月別アーカイブ: 2013年1月

自由について

植物は生き延びるために
発芽する自由と
発芽しない自由を作り出した。
見知らぬ場所まで運ばれても
見覚えのある環境が現れるまでの
時間に耐えられるから。

エコノトリックス(経済的幻覚)

経済のトリックに再び惑わされてはいけない。
ーーーー奪うか奪われるかのトリックに。
リアリティの99.9%はつねに不可視である。
自然のすべてはトリックと異なり
経験的に証明不可能なマジックなのだ。

張力について

張力は物質の表面に現れやすい。
それゆえに、それらは至る所にいつも豊富に存在する。
たとえば、葉の表面の無数の水滴や
バイオスフィアを包む薄い厚みの海水や大気圏。
不連続な存在をもっとも効果的に統合するための
無数の内部が利用されていないだけだ。
張力に包まれることよりも
空間を閉じることに
エネルギーを使いすぎている。
圧倒的な見知らぬ他者に利用されないように。

エフェメラリゼーションについて

「形態は機能に従う」
これは20世紀の家電や自動車と住宅を
量産する時の優れたデザイン思想であった。
しかし、形態に魂を奪われる哺乳類の特徴が
それらの産業化を加速したのかもしれない。
自然界では
機能が形態を生み出すのではなく
もっとも効果的な機能は不可視になる。
ーーーーーたとえば重力や風のように
真の機能はモデル化できても
形態化できるとは限らない。
これがデザインサイエンスにおける
エフェメラリゼーションの思想的根拠である。
つまり、現在は科学的原理の発見によって
形態(form)からシナジェティクス(model)へ移行する
懐胎期にある。

富について

エネルギーを生産する側が
資本投資したと主張するテクノロジーは
奪うために生産されているかぎり
それらはあまりにも短命すぎるか
高価すぎる。
バイオスフィアは蓄積された
富そのものである。
富を奪うテクノロジーは
宇宙では例外的である。

類似について

経済学ではなく
銀行制度と通貨制度との
もっとも単純な関係を理解したら
だれも「生活費を稼ぐ」ために
会社や学校に行かないだろう。
会社や学校に行けば行くほど
言語記号と権力構造との分離が
確立できないように作られている。
すべての思考が類似することは
産業革命的以後の課題だった。
記号で支配される人間の量産は
遺伝子工学よりも成功している。

デフォルトについて

他者になろうとする試みがつねに失敗するように
自己がデザインされているのは
他者の存在の気づきによってのみ
自己が存在する相補性にあるとしたら
それは誰もが経験する
最初の神秘かもしれない。
存在の出荷状態(デフォルト)には
神秘という省略時選択がある。

バージョンアップについて

OSが替わっても
よいアプリはより多くの人に使われ
より頻繁にバージョンアップされる。
そのバージョンアップの履歴は
より完全な有用さへの
絶えざる改善の歴史でもある。
もっとも効果的で経済的なアプリとシステムを構築するには
高い志と目的意識がなくてできることではないだろう。
しかし、自然の原理は
より多くの人に使われても
永遠にデフォルトのままだ。
原理にバージョンアップがない理由こそ
原理を探究するエンジンならば
そのエンジンにも年式はないはずだ。

仮定法過去完了について

現実を否定しても
現実は変わらない。
現実はつねに遅れてやってくるからだ。
現実を超えて
既知なる過去とその蓄積を変えない限り
現実は未来の幻想で包まれたままだ。

欲望について

執着のあるところに権力が介入し
依存があるところに法律がはびこる。
権力構造ではどんな欲望も等価である。
それはどんな人間にもできなかった
欲望ではないだろうか。

アイデアについて

頭のなかで起こる新しい兆しに気づくための
実験でわかったことが2つある。
本当のアイデアは
朝目覚める前にたいてい
思いついているという発見。
ただし、目覚めた時には忘れることを
目覚める前に忘れているだけだ。
これは目覚めた後の退屈な実験結果だ。

過剰について

過剰の反対は不足ではなく
充足である。
惑星地球上の電気エネルギー生産は
すでに充足しているが
充足させないで
廃棄するか 
または節約させる経済構造がある。
エネルギー不足という
無知の生産によって
富は巧みに奪われている。

