月別アーカイブ: 2008年6月

レイマンの仕事

生きるためには考えることが必要だ。
しかし、考える仕事を求めれば、
すぐに失業するだろう。
考える職業はほとんどない。
専門家は考えるのではなく、
専門の知識と技術で生活しているにすぎない。
しかし、考えることはだれも止められない。
もし、本に書いてないことを考えたら
最初にすべきことは、
その道でもっとも優れた
信頼できる個人に会いに行くことだ。
これ以上の人間的な仕事はないだろう。
考えることは人間(=レイマン)を作る仕事だから。

ユーザ

エネルギーは変換されるだけだ。
エネルギーを作り出せない人間に
エネルギー危機は存在しない。
人間は原理を発見し利用する以外、
宇宙に何も与えない。
これ以上贅沢な無料ユーザはいないだろう。

漁師力学

捕鯨が衰退したのは
鯨がいなくなるという噂を聞いて、
他の漁師に捕られる前に捕ったからである。
捕鯨の歴史は人間の貪欲さが
自然保護の意識を打ち負かしたばかりではなく、
漁師を雇用する捕鯨産業自体を崩壊させた。
ガソリンが値上がりするから
値上がり分を回収するために
原油に投資するプチ投資家の運命は
捕鯨の歴史そのものだ。
鯨がいなくなれば、漁師は不要だ。
予測と無縁であればあるほど儲かるシステムがあるかぎり、
経済はつねに誰かを搾取するか、
誰かに搾取されるかである。
21世紀の経済ももっとも身近な近視眼的行為の集積だ。
重要なことは、近視眼的行為は儲かるシステムを
維持するために絶えず教育された結果だという事実だ。

数学的自然

なぜエコロジーが存続できるのかは
絶対的神秘の一つだ。
しかし、重力定数が(僅かではあるが)、
つねに放射定数よりも大きいことに関係するだろう。
これを証明するシナジェティクス・モデルが存在する。
バックミンスター・フラーはこのモデルを
アインシュタイン・モジュール(E module)と呼んでいた。
アンモナイトの螺旋から対数を学ぶことができる。
しかし、E moduleの作成からシナジェティクスを学ぶことは
シナジェティクスと顕微鏡学からはじまった構造形態学との
違いを知ることでもある。
すべての数学的自然は視覚的に観察できない。
あるいは視覚的に観察するためのテクノロジーを発見していない。
参照
『コズモグラフィー』シナジェティクス原論
(バックミンスター・フラー著 梶川泰司訳 白揚社 2007)

炭素固定

二酸化炭素を地下に埋めても
二酸化炭素を空間移動させる固定方法でしかない。
しかも埋めるまでの過程に多大な酸素を消費し、
二酸化炭素を排出するテクノロジーである。
植物が光合成で二酸化炭素を酸素に変換するテクノロジーには及ばない。
森や海の藻類のテクノロジーには及ばない。
植物の二酸化炭素の増加を酸素の増加で解決する方法は、
二酸化炭素を減らすビジネスしか考えない人類よりも包括的なので
人類よりも長い生存の歴史がある。

超有機的テンセグリティ

地震と同じように、
サブプライムローンで住居が簡単に破壊できるのは
住宅が手作りで高価だからである。
大量生産の自動車は投機の対象にはならない。
もっとも純粋で経済的な物質の結合方法を
利用した建築の構造は、
人間の住居にはまだ採用されていない。
人間は美しい皮膚で
100兆個の細胞をパッケージしているが、
その大部分は自身のものではない。
共生する細菌(バクテリア)の細胞であることが分かっている。
この超有機的な共生生物体が採用する
真の構造システムは細胞内でつねに量産されている。
重大な弱点は無知から生まれる。

非カリキュラム

電話システムを具体化する装置化は
受話器の形態デザインよりも重要であったように、
自発的な学習システムにおいて、
包括的理解を具体化する方法は
カリキュラムや学校の建築デザインよりも重要である。
学習者にナビゲーションシステムが形成されれば、
最初のカリキュラム(コース)や教室は
一時的なデフォルトにすぎない。
包括的理解にしたがって、
カリキュラム(コース)や学校から自由に
逸脱してもいいからである。
ナビゲーションの機能は生得的であり、
知識量に依存しない。

