月別アーカイブ: 2008年6月

レイマンの仕事

生きるためには考えることが必要だ。
しかし、考える仕事を求めれば、
すぐに失業するだろう。
考える職業はほとんどない。
専門家は考えるのではなく、
専門の知識と技術で生活しているにすぎない。
しかし、考えることはだれも止められない。
もし、本に書いてないことを考えたら
最初にすべきことは、
その道でもっとも優れた
信頼できる個人に会いに行くことだ。
これ以上の人間的な仕事はないだろう。
考えることは人間(=レイマン)を作る仕事だから。

ユーザ

エネルギーは変換されるだけだ。
エネルギーを作り出せない人間に
エネルギー危機は存在しない。
人間は原理を発見し利用する以外、
宇宙に何も与えない。
これ以上贅沢な無料ユーザはいないだろう。

漁師力学

捕鯨が衰退したのは
鯨がいなくなるという噂を聞いて、
他の漁師に捕られる前に捕ったからである。
捕鯨の歴史は人間の貪欲さが
自然保護の意識を打ち負かしたばかりではなく、
漁師を雇用する捕鯨産業自体を崩壊させた。
ガソリンが値上がりするから
値上がり分を回収するために
原油に投資するプチ投資家の運命は
捕鯨の歴史そのものだ。
鯨がいなくなれば、漁師は不要だ。
予測と無縁であればあるほど儲かるシステムがあるかぎり、
経済はつねに誰かを搾取するか、
誰かに搾取されるかである。
21世紀の経済ももっとも身近な近視眼的行為の集積だ。
重要なことは、近視眼的行為は儲かるシステムを
維持するために絶えず教育された結果だという事実だ。

数学的自然

なぜエコロジーが存続できるのかは
絶対的神秘の一つだ。
しかし、重力定数が(僅かではあるが)、
つねに放射定数よりも大きいことに関係するだろう。
これを証明するシナジェティクス・モデルが存在する。
バックミンスター・フラーはこのモデルを
アインシュタイン・モジュール(E module)と呼んでいた。
アンモナイトの螺旋から対数を学ぶことができる。
しかし、E moduleの作成からシナジェティクスを学ぶことは
シナジェティクスと顕微鏡学からはじまった構造形態学との
違いを知ることでもある。
すべての数学的自然は視覚的に観察できない。
あるいは視覚的に観察するためのテクノロジーを発見していない。
参照
『コズモグラフィー』シナジェティクス原論
(バックミンスター・フラー著 梶川泰司訳 白揚社 2007)

炭素固定

二酸化炭素を地下に埋めても
二酸化炭素を空間移動させる固定方法でしかない。
しかも埋めるまでの過程に多大な酸素を消費し、
二酸化炭素を排出するテクノロジーである。
植物が光合成で二酸化炭素を酸素に変換するテクノロジーには及ばない。
森や海の藻類のテクノロジーには及ばない。
植物の二酸化炭素の増加を酸素の増加で解決する方法は、
二酸化炭素を減らすビジネスしか考えない人類よりも包括的なので
人類よりも長い生存の歴史がある。