月別アーカイブ: 2008年7月

原子力掃除機

これからふたたび携帯もネットもない辺境に移動する。
往復1600キロの旅だ。
しばらくの間、犬のしっぽは更新できないが
原爆の日のヒロシマから更新できるだろう。
父と原爆のネガを引き延ばして
過去をつくり直すのだ。
キノコ雲に吹き飛ばされた人はいない。
みんな放射性物質と一緒に吸われたのだ。
キノコ雲は巨大な竜巻型掃除機だった。
黒い雨は原子力掃除機から1時間後に排気された元安川の水だ。

引力という張力

原子核に固体は存在しない。
核子間の核力が電磁気的反発力を超えた引力として作用し
原子核を安定化させている。
この引力による構造安定性が固体という概念を破壊する。
最も安定な原子核は、鉄の原子核である。
土壌中にもっとも豊富に含まれる金属原子である。
それゆえに、鉄と権力は融合しやすかったのである。
城壁はそれにつづく固体的建築様式である。
しかし、
あらゆる張力的な可能性は、物質の表面に賦与(デフォルト)されている。
圧縮力はつねにより高い張力の振動数である。
真の宇宙の構成要素は引力を受けるのである。
にもかかわらず、21世紀の個人は社会構造のなかで
つねにプレッシャーを受ける圧縮材としてのみ機能している。
彼らには挫屈という構造の不安定性が待っている。

ミツバチ

巣分かれした日本ミツバチの塊が
裏庭にやってきて、あっという間にあかげらが開けた板塀の穴を利用して
巣作りを始めたのは1ヶ月前だ。
仕事場の窓から見るかぎり、晴れた湿気のあまりない快適な日にしか
彼らは、巣からは飛び立たない。
彼らは、けっして働き蜂のように働いていない。
動物は気候に合わせて行動のパターンを変えているが、
天気のいい日は、より効果的に行動している。
天気のいい日は、実に少ないからだ。
天気に関して、彼らはギャンブルをしない。

経験

合金はもっともシナジー的な存在だ。
そして、経験もある種の合金だ。
しかし、経験自体に合金の希少性を求めてはいけない。
合金を構成する要素はつねにありふれているから、
われわれにはすべてが与えられている。

概念

宇宙について考える場合、
宇宙から何かを取りだして思考する。
それが概念である。
この定義可能な概念は、
最初の宇宙の機能に関する部分集合となる。
宇宙から機能を取り出せるようにデザインされているが
宇宙そのものを取り出すことはできないのである。
ゆえに、エコロジーに全宇宙は含まれない。
このメタフィジクスでさえ部分集合である。
たとえば、二酸化炭素から取り出せる概念から
バイオスフィアの機能は僅かしか説明できない。

波乗り

理解できる明確なことからは、
波が自分の側を通過するときのような
触知できる相互作用をうける。
だから、その瞬間に波と同期して移動できるのだ。
そして優れたサーファーは
次のもっと大きな波を予測できる。

比率

氷河が溶けるのは、大気中の間違った化学的燃焼の結果であるが、
山が崩落するのは、間違った生物学的植生の結果である。
杉の過剰な植林で、多くのダムは危険な土石の貯蔵庫になっている。
針葉樹の人工林の分布を変えるだけで、
僅か半世紀で、魚も海草もなくなったように、
バイオスフィアには固有の比率が存在する。
比率を人為的に変更すれば、氷河も山脈も溶け始める。
バイオスフィアには固体は存在しない。

クラスター

話す、書く、読む、見る、そして聞く・・・・・
これらのすべての行為における僅かな差異を
分離してクラスターが形成される。
これらのクラスターは経験と呼ばれている。
このクラスターはつねに粘菌のように変形している。
これからある考えを纏めるための最大3千キロの旅に出る。
それだけでこのクラスターはより分離されるだろう。

プライムデザイン

全体システムから始めると、
もはや無限という概念に触れることはないはずだ。
全体システムから始めると
水も空気も、エネルギーも食料も
不足したことはない。
なぜなら、有限だからである。
これは証明可能な宇宙のプライム・デザインだ。

