月別アーカイブ: 2010年1月

ドーナツ

母のために天然酵母のドーナツを作った。
ドーナツに穴がなければ、
味が変わるのはオイラーの法則が変わるからだという話をした。
でもドーナツで自然を模倣することができるのだろうか。
病室の窓のカーテンがゆっくり動いていて
母は笑っていた。

自然経済

巨大台風に遭遇したら、
それから逃げるのではなく、
もっとも湿度の高い台風の目の中を
移動し続けるのがもっとも安全だ。
台風の渦を形成しない気体分子が、
台風の渦の中心を構成しているから。
安全な場所はモバイルしている。

自己責任

自己責任という概念は、
労働者に対する企業の責任をヘッジするために
東インド会社が発明した。
この最初の法律概念は、
貿易で発生する船舶事故の責任を有限にするために
利用されてきたが、
国家の年金制度の破綻にも有効である。

定職

私は高校を中退して一度もボーナスをもらったことがない。
私が失業したのではなく
定職という概念がすでに失業していたのである。

最大の内部

金融工学の最初の拠点は
18世紀のロンドンであった。
情報をほぼ同時的に共有するために
ロスチャイルド家は伝書鳩を使った
閉じたイントラネットをはじめて構築した。
独自の専用線を独占することで
情報の独占と秘密の保持が可能になった。
現代ではインターネットを介さず、
イントラネット同士を接続する閉じたイントラネットの愛用者は、
銀行や行政である。
彼らは外部がとても嫌いかもしれないが、
インターネットはついに最大の閉じた内部になった。
イントラネットの愛好者たちは
この最大の内部を外部と呼んでいる。
そして
中国はいまこの外部がとても嫌いだ。

無条件

ロシア政府は、ロシア革命以前から
失業者には、証明書がなくても
黒パンと豚肉とウォッカを無条件で支給していた。
そして生きながらえる保証を得たが、
多くの失業者はアル中になった。
シェルターと太陽光パネルとPC(これからはiPadと言うだろう)と
衛星インターネット、
そして、少しばかりの農地を
個人が低価格で調達できるならば
人々はより健康で知的になるために
喜んで失業するだろう。
知的産業社会では
都市に定住しなくなる傾向が生まれる。

事実

事実は解釈によって作られる。
だから、政治的解釈や経済的解釈は編集されている。
たいていの事実は存在しないが、
原理は事実とは異なる存在である。
その区別ができるのが
知識である。

情報危機

倒産件数は増加するばかりだ。
2008年には、1年間に倒産した上場企業件数が過去最高を記録した。
しかし、創業件数の推移には依然興味がない。
これは古い社会が引き起こす情報危機である。

メカニカルウイング

太平洋岸の明るい暖かい場所から
ふたたび雪が降る場所に私は移動した。
キャンピングカーを改造した
初代のメカニカルウイングには2つの大きな窓がある。
バンクベットから風景を見る窓と
インターネットに繋いだフルハイビジョンのモニターだ。
私は、雑誌と新聞と野菜を買わない生活がとても気に入っている。
どの窓も外部を映し出している。
毎日移動して暮らしていても、
この2つの窓なしには暮らせない。
メカニカルウイングの朝夕の暖房は、
もっとも小さい中国製の薪ストーブだ。
寒さに耐えながらもここで考える仕事はできる。
ノート型PCと太陽光パネル、
そしてモバイル用インターネットとスカイプがなければ
こんな生活は思い浮かばなかっただろう。
今日は明るいうちに友人の裏庭の畑にいって、
きっと雪で埋もれて残り少なくなった野菜を掘り起こそう。
寒さに耐えるために自然の不凍液に満たされた野菜は
春までとても貴重だ。
肉食をしなければ、
この移動生活に難なく適応できる。
穀物と野菜だけで人間は健康を維持し
思考を持続できる。

地熱

火山活動やマントル対流による地震によって
地層や岩盤に
圧縮・引張・剪断などの応力が発生すると
地熱に換される。
驚くほど多くの人々は、いまでも断層の上に住んでいる。
そこが暖かく過ごしやすいからだ。
植物の生育が早い
地熱の豊かな場所に都市を形成することは
もっとも危険な選択だった。
太陽光を電気に変換するテクノロジーが
断層から都市を安全な場所に移動・拡散させるだろう。

一粒万倍

ミトコンドリアとの共生による
光と水と空気を使ったmore with lessは
ついに太陽系における一粒万倍方式を発明した。
人類は稲の遺伝子を操作できるが、
稲のシナジーの生産性(productivity)を
まだ複製できていない。
なぜか?
生物学が知的生産性(productivity)という概念で
植物を見ていないからだろう。

共生ドメイン

熱帯の海は透明で美しい。
プランクトンが生息していないからだ。
ここでは生存競争はほとんどない。
鯨は子育てをする安全な場所として
プランクトンが少ない熱帯の海を選ぶ。
そして、母乳の補給による母体の飢餓状態を回避するために
一頭しか産まない。
しかし、例外的に珊瑚礁だけは、
大気圏内の生物個体数の25%が生息し
生存競争が高まるにもかかわらず、
透明なドメインを形成する。
珊瑚は光合成をする藻類と共生したからだ。
自然を過疎に求めすぎている
人間が癒されると感じるこの場所は、
もっとも生命の過密な場所だ。
珊瑚虫のテクノロジーは、
過密な都市の住宅に応用可能だ。

指示された課題は研究とは言わない。
おそらく独創性とはかけ離れている。
経験的に、夢で気づいた課題は研究の対象になる。
夢を見る方法について、
夢で気づく方法について、
もっと夢を見なければならない。

