月別アーカイブ: 2013年4月

無尽蔵的に、そして無差別に

新しいアイデアを作り出すには
昨日までのアイデアを
掛け替えることがアイデア以上に必要である。
昨日のアイデアの死なくして
いかなる更新もなく
その死なくしていかなる発見もない。
ウォークマンの死が遅すぎたように
どんな製品にも理論にも死が訪れる。
<掛け替えのない>アイデアは存在しない。
アイデアは無尽蔵的に
欠点は無差別に発見される。
そして、人間が思考した存在ではない
原理だけが生き残る。

TPP

内部から発見された秩序は、絶えず均衡をもたらすが
外部から与えられた秩序は、つねに混乱をもたらす。
分断して征服するための欲望の影だから。
(すでに、日本の郵便貯金制度の破壊工作はその影で覆われた)

優れた張力機能

テンセグリティの張力が
優れたネットワークを形成する時
より劣った局所的な張力部材と
平等になりたいのではなく
より高い張力部材から張力を分散するように
機能することにある。
局所的な張力部材が破断しても
補償作用が機能することに関係している。

月と霧

満月の海では
張力は潮力となり
海面が上昇するように
満月の森では
月光で葉が光合成をしているだけではない。
気孔が開口し
森全体の水分が上昇している。
5月の森の満月の後
朝霧はとても美しい。
単純になるほど張力が
偉大であることがわかる。
満月は張力発生機だ。

大気圏の内部化

マルセル・デュシャンの『パリの空気50cc』 (Air de Paris) (1919年)
よりもはやく大気圏を内部化した人間はいない。
「パリの空気」は芸術作品であるが
内部化された空気のなかに住み続けるには工学が必要だ。
もっとも少ない材料で短時間に
組立と分解を反復して
移動するための『地球の空気』は
テンセグリティ・モバイルシェルター(2008年 by Yasushi Kajikawa)
によって内部化される。

続2)デルス・ウザーラーーーーLife Packingの原型

何らかの方法で自分以外の環境をデザインすると同時に
宇宙との関係性に変化を与える<Life Packing>は
21世紀の個人的な所有物の組み合わせからは構成できない。
モバイル用シェルターがまだ含まれていないのは
耐久性・耐候性・断熱性などの長期の生存機能に欠けた
アウトドア用のテントしか存在していないからだ。
極地的な用途で生まれたアウトドア用のドームテントは
軽量化を最優先にしたために長期間外部での使用には耐えられない。
最優先されるべき生活空間のテクノロジーは
大気圏という外部を未だ内部化できていない。

デルス・ウザーラ———-Life Packingの原型

デルス・ウザーラは狩猟採集民族の末裔であった。
食料や住居を確保するための最適な選択を日々しなければ
家族の死につながっていた。
シナジェティクスのモデル言語は
出来事の関係を空間的にかつ物理的に変換する能力を強化するために
その能力は生存の最優先課題であるシェルターの
デザインと製造という仕事に応用可能である。
出来事の関係を空間的にかつ物理的に変換する能力を強化するために
自律した空間構造をより少ない材料とエネルギーと時間で達成する作業こそは
かなりの知力を必要とする仕事である。
むしろ、野生の知力を呼び戻すための方法と
その探査がその仕事の中心かもしれない。
その知力が<自然選択>を推進した拡張領域に比べれば
現代人の<デザインによる選択>の範囲は
それほど縮退していないとしても、
食料や住居を確保するための最適な方法は
明らかに交換可能な知識や労働力
そして金融化された富だけでは達成できないのである。
生き残るための<Life Packing>に
モデル言語=メタフィジックスが関与する直観的な方法こそ
<海馬>にデフォルトとして設定済みの
超軽量でさえない重さのない最初のトリム・タブなのである。
しかし、モバイルを止めると急速に<海馬>が
干涸らびていくメタ言語系なので
人々は相変わらず、Life Packingグッズにその機能を求めている。