たとえば、

全体は最大の複雑さに満ちているが、
一つのパターンを形成している。
どの部分も全体から部分を除いては存在しない
という量子物理学の発見には重要なメタフィジクスがある。
もっとも効果的に解決したければ、
全体から始めるべきだ。
たとえば、二酸化炭素から解決したがるのは専門家だけだ。

過程

出来事ではなく、過程であるために
記録ではなく神秘を呼び戻せば十分だ。
梅雨明けまで、
緩やかな谷間の温泉宿にしばらく滞在しながら
シナジェティクス理論を完成させなければならない。
晴れた午後には、川の側の木陰で
短くて深い眠りにつけるだろう。

バックミンスター・フラーの『クリティカル・パス』

25年前に現金と引き替えに全宇宙から真の富を奪うグランチは、
一年間で一兆ドルを越える配当金を株主に支払ってきた。
現在グランチのほとんどは、第二次世界大戦以後の
〈軍産複合体〉から生まれた。
2008年は過去に達成できなかった配当金を支払えるだろう。
〈軍産複合体〉に関係する株主たちは物価上昇をまったく気にしない。
世界中の人々から食料費とエネルギー代を日々間接的に
奪うことができるのだから。
この事実を最初に批判したのは
歴史学者ではなくバックミンスター・フラーである。
『クリティカル・パス』( 1998 白揚社、梶川泰司訳)には
現在の危機を理解するための歴史的な舞台裏が公開されている。

一般化

一般化された船はデザインできない。
船はカヌーになるか、漁船にするか、戦艦にするか
それぞれ目的別にデザインされる。
一般化されたモノをデザインすることはできない。
一般化できるのは原理だけである。
しかし、一般化したのは人間ではない。
人間は一般化された原理を持ち込むことしかできない。

不動産

活断層は地震の発生毎に発見されている。
地軸も移動する。
地球に静止した固定的現象は存在しない。
不動産は地球には存在しない概念を扱ってきた。
存在しない「モノ」をどうして所有できるのだろうか。
グランチが、この60年間
機器でしか確認も操作もできない
化学・冶金学・電子工学そしてサイバネティクスという、
まったく目に見えない領域の現実に携わってきた理由は
存在する「関係」を誰よりも早く所有するためである。

燃料

燃料電池(Fuel Battery)に燃焼過程は存在しない。
核燃料(Nuclear Fuel)でも燃焼は存在しない。
人間は火(=燃料 Fuel)を使う習慣が長すぎたために
無意識にエネルギー変換に酸化作用を期待している。
概念は言葉から生まれる。
その言葉が非科学的だ。
燃料電池車はテクノロジーの問題ではなく
石油産業の概念支配から脱却できないだろう。

偽装概念

包括的に機能するために局所から機能しようとする試みは
典型的な専門分化であり、非共鳴型思考だろう。
「Think global,Act local」は
エコロジーを偽装した分断のための政治的概念だ。
たとえば京都議定書。

空間

空間はまだよく分かっていない。
クォーク以上の内部構造は発見されていない。
空間は所有できないが、
関係は発見できる。
非同時的な宇宙において
すべての関係はジオデシックである。

エネルギーメーター

空気は、世界の至る所にとても豊富にあるので、
料金メーター付きの空気の利用システムは簡単に独占できない。
また森のある山間地には池や湖、川や井戸、湧水はたくさんあるので、
料金メーター付きの給水システムを、独占的ビジネスにすることは不可能だった。
しかし、物理的エネルギーの発生機と、料金メーターで
計量されるエネルギーの流通管理システムを開発・製造・販売すれば、
国家の経済を支配できるという明確な認識は存在していた。
この経営理念に基づいて最初に行動したのは国家ではなく、
J・P・モルガンである。
地球温暖化で世界の淡水資源は激減する一方なので、
これまで不可能であった淡水給水システムの独占販売は
グランチにはますます有利になるだろう。
実際、中東戦争は原油ではなく淡水争奪戦である。
その結果は、エネルギーメーターの種類が増えるだけではない。
現在のガソリンの高騰はこれから起こる悲惨で残酷な
資源争奪戦争の単なる序章にすぎない。

