月別アーカイブ: 2009年6月

テンセグリティの機能

テンセグリティにおける張力も圧縮も局所的にみれば、
各構成要素の重さが変動する相対的な重要性を
形成するように、相互に機能していることが分かる。
この新しい構造とパターンにおいて、
一つの機能は相補的なパターンの一部であり、
それ自体で存在するどんな機能もない。
われわれのエコロジーに対する理解は
ますますテンセグリティに接近している。

情報

情報は経験から生まれる。
経験に基づいて選択された結果は信頼できる。
検索だけで収集された情報は、情報の欠乏をより増大する。
たとえば、甘酒を自分で作る場合は、麴黴を必要とするが
同じ材料で作る日本酒とでは製法が異なる。
インターネットにどぶろくの正しい製法は記載されていないが、
一方甘酒は、正しい製法が豊富に記載されている。
甘酒も麹による発酵であるが、アルコール発酵ではないからだ。
日本酒には酵母菌の作用が必要だ。
酒税法は、インターネット情報に確実な欠乏を与えている。
そして、不況になると人々はますますお酒を飲む傾向がある。
酒税収入が国家の税収入の5%以上を確保できるのである。
歴史的に軍事費のほとんどは酒税で賄っている。

少年兵

アフリカの反政府組織に雇用される無数の少年兵は、
必ずしも薬物で洗脳されて
使い捨ての兵士になるわけではない。
武装ファッションに魅せられて志願する場合がある。
子供でも携帯できる小型の銃に
調和した服装の自由度を与えるだけで、
人殺しもファッションの一部に変容する。
高級ブランドのワニ皮バッグを
手に入れた女性のファッションセンスとの違いは、
量産される銃よりもワニ皮のブランドに稀少性がある点だ。

指導者

人々は独裁政治をしばしば批判する。
しかし、専門分化の体制も一人の指導者を必要とする。
テンセグリティの自律的構造には見られない物理的組織化である。

メタフィジクス

外的な観察情報からのみ生まれる発見がないように、
すべての発明は、人間の内的な独自の機能の
物理的な外的化プロセスに生まれている。
発明は物理的にしか達成できないが、
発見は超物理的にしか到達できないのは、
人間存在そのものが、
未知なるシナジーの集積にちがいない。

地産地消から自己組織へ

もし、バイオスフィアが
地産地消していたら、
人間がいない場所での地球温暖化は起こらなかっただろう。
もし、PCや自動車が地産地消で生産されていたら、
誰も利用できなかっただろう。
地産地消は、
永久機関のような外部のない局所的なサイクルの概念を含んだ
幻想的な引きこもりである。
その結果、食料は廃棄することによって
価格を維持することに利用されている。
(毎年、日本では10兆円の食料費のなかで2兆円分が廃棄処分されている。
また、日本の産畜肉の生産用の輸入飼料こそ貿易収支のために利用された。)
<地産地消>も<遠産遠消>も国境線が造り出す
相対的で政治的・経済的な内部と外部である。
エコロジーは、つねに包括的で再生的である。
そして、
バイオスフィアは、唯一の外部と唯一の内部をもっている。
そして、
食料生産のための光合成は、
太陽系のエネルギー収支で運営されている。
最近の生物学や化学そして物理学では、
この運営方法を自己組織化と呼んでいる。

戦争機械

民主主義と科学、そして技術が複雑に組み合わさって
産業化を形成する。
この産業化の過程では、
科学が技術を、技術は産業を、産業は経済を、経済は政治を先導する。
政治がすべての出来事のしっぽであることは明らかである。
しかし、政治が経済を、経済が産業を、産業が技術を、技術が科学を
支配できるという幻想がこの産業化を分断してきた。
この幻想を利用した法律家資本主義は、
すべての発展を破壊する戦争機械である。

利子率

貨幣に対する利子率は、子牛が生まれて育つ生存率から生まれた。
牛を預かって育てる牛飼いは、報酬として乳を貰うことができる。
子牛という利子が牛の所有者に属する習慣から
金利は銀行が奪う歴史が始まった。
つまり、金利という概念が、
宇宙の物理的法則と相互作用しない金融の歴史である。
朝食に牛乳を飲む牛飼いの習慣を止めない限り、
家畜による温暖化ガスの増加とゼロ金利はつづくだろう。
われわれは学校の数学から家畜化しているのである。

