月別アーカイブ: 2011年7月

国家の黄昏

半世紀以上も
原子力テクノロジーを
お金で買ってきた
グランチの下部組織(=経済産業省)が
市民を装って大衆を誘導しても
真のテクノロジーによる問題解決方法は
ついにお金では買えなかったばかりか
他のグランチによる心理作戦(例えば、「やらせ」)の暴露は
危機的な権力の黄昏を意味している。

自律的

送電線に繋がれている
風力発電や太陽光発電は
新たな課金装置である。
原発問題は
脱原発ではなく、
脱送電線による
自律的エネルギーの
生産方法の獲得がすべてだ。

コスト

失った機能を復元するコストが
テクノロジーの真のコストである。
テクノロジーのコストは
けっして受動態には使用しない。
しかし、東電の損失は国家(=税金)に負担させている。
これがグランチの偽装経済学だ。

(続)無為

明日できることは、
ほとんど今日でもできる。
しかし、今日できることは
昨日できたとは限らない。
昨日と今日の自分は
すでに同じではないからだ。

無為

貧しさは貧しいと感じた時から始まるが
幸せは幸せと感じた時には去っている。
どちらも感じないように
生きる術を学ぶほど
無為から遠ざかり
人生はより短くなっていく。

時間治癒

人間が受ける心的ダメージのほとんどは
時間が治癒してくれる。
しかし、時間が治癒してくれるような
内部被爆はない。
その物理的ダメージは時間に比例する。

(続)非常事態

真の「非常事態」は
非常事態毎に定義が
国家によって
バージョンアップされる現実である。
非常事態と洗脳は
権力構造の表裏である。

反・節約

太陽系に原子核反応を制御する原子炉は
太陽だけで十分である。
この豊饒なエネルギーを
太陽までの平均距離約1億5000万kmを隔てた場所で
意図的に受け止めない
テクノロジーがあるだけである。
彼らの節約は
宇宙エコロジーに反した
近視眼的で局所的な行為だ。
自然はけっして
局所的に節約しない。

主観的

放射能(radioactivity)とは
放射性(radioactive)を
測定することではじめて存在する。
観察は主観的にできるが
測定は主観的にはできない。
自然を物理学的に測定することは科学教育であるが、
日本ではこの夏休みも
セシウムやプルトニウムとともに
安全に生きていくように
主観的に教育されている。

(続)自然エネルギー

グランチは浮遊し流動する気体酸素には
ついに課金できなかったが
グランチこそ、惑星地球を流動している。
反+脱・原発だけでは
この流動には対抗できない。

自然エネルギー

宇宙の元素とエネルギーを独占するシステムは
すべて悪である。
たとえ独占される対象が
再生可能な自然エネルギーであったとしても。
生存には
水と食糧とエネルギー
そして、
空気が必要だ。
日々の空気の消費に対して
課金メータを取り付けられるテクノロジーが
発見されなかっただけである。

非・売電化

すべての原子力発電は送電線を前提にした
19世紀の局所的なネットワークに組み込まれている。
自然には送電線は存在しない。
太陽の核融合エネルギーは放射性が除去されて
無線ネットワークでやってくる。
植物に葉緑素が備わっているように
自然エネルギーは
つねに無線テクノロジーで変換される。
最新の太陽光発電システムでさえ
補助金と売電のために19世紀のネットワークを前提とするが
植物が太陽に売電しないように
住宅にも自律的で再生的なエネルギー変換器と
無線テクノロジーを必要とする。
自然は再生可能なエネルギーを
売ったり買ったりしないように
デザインしている。
たとえば、風のように。

(続)分析と統合

分割して統合したがるグランチは
原子核を壊してばかりで
エネルギーをけっして統合できてはいない。
彼らが人工元素だと自慢したかった
半減期が最も長いプルトニウム244でさえ
惑星地球にも極微量存在していたのは
超新星爆発時に
生成されたからであるが
いまやフクシマにはもっと多く分布する。
分裂した核エネルギーは
より拡散するばかりだ。

分析(分割)と統合

分析は一種の破壊なので
比較的簡単にできるが
統合することがより困難なのは
より思考するエネルギーだけではなく
発見が必要だからだ。
原子核物理学は大きな原子を壊して
小さな原子をつくることには成功したが、
エネルギー自体から
自然に存在しない元素を創ることに
まだ成功していないだけではなく、
もっとも原子量の少ない水素を
創ることさえできていない。
すべての元素を
もっとも簡単な水素から作る方法を
知るだけではなく
実践できたのは
宇宙だけである。

統合性(integrity)

放射性の反対称的な概念は
統合性(integrity)である。
うぬぼれから
ある種の放射性物質は
人工的に生成できると思っている。
統合性が
つねに非物質化された
自然に属するならば、
われわれの知識に
もっとも不足し
失われたのは、
この生得的な
統合性(=誠実さ)かもしれない。

化学物質

世界で初めて化学物質の危険性を告発したのが
1962年の『沈黙の春』を著した
一人の女性生物学者だったならば、
世界で初めて放射性物質の危険性を
病理学的に証明した
1945年以後の数十万人の被曝者たちは報われない。
放射性物質は
明白な化学物質である。

アプリ

生くべき時と
生くべき場所を
奪いながら
死すべき時を知らせないシステムに
黙々と税金を払う人々に
放射性物質は容赦なく蓄積されはじめた。
システムにとって彼らは
優れたアプリなのだろうか。
実用的支配と除染のための。

医療保障

ヒロシマ以後
地球の放射性元素は
すべて権力構造が所有してきた。
そして、
あらゆる病理学の中で
被曝に関する研究はもっとも探求され
放射線を用いたがん治療と画像診断技術は進んだが
被曝治療ができる放射線治療専門医の教育は
被爆国でもっとも遅れている。
被曝の実態が知られるだけではなく
その原因がわかれば、
膨大な医療保障を
何世代も継続しなければならないからだ。
被曝奴隷に対する定期検診だけは
ふたたび無料であるのは自明である。

