月別アーカイブ: 2012年12月

等価(equivalence)について

もっと移動し
さらに交配し
互いに価値を交換しても
70億人のほとんどが
不足から逃れられなかった場合
民主主義は
個の幻想を抱かせたまま
無数の等価物に変換され続けるだろう。
数えられない
非等価的な存在に到達しないかぎり
われわれの主権は
等価物に変換された人格や偶像に委託されたままだ。

人種(human race)

コーカソイド(白人)
モンゴロイド(黄色人)
ネグロイド(黒人)
オーストラロイドといった人種概念による分類は
生物学的ではなかった。
人類以外に人種は存在しない。
生物学的に
人類は唯一の人種である。
人々は連続的に変わっていき
明白な区別はほとんど不可能である。
もし異なった人種が存在していたなら
政治的な企てによる
<心理的な不足>を埋める
汎用的な方法にはならなかっただろう。

量子幾何学的世界像

<次元>という概念を90度のXYZ座標を使った
作業仮説(working assumption)から始める場合、
ある種の欠陥(=無理数による非合理性)が存在する。
シナジェティクスは
この25世紀間も継続された作業仮説を
破壊できる複数のシナジェティクスモデの発見、
つまり、数学的な反例を発見してきた。
その引き裂かれた矛盾を拡大するための
この半世紀間に及ぶシナジェティクスの探求によって
量子幾何学(quantum geometry)として
扱うべき諸存在が明らかになった。
数学的な基本概念を維持する社会と科学には
一つの重要な隔たりがある。
あるいは
タイムラグ以上の懐胎期間がある。
21世紀は個人が
社会の標準(=criteria)から離脱して
新たな世界像をより加速する時代なのだ。
ーーーーータイムラグを待つのではなく非同時的に。