天然資源

汚染物質とは、
収穫に失敗した天然資源である。
耕作地に蓄積された最大の天然資源は、
農薬である。

生命維持

生命維持に必要な資源の総量は1960年代から計算可能だった。
アポロ宇宙船では、1人あたり毎日約25リットルと想定されていた。
乗員の飲料水は燃料電池で作られる水により賄われる。
さらに呼吸用の一日分の酸素約840グラムを
人間の排泄物に含まれる水の循環系から供給することは簡単だった。
総量=(水空気の循環装置の質量+1日に消費する食料×滞在日数)×宇宙船乗員数
宇宙船は太陽エネルギーで運行され、
水・酸素に関しては閉じた循環システムを利用した方が経済的に有利であった。
つまり、宇宙船を巨大化すればバイオスフィアになるだろう。
もっとも異なるのは大きくすればするほど
メンテナンスフリーになるテクノロジーだ。
人口増加の危機はフィジクスの不足ではなく
メタフィジクスの不足に過ぎない。

贈与

自然にマネーサプライに依存した経済成長率のような
相対比は存在しない。
すべての地球生命は太陽からの放射エネルギーの絶対量に依存している。
そして植物における利子率は、銀行預金の利子率と比較すれば
ほぼ無限化する傾向にある。
「一粒万倍」はシナジーの正しい訳語である。
すべての経済学がシナジーを
意図的に除外している理由は理論ではない。
経済学は「取るか取られるか」以上に説明できないだろう。
にもかかわらず、自然は人間に圧倒的にシナジーを贈与している。
社会システムは自然からの贈与の怖れから、
エネルギーと食料の危機を生成している。
現在の社会システムとは、法律家資本主義である。

太陽系議定書

京都議定書はいったい誰が作成したのだろうか。
二酸化炭素の売り買いを、
安全で確実な方法の一つにした後のシナリオが、
二酸化炭素を排出しない原子力発電(核融合を含む装置化)の
全面的肯定論だったことからも推論できる。
宇宙で輝いている恒星のエネルギーは核融合によって
すでに十分に供給されている。
光と重力で生存できるようにデザインされた地球生命に
小さな太陽は不要だ。
唯一の放射エネルギー権は、
太陽系には太陽以外に与えられていない。
これはバイオスフィアの提案する揺るぎない太陽系議定書だ。
安全で確実な独自な方法に達するのに46億年も必要としたのだから。

反教師

異なるメタフィジクスを始めたり、
一定の原理を信じるように説き伏せることは望んでいない。
シナジェティクスは原理の存在を人々に啓蒙する立場を必要としない。
瞑想が教師を必要としないように、
光と重力、そして大気圏があれば、どこでも神秘に遭遇できる。

安全で確実な方法

21世紀に大海賊はいない。
法律家が海賊の機能をすべて代行している。
現在の多国籍化した法人会社組織は
もっとも効果的に最大のお金を所有するもっとも安全で確実な方法である。
G8サミットの各国の首脳たちが、
グランチの富の収奪方法を変更できないのは当然である。
政治家(=犬のしっぽに犬の散歩は頼めない)に失望する時間に
グランチの歴史を学ぶべきだ。
見えない海賊による伝統的な法律家資本主義の歴史は、
学校では教えない。
地方の議会の承認によって首長が任命した教育委員会が
教師を雇用しているかぎり、
教師の権限はしっぽのまたしっぽだ。
最大のお金を安全で確実に収奪する方法のネットワークは周密だ。

アップル

ドット.Macがもう3日間も使えない。
登録できないだけで、
路上運転できない新車のように、
iphoneは、まったく機能しない。
初日は予告なくサーバーのメンテナンスが
始まったと誤解していたが、
これはアップル社の歴史に残る最大の危機だ。
もし1週間も続けば、サーバのメンテナンスではなく
原子力発電所の炉心溶解に匹敵する
システムの破壊工作にちがいないが、
本当の理由は公開されないだろう。

