月別アーカイブ: 2009年3月

調和

思考すること、会話すること、実践すること、
この3つが調和することは滅多にないが、
それらが分裂しないように生きることで、
幸福の分け前にあずからなくとも、
新しい発展に参加する機会は生まれる。

非物質的変換

科学がけっして開発しようとしない課題の一つに、
自分を外部からみる方法がある。
この美しい惑星で暮らす孤独は、
もっと気楽に、もっと悠々と生存できる方法を
知るためのよい機会となる。
それが都会や田舎の暮らしよりましだったなら、
自己のテクノロジーを獲得したことになる。

偏西風

一晩中、窓ガラスに木々の小片が飛んでくるほどの
偏西風の嵐だった。
裏庭から絶えず聞こえる鳥たちのざわめき。
庭の鳥たちは、山脈の起伏に沿って風向きが激しく変わる
まだやわらかな新緑がない樹木の暗闇のなかを、
小刻みに動き回っていた。
動けば動くほど翼は小枝に衝突し、
きれいだった羽先は痛々しく傷つくだろう。
しかし、飛行機のように失速して墜落する鳥は存在しない。
彼らは飛んでいるときが一番安全だ。
早朝の電話で、都会のアトリエの庭先の椿の花は
この嵐でも落下しなかったことがわかった。
椿の花は、嵐ではなく、晴れた夕方に落下するように
温度差と湿度でデザインされているはずだ。
鳥は、環境の変化に対応した結果、
歩行や静止には弱くなることを選択し、
常緑広葉樹は、乾燥や温度変化には弱くなることを選択した。
人間は、うぬぼれから経済的政治的な変化に適応するだけで、
まだ環境の変化に対応していない。

確率

人間が考える科学的予測から生存率を計算できる。
同じ科学的方法から、
あなたが生まれてこなかった確率は常に大きい。
誕生率はいまも神秘だ。
このギャップに生死去来がある。

エコロジー教育

エコロジー教育がすすむにつれて、
環境を破壊しないで快適な生活は
できないという考えが支配的になっている。
人間は、宇宙の原理を物質化することができる最初の有機体として、
惑星地球上にインストールされたのである。
人間が宇宙の一部であるならば、
この教育観は宇宙エコロジーに反している。
人類が存続しようとしまいと
惑星地球は、膨大な電気エネルギーを消費している。
たとえば、大気圏内に発生する雲や霧は電気的現象である。
そして、野いちごの果実でさえ微弱な電流が流れている。
彼らは快適さを求めるために、
電気エネルギーを消費していているわけではない。
快適な生活という定義は、
ほとんど石油エネルギー資本によって洗脳された結果である。
(自動車の内燃機関が発明されて油田が開発されたのではなく、
油田が開発された結果、主にガソリンを消費する内燃機関が開発されたのである。
1900年ごろのアメリカ合衆国では、
静かな電気自動車が性能もよく広く使用されていた。)
よりエネルギーを消費するためだけに、
ほとんどの道具がデザインされ続けてきたのである。
たとえ、われわれが環境を破壊する生命だとしても、
自然(=あるいは宇宙)淘汰するエコロジーのデフォルトまでは破壊できない。