月別アーカイブ: 2012年7月

<非同時的>ライブ中継

オリンピックは
厳密には衛星ライブ中継ではない。
衛星中継に必要な最小限の伝送時間に加えて
10秒前後のタイムラグを意図的に生成している。
あらゆるタイプのテロ行為に備えて
中継車からのすべてのカメラのライブ映像を
短時間に編集できる時間をつねに確保するために
サーバーで非同時的に管理している。
クラウドによって
あらゆるスポーツは
同時性(=ライブ)を共有できるが
あらゆる権力構造は
人々をより<非同時的>に支配しようとしている。
すべての現実から<同時性>を奪うために。

秩序について

考えるには
それほどたくさんの情報は必要でない。
むしろより考えるにしたがって
情報はより少なくなる。
秩序の発見には
無関係な情報を排除する過程を伴う。
————-The less I needed the better I thought. (yk)

自然選択(natural selection)について

自然選択は自然淘汰と翻訳されてきた。
自然選択と自然淘汰とは本質的に異なる。
淘汰とは
不必要なもの、不適当なものを除き去り
他は滅びる現象を意味するが
選ぶという行為は他の排除を意味しない。
自然淘汰という翻訳語は
エコロジーをもっとも誤解させてきた概念である。
自然淘汰はグローバリズムの行動の指針である。

簡単なことについて

人々の自由を奪うことで
富を得る方法よりも
自由を奪われた人々が
節約が好きになるほうが
より簡単な方法として広まったのは
無駄を省いて切り詰めて富を得ることが
すぐに挫折しても
その事実を互いに隠蔽してきたからに違いない。
どんな挫折も受容して生き延びることを
モラルにすり替えた人々による節約は
奪われた結果である。

システムについて

生存に不可欠な
e(エネルギー)、食料、住居の3大生存要素を
過剰生産できるテクノロジーがありながら
つねに不足している前提が作られている。
この前提に同意すると
世間から尊敬を受け道徳的な<市民>として認められる。
この同意と引き替えに
良い仕事と安定した収入を保証する
暗黙の了解が得られるのが目的だ。
<市民>は愛する家族のために
了解したのだと自分に言い聞かせる。
これ以上の腐敗したシステムがあるだろうか。

e・食・住(energy-food-shelter)

21世紀においても
人間の健全な生存には
e(エネルギー)、食料、住居の3大生存要素が不可欠である。
しかし、先進工業国のなかでも日本は
この3大生存要素を高コストにしてきた。
そのなかで、電気エネルギーは
もっとも高価な生存要素になった。
電力会社による電気エネルギーの独占が可能なのは
地理的、物理的な条件から安い電気エネルギーを
海外から輸入できないからである。
軽量小型で高性能な安価なバッテリーが実用化されれば
人間の生産行為や生活様式を
これまでのように電気エネルギーでは
制限できなくなるだろう。

非現実

苦痛のない状態を想像するあらゆる思考によって
非現実はより拡大している。
群れを率いるリーダー達に
イニシアティブを委託する瞬間から
非現実は人間の内部に生まれている。
すべての行為の源泉である現実は
人間にではなく人間の外側に存在する。

教育革命について

教育革命とは
教えられたことを
きれいに捨て去ってしまうことである。
安全とか
平和とか
平等とか
進化とか
理解とか
(すっかりクラウドにバックアップしてしまう方法は
偽のイニシャライズだ)
すべて捨て去ったあとには
真実しか残らないだろう。
教育革命に学校も教師も不要だ。
そして
真実にはバックアップも不要だ。

続2)反社会的電力

宇宙における電気エネルギーの在り方自体を
変革できるのは国家や企業ではなく科学者や個人である。
その理由は

電力会社が原子核における電子と陽子の相互作用や
電気伝導性のある金属の自由電子が形成する電流を発明したわけではない。

電子が発見された時、そして電流が発見された時には
まだ電力会社は存在しなかった。

歴史的に財政的に
送電ネットワークと電気エネルギーの生産手段の開発には
企業独自の開発投資金ではなく、ほとんど税金で作られてきた。

さらに、
国家は送電線ネットワークの構築のために
導電率の優れた銅を国内で安定供給できるように
銅の採掘技術とその精錬技術の同時開発を優先しなければならなかった。

それらが研究開発され実用化されたすべての基本発電システムは
国家から企業に譲渡されたのである。
より高額な研究開発費を要する第2次世界戦争以後の
原発システムも例外ではなかった。

送電線ネットワークへの電気メータの取り付けは
イデオロギーの違いによって決定されてきたわけではない。
たとえばロシアではすべての個人が利用するエネルギーに
料金メータが今まで存在しなかったのは、
メータの生産コストと定期検針にかかるコストが
エネルギー生産コストをつねに増大させるからである。
共産圏では
すべての個人が生存のために自由に使えるエネルギーがすでに豊富に存在する以上、
電気メータ類による個別のユーザ毎の消費量の管理はまったく非経済的であった。

