月別アーカイブ: 2012年6月

裏返し操作 (turning inside-out)

太陽は太陽系の質量の99.87%を占有している。
そして、太陽系の元素存在度は太陽の元素存在度と
実質的には同一である事実が最初に観測されたのは、
1959年に打ち上げられたソ連の月探査機ルナ1号の無人探査機による
太陽系内の探査よりも21年も早い1938年である。
太陽系の元素存在度の発見は、驚くことに、
地上から収集可能な太陽大気のスペクトル分光分析データと
隕石の化学分析データの推論から導かれたのである。
それらはバイオスフィアの外部(=大気圏外)からよりも
内部から観察可能であった。
しかし、われわれの内部の組成もまた宇宙という<外部の裏返し>であるという
もう一つの事実はもっとも遅れて認識された。
<自分を外から見る>という行為なくしては
認識できなかったからである。
観察者を観察の対象から除外しない方法は
習慣的に科学から除外されてきた。
<自分を外から見る>というシナジェティクスの<裏返し操作>は
科学的認識の一般化には不可欠である。

未知(unknown)について

私がシナジェティクスの探求を始めたとき
既知ではなく未知(unknown)の段階からはじめた。
その方法は、私の最初の原理の発見の後に気づいたことであるが
シナジーに接近する最短距離であった。
原理を探求する前に
未知は確かに<ある>が
<知る>ことの段階には存在しないことを
直観的に理解していたのは
『シナジェティクス』を読み始めていたからではない。
バックミンスターフラーが
その第一巻を出版する2年前の出来事である。

学びについて

何かを学ぶには
すべての権威からの離脱と
服従への拒否が必要である。
学ぶためのエネルギーの99%は
その過程に費やされるだろう。
こうした学ぶための環境条件の整備は
学校では最初から除外されている。
理事会と建物(=土地不動産)、
そして教師の権威を予め受容した学校という
学ぶための非効果的な環境条件は
子供には拒否できないシステムで運営されている。

続)エンジニアについて

原発の科学者やエンジニアたちは
太陽に核分裂の起源を求めることができなかった。
なぜなら、太陽は自らの内部で
原子を互いに融合させるエンジニアリング
(=水素原子4つが融合してヘリウム原子1つになる核反応)を
すでに生み出してたから。
ーーーー電気エネルギーではなく無限の光を隈無く太陽系に永遠に生成するための。
太陽にとって
核分裂によって不安定な核物質ばかり増加させても
太陽系は形成できないからだった。

エンジニアについて

エンジニア(engineer)とは
in-(中に)+gignere(生じさせる、産む)であり
エンジニアの内部に技術の起源(origin)を生じさせる人間のことである。
言い換えれば、技術の在り方を物質に変換できる人間のことである。
この70年間、世界中の原発エンジニアたちがこぞって原子核を破壊しても
本来の安定した元素は生じなかった。
同時に彼らは半減期よりも早く安定した元素には変換できないという
無惨な現実に直面した。
本来のバイオスフィアには存在しなかったが
バイオスフィア内で始まった70年前から開始された
幾千の核分裂(正しくは人間による元素の破壊作業)によって
生成された新たな元素類は
宇宙の元素周期律をけっして破壊しなかったが
原子炉の内外部でそれらを安定させるエンジニアリングを
ついに完成できなかった。
物質をエネルギーに変換する過程で生じる
種々の放射性物質を安定化するエンジニアリングは
21世紀でも未完成だ。

黒い瞬間湯沸器

原子炉はウランの核分裂を利用したもっとも複雑な瞬間湯沸器にすぎない。
だからこそ火力発電所よりはるかに危険で高価だといことがバレるまでに、
そして
原発爆発で失われた発電量は
東電の全発電量のわずか3%であったことが市民にバレるまでに、
3回も爆発しなければならなかった。
さて半減期を待たずして
4回目の爆発は起こるのだろうか。
原発を所有する電力会社が、原子力専門家の承認を得ていない行為を、
自分だけの判断でなし得るという事実そのものが、
そして
原子力規制委員会の職員が原子力を推進してきた
経済産業省や文部科学省からも採用されること自体が
公正な人選方法を最初から除外している事実そのものが、
原発企業と原子力専門家の関係における決定的な欠陥なのである。
あの事故はまだ分析されていないばかりか
まだ教訓さえ生まれていない間に
4回目の爆破の用意を開始したことは誰も疑わない。
過剰な瞬間湯沸器は
ついに権力の象徴にはなり得なかったばかりか
史上最大級のメンテナンスを必要とする黒い鉄の瞬間湯沸器なのだ。

