月別アーカイブ: 2008年4月

危険な彫刻

スネルソンはついに本質的なテンセグリティを制作しなかった。
テンセグリティは彫刻には最適であるが、
建築の構造体としては危険な構造体であると考えている。
つまり、彼の彫刻は危険なミニチュアの構造だ。
張力が統合する完全無欠な存在は、
美しい錆びない彫刻でも構わないが
美術館の庭から眺めるだけでは退屈だ。
もっとも物質を使わないで
もっとも大きな空間を覆うことができるテンセグリティは
太陽系のような大きすぎて見えない動く彫刻だ。
しかも永遠に浮遊している。
これ以上安全な彫刻があるだろうか。
テンセグリティは、構造の作用力を最適化した、
本質的にリダンダンシーのない集合体である。

自然を模倣する

シナジェティクスは自然に学ぶ。
そして、テンセグリティを発見した
しかし、「自然を模倣する」ことからではなかった。
自然の原理が、形態の観察から発見されるなら、
細胞がテンセグリティであることは、
19世紀までの顕微鏡の機能から発見できただろう。
生物学は20世紀の電子顕微鏡でもテンセグリティ構造を観察できなかった。
テンセグリティ原理を学習して
細胞を顕微鏡で見ると、細胞は実際テンセグリティとして観察できる。
生物学の構造の定義は1世紀以上も細胞壁にあった。
(たとえば人体は1兆個の小さな柔らかい壁の集積として定義された。
城壁が国家の閉じた領土を表すように。)
異なった現実は最小限の構造単位に対する概念の違いから発生する。
概念は観察できない。
「自然を模倣できる」のは形態のみである。
自然という一つの現実のほとんどは、未知である。
それゆえに、シナジェティクスは自然に学ぶ。  

テンセグリティ

技術的に無知であればあるほど、適用する安全係数は大きくなる。
直径に関わらず、ジオデシック・ドームが経済的にデザインされることは稀である。
2×4材を使った合板ベニヤなどのドームハウスも
安価といわれる竹ドームにもアルミパイプドームにも
過剰な物質が使用されている。
もっと実験が必要だ。
つまりテンセグリティを学ばなければならない。
テンセグリティは理論でもオブジェでもない。
生き延びる道具だ。

津波

自分が希望する受験科目には膨大なエネルギーがいるので
誰でもより少なく学びたいと思っている。
学習塾はこのノウハウを持っている。
しかし、新しい経験をするたびに、人間はより少なく学ぶようには
デザインされていない。
両親の間違った愛情は、
10歳から11歳までの一度しかない知的爆発の時期に
こどもを学習塾のノウハウで訓練させることで、
もっとも重大なブレインダメージを与えているのである。
知的爆発とは、経験の秩序化のための最初の津波である。
時速500キロのソリトン波なのである。
線形波のような拡散しようとする作用に対して
それを集めようとする作用が生成し自身の形態を保つのだ。
この機能を学習塾に期待するよりも前に、
子どもは、生得的に、すなわち無料でレッスンを受けているのである。

ドメイン

子どもは積み木が好きだ。
子どもが好きなのは立方体という形態ではなく
それらの結合の方法である。
自然はもリンゴも卵も星も、そして子どもの頭蓋も
立方体以外にデザインした。
われわれの環境だけが立方体で満たされていることは
偶然ではないだろう。
月や火星計画で立方体の装置がほとんど採用されていないのは、
立方体が効率的になるような法律と社会は
大気圏外では効果的に機能しないからだ。
シナジェティクスに積み木という概念は存在しない。
空間は領域(ドメイン)に分割できる。
最小限のドメインを集積するとほとんどは立方体にはならない。
(つまり、立方体は最小限のドメインではない)
最小単位としてのドメインはすべて有限な種類の4面体モジュールとして
この半世紀間に発見されてきた。
4面体モジュールは子どもにとって、積み木よりもおもしろい現実にちがいない。
シナジェティクス・モジュールに関する唯一の日本語の書物は
『コズモグラフィー』シナジェティクス原論
バックミンスター・フラー著(白揚社 2007)である。

責任

巨大プロジェクトに従事させる開発者に
プロジェクトに見合った責任をもたせないのは、
知性が低下するからである。
政治家が兵器の製造や購入の権限を軍部の専門家に委譲したのは、
政治家もまた責任よりも知性を重んじたからである。
あらゆる兵器はこうして開発されている。  Y.K

排他的

思考は限定的である。
思考する前にやってくる経験は、包括的である。
非経験的知識(たとえば講義やインターネット情報)に
依存して思考すると
排他的にしかならないことを意味している。
しかし、このことが深刻になったことがない。
排他的なほうが簡単だからだ。   Y.K