電気エネルギーの在り方を変革するもっとも効果的な行為は
社会によって意図的に刷り込まれた諸概念を破壊する<考える行為>である。
思考こそ個人が自在に利用できる最大の原初的なテクノロジーである。
いまやわれわれの思考力は
社会システムよるエネルギーという富の独占的な<流れ>から
生存のためのすべての物理的エネルギーをすべての人々のために
もっとも経済的に高効率に変換し
新たな民主的なエネルギー分配方法による<流れ>を
形成する段階に到達しているのである。
つまり
宇宙における電気エネルギーの在り方自体を
変革できる思考力を政治家に委任してはいけない。

続)反社会的電力

送電ネットワークと電気エネルギーの生産手段を独占する企業による
意図的な反社会的電力行為は
原発エネルギーに限ったことではない。
宇宙における電気エネルギーの在り方自体を
変革できるのは国家や企業ではなく科学者や個人である。

反社会的電力

電子と陽子は
人類に対して社会的でも反社会的でもない。
それらの間にはつねに電気的な相互作用が生まれる。
そのために陽子の数と電子の数は常に等しくなっているが
電子の重さが陽子の1840分の1しかないのは
より動きやすくするためである。
誰もその相互作用を独占できないように
電子は宇宙を構成する素粒子として
陽子と共にすべての元素に内包されている。
しかし、
電子の流れ、つまり電流が流れる送電ネットワークと
電気エネルギーの電磁気学的な生産手段を
電力会社が独占している限り
人類に対して反社会的な作用を与え続けている。

隠れた目的

自分自身を理解する方法と意義が
学習過程のあらゆる虚妄と偽善によって
瞬時に見失われているのは、
仕事の報酬は自分を理解しないでも獲得できるからではなく
理解しない方がより報酬を獲得できる社会を
形成してきたからである。
これが知的産業社会における
教育の本当の目的なのである。

反復について

あらゆる種類の試験は
破壊的な思考エネルギーの反復である。
学校における教師のほとんどは
この反復の管理者である。
子供たちは
思考の廃墟に順応している。

持続的方法

技術なき原発依存の社会システムと
教育なき学校依存の社会システムは
真実を腐敗させるように
維持されている。
それがもっとも高コストで持続できる
独占方法だからである。

群れについて

学校は人間の学習には
もっとも危険な場所になりつつある。
動機なき学習は
権力と暴力によって
より分断され
静かな群れを形成する。
暴動なき
静かな群れほど
抑圧された危険な内部はない。

経験について

学校では蓄積された知識から物事を考える習慣を訓練する。
優れた学習でさえ蓄積した知識にしたがった
より忠実な模倣にすぎないだろう。
模倣からやがて生き残るための優れた順応の方法が生まれる。
こうして学校で何ひとつ新しい発見が望まれないのは
概念の牢獄化がより強化される場所だからだ。
学ぶとは
過去の蓄積された概念と歴史に囚われることなく
もの自体を観ることである。
もの自体を観ることの知識は
その知識自体を否定する経験からのみ習得される。

核武装

原発に群がる人間と
原発利権を分配する人間は
同じ場所にいない。
同じ場所に同時にいると
被爆するから。

続2)全世界について

唯一無二と信じ込ませるために
この「全世界」の周囲には
つねに軍隊とメディアが取り巻いている。
他のよりグローバルな「全世界」との
交配ができないように。

続)全世界 について

個人が選ぶべき「全世界」は
本来、
同時的に
かつ非同時的に
異なった場所に複数存在する。
二大政党で決めるのは
ぜいぜい一つの場所で形成される
同時的な「全世界」だけ。
非同時的に異なった場所で
生成される無数のリアリティは
一つの同時的な「全世界」から削除され続けている。

全世界について

「キャベツにつく青虫はキャベツが全世界だと思っている」
ーーーーーーーユダヤの格言
この格言は動物行動学を反映していない。
もしキャベツが全世界ならば
モンシロチョウは産卵のために
ミカンやサンショウではなく
キャベツを選ばなかっただろう。
事実、アゲハチョウの幼虫は
キャベツの中では
何も食べられないので餓死する。

続)反・節約

原発の再稼働には反対するが
電気エネルギーの節約には同意した。
政治や経済の改革者は、
人間の根源的な漸進的変化に対して
危険な障害物でしかない。

党員とは何か

いちばん危険な党員とは、その人間が脱党したら党全体が瓦解するような人である。
だから最良な党員である。
ーーーーーーーーニーチェ『人間的な、あまりに人間的な』
こんな党員で21世紀が運営されているから
進化が停滞するのだ。

反・節約

本当の節約は
生存や生産に消費される基本エネルギーを減らすことではなく
消費されないで捨てられるエネルギーを
より少なくする発明によって
エネルギー効率を高めることだ。
原子力発電のエネルギー変換効率が約30%に対し
ガスタービンでは約60%で2倍程度も改善できる。
排熱は原子力発電の半分になる。
さらに燃料電池ではエネルギー変換効率は80%にまで改善できる。
節約はけっしてテクノロジーを生まない。
テクノロジーの陳腐化を遅らせているだけである。

