月別アーカイブ: 2012年12月

等価(equivalence)について

もっと移動し
さらに交配し
互いに価値を交換しても
70億人のほとんどが
不足から逃れられなかった場合
民主主義は
個の幻想を抱かせたまま
無数の等価物に変換され続けるだろう。
数えられない
非等価的な存在に到達しないかぎり
われわれの主権は
等価物に変換された人格や偶像に委託されたままだ。

人種(human race)

コーカソイド(白人)
モンゴロイド(黄色人)
ネグロイド(黒人)
オーストラロイドといった人種概念による分類は
生物学的ではなかった。
人類以外に人種は存在しない。
生物学的に
人類は唯一の人種である。
人々は連続的に変わっていき
明白な区別はほとんど不可能である。
もし異なった人種が存在していたなら
政治的な企てによる
<心理的な不足>を埋める
汎用的な方法にはならなかっただろう。

量子幾何学的世界像

<次元>という概念を90度のXYZ座標を使った
作業仮説(working assumption)から始める場合、
ある種の欠陥(=無理数による非合理性)が存在する。
シナジェティクスは
この25世紀間も継続された作業仮説を
破壊できる複数のシナジェティクスモデの発見、
つまり、数学的な反例を発見してきた。
その引き裂かれた矛盾を拡大するための
この半世紀間に及ぶシナジェティクスの探求によって
量子幾何学(quantum geometry)として
扱うべき諸存在が明らかになった。
数学的な基本概念を維持する社会と科学には
一つの重要な隔たりがある。
あるいは
タイムラグ以上の懐胎期間がある。
21世紀は個人が
社会の標準(=criteria)から離脱して
新たな世界像をより加速する時代なのだ。
ーーーーータイムラグを待つのではなく非同時的に。

ゴミ箱

年末の掃除は
スタジオを構成する物体の表面(ドアや床や壁、そして家具など)の
清掃だけでは終わらない。
私のデスクトップにも
クラウドにも無数のゴミが堆積している。
ゴミ箱を空にするだけで
堆積が<構造>を形成することはないだろう。

失われていく過程について

テンセグリティに
シンメトリックな美や動的平衡
そして
付加されないリダンダンシーや
自動的な外力分散機能を望む前に
テンセグリティを破壊したことがあるだろうか。
部分と全体が破壊されていくときの
部分的破壊から推測できない全体のシステムの働きが
もっとも効果的に作用するその瞬間を
そして
テクノロジー全体が失われていくそのプロセスと方法を
テンセグリティに望んだことがあるだろうか。
テンセグリティは
だれも発明できなかった
自然の構造原理の<存在と過程>なのだ。
参照  
テンセグリティ・プリセッション 
「テンセグリティの破壊実験」
“http://synergetics.jp/tensegrityblog/”:http://synergetics.jp/tensegrityblog/2012/12/26/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%AE%E7%A0%B4%E6%A3%84%E5%AE%9F%E9%A8%93/

無知について

今や1000人もの乗客を搭乗させて
高速飛行する航空機の安全性は
機体をより少ない材料でより強度と剛性を向上させる
超軽量のテクノロジーを求めてきた。
通常の建築ビジネスでは
安全のために建造物の構造計算値から求めた<安全率>を
さらに5、6倍に拡大したリスク回避のための<安全率>を採用するが
航空機ビジネスでは
構造計算値のせいぜい2倍かそれ以下の
科学的な<安全率>を採用する。
より大きなリダンダンシーが
垂直荷重や外力を分散する自由度を
より少なくすることによって
労働や生活を危険な建築空間にほとんど幽閉してきた。
巨大地震対策のために
さらにより大きなリスク回避用の<安全率>を
設定する21世紀の建築ビジネスは
航空機のテクノロジーを無視すればするほど
多額の建築予算を獲得できる社会構造を
より強固により政治的に形成している。
より大きな技術的な無知は
より大きな<安全率>を設定し
その闇雲に隠れて
もっともリスクのない利益を確保する。

