月別アーカイブ: 2011年7月

国家の黄昏

半世紀以上も
原子力テクノロジーを
お金で買ってきた
グランチの下部組織(=経済産業省)が
市民を装って大衆を誘導しても
真のテクノロジーによる問題解決方法は
ついにお金では買えなかったばかりか
他のグランチによる心理作戦(例えば、「やらせ」)の暴露は
危機的な権力の黄昏を意味している。

自律的

送電線に繋がれている
風力発電や太陽光発電は
新たな課金装置である。
原発問題は
脱原発ではなく、
脱送電線による
自律的エネルギーの
生産方法の獲得がすべてだ。

コスト

失った機能を復元するコストが
テクノロジーの真のコストである。
テクノロジーのコストは
けっして受動態には使用しない。
しかし、東電の損失は国家(=税金)に負担させている。
これがグランチの偽装経済学だ。

(続)無為

明日できることは、
ほとんど今日でもできる。
しかし、今日できることは
昨日できたとは限らない。
昨日と今日の自分は
すでに同じではないからだ。