無秩序について

テクノロジーは
他者の犠牲にすることなく
生命活動を拡張するための
テクノロジーの在り方を含んでいる。
たとえば、バイオスフィアのように
電気メータのない電気を使うことも
テクノロジーである。
まちがった電気エネルギーの生産過剰と節約過剰によって
惑星地球上の人為的な無秩序は増加するばかりだ。

孤独について

孤独は本来、生命にとって有益なものである。
お笑いや国家によって編集されたニュースを聞かせながら
老人や子供を仮想的な孤独のままに置く
家電デジタル装置類は
生産コストの問題からではなく
衰退していいのである。
世界はより狭くなっているが
仮想的な孤独はますます拡張されている。

サバイバルの始まり

<敵か味方>
つまり<あなたか私か>
という生き残りゲームは
あなたも私も
そして
敵も味方も好きだ。
彼らが嫌いなゲームは
<あなたと私>が始めるゲームである。
それは、
<あなたと私>だけのゲームではなく
<あなたと私>が
そのどちらでもない他者( others)と
他者の犠牲を強いることなく
効果的に相互に関係していくか
というゲームである。
他者には岩石や大気が含まれるだろう。
このゲームに無関心にならなければ
生き残れないと思い込むかぎり
このゲームに熱中する人はほとんどいない。
つまり、21世紀型のサバイバルは確実に始まっているのだ。

有機的(organic)について

抽象的な知識の相互関係を有機的に組織(organize)すると
幾何学的になる可能性が高い。
つまり、モデル化が可能になる。
しかし、21世紀の産業社会では
木の構造をしたグラフ理論のデータ構造程度で終わっている。
組織化を有機的にする場合、
あるいは
有機化を組織的にする場合、
まだほとんど生物構造を模倣しているだけだ。
シナジェティクスにおけるモデル化では
有機体生物(organism)に似ているかどうかは重要ではない。

続)面について

テンセグリティは
すべての面を排除した最初の
そして究極の構造である。
張力によって囲まれた窓(=面)は
数えられる無である。
面は構造システムに
不可欠ではなかった。

面について

マルチな人間や
多面的な思考方法が
空虚に感じるのはなぜだろうか。
面とは
稜線で囲まれた開口部である。
それゆえに
<無>であり
<有>になり得ないのは
ひたすら、<無>を閉ざしている
空間だからかもしれない。

続)長寿的思考

もっとも経済的な行為は
節約ではなく
技術の短命化を生み出す。
テレビとパソコンは自動車よりも
短命化の革命を担ってきた。
技術の短命化は
普遍的な原理の長寿化の兆しである。
そして無限の原理の存在は
科学的にはまだ否定されていない。

続)等価(equivalence)について

一ドルの預金が誰かの1ドルの借金ならば、
<経済的破綻>を埋める方法は
人々の貯金を奪う政治的な方法として
確立されたのである。
人々の貯金を奪う経済破綻こそ、
資本主義の単純かつ究極の<等価原理>による作用効果であるが
<等価原理>のおもて看板を掲げた
法律家資本主義による合法的な強奪こそ
<宇宙の原理>と異なる人間の意図から生まれている。

プロフィール

プロフィール(profile)とは
横顔である。
あるいは、断面や側面図のことである。
一人の人間の横顔を
2つの異なった視点から
同時に描くことはできないが
半分の横顔は存在しないから
例えばピカソの<泣く女>のように
描かれた2つの横顔を
ほぼ同時に見ることができる。
もっとも少ない横顔(=断面)から
3次元の対象物が復元できる。
キュビズムはハイパーメディアの起源である。

長寿的思考

革命的な食事(=ファーストフード)で
短時間に食事を済ますほど
人々はより短命になる。
不健康な食生活をすればするほど
マクロビ(=長寿食)が
おいしく感じるのは
それが保守的だからだ。
しかし、もっとも保守的なのは胃袋かもしれない。
シナジェティクスが革命的なのは
思考方法がより原理的だからである。
原理的な思考がもっとも長寿だからこそ
生存により必要なテクノロジーは
エフェメラリゼーション(短命化)を
引き起こしやすい。

アウトサイダーについて

いかなるドグマにも、宗教や国家にも属さない
マインドをつねに失わない単独者としての
アウトサイダーになるには
よりインサイダーを求める人間の欲望と愚行によって
世の喧騒に触れつづける反・経験が必要である。
死はもっとも純粋な非・経験であり
重さのないアウトサイダーである。