月別アーカイブ: 2009年6月

テンセグリティの機能

テンセグリティにおける張力も圧縮も局所的にみれば、
各構成要素の重さが変動する相対的な重要性を
形成するように、相互に機能していることが分かる。
この新しい構造とパターンにおいて、
一つの機能は相補的なパターンの一部であり、
それ自体で存在するどんな機能もない。
われわれのエコロジーに対する理解は
ますますテンセグリティに接近している。

情報

情報は経験から生まれる。
経験に基づいて選択された結果は信頼できる。
検索だけで収集された情報は、情報の欠乏をより増大する。
たとえば、甘酒を自分で作る場合は、麴黴を必要とするが
同じ材料で作る日本酒とでは製法が異なる。
インターネットにどぶろくの正しい製法は記載されていないが、
一方甘酒は、正しい製法が豊富に記載されている。
甘酒も麹による発酵であるが、アルコール発酵ではないからだ。
日本酒には酵母菌の作用が必要だ。
酒税法は、インターネット情報に確実な欠乏を与えている。
そして、不況になると人々はますますお酒を飲む傾向がある。
酒税収入が国家の税収入の5%以上を確保できるのである。
歴史的に軍事費のほとんどは酒税で賄っている。

少年兵

アフリカの反政府組織に雇用される無数の少年兵は、
必ずしも薬物で洗脳されて
使い捨ての兵士になるわけではない。
武装ファッションに魅せられて志願する場合がある。
子供でも携帯できる小型の銃に
調和した服装の自由度を与えるだけで、
人殺しもファッションの一部に変容する。
高級ブランドのワニ皮バッグを
手に入れた女性のファッションセンスとの違いは、
量産される銃よりもワニ皮のブランドに稀少性がある点だ。

指導者

人々は独裁政治をしばしば批判する。
しかし、専門分化の体制も一人の指導者を必要とする。
テンセグリティの自律的構造には見られない物理的組織化である。

メタフィジクス

外的な観察情報からのみ生まれる発見がないように、
すべての発明は、人間の内的な独自の機能の
物理的な外的化プロセスに生まれている。
発明は物理的にしか達成できないが、
発見は超物理的にしか到達できないのは、
人間存在そのものが、
未知なるシナジーの集積にちがいない。