イメージから

「塵も積もれば山となる」
どんな微少な存在も質量をもっていて、やがて
目に見える鉛直荷重的存在となる場合があるので、
小事をおろそかにするなという戒めから
平凡な蓄財経験主義に堕落したモラルになる。
部分的な仕事を繰り返しても、
日々の蓄積に期待する大変化はやってこない。
個々の出来事の相互関係から全体像はつねに描かれない。
ある日突然、全体像の向上が感じられた時が、
分節化の始まりと考えられる。
ここには鉛直荷重だけで集積する単純な山はなく
出来事の相互関係という張力が介在する。
張力は距離にも断面積にも制限されない。
分節化という最初の統合化の兆しは、
イメージを伴う動詞に表れる。
「はじめにイメージありき」
全体は積もった絶対量ではなく、
質量のないイメージから始まるのである。  Y.K

ミュート・コミュニケーション

沸かし湯ではない
奥出雲の静かな岩風呂の温泉に入るときは、
2,3人もいない客とかるい挨拶をする。
このとき、返事が返ってこない時は
間違いなく都会人だと思ってよい。
都会人の子どもは挨拶すること自体に驚いている様子である。
この一様な反応に年齢はあまり関係していない。
折角の休日を田舎で一時的に滞在する人は、
無意識的にコミュニケーションを
絶縁状態にしている可能性はあるにしても、
都会でジョギングですれ違う人が
軽く挨拶することもないからただの都会の習慣かもしれないが、
同じ天然のお湯の中でしばしの時を過ごすには
不自然な習慣である。
過密な通勤電車から身を守る
ミュート・コミュニケーションは天然温泉でも解除できないのか。Y.K

色彩エコロジー

寒冷地でも黒色の車種が
エレガントな存在として若者の間で支持されている。
砂漠の日中の熱反射から身を守る色が白色であるように、
寒冷地の極低温から断熱する色は黒色ではない。
太陽がない夜間、黒色には他の色よりも物体を効果的に
冷却する冷凍庫のような機能がある。
車内が夏暑く冬寒いとなれば、
一年中エアコンに余計なガソリンを消費するので
寒冷地の黒色のすべての車種により課税する場合の
もっともらしい理由となる。
少なくとも樹は地表温度を上昇させないために
もっとも効果的な色を葉に採用してきた。
その結果、森のすべての葉の表面積は森の大地よりも大きい。
急激な外界の変化に恐竜の体温調節が間に合わなかったのは
体積に対する表面積比であったように、
都市のすべての車と家の表面積はいまや都市全体よりも大きい。
宇宙物理学的に自分の好みで
家や車の外観色を選ぶ商品は時代遅れである。
色彩エコロジーは、開発済みである。  Y.K

効果的

米は家畜のために、トウモロコシは車のために、
そして労働は利子返済のために従事するすべての職業は、
富を略奪するシステムが生み出したバーチャル・リアリティである。
世界人口を劇的に減らすもっとも確実で間接的な方法は、
地球温暖化と連動した市場の原理に基づいて、
主要な穀物の価格を釣り上げる口実づくりだったのである。
それによって二酸化炭素の排出も減り、貴重な淡水も確保できる。
排出権を取引するMBA仕込みのうぬぼれた連中よりは
効果的なシナリオだ。         Y.K

酸素

特別な呼吸法を知らないで、5分間空気が遮断されれば、人間は死に至る。
人間は空気に対して選択肢が持てないほどの、
有り余る大気が与えられている。
60億を超えた人口に対してまだ酸素は、不足する事態には至っていない。
(正確には、大気に国境がないので
食料のように不足の状態が作れなかっただけである。)
酸素は、資本主義も共産主義でも最初から社会化されている。
それゆえに課金メータを設置できなかったのである。  Y.K

私の仕事

物理学は原子の内部の出来事を扱うが、化学は原子の外部の出来事を扱う。
化学は結合と解離に関する基本的な整数的な構造を扱う。
シナジェティクスは、
これらの相互関係および整数自体の構造化に関与する。
この仕事には走査顕微鏡も加速器も不要だ。
観察から学べることは僅かしない。
実際、原理の発見があった後に、だれでも観察することができる。 Y.K

残像

現象の遅延は単に脳のメカニズムの限界によって生じる。
認識するためには残像を待たなければならない。
モデリングからモデル言語の認識まで1年以上待つことも稀ではない。
シナジェティクスは
固体という概念のミステイクの発見まで、25世紀以上も待った。
概念の遅延は主に言語によって生じるからだ。  Y.K