(続)疎開

21世紀の疎開とは
安全な場所への避難に見せかけた
軍事訓練である。
身分証明の不要な被災者にすれば
もっとも安上がりな生活支援が兼用できる。

脱獄のすすめ

ガイガーカウンターによる
測定数値が疑わしいのは
測定方法の定義や国家の虚偽だけではない。
極度の放射性のせいで
測定装置が壊れている場合がある。
保険屋の保険、スパイのスパイなどは無数にあるが
測定方法や測定装置そのものを市民が検査できる
生命のための法律はない。
概念は何世紀も前から牢獄に入れられていたので
緊急時に脱獄できても
何をしてもすぐには役に立たない。
しかし、いまを生きるなら
場からの脱出だけではなく
概念からの脱獄なのだ。

洗脳力とは

汚染された牛もブタも野菜も
みんな一緒に出荷されるが
人間だけを
生きるためにその場に留まらせている力。
生得的なメカニズムには
関係しないだろう。

(続)完全食

食品に放射性物質という
無数の見えない地雷が埋め込まれている。
農奴は解放されていなかった。
自由を求めて移動するゲリラ戦には
玄米食が最適である。
放射性物質を排出する機能もある。

完全食

嘘つきどうしの生活支援システムによって
残留放射性は拡散し、
体内で濃縮されていくまえに
この21世紀の内戦に参加する方法は
長期的に生活支援食品をいっさい拒否できるように
玄米食による菜食に替えて
自己変革力を向上させなければならない。
玄米食は緊急時における唯一の完全食である。

幻想

「恋愛は二人で愚かになる」ことだが
原発爆発事故では国家単位で愚かになる。
どちらにも
幻想が生み出す異なった現実が待っている。
前者からは人口増加が
後者からは人口減少が引き起こされる。

非同時的な死

人間は無数に生まれるが
それぞれは一度しか死ぬことができない。
同時的に今を共有するために。
放射性物質のせいで
無数の人々が
個別にゆっくりと
非同時的に死ぬ未来は
統計的に計算できる。
これは科学的な思考だが
国家はその未来と原因に対しては
反社会的な行為を続けている。
非同時的な死を
互いにけっして共有させないように。

大気圏内被曝

節電は原子力・ムラが企てる反エネルギー革命だ。
GHQが指導した農奴解放と財閥解体以来の
原子力・ムラの解体そのものが
日本人という国境線の中の出来事ではなく
互いに遠隔に生活する個人が担うべき
最初のエネルギー革命だ。
大気圏内被曝という
生命の種族維持目的への
長期的な破壊と引き替えに。

局所的思考

外部被曝も内部被爆も
人間の独自な主観的で
局所的視点から生まれている。
生命のすべての被曝は
大気圏内被曝しか存在しない。
もしも
太陽系という外部から
地球を観察できるなら。

復興計画とは

被災した農地を
野菜と畜産の「団地」に集約し、
塩害で不可能になった
稲作からの短期転換を口実に
農地や漁業権を徹底的に奪い
穀物輸入国になることである。
新たな構造協議が最優先で始動している。

非常事態

最古の津波と地震は
明らかに人類の起源よりも先行しているが
非常事態は自然科学の対象ではなかった。
さらに、
非常事態の定義と判断は
議会でも決まらなかった。

被災ユートピア

国家はいまや被災ユートピアをでっち上げた。
生活支援のために
被曝商品の国内流通を拡大し、
さらにその輸出国になれるように。
どんな資本主義も
これ以上の腐敗を物質化できなかっただろう。

絶縁体

エコロジーの闘いは
可視的な緑の段階で始終してきた。
たとえ、やがてすべての原発の廃炉が雑草で覆われたとしても
エコロジーから絶縁した
不可視の権力構造があるかぎり
エコロジーはけっして乗り越えられない。

インスタレーション( installation)

原発は
世界権力構造の最大規模の
軍事的な装置の
組み込み(=インスタレーション)であった。
どんな犠牲を払っても大地に備え付けられてきた。
そのために
彼らは民主主義的に
政治的リーダも任命(=インストール)する。
グランチとは
虚偽と腐敗のインストーラーである。

シナジェティクス

科学的・数学的な発見や発明は
人間以外とのコミュニケーションから
生まれてきた。
シナジェティクスにおける発明・発見の才も
非人格的な領域との同時的・非同時的なチューニングによって
拡大し増幅する。
現在の教育システムは
尊敬のない人格との同時的なコミュニケーションに
依存し過ぎている。

計画過剰生産

稼働率はより低く管理され
電気エネルギーも
食糧のように過剰生産されている。
原発爆発で失われた発電量は
東電の全発電量のわずか3%であった。
つねに欠乏の正体は虚偽である。

(続)モバイラー

人間が大地を切り売りしても
マントルに浮かぶ陸地は、
係留する必要がないほど
動的な均衡を求めて
自律的に移動する。
大陸は2億年も浮かびながら
移動してきたが
その移動の原理は
船や飛行機の浮かぶ原理よりも
遅れて発見されたのである。
太陽からエネルギーを受容するかぎり
大陸は浮かび続ける。
しかし、土地資本主義という
前世紀までの
静止的宇宙観が
多くの人々の移動を
いまも困難にしている。
そしてそれによって
人々は互いに分断されているのである。

境界

未来は思ったよりも早く
恒星のように放射光になるか
さもなくば、
あらゆる波長の電磁波を
完全に吸収する
黒体になろうとしている。
環境と自己との境界が
デフォルトを超えた放射エネルギーに
曝されているかぎり。