月別アーカイブ: 2009年9月

静止的思考

飛行機などの移動体のなかで思考するときの
質と密度は、静止状態とはかなり異なっている。
テンセグリティ構造は現状維持する場合でさえ、つねに振動する。
分散機能に費やされるエネルギーが構造を強化しているのである。
テンセグリティ構造が静止するときは、構造の死を意味する。
われわれは、静止して思考する習慣がある。
机上とか教室などの空間では、すでにすべてが脆弱になっている。

新米偽装

採れたての新米の季節になった。
寒冷地ではいまが稲刈りの最中である。
炊きたての無農薬の新米は格別である。
時折ぬか漬け用の糟のために精米するが、
このときばかりは新米の玄米を白米にしようかと迷うほどである。
無農薬の稲穂を脱穀したあとの稲藁を自然乾燥させる時には
特につよい香りが漂う。
これ以上のアロマセラピーがあるだろうか。
この藁をベッドの下に敷き詰めると深く熟睡できる。
稲と人間は神秘的な出会いがあったに違いない。
スーパーで販売される新米はブレンド米である。
ブレンドされるのは、異なった農家で栽培された新米だけではない。
古米がブレンドされる。
さらに、古々米もブレンドされている。
問題はその割合であるが、農協経由のパケージ商品は
通常全体のわずか2割程度である。
人間の味覚の曖昧さが証明されたような数字だ。
しかし、100%の新米を食べ比べる経験があるなら、
新米の占有率は、あきらかに味覚で感じられる。
さらに無農薬の100%の新米を食べ比べる経験があるなら、
新米の名状しがたい香りは、あきらかに嗅覚で感じられる。
休耕田を減少させて食料自給率を向上させたいなら、
もっとも優先すべきは100%の新米と表示した
パッケージ商品を他と区別すべきだ。
人間の五感を蔑んだ食品に未来はない。

ハイブリッドカー

F1用のエンジンは、ほとんど1年がかりで調整してから、レースに出る。
新品の部品で構成されたエンジンは、すぐには調子よくならないからであるが、
エンジン調整費は、エンジン開発費の一部でもある。
一方、量産型の新車の場合は、
ユーザが購入してからユーザが調整することになる。
走行距離に無関係ではないが、
修理または整備した2年後の車がもっとも性能は安定しているだろう。
私のハイブリッド車は、5万キロまでに
バッテリーとエンジンの主要な部品に明らかな不具合があった。
しかし、修理代はいつも全く請求されなかった。
それは新車保証の範囲内だったからであるが、
不具合の納得いく説明もなかったばかりか、
主要な部品交換の記録も修理履歴には残されていなかった。
少なくとも、壊れた部品は私の所有物だから交換部品の返還を何度も求めたが、
無視されたので、私は疑問を感じるようになった。
実際、定期点検時などに設計上の不具合を秘密裏に修理をすれば
ユーザには非公開にできる。
修理代が請求されなければ、
この方法に多くのユーザは気がつかないかぎり、
もっとも経済的な損失を被るリコールにはならないのだろう。
非公開を前提にした修理の履歴のデータベースによって、
型式は同じ新車でも性能はより向上していることになるが
もし、このデータベースをユーザが閲覧できたなら、
完全な整備済みの新車は販売できないこともわかるだろう。
F1レースカーに走行距離ゼロの新車が存在しないように。
整備済みの商品が新品とは限らない。
しかし、ユーザはいつも新品が好きだ。
新品が好きなのは、計画的陳腐化のよきユーザでもある。

素人

どんな科学者も最初は経験のない素人だった。
それを自覚しなくても専門家になれるが、
それでも本当の素人(layman)は両者を区別できる。
知識ではなく、もっとも原始的な思考方法に属するから。

熊は夏の終わりまでに交尾して受精した場合、
受精卵はできるがすぐには妊娠しない。
その受精卵は胚の状態で越冬前までの数カ月を過ごす。
秋の森で暮らして母胎の栄養状態が良ければ、
12月頃に胎盤にはじめて着床し、
冬眠中の2月頃に未熟児の状態で2、3頭の子を産む。
森のブナや栗の実が少なければ、胎盤を守るために着床しない。
十分な環境条件を準備してから確実に妊娠する熊には、
流産がないのである。
着床遅延は、予測的な計画のための戦略である。
森の番人は森以上にはならないテクノロジーを発明している。

危機

人間は役に立たないことを考えやすい。
危機はその集大成だ。
経済危機は、もっとも広く受け入れられることに
成功したコンセプチュアル・アートだ。
展示期間中はどんな兌換紙幣でも、入場料は無料になる。