日本版グランチ

政党とメディアが利害を求めて嘘をつく習慣は
人間の無関心を求めるエネルギーに変換されてきた。
そして、遂に彼らも色褪せてしまったのは
そのエネルギーが放射エネルギーだったからだ。
権力構造の表看板の崩壊は
過去を模倣しないほど大規模であるが
権力の分裂にも半減期がある。

続)双頭の龍

国会や原発周辺を取り巻く新しい龍の登場を
説明できる政治家は死んでしまった。
だから、その龍の頭はまだ一つである。

より異なる方法

他人とは異なった人間になれば、もっと賢くなり利口になれる。
これこそが学生をはじめ、科学者や技術者、企業経営者たちが
絶えず追い求めている思考方法なのである。
無秩序や混乱を絶えず増大させて、
遂に放射物質さえも増大させている原因が
この単純に利口な個性を求める思考にあるにちがいない。
宇宙は92種類の有限な元素からのみ成り立っている。
より異なった元素は宇宙には不要だったからだ。

金曜日

内なる貧しさから逃走すればするほど
それを満たそうとする連帯が生まれる。
新しい<群れ>との一体化を求めているのは
同じ<見えないシステム>である。
古い宇宙観とそれに基づいた想像力、そして
刷り込まれた認識方法を否定しなければ
福島はけっして終わらない。

節電

より少ないエネルギーで
人々を拘束する行為は
無意識に群れとの一体化をひきこしている。

有限と無限について

物理的宇宙においてエネルギー自体は増えも減りもしない。
したがって、再生可能エネルギーも枯渇性エネルギーも存在しない。
しかし、再生可能エネルギー源と枯渇性エネルギー源は存在する。
再生可能エネルギー源とは
太陽光、風力、波力・潮力、流水・潮汐、地熱、バイオマス等の
自然から反復的に補充され、地球上では<ほぼ無限>のエネルギー資源である。
<ほぼ無限>なのは、太陽の残り寿命が約50億年あるが故に
近視眼的で短命な人類にとっては無限と見なされている。
枯渇性エネルギー源とは
化石燃料としての石油・天然ガス・オイルサンド・メタンハイドレートや
埋蔵資源としてのウランによる原子力発電などから導かれ、
地球上では<有限な>エネルギー資源である。
近視眼的で短命な人類にとっても明らかに有限と見なされてきた。
太陽系におけるエネルギー源の有限性という物理的な絶対条件から
産業が意識的に形成された歴史はまだ存在しない。

双頭の龍

2大政党という双頭の龍は
同じ胃袋を持っている。
その胃袋の中で
消費税に飢えている財務省や経済産業省、
もちろん東電が原子力ムラからのバイパス経由で寄生している。
原発の爆発以後、それだけが大多数に公知になったのではない。
2つに見えるそれぞれの頭は
核とその兵器を半世紀間も開発し所有してきたグランチによって
自在に動かされていることがバレてしまったのである。

退屈な生活

復興に再稼働も含まれていた。
復興は元の間違った信念も一緒に蘇らせる。
その信念こそ、伝統に見せかけた規範や同じ恐怖を生ませるのだ。
再起動したシステムによって〈よりよくなる〉ことはほとんどない。
われわれはより腐敗していくにちがいない。
オフィスや工場で費やされる節電の奴隷性を見据えなければならない。
やがて、そのような無意味で退屈な生活の終わりに死が訪れる。
信念(=believe)から決して真実は生まれない。

続2)裏返し操作 (turning inside-out)

民主党、かつては自民党の表看板をそれぞれ裏返して見れば
強欲な法律家資本主義(=グランチども)と
その代弁者たちによる密約だらけだ。
議会制民主主義が主導する政治経済における
内部と外部(あるいは表と裏)の鏡像対称性は
最初から失われていた。
それが敗戦国において
傀儡政権が半世紀以上も支配するシナリオなのだ。

続) 裏返し操作 (turning inside-out)

われわれの身体内部の元素存在度も
太陽と太陽系の元素存在度に等しいように
太陽の元素存在度も宇宙全体の95%以上の星の組成に等しい事実が
発見されてまだ半世紀も経過していない。
この発見を発見された事実と同じ宇宙規模で捉えるならば
われわれの内部の組成もわれわれの個々の無意識的な行動とパターンも
地球上では主に有機体生命が
元素存在度の分布上の加速度的な平均化を担った結果なのである。
世界権力構造による資源とエネルギーの独占システムは
宇宙による物質の組成パターンに対する平均的革命に明らかに反している。
存在とは、
外部と内部のすばらしい相互の裏返しとその往復運動であり、
絶えざる相互作用の過程なのだ。