もう一つの電磁誘導

知的労働は頭だけでは達成できない。
手が思考の正確な機械であり、
腸が頭脳の効率に影響するように。
さらに、
高度な知的作用は、
磁界が変化すれば非接触でもコイルに電流が流れるように、
マインドに誘導される。

生産性

驚くことに、生産性(productivity)という概念が仕事に応用され始めたのは、
第2次世界大戦中のアメリカである。
1950年代のコンサイス辞書にはまだ記載されていない言葉だった。
1907年ヘンリーフォードがT型フォードを
量産するための工場の機械化を考案したが、
主に手作りの部品のアセンブルを合理化するためであった。
しかし、製造過程を機械化するための設備投資が
肉体労働者の生産性を直接向上させたわけではない。
バックミンスター・フラーの金属製のダイマクション・ハウスは、
第2次世界大戦中に試作され、
1950年代以降ツーバイフォーによる住宅建築の構成要素である
バスユニットやシステムキッチンに応用された。
T型フォードは当時の労働者の年収の4倍以上の価格であったが、
ダイマクション・ハウスは年収分で所有できるように設計されている。
この違いは、住宅機能のユニット化を経済的に可能するために、
モジュールまたはユニット(構成単位)という知識を
工場内の労働者に教育したからである。
(少なくともバックミンスター・フラーのクリティカル・パス方は労働者に
共有されることを前提にしている)
モジュールまたはユニット(単位)という知識の起源は
「究極の分割不可能な単位」を考案した古代ギリシャのデモクリトスにまで
遡れるが、それは仮説的な存在を前提にした思考実験であった。
ラザフォードと長岡半太郎にはじまる原子モデルを構成する電子の発見によって、
実在する物質の構成単位という概念が工場労働者の生産性に転換されるまでは
数千年を経過している。
われわれは、知識を物質に変換するテクノロジー以上に生産性を
高めることはできない希有な時代を生きている。

失業

明日、何をすべきか自分で決められない状態を失業という。
知的労働者はより頻繁に失業している。
しかし、失業毎に知識を確実に生産性に結びつけようとしている。
労働者の生産性および知的労働という概念は
マルクスの時代にはなかったことだ。

2つの中央銀行

中央銀行はアメリカにもあるが、旧ソ連にも存在した。
後者の中央銀行は計画経済の管理統制をした。
この2つはともに各イデオロギーの教義となった。
預金金利と貸出金利の差益で富を独占できる権限を銀行に与えるための。
つまり、金融資本主義の理論である。
金融資本主義と言う概念は、1910年にドイツで誕生している。
自然の経済はこの理論では運営できないだろう。
なぜなら、自然はあらゆる権限を生まない。

動的基地

軍事的援助が同盟国の相互の信頼を形成できたことはない。
世界でも最も住民にとって危険な軍飛行場の一つである
普天間基地の軍事的な必然性は
前世紀にすでになくなっているが、
われわれには敗戦国としての
軍事費の負担義務しか知らされていないだけである。
普天間基地を撤退させたいのは住民だが、
普天間基地を陳腐化したがっているのは、
衛星という動く基地をすでに統合した
大気圏外型軍事テクノロジーである。
日本は宇宙輸送船HTVの建造に着手している。

乾雪

雪には乾雪と湿雪がある。
気温が低い場所ではさらさらの雪になる。
本州以西と以南の雪はほぼ湿雪である。
湿雪の水分の密度は高いので、除雪にもエネルギーが必要だ。
(冬山のドライブは乾雪のほうが走りやすいし滑りにくい。)
しかし、周囲に高い山があれば
標高が低い場所でも、雪の含水率は低下する。
高山はブナの森の落葉だけではなく、
雪の結晶化過程でも水分を長期に貯蔵するために
より低温で雪を生成するからだ。

安全値

リダンダンシーの起源は、
無知であるがゆえに
潜在意識的な恐れから
保証を求める社会システムにある。
われわれの住居は、
高コストな安全値を過剰にした疑似構造だ。
航空機の安全値は建造物や自動車に比較すると
もっとも低く設定される。
安全値でラッピングされた無知と政治的保証は、
建築の専門分化が支えている。

反重力装置

季節風は大量の寒気と水分を移動させるが
山があると雪雲が集まりやすいのはなぜだろうか。
雨雲の雲粒の集団が周囲の大気に比べて数百倍以上も濃密になり、
ついに数百万トンもの水分がどうやって、
地上から数キロメートルも上空で浮遊できるのだろうか。
このパッケージのない巨大な貯水池は明らかに電気的な現象だ。
例えば、
嵐の雲の最上層はプラスに帯電し、底面はマイナスになるのは、
2つの雲を1つにするためだ。
自然は二酸化炭素を増加しない輸送テクノロジーを
45億年間使用している。

非論理的思考

圧縮材は、長くなるとたわんで挫屈する傾向がある。
張力材は、長くなっても張力の限界は変わらない。
この事実を統合するとテンセグリティになる。
圧縮材をたわまない長さに分割し、
張力材を閉じたネットワークで使用すれば、
テンセグリティ球の直径は無限化する。
この非論理的飛躍を発見するまで、
構造とは何かは定義できなかった。
シナジェティクスは
構造とパターンに関する科学である。

真実

テンセグリティシステムは、
破滅的な破壊を回避するために
局所的な破壊へと分散する。
それゆえに、
テンセグリティシステムは真実を隠蔽しない。
より重要な部分に真実は存在しないから。