時間

時間がないというのは嘘である。
本当に忙しい人は時間を作る。
時間は十分過ぎるほどあるから忙しくできる。

スパーク

夜間電力が安いのは、
発電した電気エネルギーを経済的に貯蔵する技術がないからであるが、
バイオスフィアは蓄積した電荷を、
電極間に存在する気体の本来は電気を通さない絶縁性を
休みなく破壊してスパークさせる。
破壊に成功すると
放電に伴う光の色は、気体の種類や組成によって異なるが、
雷やオーロラのように放電中の気体には
発光現象が生まれる。
放電は、距離を隔てたエネルギー間の相互作用である。
固体、液体、気体に続く、物質の第4の状態である
プラズマ状態では導体となる。
宇宙空間のほとんどは完全に電離したプラズマ状態だ。
電磁気学的に貯蓄できない人生のチャンスに遭遇した時は、
個人が社会的、経済的、そして心理的な絶縁性を破壊できる時でもある。

検索

新聞を読むより、
新聞を読まない方が知的な態度になったように、
ネットを見るより、
ネットで検索されない方が、
よほど独創的な時代になるだろう。
情報の共有が民主主義の擬態に利用されながら、
安価な無数のサーバによって、
情報の独占と編集が加速している情況では
真実は事実から遠ざかるばかりだ。

専門分化

自分以外の人間に頼むことができて、
しかも安く早くうまくやってくれるとしたら、
自分でやる必要はない。
つまり、専門家にならないで
知的に強欲に暮らしている人がいる。
これが、専門分化の目的である。

人損

つねに正直であれば、損をするかもしれないが、
損をして、ますます卑しい人が寄ってくるのは、
つねに素直に元を取り戻そうと抵抗しているからだ。
交流で磁化する発電機や変圧器の場合、
コイルの導線の抵抗によって失われる電気エネルギーが
システムの効率を決定的に低下させる。
これは銅損といわれる。

より経済的

かつてのバブル時には、
すぐに金儲けできるアイデアが横行した。
いまのような深刻な不況時には、
より実用的で経済的なアイデアが尊重される。
どの段階もすぐに役に立たなくなる人間が、
つねに入れ替わっている。
化学元素とそれらの相互作用も、
もっとも実用的で経済的で形成されている。
しかし、もっとも理想的なアイデアで形成されている。
92種あれば、人間が望むものはなんでもできる。

楽しいこと

静か孤独な時間を過ごしたいと言っている人ほど、
独りの時には、メールしたり、電話をかけたり、
テレビを見ている。
仕事と独りでいるのが楽しくないだけだ。
孤独に楽しく過ごすには、
自己のテクノロジーが必要だ。

国家

久々に古い段ボール箱類を整理していて、
高校生の時にのめり込んで持ち歩いて読書した文庫本を見つけた。
ニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』であった。
「国家というものは、あらゆる怪物のなかで最も冷ややかなものである。
それはまた、冷ややかに嘘をつく。」
という箇所に線が引いてあった。
政権交代しても半世紀前の密約が公開されない事情は、
16年間生きていれば、だいたいわかっているのである。

奪いグセ

金があるなら使え。
どうせ、だれかの借金だ。
でも、全体の借金は金利で増えるばかり。
そんなことは誰も気にしない。
誰かにはいつも金があるから。
経済とは奪うか奪われるかだ。

断知

信じるために、より知ろうとすることは
信頼する行為ではない。
空腹を満たすために食べるのではなく
絶食によって、空腹感を消去できるのだから。

隣組(最小単位の5人組クインテット)

より少なくなる集落でも、みんな孤独で隣人を信じていないのは、
単に高齢化したかつての隣組(または5人組)の末裔だからではない。
いまでも集落情報よりも、
警察広報紙、自治体が配布するお知らせなどが
つねに折り込まれる回覧板の回覧が生き残っている
複数の隣組からなる限界集落は、
官主導の隣保組織の象徴なのだが、
他人の真似をする農業を選んだ消費社会の
統制された奴隷の末路なのだ。
自立的経済の可能性は、限界集落という位置づけ以前から、
戦争継続のために破壊されている。

資源

資源とは、望んだときに、望んだ場所で、
濃縮され安全に扱い易くなった価値ある化学物質である。
この化学物質に現金や金融証券、
そして、クレジットカードは含まれない。
資源自体に消費や消耗は存在しない。
資源は相互に化学反応をするだけである。
金利ではなく、シナジーを加速させるための。

農薬

信頼できる農薬を合成する化学者は、
色と形が見かけ上の綺麗な農作物に仕上げるために知識を使うが、
散布された農薬が、殺したい害虫や細菌まで届くのは0.1%以下である。
残りの農薬は環境に浸透し、土・水・大気を汚染する。
ほとんどの農薬は、金属のように再生できない
もっとも効率の悪い化学兵器である。
戦闘機の設計者が、けっして戦闘員にはならないように、
その化学者や同僚の家族たちは、
もちろん、信頼できる農家から直送された
無農薬野菜を食べている。