エコポイント

エコポイント制度は、
川や海には繋がっていない釣り堀のようだ。
エコポイントが企業のための
補助金という現金製造装置にしか見えない場所、
それが、エコロジーだ。
人間がエコロジーに重要な役割を持っているかどうかを
理解しようとする場合、
社会ではなく、宇宙を観察するだろう。

感傷的

相手を決定的にせん滅させる軍備をさせてはならない。
これは、3世紀前に創立した中央銀行の教義である。
軍事力を均衡(=例えば冷戦構造)させるノウハウによって、
永続的で動的な拮抗のための双方への資金提供が可能になり、
各政府に提供される資金には、膨大な金利が請求できる。
つまり、 21世紀の北朝鮮の核武装と軍縮は、
感傷的なそれゆえに不安定な国際民主主義を維持するための
不可欠な手段である。  
感傷的とは、
地球規模のエコロジーの方法論を自負する<Think global,Act local.>によって、
永続的にきっちり金利を払わされる側の無意識的態度である。

一年生野菜

庭に野菜の種を蒔くと、だいたいすぐに実をつける。
収穫するまではとっても早い。
カボチャやトウモロコシ、トマトなど
ほとんどの野菜は1年生植物である。
彼らは、種子で休眠した状態で、
次のより良い機会を待つ方がはるかに有利になるようにデザインされている。
そのためには、良好な環境条件に出会うと短時間で成長し
繁殖するノウハウが必要になる。
良好な環境条件とは、
光と水と温度、
そして、土壌である。
繁殖ノウハウに関しては、種子で休眠できる以上、
人間よりも経済的で長寿である。
ところで、稲は野菜ではないが1年草である。
発掘された縄文土器から、運良く保存された古代米の種子が
見事に発芽できるように、
ごく一部の富裕層は、老衰するまえに、冷凍保存して休眠状態を選択できる。
この不老テクノロジーはまだ経済的な方法ではないが、
明らかに1年生植物への願望がある。
あの世よりも、
次のより良い機会を待つこの世の方が
はるかに有利だという前提がある。

低炭素社会

宇宙の炭素の原子数は増えも減りもしない。
バイオスフィアでは、
有限な炭素が大気中の酸素と結合しすぎただけだから、
低炭素社会を主張するなら、
高酸素社会も同時に必要になるだろう。
炭素排出権があるなら、酸素消費権もあるだろう。
宇宙は、二大政党的なあれかこれかではなく、
つねに相補的だ。
参照
概念の牢獄
http://synergetics.jp/tensegrityblog/

原型

デザインを考える人間は大勢いるが、
プロトタイプ(原型)をデザインできると考えているかぎり、
原型を発見するのは、
例外なくたった一人だ。

老前人

老後を考える若者が増えてきた。
だから、貯金しているらしい。
社会は、働かない自由と富を
お金だけに代行させた人たちの
淀んだ溜まり場になりつつある。
老後人もたよりないが、
老前人は奴隷的だ。
理解できることしか理解しようとしないのは、
自然に反しているだろう。
あるいは、
自然には含まれないだろう。
自然は、未知(unknown)を包含し、
シナジーはその未知なる自然から生まれるから。

構造デザイン

建築家も金属工学者、
そして分子生物学者も構造をデザインしたことはない。
構造をデザインするのは不可能であることを把握するのは、
シナジェティクス(思考の幾何学)である。
つまり、構造はつねに発見されてきた。
テンセグリティのように。

短命

複数の原理が相互に機能する状態は、
常に不可視だから、
形態デザインだけでは短命だ。
構造デザインこそ、
原理の変換に関するテクノロジーの
最良の実践だ。

ピンボケ写真

どんな写真も、ピンボケである。
自分が興味ある被写体以外は。
どの物体にも平等にピントがあう
理想的なレンズは、超望遠レンズであるが、
視野角がそれに伴って小さくなる欠点がある。
ジオデシック球の分割数(frequency)を
さらに極限化したものが球であるように、
レンズではなく、受光体(かつてはフィルム)
の解像度を無限にすれば、
ピンボケというレンズの特性は消滅するのである。
同時に、視野角は人間以上に拡張できる。

コミュニケーション

捨て犬や捨て猫と暮らすと、
次第に前の飼い主の人格が見えてくるように、
捨てられたモノの持ち主も見えてくる。
モノの所有権は簡単に消滅できるが、
コミュニケーションを生命だけに依存してはいけない。
まだ人間以外との通話料は無料だ。