服従について

21世紀の新しい服従とは
有り余るほどのエネルギーと食料がありながら
憎悪と暴力、残虐性
そして
放射性物質から
等距離に置かれた状態を
遠ざければ遠ざけるほど
あるいは
逃亡すればするほど
それらのすべてが
より分離し分裂するように
遠隔的に物理的に作用する現実を
ついに受容することにある。

場について

環境はエネルギーから構成されている。
そのエネルギーは
物質であり
放射であり
重力であり
そして
出来事を生む。
環境は
先験的な宇宙の知性が
物質化する<場>(=domain)である。
人間が先験的な知性とその役割を発見し
宇宙に適応していく<場>である。

知性の役割について

微積分学における
微分に対する積分の関係のように
シナジー(synergy)は
エネルギー(energy)にして
反対称性がある。
宇宙における全エネルギーが
増えも減りもしない現実と
シナジーという知性の役割が
その現実から独立していることを
科学的に明らかにすることに
そして、
その知性が
惑星地球上のすべてのエネルギー危機と金融危機という
作り話という現実(real=royal)を絶えず創作する人間の巧妙な知性から
派生したのではないことに
無関心にさせる教育システムは
宗教以上に強大だ。

螺旋について

気づきには軸回転(spin)がある。
知識には軌道(orbit)が存在する。
軌道上の運動のみが普遍的であるが
叡智だけがその普遍性を獲得する。
実際、どの軌道にもそれを包含する
より普遍的な螺旋軌道(=helix ,not spiral)が存在する。
螺旋とは
より外側から観察された軸回転である。

外部と内部について

経済が上向き加減になるか
あるいは下降気味になるか、
生活水準が高くなるか
あるいは低くなるかは、
<線的>な世界観を基にしている。
宇宙でのすべての出来事を
理解し生存していくには
<上・下>や<高・低>といった<線的>な概念では不十分である。
その世界観が
<内部>と<外部>の概念を除外しているかぎり
人間の生存の非現実的な出来事を扱っている。
異なった<内部>が
互いに包含し浸透するには
つねに<外部>が存在しなければならない。
<内部>はかつての<外部>であったからでもある。

空間について

家の壁にはたくさんの写真があり、
家具で埋まった部屋は
幻想に基づいて構成された空間である。
宇宙には
まだ発見されていない無数の構造とパターンが存在する。
人類だけが
宇宙の中のキュービックで特殊な小さすぎる空間を
個人単位で所有しようとしている。
その試みは
空間に対する単純すぎる主観的な幻想にちがいない。
21世紀の最新の住宅は
省エネかもしれないが
人類全体の生命活動に対してほとんど有機的ではない。
銀行がこの空間を金利を稼ぐ手段として
さらに、通常30年住宅ローンが支払い終わるまで
その宇宙の空間の抵当権を所有してきたからだ。

お湯について

虹の色数を観察によって区別する場合は
色を区別する言葉の種類に比例するように、
お湯の質感を区別する言葉が存在しない場合は
同じ水質の1リットルの水をそれぞれ
ガスで沸かしたお湯と
薪で沸かしたお湯と
電子レンジで沸かしたお湯が
物理学にすべて同じお湯だと考えていることと
それらの違いは人間の感覚器では区別できないと感じる場合は
同じ結果になる。
思考も感覚も言語によってかなりの影響を受けている。
<沸かしたお湯>には異なった性質があることを感じるためには
<沸かしたお湯>には異なった操作的定義があることを
認識しなければならないが
そのためには
新たな言葉を生成しなければならない。

生存空間について

あらゆる生存方法に適応するために
複雑な行動パターンを学習すると同時に
より専門分化していく過程で
全体的でより高い秩序を獲得する能力は
徐々に衰退しく傾向にある。
35年の長期住宅ローンは
個人の全体的な予測能力の欠如からではなく
生存空間を自分で造る能力の衰退から始まった。
住宅を買う習慣は教育された結果である。

