月別アーカイブ: 2009年9月

静止的思考

飛行機などの移動体のなかで思考するときの
質と密度は、静止状態とはかなり異なっている。
テンセグリティ構造は現状維持する場合でさえ、つねに振動する。
分散機能に費やされるエネルギーが構造を強化しているのである。
テンセグリティ構造が静止するときは、構造の死を意味する。
われわれは、静止して思考する習慣がある。
机上とか教室などの空間では、すでにすべてが脆弱になっている。

新米偽装

採れたての新米の季節になった。
寒冷地ではいまが稲刈りの最中である。
炊きたての無農薬の新米は格別である。
時折ぬか漬け用の糟のために精米するが、
このときばかりは新米の玄米を白米にしようかと迷うほどである。
無農薬の稲穂を脱穀したあとの稲藁を自然乾燥させる時には
特につよい香りが漂う。
これ以上のアロマセラピーがあるだろうか。
この藁をベッドの下に敷き詰めると深く熟睡できる。
稲と人間は神秘的な出会いがあったに違いない。
スーパーで販売される新米はブレンド米である。
ブレンドされるのは、異なった農家で栽培された新米だけではない。
古米がブレンドされる。
さらに、古々米もブレンドされている。
問題はその割合であるが、農協経由のパケージ商品は
通常全体のわずか2割程度である。
人間の味覚の曖昧さが証明されたような数字だ。
しかし、100%の新米を食べ比べる経験があるなら、
新米の占有率は、あきらかに味覚で感じられる。
さらに無農薬の100%の新米を食べ比べる経験があるなら、
新米の名状しがたい香りは、あきらかに嗅覚で感じられる。
休耕田を減少させて食料自給率を向上させたいなら、
もっとも優先すべきは100%の新米と表示した
パッケージ商品を他と区別すべきだ。
人間の五感を蔑んだ食品に未来はない。

ハイブリッドカー

F1用のエンジンは、ほとんど1年がかりで調整してから、レースに出る。
新品の部品で構成されたエンジンは、すぐには調子よくならないからであるが、
エンジン調整費は、エンジン開発費の一部でもある。
一方、量産型の新車の場合は、
ユーザが購入してからユーザが調整することになる。
走行距離に無関係ではないが、
修理または整備した2年後の車がもっとも性能は安定しているだろう。
私のハイブリッド車は、5万キロまでに
バッテリーとエンジンの主要な部品に明らかな不具合があった。
しかし、修理代はいつも全く請求されなかった。
それは新車保証の範囲内だったからであるが、
不具合の納得いく説明もなかったばかりか、
主要な部品交換の記録も修理履歴には残されていなかった。
少なくとも、壊れた部品は私の所有物だから交換部品の返還を何度も求めたが、
無視されたので、私は疑問を感じるようになった。
実際、定期点検時などに設計上の不具合を秘密裏に修理をすれば
ユーザには非公開にできる。
修理代が請求されなければ、
この方法に多くのユーザは気がつかないかぎり、
もっとも経済的な損失を被るリコールにはならないのだろう。
非公開を前提にした修理の履歴のデータベースによって、
型式は同じ新車でも性能はより向上していることになるが
もし、このデータベースをユーザが閲覧できたなら、
完全な整備済みの新車は販売できないこともわかるだろう。
F1レースカーに走行距離ゼロの新車が存在しないように。
整備済みの商品が新品とは限らない。
しかし、ユーザはいつも新品が好きだ。
新品が好きなのは、計画的陳腐化のよきユーザでもある。

素人

どんな科学者も最初は経験のない素人だった。
それを自覚しなくても専門家になれるが、
それでも本当の素人(layman)は両者を区別できる。
知識ではなく、もっとも原始的な思考方法に属するから。

熊は夏の終わりまでに交尾して受精した場合、
受精卵はできるがすぐには妊娠しない。
その受精卵は胚の状態で越冬前までの数カ月を過ごす。
秋の森で暮らして母胎の栄養状態が良ければ、
12月頃に胎盤にはじめて着床し、
冬眠中の2月頃に未熟児の状態で2、3頭の子を産む。
森のブナや栗の実が少なければ、胎盤を守るために着床しない。
十分な環境条件を準備してから確実に妊娠する熊には、
流産がないのである。
着床遅延は、予測的な計画のための戦略である。
森の番人は森以上にはならないテクノロジーを発明している。