月別アーカイブ: 2008年5月

最後の消費者

既製品は過剰生産された。
靴も冷蔵庫もパソコンも。
しかし、必要な環境はデザインされなかった。
惑星地球の最後の消費者になるには、
既製品をアセンブルするノウハウだけでは不十分だ。
目的論(ノウホワイ)が必要だ。
全宇宙のエネルギーは増えも減りもしていないのだから。
   

最後の実験

物理学はメタフィジクスに包括される。
宇宙はそのメタフィジクスを包括する。
それだけではない。
宇宙は自然に包括される。
それだけではない。
シナジーはその宇宙を包括し、さらに自然を包含する。
科学は1950年代の一般システム理論までシナジーを思考の対象にできなかった。
同時に、シナジーを超える存在を思考の対象外にした。
そして、この思考法が存続するかどうかはまだ実験中である。
このお金のかからない最後の実験を
専門家に委託してはいけない。

仮想水

文部科学省総合地球環境研究所によれば、
輸入農産物をすべて国内で
生産したと仮定して、
米1トンの生産に6000トン、小麦1トンに
3000トン、
牛肉1トンに20000トンの水が必要である。
日本人の仮想水(バーチャルウォーター)の輸入量は実に大きい。
しかし、人間一人は一生でいくらの水がいるのかを最初に計算するのを忘れている。
二酸化炭素の排出権のように、
これからは仮想水の高い人間の仮想水権を売り買いすることになるだろう。
これが穀物の価格に反映されるにちがいない。米はもっとも高価になる。
天然の気体や液体は地産地消にできない
最大のモバイル化学物質にデザインされている。
これらのモバイルする反地消地産品こそが
資本主義がオークションしたい最後のバーチャル天然資源だ。

玄米玄想

玄米だけを食べ始めるとだれでも3日以内に体に劇的な変化が起こる。
3日間断食すれば、さらに長年蓄積された化学物質が
宿便とともに大量に排出される。
この急激な変化によって、だれでも玄米が合わないからと感じてしまう。
けっして自分の体に原因があるとは思わない。
自分を内部からも外部から見ることは不可能だが、
食料自給率から私の体の半分以上はすでに外国産である。
思考法を変えたければ、読書や音楽、ファッションや部屋のレイアウト以上に
食を変えるのがもっとも効果的だ。
つまり、玄米を食べない習慣は生活を無意識によりフィジカルにしていたのである。
パンとミルクとチーズと肉があれば、
気分が安定する日本人はかつての富裕層に多かった。
食を通して日々の習慣が標準化されているにすぎない。
食は知の標準化のための規範となりやすい。
これはわれわれの弱点だ。
(給食とマクドナルドで簡単に子どもの思考を支配できる)
玄米は稀有な完全食である。(それ以外の食に依存しなくても健康を維持できる。)
しかも、短期間に幻想を解毒して、
自分を外部と内部から見る玄想で満たしてくれる。
玄とは万物の根源としての道(Critical Path)である。