シナジーについて

今世紀の経営戦略でも頻繁に使用されるようになった<シナジー効果>
つまり、
技術力や生産設備、営業網などの各部門の共有によって
コストメリットやノウハウ、人材の移転などによる効率性の向上に繋がる
様々な相乗作用を活用した<シナジー効果>とは、
部分から推論できる全体の経営的な合理化のことである。
部分から推論できる全体の合理化としての<シナジー>は
部分から推測できない全体の非論理性を備えた
<自然のシナジー>とは本質的に異なる。
水素と酸素が化合して水になるように
2種類以上の物質が結びついて1種類の物質ができる化学変化が
相乗効果ではないように、
さらに、
圧縮材と張力材の各構成部材の相乗作用を活用した効果として
空間構造上の利益を生みだせるように
テンセグリティがデザインされたのではないように、
シナジーは人間が期待するような段階の相乗効果ではない。
真のシナジーはつねに発見されてきたのである。

有機的について

炭素が無限の多様性をもつ物質を作る
もっとも重要な構成要素として発見された時には
「自然は有機的に統合された再生的なシステムを
つねに構造に取り入れている」(Y.K)とは未だ認識していなかった。
今や有機化学におけるすべての化学的結合は
つまり、炭素化合物の合成は
極性を形成する対称的な構造システムに関連している。
ーーーーーバックミンスター・フラーレーンにおいても

自然の機能について

シナジェティクスモデルで
生起する物理現象が
デザインサイエンスの原寸大モデルでも物質化できるのは
シナジェティクスモデルに自然の機能が形成されているからだ。
シナジェティクスモデルは
建築デザインやプロダクトデザインが扱う
形態認識のための縮小モデルとは
本質的に異なっている。

教えることについて

少なくとも新たな矛盾を発見する場に
同時性を求めないで
他者を導くことだ。
そのためには
首尾一貫性をどう壊すかを
具体性に基づいて
自ら実践しなければならないだろう。
ただし、その具体性が
教える側にでさえ
既知であってはならない。

ゲーム

ひたすらモノ(=土地や家)を買い続ける
個人の消費ゲームが終わったからこそ、
食糧とエネルギーをより高く買わせ
個人の富を食いつぶす
国家と大企業による
飽食ゲームが始まったのである。
このゲームを支えるエネルギーこそ
戦争の根源である。

矛盾について

部分それ自体から
他の部分の存在を予測できる
どんな部分も存在しない。
すべての矛盾は
部分から他の部分の存在を予測できない
限界から生まれる。
しばしば部分から想像する矛盾、
あるいは首尾一貫性でさえ
全体とはつねに無関係である。

クロノファイル

クラウドに集積される
時系列的クロノファイル(=メールの履歴以外に
スタバやガソリン代などのレシートなども含む)は
他人が自分を見るように
自己を対象化する最初の記録方法かもしれない。
自己とは
先験的に明白ではないなら
記号言語による脳内探査の有力なツールだ。

残像

知覚と認識との間に遅延が生じるのは
脳のメカニズムの限界からである。
認識するためには
複数の異なった残像を待たなければならない。
残像と残像との時間差(=lag)は
無である。
瞑想とは
この無を受け入れることである。
ーーーーー残像が介在しない時間を。
脳の限界を利用して
無へと逸脱する瞬間を待っているのである。

回転と軌道について

宇宙では
恒星や衛星、そして電子や陽子などの
<回転=spin>と<軌道=orbit>は
同時に生成される。
しかし、
惑星地球上では
頭の<回転>を気にしても
頭の<軌道>をほとんど問題にしない教育に満足している。
20世紀間も続いた平面的世界観は
今も根深く支配している。

同化作用

同じ食料品を食べ続けると
危険な内部被爆を受けやすいように
同じ人間と毎日会話するのは危険な同化である。
しかし、もっとも危険な同化は
自分との対話である。
互いに似ないように移動することは
信頼できる自然選択だ。