実践

青年は老人のようになりたくないが、
老人も青年のような試行錯誤は想い出したくない。
青年が幸福なのは、
知恵を得るために努力する過程である。
老年が惨めなのは、
実践するための知恵で終わる時である。
実践が知恵と出会うのは、
たいてい一番最後になる。

月光

満月の夜に、
はじめて家族全員が遠くから集まった。
南の縁側で、それぞれが声に出して未来を考えた。
お酒を飲んで、
みんな静かに笑っていた。
だれも昔話をしなかった。
月光のお陰だ。
また、満月の夜に集まろう。
今度は誰よりも遠い私の家で。

悠悠自適

経済的な自由と独立を手に入れて、
悠悠自適の生活に憧れる両親は、
子供にも小さな子供部屋を与えてきたが、
子供がせっかく手に入れた孤独を侵害する。
自分から逃走する子供をけっして尊重しない。
孤独は真の自由と独立を育むから。

トウモロコシ依存率

トウモロコシは稲科の植物である。
種子の胚乳に含まれる角質デンプンがコーンスターチである。
安い麦酒は麦芽、ホップ以外にコーンスターチを混ぜて作る。
原料の麦芽比率で麦酒と発泡酒が決まる。
牛肉も鶏肉もトウモロコシを原料としている。
ガソリンに混ぜるバイオエタノールもトウモロコシから作る。
国産の肉を食べ、国産の麦酒を飲んでいても、
われわれの体は輸入したトウモロコシでできている。
そして、アメリカの農民は補助金で
これらの加工用のトウモロコシを栽培する。
アメリカの農民も農作物を自給自足しているわけではない。
彼らのほとんどは、農業で稼いだお金で食料を購入している。
人間の主食として利用されるは生産量の3割程度である。
単なるコングロマリットの分業だ。
国防のために正味の自給率を守りたければ、
トウモロコシ依存率を低下させればいい。
牛は穀物ではなく牧草を、
日本人は牛や鶏ではなく、
できれば玄米を直接食べるべきだ。
そして、お酒は日本酒がいい。
できれば、麹とお米から直接自給すればいい。
アルコール生産もトウモロコシ依存症から抜け出すべきだ。

想像力

複雑な仕事は、専門分化した結果である。
退屈な仕事は、簡単な仕事を専門家に任せた結果である。
こうして、人を楽しくさせるばかりか、
より包括的に思考できる仕事を選ばない
専門分化した想像力が生まれている。

方法

人間は小さい存在だ。
だから、より小さい存在を探求してきた。
この1世紀間で原子を構成する素粒子の存在まで確認した。
それは、より大きくなる方法よりも、
すばらしい方法だった。
いまや太陽の有限性をも説明できる。

消費者庁

一カ所に集中させた消費者庁の機能確保に支払われる家賃は、
年間8億円である。
一台の車が平均10万点の精密部品からなる量産型産業が、
国内外の工場を分散型で形成し、
競争相手である他社と安全でローコストな共通部品化を図っている時代に、
消費者からの電話窓口として、
また事業者からの重大製品事故情報入力から
食品を含む多様な量産型製品の欠陥を分析する
消費者庁の主要な任務もまた、
各地方の格安の分散型オフィスで機能できる。
製品のユーザが、いまや国内外を自由に移動している時代に
消費者の利益に反する情報入力の窓口が物理的に
どこにあるかは重要ではない。
そして、
消費者の生命・身体の安全の確保に
事故情報を一元的に集約するカスタマーセンターは、
各担当者の個人名を公開した上で
つねにフリーダイアルで繋がるべきである。
(電話窓口としての情報入力機能に限って言えば
各担当者は在宅勤務でも可能である。)
国会議事堂の前にある非分散型の消費者庁は、
19世紀の固体的概念で作られている。

情報化と経験化を越えて

情報化社会では、
経験したことだけで考えるのは危険だと教育される。
だから情報を共有(=情報化)してから考えようとする。
しかし、信じやすく騙されやすいこの方法こそがただの情報に過ぎない。
経験に基づいて思考する経験化社会では、
経験はほとんど共有できない。
経験は星の数ほどあり、
想像力を越えて経験相互の関係数は増大するばかりだから。
産業は、専門分化された経験のみを共有する経験化社会に属する。
科学は、経験を一般化する原理化社会に属する。
たとえば、浮力原理の発見よりも前に船はデザインされ、
準結晶は合成された後に
5角形を含む空間充填システムをもつ準結晶理論が形成され、
第3の炭素結合が超伝導・半導体の機能を形成する
原理の発見以前に、フラーレンが合成された。
つまり、科学は異なった人間の経験から
経験を越えたメタフィジクスにはじめて到達する。
この経路によって、経験相互の関係数は劇的に減少する。
原理以上に包括的に理解され共有できる最小限の情報はない。
原理は人間が情報化する前に、
非人格的にすでに宇宙で共有化されているのである。