月別アーカイブ: 2011年4月

戦争言語

「ほあんいんぜんいんあほ」
校庭で遊ばされる
こどもたちは
クールな言語の発明家だ。
このみごとな左右対称性で
理不尽で硬直した
戦争言語を破棄しよう。
さもなくば、
その言語で殺されるから。

内部殺戮

いつものように、
まったくの利己主義と
報酬の保証に気を取られてしまっている間に、
経済の致命的な終焉よりも
はるかに大きな脅威となる
大気圏内の放射性物質の
日常的な展開と蓄積がはじまった。
人間を一度で殺した
最初の実験地ヒロシマよりも
放射物質の圧倒的な放出によって、
知らないうちに子どもを被ばくさせ
利己主義と報酬で
人間と未来をゆっくり殺していく
兵士のいない
内部殺戮がはじまった。

方位

太陽以外に
風は作れない。
バイオスフィア以外に
風向きは変えられない。
風とその方位は
つねに与えられてきた。
そして、
人間の遺伝子さえも。

文部科学省も
教育委員会、
そして、教職員組合も
こどもたちへの
人体実験に賛同している。
プルトニウムも
この奴隷たちの魂を
変えることはできなかった。

直観

グランチは一つではない。
グランチは一カ所に同時に存在しているわけでもない。
彼らは不可視で抽象的で、まったく冷酷である。
その理由は、コングロマリットを運営する実務家たちに
利益の追求以外に悪意があるからではなく、
この巨体が人間ではなく、
企業のすべての行為が
数世紀前の国家に忠実な法律家たちが発明した制度によって
つねに巧妙に保護されているからである。
しかし、同時に人類は
あらゆる政治システムと企業の不合理と
その狂気までも直観できる意識を
発達させてきた。
電子工学・化学・冶金学・原子核物理学
そして天文学などの感覚からはほとんど情報収集できない
不可視の現実の全体を統合した知識が
この直観を加速度的に拡大してきたのである。
この直観に基づいて
つまり、意識の拡張とともに生存していく重要性に目覚めた人類は
いま急速に増大している。
この緊急事態を除いて、
ついに真実を直視する機会は
与えられないだろう。

エネルギー奴隷

拡散する放射性物質にも
妥協することなく適応した結果、
ガイガーカウンター付き
携帯電話が必要となっている。
きっと
いつでもどこでも
どちらも鳴りっぱなしだろう。

世界権力構造(グランチ)とは

3.11以後の極端な陰謀論に人々を偏向させるのも
グランチの心理作戦なので、
2008年10月8日のブログから全文引用します。
ーーーーーーーーーーーーーー
グランチは、
世界規模の大量生産と大量流通のあらゆる投機的企業を創始するために
すべての金融資産を支配してきた。
非共産主義圏の金融クレジット・システムを
意のままに動かすことができる。
グランチ(GR-UN-C-H)とは
全宇宙から真の富を現金化して奪う
見えない超法人格的な泥棒(GRoss UNiverse Cash Heist)〉を意味する。
負債総額、約64兆円のリーマンの破綻でさえその配当金額には及ばない。
1980年代のグランチはすでに一兆USドルを越える配当金を毎年支払ってきた。
そのグランチについて、われわれはあまりにも無知である。
『グランチ』は、1981年に出版された『クリティカル・パス』の直後に書かれた
バックミンスター・フラーの最晩年の著作である。
彼はあらゆる構造の歴史を扱った。
グランチという世界権力構造(Power Structure)も含まれたのである。
1960年代に書かれた
『宇宙船地球号操縦マニュアル』に出てくる海賊のアナロジーは
『グランチ』ではいっさい使われなかった。
それゆえに、
『宇宙船地球号操縦マニュアル』ほど理解されるまでに
半世紀の懐胎期間を必要とした。
同時に、グランチはますますひとびとの驚異になりつつある。

(続)固体的思考

構造的崩壊は
炉心溶解の前に発生した。
あまりにも固体的で静止的な
そして、
機密で包囲された
砦のような設計思想からなる
原子炉の構造的崩壊こそ、
世界権力機構が
エネルギーを独占するための
方法の危機を露わにしている。

固体的思考

原子炉の自重のすべては
大地に流れている。
重すぎる原子炉を支える構造は
自律的ではないから
津波の前に
M9で全体が沈下してしまった。
原子炉の周囲と下部に
閉じた配管ネットワークを
抱きかかえながら。
したがって、原子炉建屋屋上に電源を設置しても
問題は解決しない。
航空機の設計者のように
システムの総重量を知る
原子炉システムの設計者は
存在しない。
☆註
中部電力は4月20日、東京電力福島第1原発事故を受けて、国が求めている原発の緊急安全対策について、浜岡原発1〜5号機(御前崎市佐倉)の原子炉建屋屋上に、災害対策用発電機計9台を設置したことなどを明らかにした。(静岡新聞)