酸素

ついに、酸素の大気中の割合に変化が生じている。
自動車のエンジンが排気する二酸化炭素には課税したが、
吸気する酸素には課税しなかった。
気体の酸素は惑星地球では稀少元素だ。
課税システムは宇宙に適応していない。

エネルギー通貨

エネルギー危機がまたやってきた。
そして、エネルギーは理想的な通貨に見える。
エネルギーを所有すれば車と交換できる。
確かに、所有しやすいようにエネルギーは有限だ。
ただし、宇宙全体のエネルギーは増えも減りもしない。
人間がエネルギーの先物買いをする権利はどこにもない。
人間がエネルギーを発明したわけではない。
宇宙は人間が必要とするエネルギーはすべて調達済みだ。

一般システム理論

「一部分か一部分に関係する何かを扱うこと」が不可能だと
理解できた頃に、海面上昇が起こりはじめた。
一般システム理論はエコロジーの概念よりも後に発見されている。
しかし、半世紀も前だ。
人類の一般システム理論の地球規模の体験学習に
タイムラグがありすぎるのは致命的だ。
人々がまだ19世紀の学校へ通っているからだ。

建築産業

金属資源スクラップがエネルギー資源と同じように
買い占められるまで
空調や冷蔵庫、テレビ、パソコン、携帯でさえ、
どの金属がどの程度使用されているかは
まったく無関心だった。
まして自分の住む家の重さは誰も知らない。
危機を偽装され、危機に陥る人類の
もっとも不器用で無知な行動のなかで
建築産業は桁外れだ。

子ども

子どもははやく大人になりたくても、
子どもは子どもになったことがない。
唯一、大人だけが子どもになれるが、
芸術家以外はほんんど成功しない。
子どもは誰にとっても未知なる存在である。
そう思っていないのは両親と教師だけである。
これが PTAの起源である。

個人教授

2人以上の子どもが同時に理解できるように
宇宙はつくられていない。
学校という建物が自己教育の機会を奪っている。
立方体の教室は空虚な想像力の産物である。
いつでもどこでも学習できる場はテクノロジーのあり方の問題だ。
すべての子どもに個人教授ができる遠隔テクノロジーはすでに存在する。

危機の生産

宇宙船地球号の技術情報と富そして研究開発の設備と生産・流通設備の
資産価値を独占するグランチは、
全人口の三分の二を占有する非資本主義の政治力という別の巨人と対立するために、
巨額の軍事費を半世紀間にわたって捻出させてついに相手を破綻させた後は、
食料費とエネルギー代を高騰させて、
人間の生活全体を支配できることを誇示しはじめた。
人間の生活を危機で支配する方法は、
危機的な状況でしか思考しない傾向をつくるのは好都合であったが、
現在の食料危機とエネルギー危機は、
食料とエネルギーの生産手段の不足から生じていないことを知っている。
危機を生産することへの批判はこれまでの歴史にはなかったことだ。
人々の無知を前提にした支配は時代遅れである。

圏外

グランチがいちばん気を使っているのは、資本主義の占有率である。
人類の三分の一は、社会主義が支配する圏外に住んでいるから。
つまり、少なくとも人類の残りの三分の二は
遺伝子やメタノールで金儲けをする連中が嫌いである。
遺伝子の構造デザインや発酵システムを模倣するための
著作権料を自然に払ったことがない。
彼らの最初の発明は、
法律の記号体系を宇宙の圏外に置いたことである。

誕生日

小豆入り玄米を焚きながら、
暗くなる前に炭火を熾して、小魚を3匹ゆっくり焼く。
夕方庭を歩いただけなのに、
まだ草の香りが窓から流れてくる。
月夜の夜はせせらぎと蛙の声を聞いていよう。
池のそばで一斉に産卵する。
少し大きな字で一年に一回縦書きの手紙を書いている。
明日は母の誕生日だ。
母は僕を見ると
自分の父親の目の色が僕とそっくりなのを
想い出す。
やがて、月夜の明かりと間違えた
蛙が別々の窓から部屋に入ってくる。
ジョジョも春の晩は眠れない。