月別アーカイブ: 2013年2月

続)動的平衡モデル

シナジェティクスでは
テンセグリティは非生物であるが
有機的システムである。
自律的なテンセグリティ構造はまだ存在しない。
基礎を必要とするすべての構造は
本質的にテンセグリティ構造ではない。
大地に依存するだけで
動的平衡はすでに失われているからだ。
細胞には動的平衡はみなぎっているが
生命を保護するテクノロジーには
応用されていない。

動的平衡モデル

バックミンスター・フラーは生物学者ではなかったが
1944年にベクトル平衡体モデルを発見して
<動的平衡>状態を視覚化することに成功している。
それよりも先行してシナジーの概念を
科学的探査のもっとも重要課題にしていたからであるが
その後も継続されたその探査過程で
1949年のテンセグリティ原理の発見は最大の成果だった。
動的平衡は1951年までの生物学によれば
非生命の非有機的なシステムには
存在していなかった。

電気エネルギーの節約について

20世紀末までの人口増加は
つねに電気エネルギーの消費量が
少ない地域で発生している。
人類の出生率を下げるには、
電気エネルギーの消費量を上げればよいのである。
税収奪を増大したい国が
電気エネルギーを節約することは
理にかなっている。

満月

朝4時から5時まで
西の空の山の端へと
拡大されながら沈む2月の最後の満月を見ながら
リヒテルの平均律を聞いた。
10歳の時の蚊帳の中で目覚める朝を思い出した。
そして、朝露の立ちこめる川で
ウナギを釣っていたまだ暗い朝を思い出す。
アメリカのオハイの山で瞑想したときも
突然その映像を思い出した。
遠い山から
遠い声が聞こえる。
まだ訪れていないだれかの裏庭の獣にも
この満月は輝いている。