3つの危機

1.
人間が社会経済的に根をおろしていた
土地資本主義の時代に属している国家は、
不可視の世界で発生する諸問題の解決能力の欠如から
陳腐化されてしまった。
2.
今や人間はこの惑星全体に居住している現実に対して
世界中を動的に展開・移動する〈企業の〉能力を
優先的に増強してきたうぬぼれによって、
電力会社なども
その営利行為を原子核の不可視の現実と同期させようと
科学に依存するが、
科学が問題のすべてを熟知していると誤って仮定している。
3.
科学者のほとんどは
上記の1または2の組織に属して生活している。

イマジネーション

すべての有機体生命は
秩序を増加させるように機能している。
すべての放射性物質は
その秩序を崩壊させるように機能している。
この事実を否定する
すべての個人と企業と国家は
太陽系では生存できないだろう。
これは
もっとも単純で
信頼できる
科学的知識に基づいた
国家に対するイマジネーション(imagination=image+nation)である。

会計学

原子核構造が不安定な
ウラニウムやプルトニウムにも
半減期という自然のエネルギー会計学が存在するが、
原子力発電システムには
どんな会計学も存在しなかった。
原子力安全・保安院=経済産業省が
<想定外>という
けっして破綻しない
ジョーカーを発明したから。
最近、このジョーカーは
作業員が放射線にさらされた場所で
法の制約を受けずに作業できる時間にも行使された。

究極のラジエーター(Radiator)

原子炉の下部構造は
都市の地下に埋設された
上下水道のような
醜い迷路に近い
配管ネットワークを抱きかかえている。
核分裂から過剰な熱エネルギーを
排熱し続けている
この巨大な放熱器=ラジエーター(Radiator)は
驚くほど短命だ。
廃炉までの原発の寿命は
世界平均22年である。
量産されるジャンボジェットの
開発ノウハウにくらべれば
原子炉はつねに
受注生産型のプロトタイプ(=試作機)にすぎない。
この試作ラジエーター(Radiator)は、
爆発すると
放射性物質の放射エネルギー(radiation)を放射し続ける
究極のラジエーターに変貌する。

緊急事態

緊急事態とは、
人々がパニックに陥る怖れから
国家が存続をかけて
情報をコントロールすることではない。
大多数の人々が
間違った理由で
生存のための
正しいことを選択することである。
緊急事態とは、
このプロセスに
国家が介在できない状態である。

電力生産コスト

<虚偽システム>の提供する安全には
ほぼ無限の維持管理費(原子炉の解体費も含む)がかかる。
この維持管理費は
1キロワットの電力生産コストには
含まれていなかった。
そればかりか
原子力発電がなくとも
電力エネルギーは過剰に生産されている。
これがこのシステムの
最大の虚偽である。
誰も逮捕されないまま
この虚偽のツケが
災害復興税や
月額基本料金の値上げで埋め合せられる以上の
無知はないだろう。

風向き

高濃度の放射性物質を含んだ水を
クリーニングするテクノロジーは存在するが
風向きを変えるテクノロジーはまだ存在しない。
しかし、
放射性物質を含んだ風向きを予測する
システムはすでに存在するが
気象庁はまだ公開していない。

(続)エネルギー効率

グランチはけっして
エネルギー効率8 0%の燃料電池
(アポロ宇宙船で最初に大気圏外で利用された)を採用しない。
グランチ内部のエネルギー独占の権力闘争に関係して 
燃料電池という水からエネルギーを
取り出せるテクノロジーを
解放したくないのが
その理由だ。
バイオスフィアでは
水は
だれにとっても入手可能な
豊富な資源だから。
   

エネルギー効率

新型の車のエンジンでさえ、
エネルギーの85%を無駄にしている。
エンジンの効率は僅か1 5%である。
使われなかった熱エネルギーは
主に大気中に廃棄されてきた。
原子力発電では
核分裂で発生する熱エネルギーの70%を無駄にしている。
熱効率はタービンエンジンと同じ30%程度である。
それらは大気と主に海に廃棄されてきた。
原子力エネルギーは二酸化炭素を増加しないが
地球の海水を温暖化している。
なんという
ウラニウムの無駄遣いだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

エンジン効率に関するデータは
   レシプロエンジン15%
   タービンエンジン30%
   ジェットエンジン65%
   燃料電池    80%
『クリティカル・パス』
(バックミンスター・フラー著、梶川泰司訳 白揚社 2004)から引用