人間は、ますます不自由だ。
これまでかなりの自由が
お金と引き換えに捨てられてきたからではなく、
残った不自由を捨てられなくなったからだ。
その不自由でさえ、お金で固められている。
金(元素記号Au, 79 結晶構造は面心立方構造)と交換できない紙幣で。
ケータイ会社のauは金のラテン語の「光るもの」 aurum の省略型である。
実際に廃棄された携帯電話から貴金属類は再生できるから、
本当に存在し機能する金は、人間の自由よりも自由だ。

操作主義

光速度は電磁場の伝播速度を測定することである
ということが分かるまで、種々の方法論が存在する。
数学者レーマーが、木星の衛星が木星に隠れる周期と
木星までの距離から光速を計算できたのは、
木星から地球の観測者に光が到達する時間の差を想定したからだ。
物理学者フーコーが、天井から吊るした振り子の実験によって、
地球が自転していることを証明できたのは、
実験装置の振動面が回転することを発見したからだ。
このアイデアから、回転する鏡を用いて
地球上のみで光の速度を測定する装置をデザインした。
これらの操作主義的な方法論の共通点は、
方法のなかに証明したい原理がすでに機能していることである。
しかし、この方法は非日常的である。
おいしいおむすびの作り方が、
おいしいお米を生み出してはいないからだ。
操作主義的な方法自体には、しばしば自然(=シナジー)が含まれている。
人間は自然を甘受しすぎているので、
自然から逸脱するには、思考力が必要だ。
つまり、操作主義的な方法で、

ノウハウ

アイデアをまとめるとか、
計画について考えるとか言っている時は、
アイデアや計画がない状態から逃走するための言い訳である。
本当のアイデアは、最初からまとまっているし、
それを実現する方法も一緒にやってくる。
まとまったアイデアをどう分解するかが計画(=日数)だ。
それが理解できれば、朝5時に必ず目が覚める。
これがノウハウだ。

GM

毎月の倒産件数は世界的に増加しているが、銀行は倒産していない。
銀行は元金の返済ではなく、たとえ借り主が倒産しても
より増える債務に賛成なだけ。
ついでに車のデザインも、
プライムデザイナーである銀行の重役にまかせよう。
否、いまその結果を見ている。
自分たちのためだけにデザインした車を。
彼らは戦車のデザインが一番得意なんだから仕方ないが、
ロッカーたちのハマーに憧れる感性が戦場のipodにダウンロードされる限り、
システムはまだ安泰だろう。

科学史

原理の発見と科学的な証明が、同時ではないのは、
原理は証明されるまで、原理ではないからだ。
原理を証明する人よりも、発見する人の方が少ないのは、
発見する行為が、証明のように論理的ではないからだ。
原理の発見には、包括的思考力が影響する。
包括的思考力は、非論理性と論理性のシナジーを捉える
直観力ではないだろうか。
しかし、科学史がそのような視点で編纂されたことは一度もない。
どの国の科学史も、国家の威信で汚染されている。

委託システム

安全保障に核を使ってきたが、
イデオロギーに安全の概念はない。
相手をせん滅するのが目的であるかぎり、
議会は軍事の専門家に、
より優位な核武装の方法を委託する。
こうして、たいていの無知は克服できる。

思考

もっと健康になりたい時は、
誰でも、少し食べ、少し飲み、早く寝るだろう。
もっと思考したい時は、
食べて飲んで寝るといった
生活するための専門分化を止めることだ。
3食の8時間睡眠といった
工場労働の生産効率のための習慣から
自由になることが思考の条件だ。
これは、もっとも健康な方法だ。

破綻原理

利益の追求とは、無意味な言葉である。
利益を蓄積すれば、誰かの債務が増大しているだけだから。
債務の増大を喜ぶのは銀行である。
債務にかかる利子の増大こそ、人々の労働のみで蓄積できるから。
そして、発明による付加価値の増大は、
不換紙幣の増大に利用されている。
このシステムを維持するには、
ほとんどの人々がローンを負わされているか、
貯金という他人の債務を必要とする。
いまや人々は、生きるためにその両方を求めている。
太陽系惑星で光合成システム以外による富の蓄積は、
破綻によって、より独占されている。
破綻は、紙幣を発行する最大の機会だ。