『クリティカル・パス』の予測

『クリティカル・パス』新装版——–宇宙船地球号のデザインサイエンス革命
バックミンスター・フラー著、梶川泰司訳 白揚社 2007
が重版になる。
初版は1998年であるが、昨年の新装版からすぐに重版になることは編集部でも予想できなかったらしい。これまでの10年分の半分が1年で売れたことになる。
著名人の書評に依存した出版マーケッティングのみで今回の現象を分析できないだろう。
その理由は、1981年にすでにバックミンスター・フラーは、現在の人類の危機を科学者や経済学者以上に正しく分析していたばかりか、その解決方法を予測したからではないだろうか。
新装版『クリティカル・パス』の帯にも引用されたフラーのもっとも基本的な視点は、どんな書評よりも短く明晰である。
「宇宙船地球号には、エネルギーの欠乏も危機も存在しない。
人類の無知だけが存在するのである」1981 R.B.F

実在と過程

物理的な逸脱はつねに生成され知覚されるが
すべて非現実である。
たとえば、トウモロコシが高騰しすぎて、
石油のほうが安くなるが、石油が元の価格にはならない
社会経済状況は、知覚可能であるが非現実である。
原理群の存在が唯一の現実だ。
その存在を経験することは
絶対的な実在を知ることでもある。
しかし、確実に実在に到達する方法は
科学者も宗教者も誰も知らないが、
原理はつねに直観的に発見されてきた。
原理は証明される前に発見されてきた。
このプロセスに定理のような数学的証明は不要だ。

致命的思考

自由企業によって管理されたメディアは
利己心を国別に拡大してきた。
その心理戦争の目的は、
すべての生命を維持するには
致命的な世界を想定することによって
適者生存の世界観を現実化するためである。
地球温暖化は地球規模で致命的であるという
メディアの統一された見解は、
二酸化炭素ビジネスと同時に
科学的に偽装された適者生存の世界観を
より拡大している。
条件反射的な恐怖感から包括的思考は生まれない。
プロパガンダは地球温暖化よりも致命的である。

予測的

蛇のすぐそばで動かない蛙を見ると
蛇に睨まれている蛙は
じきに食べられると想像するだろう。
蛇は動かない物体を敵として認識できない。
「蛇に睨まれた蛙は動かない」のではなく
蛇にとって動かない蛙は存在しないことを
蛙は知っているのである。
だから「蛇に運悪く出会った蛙は動かない」のである。
ただし、蛙が生き延びるためには
蛇よりも先に敵を認識する必要がある。
恐怖に襲われると動かない蛙は、
動けなくなる人間よりも、予測的で経験主義的である。
つまり弱者はつねに包括的である。
さもなくば、蛙はすっかり蛇に食べられて
稀少生物になっているだろう。

大気水

森が近くにあると朝の霧は深い。
除湿器を霧の自然農の畑に置いてみた。
畑から8リットルの自然水が短時間に収集できる。
森は雲を生成する。
大気はパイプレスで淡水を移動させる。
森があるかぎり、
朝の紅茶はどこでも飲むことができる。

雲と泥

バイオスフィアは雲や霧を使って自家発電している。
必要なエネルギー源を地下や海底から
変換しているかぎり、
太陽から請求書がこない仕組みはデザインできない。
本当の富は表面にある。

概念

宇宙から何かを引き出すことで、
宇宙について思考する。
それが概念である。
概念的な定式化は、
つねに経験に基づいている。
その経験は新しい道具に影響されている。
その新しい道具は概念によって作られている。

有限な責任

お金と交換できるほとんどの仕事は
同時に、有限な責任で交換される。
不連続で非統合的な責任はしばしば偽装を生む。
そして、分断された責任は偽装できる。
偽装は効果的にお金と交換できる。
仕事において、
人間の誠実さは二次的に扱われているが、
テンセグリティの張力のように
連続的に統合する機能がある。
部分的な破壊が全体の破壊に繋がらないのは
この連続した張力のお陰だ。