もう一つの相互作用

たとえ、
海から基準値の3355倍の
放射性ヨウ素が検出されても、
4号炉の燃料棒がどんな状態であろうとも、
どんな物質も宇宙では
つねに健全な相互作用をしている。
原子力安全・保安院(経済産業省)、
東電、原子力委員会、
といった
グランチは
プルトニウムビジネスを展開するために
宇宙における
物質と生命との神秘的な、
もう一つの相互作用を
最初に除外してきた。

懺悔

原発推進学者が次々と
集団で
あるいは
同時的に懺悔している。
懺悔とは、
聖なる存在の前での罪の告白であり
何よりも
機密的に
個人的になされるものである。
集団で同時的に公開懺悔するのも
<虚偽システム>である。

原子力エコロジー

パニック回避を口実にした
国家とメディアによる情報統制によって
無数の人間の遺伝情報を
同時に危機的にする
<虚偽システム>の相互作用は
原子力エネルギー開発より
先んじて開発された。
科学者を使って
地球温暖化説を世界的に
啓蒙した原子力エコロジーのように。

爆発率7.7%

日本で最初の原子力発電が行われたのは1963年。
その後の40年間、
日本国内でアメリカ製や日本製の52基の原子炉が建造された。
しかし、そのうち4基が爆発、
または炉心溶解したのである。
爆発の確率は実に7.7%だった。
量産されるどんな工業製品
(たとえば航空機、自動車、テレビや冷蔵庫)よりも
危険な事故率である。
通常の工業製品ならば
製造責任でリコールされるが
もし今回の爆発事故で他の48基の原子炉が廃炉にされなければ、
ユーザの責任だ。
なぜなら、
自動車やテレビなどと違って
原子炉は歴史的に
税金で開発され、
建造されてきたからである。
つまり、
われわれは、原子炉のクライアントだったのだ。

エネルギー・ジレンマ

人間は、生命を維持するエネルギーを植物のように
直接太陽光から得ることはできない。
しかし、道具という人工物(trimtab)を介在すれば
直接太陽光をエネルギーに変換できる段階にいる。
太陽系の生命には
開放系バイオスフィアが標準テクノロジーだ。
有限な地下資源ウランに依存した
原子力発電のエネルギー・ジレンマなどは
もはや存在しない。

最大のエネルギー源

原子力エネルギーに依存して
快適なライフスタイルを選択している地球人は
主に北半球の先進産業諸国に属している。
(南半球のブラジルには唯一の原発がある )
地球上の表面を覆う全生物の80%は
人類ではなく、昆虫である。
彼らの地球の最大のエネルギー源は
原子力エネルギーではなく太陽にある。
人類の快適なライフスタイルとは
北半球に属する電力会社の作り出した幻想に近い。
あまりに局所的な
テクノロジーの段階に押しとどめるための
幻想によって
人類の遺伝子情報が破壊される以上の
悲惨さはないだろう。

鉄腕アトム

1951年、アメリカの国立原子炉研究所で
世界初の原子力発電に成功した。
同年、原子力をエネルギー源として動き、
人間の感情を持った少年ロボット
<鉄腕アトム>が誕生した。
(彼が飛行するために、
冷却装置が不要な小型の核融合炉を備えたのは、
ずっと後である。)
これらは偶然ではない。
この半世紀間、
原子炉の安全性の教育には
多大な資金が使われている。

被曝前線

私のスタジオの周囲の桜は
やっと開花し始めた。
桜前線は
積算温度の等しい等高線からデザインできる。
桜の開花が
積算温度で予測できるように、
発がん率は被曝量の日々の積算で予測できる。
この被爆量の積算から
<積算放射線量>の等しい等高線がデザインできる。
発がん率を科学的に予測した
被爆前線は
視覚化可能である。
生存には
もっとも重要な気象データになるだろう。

太陽からの最小の電力

太陽光から直接得られた電力のみによるパリからイギリスへの飛行には
1979年にドーバー海峡横断飛行に使用された
人間の筋力を動力とした翼長29mの人力飛行機
(炭素繊維アロイの構造とマイラー製の皮膜の総重量は32キログラム)が
最初にデザインされなければならなかった。
自然エネルギーの使用には
doing more with lessによる
機能に対する重量の劇的な軽量化が絶えず要求される。

無限化

安全性を求めた原子力発電所の総重量は
他のどんな発電方法よりも
より増加する傾向があった。
メルトダウンした原子炉を廃止するまでの
物質の総重量は
ほぼ無限化されていることが再び証明された。
機能を達成するための道具の総重量を
計算できいないテクノロジーは
時代遅れのテクノロジーである。
あるいは
土地資本主義の末裔たちのデザインである。