青田買い

栽培経験が豊富であればあるほど、青田の段階で収穫を予測できる。
すでに獲得した不可視の技術的ノウハウの膨大な目録を
利用できるグランチが優秀な理系の大学生と
卒業前に雇用契約を交わす(青田買い)のは、
あらゆる将来的なノウハウを独占するためである。
もちろん、グランチは大学とは異なった独自の評価基準で
学生を選ぶノウハウを持っている。    Y.K

秘境資源

前人未踏の秘境には豊富な資源が眠っていることが分かっていた。
衛星から天然資源の鉱床がスキャニングできる。
中国政府はチベット山脈に全体に銅、亜鉛・鉛、鉄鉱石の豊富な鉱床を発見し、
2006年7月1日に名目上はそれらの運搬手段として
約2千キロの青海チベット鉄道を全通させている。
武力弾圧のための兵士と武器をチベットに輸送する際にも
この鉄道は利用される。
宗教心はまだ衛星からスキャニングできない。   Y.K

ファイアウォール

都市は城壁とともに始まった。
それは、物流の拠点としてだけではなかった。
情報もファイアウォールの構築から始まる。
食料自給も「軍の中継点」の
ファイアウォールの構築として始まる。
世界権力機構が意図的に日本の食料自給率を低下させたのは、
稲作の伝統が光合成の非現金化のためのファイアウォールとして
もっとも怖れられたからだ。
(ベトナムもアフガニスタンも稲作地帯である。
中国は小麦・大麦地帯である)
一粒万倍は、計算を基礎にした活動(=logistics)、
つまりシナジーのアジア的非武装ファイアウォールの伝統である。
私が18年間玄米を食べてきたのは、健康のためだけではない。
生存方法としてもっとも自由を拡大するからだ。
たとえば物流とリスクの分散化機能としての見えない城壁である
キャッシュカードや生命保険への依存度を低下させる。  Y.K

プライム問題

サブプライム(信用度の低い人向けの住宅ローン)という言葉に
惑わされてはいけない。
資本主義のプライム(=最重要)問題は、
陸地の不動産の略奪的貸付などはどうでもいいのだ。
リスク回避を人の住んでいない極地の天然資源にしか求めない
21世紀のプライム問題は、
海底資源(inside)と他の天体の資源(outside)を
略奪するための覇権の獲得だ。   Y.K

短縮系

長い名詞や文節、そして電話番号などは短縮登録できる。
人間は宇宙でもっとも複雑な有機体だったので
宇宙の神秘を意識させないように短縮系にデザインされた。
しばしば無意識に宇宙の記憶が断片的に残っている。
飛躍的な原理の発見をもたらすメタフィジクスは、
経験的に証明可能な可能な状態で
宇宙の記憶を呼び戻すのである。 Y.K

忙したがり屋

たまに会話をすると
忙しいことを話題にする人は
忙しいことを目的にして生きていると考えていい。
その理由を社会心理学者のように、
考えるコトから逃走したいからだとしても
同情できないほど増えている。
考える時間を作るために、
雑草のように生えてくる雑用を仕事より
低く考えていたり、あるいは雑用を先にこなす人は
仕事自体に集中しているとは限らない。
学習とおなじように、
仕事の 99%は環境を整えることに費やされるからだ。
すべての雑草には名前があるように、
そして、
雑草が生えなければ収穫もないように、
雑用というカテゴリーは
未だ名付けられない無数の発見の宝庫である。
これから、地球温暖化による環境の劇的な変化の過程で、
ますます忙しいふりをする人も増えるだろう。
まして、時間がないことを自慢している人に
隣人のための自発的な時間は作れない。  Y.K

平均的な自然観

エコロジーのTV番組や啓蒙的なエコロジーの本には
しばしば「かけがえのない自然」という表現が使われてきた。
われわれの6兆個もの細胞でさえ無意識下で
短い周期で総入れ替えされているかぎり、
DNAは本質的に「掛け替えられる」ようにデザインされている。
(白血球は4,5日ですべて入れ替わり、心臓の細胞は4ヶ月、肝臓や胃、
肺等の内臓器官は約半年、筋肉の場合は、9ヶ月で新品に無償交換される。)
再生的自然とは、無限に掛け替えられるシステムの
まだ人間には未知の現実である。
唯一無二という希少性を起源とする自然観が
「掛け替えのない」自然という概念を伴ってきた。
かけかえられない状態が、物理的にも生物的にも
平衡状態を、つまり、変化のない死の状態を意味するならば、
再生的とは、交換と変換の無数の過程が
シナジー的な構造とパターンを生成する神秘を意味している。
しかし、エコロジーは神秘という言葉よりも遙かに残酷にちがいない。
われわれの言語はエコロジーを定義するには不完全すぎるから。 Y.K