現在

思考は、過ぎ行く現在から未来と過去とを分離する。
しかし、分離に対する要求そのものが
現在から遠ざかることを知らないのである。

シナジェティクスと数学

構造とパターンが意味するものを
正しく見ること自体がシナジェティクスである。
それは構造とは何かを学ぶことに他ならない。
そして学ぶとは構造に関する情報を集めることではなく、
構造とパターンを瞬時に見抜くことである。
構造とパターンの発見とその秩序化は
純粋な数学であり、その定義でもある。

太陽系

人間は内部に大しても外部に対しても
太陽系の元素存在度を変えてはいけない。
元素存在度を不変のままで
人間は環境をデザインする能力が与えられている。
台風や津波のように。

平均的な元素存在度

宇宙空間からの観察によって
地球に毎日2兆個も降る注ぐ流れ星の星屑には
独自の軌道があることが発見された。
アミノ酸などの有機化合物が毎日100トン以上もの星屑に含まれていたことは
46億年間で形成された有機体生命内部の元素存在度と
宇宙の平均的な元素存在度が
ほとんど変わらない事実を説明する。
この<かけがえのないエコロジー>から
<かけかえられるエコロジー>(参照『宇宙エコロジー
ーーーーー バックミンスター・フラーの直観と美』バックミンスターフラー+梶川泰司 著 「序章」美術出版社 2004)
への認識の変容の段階での無数の核爆発によって
この宇宙の平均的な元素存在度を激しく変化させたのである。
太陽系で生命を存続させるためのデフォルトには
固有の平均的な元素存在度を変えないことが含まれる。
これは信念でも宗教でもない
21世紀のメタフィジックスである。

長寿国家

放射性核種(ストロンチウム90、セシウム137など)は
物質的な<死の灰>である。
原発再稼働を承認した国家の思考形態こそは
人間よりも、そしてセシウムよりも
長寿命の<死の灰>に他ならない。
それなくしては
バイオスフィアには存在しない
どんな物質的な<死の灰>も生成されてこなかった。

理解について

グローブ(globe)とは
古代ギリシア語のL.globus(=sphere 球)であり、
凝集した固まりになることでもある。
しかし、地球を意味したのは大英帝国による
東インド会社の世界戦略からである。
その後の2世紀間、支配のためのグローバルな理解は
ついに太陽系には到達しなかった。
(日食で稀に思い出す程度に堕落している)
そればかりか、国家はますますより大きな固まりに
安定しようとしている。
(彼らは石油とウランを独占したにすぎない。)
固体的な理解は時代遅れである。
可能な限り包括的に理解する行為こそ
宇宙的な行為である。
例えば、半径137億光年の球状宇宙は
凝集した固まりではなく、互いに隙間だらけである。

黄昏

21世紀のエネルギーと食料不足は
すべて作り話である。
この出来の悪い作り話でも大多数を騙せる過信こそ
権力構造の黄昏である。

段階について

エコロジーを富の増加のために利用できても
有機体生命と非生命との間
および
非生命間どうしの
エコロジーを認識しない社会道徳とその諸々の価値を
そしてそれらの思考方法を
全的に否定することは
思考ではなく瞑想の段階にある。

目的について

宇宙の存続には
エネルギー損失という概念は存在しない。
エコロジーも同じだ。
生命の存続のために
快楽を苦痛と分離できても
宇宙との相互作用を
完全に変換できていないばかりか
理解しようとしない。
宇宙で生き延びるための
目的を疑っている群れの
内部にいるかぎり。

作業仮説

現在の人類が電気エネルギーに変換可能なウラニウムの埋蔵量は
現在の人類が電気エネルギーに変換可能な石油の埋蔵量よりも圧倒的に少ない。
すべての理論は作業仮説から始まるが
地球温暖化理論はこの事実を隠蔽してきた。

有限について

20世紀の物理学は
<宇宙の全エネルギーは増えも減りもしない>ことを発見した。
脱原発も反原発も
原発が建造された後に生まれたが
どちらも人類のエネルギーの無限観に
反駁しているわけではない。
生存のために安定したエネルギー源を獲得する手段への
科学的な理解の困難さだけではなく
観察不可能な<無限>に対する概念そのものが
苦痛と恐怖を生む根源かもしれない。
1000億個以上の銀河を有する
宇宙(=半径137億光年の球状宇宙)は、
最新の科学哲学では有限である。