グランチの起源

グランチは、科学者ではない。
グランチは、法律家ではない。
グランチは、政治家ではない。
グランチは、宗教家ではない。
しかし、グランチは
原子物理学、電子工学、化学、
分子レベルでの合金や人工遺伝子の合成、
そして情報処理という不可視の技術に関与する
科学者と技術者を雇用し、
産業界におけるすべての研究開発
およびその製品開発を行ってきた。
グランチは、教育家ではない。
しかし、グランチは
超専門分化のための
うぬぼれと誠実さの欠如を教育する
教育システムを所有している。
人間は間違わないという
幻想に生きる社会システムにこそ
ほとんど何のリスクも負わない資本主義
という新しい巨大なグランチは生き残る。
原発の同時的な複数の爆発は
科学者と技術者の累積されたイニシアティブの欠如が
物質化したのである。
イニシアティブの欠如とは
高度に知的な奴隷たちの
うぬぼれと誠実さの欠如から生まれる。

電磁スペクトル

すべての被曝は
人間のいかなる感覚をもってしても
直接には感知できない領域にある
電磁スペクトルという
<現実>で行われているのである。
宇宙は
この<現実>の99.9%を
原子炉内ではなく
大気圏外に分離したのである。

平均的革命

人類にとって
それゆえに、
すべての生命の
外部と内部を分離できる
環境の境界線を
内部と外部から同時に
短時間に、
そして
永続的に、
破壊できる
人類による意図的な人工物は
球状世界を循環し
平均化しはじめた。
そして
隠れるところを失った
粒子と無知は
互いに激しく
いたるところで結合している。
革命(revolution)とは
再び旋回し、回転し
そして、巻き込むことである。
歴史的に
これ以上の人工物による
平均的革命は存在しない。

日本気象学

放射性物質飛散予報を
隠蔽し、独占してきた
日本の気象学の学者たちは、
ついに
学問の自由と
放射性物質の飛散の自由は
互いに反比例していることを発見した。
目的なき
動機なき
学問が滅びる前に。

冷却水

放射線を単純な「強さ」として表す単位が存在しないのは、
放射線は物質に対して1本だけの波では伝搬しないからだ。
物質が放射線をどれだけ強く吸収したかを示す単位のみが存在する。
被曝線量を水吸収線量で測定できるのは
われわれの細胞が水分を含みすぎているからだ。
そして
原子炉も被曝した冷却水を含みすぎている。

内部被曝

科学者はすでに
プルトニウムの内部被爆の
研究論文で忙しい。
今から5年後に
科学者ではなく、
無数の被爆者が
緊急事態の過小評価を
科学的に証明するほど
愚かなことはない。

独占

21世紀の惑星地球人は
予測できなかった局所的な残酷さに
脅えはじめている。
恐怖心から問題を理解できても
解決策は見つからないだろう。
問題を専門家が独占しているかぎり。

(続)被曝3世

福島原発の3号炉に関する
NHKのニュースに基づいた過小評価によって
間接的にかつ
非同時的に被曝していたことが
わかるだろう。
生命に関わる情報は
可能な限り
同時的でなければならない。

高濃度の汚染水

自然には
放射性「汚染」や放射性「ゴミ」がない。
これらの言葉は、
他人をかえりみず利己的に
利益だけを求める人間によって、
不適当な場所に放置することを
合理化するために、
ねつ造した言葉である。
捏造には専門的な知識人(=学者と言われている)を
雇用する組織が必要だ。

放射性

バイオスフィアは
放射性を除去するために
ほぼ46億年を費やした。
そのコストは
人類にはまだ計算できない。
これは科学的事実である。

70才の赤ん坊

プルトニウムは
自然が惑星地球内部で許した
最初のもっとも重い放射性の人工物である。
その半減期は有限であるが
彼らにつきあうには、
人類の平均寿命は短すぎるばかりか
より短命になる。
プルトニウムは1941年に生まれた
また70才の赤ん坊だ。
2011年3月、新たな赤ん坊の夜泣きで
誰一人熟睡できなくなった。

重い原子核

太陽は核融合エネルギーを引き出すために
人類のように
原子核が大きいウランやプルトニウムを使わなかった。
ウランやプルトニウムは、
一番小さい水素によって核融合を維持する
太陽では受け入れられなかった。
太陽は doing most with leastで
つねに効果的にエネルギーを発生させている。
ウランやプルトニウムのような
重い原子核は
エネルギーを放射し続けて
より安定した構造に到達するための
粒子崩壊(=半減期)しか残されないように
デザインされている。