い壁の円筒状のシェルターを
「家」という概念で了解できないのは、
「家」としては不要な非公開の実験目的があるからだ。  Y.K

絶縁

昨年畑の中で発見されたジョジョはついに
去勢手術をすることになった。
そして、手術時の血液検査で猫エイズに感染していることがわかった。

セックスで感染するのは病気だけではない。
種族維持への欲望だ。

温暖化対策で燃料電池の実用化を意図的に遅延させて
ついに原子力発電を全面的に肯定したように、
人間のこの欲望が、宇宙的存在とは絶縁している可能性がある。

増えも減りもしない宇宙のエネルギーを
つねに独占したがる種は存続できないだろう。 Y.K

メールファシズム

本来交換しなくてもよい
日々平均200通もの10代のメールファシズムによって
彼らは急速に想像力を喪失しつつある。

情報交換量を競わせるメモリーバンク・システムは学校そのものだ。

それゆえに、学校はますます局所的で閉じた場所になっている。
はやく携帯個人授業による自宅学習または
衛星インターネットによる移動学習に切り替えるべきだ。
(この革命を引き止めているのは、教師の終身雇用制度にちがいない)

どこかに帰属しながら自由を求める行為は、
理念を必要としないテクノロジーのユーザたちの特権だ。

なんという富の無駄使いだろう。  Y.K

記憶のシナジー

記憶を想い出す時、
無関係な情報が入ってくることによって
はじめて再構成される。
これを「再固定」という心理学の概念で捉えることはできない。

原子は他の原子と固定化されるのではなく
振動しながら結合しているのである。

思考をほぼ同時的に声に出す場合は
いままで無関係だと思われていた情報が瞬時に編集され
ついに統合される。
私はこれを記憶のシナジーと定義している。

個々の過去の出来事の記憶は次の結合の可能性のために
つねに振動しているのである。
原稿に書かれることで
直線的に固定化されたシナリオは
この振動をけっして捉えることはできないだろう。 Y.K

大気圏

大気圏には国境がない。
水や二酸化炭素でさえローカルには行動していない。

個人が大気圏内を「グローバルに考えローカルに行動する」と
うぬぼれた狡猾な人間になるだろう。

なぜなら、
「グローバルに考えローカルに行動する」のは、
この惑星を分断して支配するための
多国籍企業とその軍部(=グランチ)の廃れた方法である。  Y.K

脳とマインド

ひらめき以外の概念で法則化されたパターンと
原理の発見者としての役割をほとんど説明できないのは、
脳が脳以外のマインドの機能をなかなか認識しないからだ。

人間にはまず脳が与えられ、
次にマインドを利用する自由が与えられたのである。

決定的なことは
脳はマインドの自由が嫌いである。  Y.K

単純なこと

デザイナーは美学を重要視する。
美学的解決はもっとも簡単だ。

たとえば、
生きるために牛を殺す時に、
殴り殺すか、刺し殺すかだけを問題にすることだから。

政治家は政策を重要視する。
政治的解決はもっとも簡単な計画だ。

仔牛を育てる牛から、少しだけミルクを横取りするする技術だから。

科学者は原理の発見を重要視する。
原理的解決はもっとも単純な経済的な方法だ。

原理は、牛やミルクのように、
人間には作れないが
最初から宇宙に存在している既製品だから。(続く)  Y.K

ノート型PC

私の母は勉強しろとはほとんど言わなかった。
彼女は自分の経験から勉強はどこでもできるとだけ言っていた。

ワイアレスの軽量のモバイル用ノート型PCが登場して
10年以上が経過するが
自宅から地球の裏側まで、どこにいても効率的に仕事をこなせる
自律した個人に出会うとなぜか母を思い出して嬉しくなる。

どこにいても効率的に仕事をこなせるアイデアは
最終的に学校や会社を必要としないからだ。

その母はベッドの上で新聞だけ読んで
今日も退屈しているだろう。

IT化された最新の病院でさえ不完全なシェルターだ。
モバイル用ノート型PCの使用を禁じているかぎり。
(1969年からアポロ宇宙船は最初の大気圏外のワイアレスのシェルターであった。)    Y.K

投資家

余剰を自然に任せられないほど貪り尽くしたと思い込んでいるので、
投資家は1万円を2万円にする略奪ゲームに夢中になる。

自然は一粒の稲を半年で一万粒にできる。
余剰と元金の関係が反転するバンキングを発明しているのだ。

しかし、彼らが宇宙のテクノロジーに投資したことはない。
無秩序に潜む偶然しか愛せない、
その日暮らしのギャンブラーだから。   Y.K

留学

何をすべきか分からないので
研究テーマを探しに海外留学する時代があった。

このような経歴のたいてい裕福な教師に教わった学生が
同じコトを繰り返しているのはもっとも不幸である。

そのような留学とは、読んで字のごとく、
学習が留まることを意味する。 Y.K