邪悪さについて

宇宙では原子エネルギーはありふれている。
電子が陽子よりも、中性子が電子よりも、陽子が中性子よりも
重要な構造とパターンをけっして形成しない原子核システムを
人類が発見してまだ1世紀も経過していない間に
地球上の原子力産業と原子力社会は
そのエネルギーを邪悪な権威に変換してきた。
原子核構造を発見した科学的思考力を
容易に邪悪さに修正させるあらゆる権威は
人々の自由を拡大する科学的革命とは無関係である。

無限について

最初に
数学的概念としての無限大と無限小を学び
後に
有限な人生から
愚かさの無限大を学ぶ。
法律家資本主義社会は
それらの統合に成功した現実である。
個人は
ほぼ無限小に収束している。

送電ロス

送電する過程で送電距離に比例して
総発電量の約5%程度が失われている。
年間の送電ロスはフル稼働した原発10基分の総発電量に近い。
さらに国境毎の局所的な送電ネットワークは
近視眼的である。
宇宙で成功したテクノロジーは
すべて<ワイヤレス>で<遠隔的>である。
たとえば、重力
あるいは
電子と陽子のような
<電磁気学的>な相互作用の変換に成功してきた。
たとえば、雲と森
すべての送電線は時代遅れである。

続2)もう一つの生活保護制度

日本の生活保護制度は隠れた贈与である。
金銭の贈与によって
人々は短期間に驚くほど従順になる。
その目的こそが生活保護制度における
生存権の保障以外の存在理由であり、
贈与の本質的機能なのだ。

見えない武器

CIAが<見えない軍隊>なら
金銭の贈与こそ支配のための
流血のない<見えない兵器>である。
それゆえに、贈与経済とは
陳腐化しない
もっともグローバルな経済的な支配である。
あらゆる形で贈与経済は増大している。

続)もう一つの生活保護制度

人類の最初の生活保護制度は軍事的優位を基本理念とし
第2次世界大戦後の生活保護は生存権を基本理念としている。
実際、かつての冷戦構造を支えたアメリカとソビエト連邦では
飢えた人には誰にでも食糧を無条件で支給してきた。
しかし、現金はけっして貰えない制度にしている。
日本は例外的だ。

もう一つの生活保護制度

アインシュタインが発見したエネルギーと物質の等価原理を
物質的に変換できるテクノロジーの開発は
彼でさえ100年以上先だと考えていたにもかかわらず、
第2次世界大戦中にアメリカ合衆国は自国内の
職業的、非職業的を問わずありとあらゆる発明家を動員して、
核兵器を僅か数年間で研究開発し同時に実用化した背景には
核プロジェクトに関わった15万人以上のほとんど無名の発明家の
無数のアイデアの見返りに
彼らに生活費を支給する制度があった。
そのプロジェクトを実行するための最初のアイデアは
<アイデアは人間の最低限度の生活を保護したときにより純化される>ことであった。
アメリカ合衆国は核開発プロジェクトによって
最新兵器の開発と製造方法を獲得できただけではなく
アイデアを金銭に換える特許制度とその社会的理念を
もっとも少ない軍事費で一般化(=教育)できたのである。

幼年期

3.11に生まれたセシウム137(=死の灰)は
半減期から見ればまだ幼年期だ。
人間で言えば3才。
半減期に覚えた三つ子の魂は
日本列島全域で確実に生き延びる。
人間は人間以外も教育できる。
(The cesium-child is father of the man. )

ドメイン(domain)

太陽は裸眼では見えない。
おそらくどんな野生の目でさえ。
あらゆるものが無条件で存在し
どんな秘密も存在していない
新たな領域(=ドメイン)を探し出すのは
裸眼ではなく
知識ではなく
瞑想である。

格助詞の違い

世に出るためのノウハウはつねに陳腐化されてきた。
資本主義が計画的に。
世を出るためのノウハウはつねに隠蔽されてきた。
すべてのイデオロギーと宗教によって。
なぜなら人類はバイオスフィアの外側に生まれて
すでに成功してきたから。
(半径6300kmに対して僅か1km以内の大気圏内で)
世に出るか
世を出るか
それは脳内で生成されるどんな条件反射よりも
格助詞の違いでしかない。

シナジェティクス・モデリング

モデリングのない思考は存在しない。
手は思考の精密機械である。
シナジェティクスでは
概念モデリングは原理の物質的な変換のための媒介物(=trimtab)になる。
瞑想はモデリングを必要としない。
瞑想は非物質的な変換のための
手を必要としないメタフィジックスである。