味覚

覚えた言葉は再現できる。
覚えた映像は再現できる。
しかし、味覚が再現できないのは言葉や映像として記憶できないからだ。
そして、
毎日同じ経験を繰り返しても、
五感のなかでも味覚の記憶だけは取り出せない。
味覚は単独では存在できない。
嗅覚あるいは視覚や記憶などの影響をもっとも受けやすい。
王様に仕える料理人が、まだ幼い師弟達に
王様と同じ料理を毎日食べさせるのは
味覚が鈍感すぎるので、長い学習期間を必要としている。
目を閉じて、直接手で食べ物に触れて口に入れることは、
本当の味を深く知覚する最も簡単な方法である。
聞いたり見ながら同時的に生成される味覚は、
ほとんど刷り込みに近いが
手という触覚器官は味覚の増幅装置になっている。
箸やフォークなどの食べるために道具を使う習慣は、
人類の起源から経過した時間から見れば
まだ馴染んでいないのかもしれない。
味覚が鈍感な、つまり
味覚だけが非映像的であり、その記憶がつねに曖昧なのは、
母乳の記憶から遠ざけるためかもしれない。  Y.K

2%

歴史を通じて、人類の 99.9 パーセントは、
地球の全表面のわずか10 パーセントのなかに住んでいたにすぎない。
都市は全表面の2%しか占めていないが、
この瞬間にもエネルギー資源の75%を消費している。
この2%による破滅が宇宙に影響を与えている。
この認識は地球人を地球エコロジーから宇宙エコロジーに移行させるだろう。
さもなくば、2%のエントロピーの勝利にすぎない。  Y.K

バックミンスター・フラーの『クリティカル・パス』

税金逃れの多国籍企業は、利己的な資本主義の縮図であり、政治的境界を解体させ世界がひとつになろうとするのを阻害する最後の要因としての国境を解体させる逆説的な二つの役割は、分散と統合を繰り返し、ますます弱々しい古典経済学で教育された個人の富を引き裂いている。
80年代に多国籍企業の首脳人は、ほぼバックミンスター・フラーの『クリティカル・パスーーー宇宙船地球号のデザインサイエンス革命』(白揚社 2007 新装版)を読破していた。
彼らの関心は国境を解体させるクリティカル・パス法であり、先進諸国を財政破綻させて「小さな政府」に変貌させることにあった。この先進国にアメリカ合衆国も含まれていたことになる。      Y.K

特権

巨大企業は、産業というゲームに勝つ側が常に〈最も裕福な者だけ〉であることを確実にするために、価格を吊り上げることで、大多数の人々が主に労働によって獲得する価値を簡単に変えことができる。〈人を欺いて生きる〉または〈人生の勝ち組〉とは異なる〈生活費を稼ぐこと〉という経済行為において、獲得された価値を気まぐれかつ一方的に変えることは、不可視の巨人にとっては大量殺戮兵器の製造技術に匹敵する戦略的な特権である。
ガソリンの販売価格に対する15%程度の税率の変動だけで、簡単に経済政策が混乱するほど血税に飢えた国家財政がバレてしまったが、巨人による石油(メタノールを含む)の販売価格操作は気まぐれそのものだ。石油資本は記録的な増収になっている。     Y.K

暫定的

暫定的ガソリン税を
徴収しないとこの惑星で生きていけないと信じている政治家を
選んだ人にも、束の間の幸福がやってきた。
そもそもガソリンがなくても
うまくやっていけるテクノロジーは複数存在する。
(人類は大気圏外の月や火星にガソリンで往復する訳ではない)
そのことは、すでに内燃機関の開発を放棄した
自動車会社が一番よく知っている。
エンジンの改善によって燃費が良くなっているのではなく、
車体の軽量化によって改善されているに過ぎない。
現在の自動車は、ハイブリッド車も含めて
暫定的エンジンを搭載している。
つまり、ガソリン以上に無駄な高額商品を買わされている。Y.K

腹八分

読みたくないことは気取らず読まず、
書きたくない時は惑わず書かず、
頭がいっぱいになったら
欲張らずそこで考えることを止め、
何もしない快感を開放すること。
メタフィジクス的腹八分で暮らしていれば、
どこでも桃源郷だ。    Y.K