外部について

互いにあるがままの現実を見ることができない時間が
人生よりも長い時
われわれの意識が外部をついに圧倒する。
それは不完全な経済的標準や政治的秩序が
物理的外部の意識や細胞を何度も破壊するよりも
速く、そして頻繁にやってくる。

概念モデル

概念をモデルに置き換える実験が
現実とは何の関係もない
間違ったモデルかどうかを証明する科学的方法こそ
実験の方法である。
同時に、その実験の方法は
もっとも優れたモデルに内在する原理の発見に導く。
光の速度を測定する装置が、同時に
光に速度があるという概念の正しさを証明したように。

続)テンセグリティモデル

彼はテンセグリティ原理の発見者でも
構造の定義をした構造家でもない。
テンセグリティ(tensegrity)という名前の
命名者でもない。
非連続な圧縮材のテンセグリティの
最初の制作者でもない。
カリフォルニアで2度目に移転したばかりの
バックミンスター・フラー研究所の所有する
膨大なインデックス作業中のクロノファイルで1週間を過ごした時、
テンセグリティに関するフラーとケネス・スネルソンとの
数回にわたる往復書簡を見つけた。
これらは、私がその書簡を慎重に精読した時の私の感想ではなく
両者がその手紙で了解した事項である。
バックミンスター・フラーが亡くなってからの
ケネス・スネルソンの上記の了解事項を無視した言動から
その手紙の公開こそ、テンセグリティの歴史的起源を決定づけるものである。
美的なテンセグリティ構造のデザイナーは
21世紀の個人の生存空間には関係しない。

テンセグリティモデル

間違った理論があるように
間違ったモデルは存在する。
間違ったテンセグリティモデルは
床の上で何度もバウンドするかしないかで
見分けられる。
ケネス・スネルソンの工学は衰退している。
固有安全性はテンセグリティ構造から
すっかり排除されてきた。
一本のテンション材が破断すると
彼の彫刻作品の美だけではなく
構造さえも破壊されるようにデザインしている。

反常識

あらゆる科学的知識の起源は
反常識的である。
気体元素や原子核、そして細菌や
遺伝子などの概念に関する起源を知るだけでも
当時の常識がそれらの起源の標準になったことはない。
非常識は常識は覆せないばかりか
新たな常識を再生産するばかりだ。
つまり、反常識の起源を隠蔽するための
記号体系の起源とその支配構造がある。

続)モデル言語とシナジェティクス

新しい概念に出会うために、
その概念を構成する言語を壊すことから始めるなら
新しい概念に出会う最大のチャンスがやってくるように
新しいシナジェティクスモデルに出会うために
そのモデルを構成する概念を壊すことから始めるなら
新しい言語に出会う最大のチャンスがやってくる。
モデル言語もまた
新たな言語形式を産出する生得的能力による
非物質化なのである。
それゆえに、シナジェティクスモデルは
具体性に置き換えられた存在ではない。
例えば
バッキーボールがテンセグリティに置き換えられる前に
テンセグリティが発見されていた事実を
説明できないだろう。

Cosmic Fishing

玄関から出て学校にいくよりも
裏口から出て裏山に出かけるほうが近く
そして、一日が長かったように
Cosmic Fishingに出かけた時の日没は
とても眩しく
そして、長く留まっている。
Cosmic Fishingとは
偶然に発見され、しかし、未だ言語化されない
シナジェティクスモデルとその原理の存在に触れた
瞬間からのすべての出来事だ。

モデル言語とシナジェティクス

美しいシナジェティクスモデルを作るのと
シナジェティクスモデルを美しく作るのとは違う。
しかし、シナジェティクスを学ぶときは
どちらも放棄すべき方法だ。
惨めな動機に出会ってはいけない。
単純にシナジェティクスモデルを作るのと
単純なシナジェティクスモデルを作るのとは違う。
シナジェティクスを学ぶなら
どちらにも挑戦すべき方法だ。
思考方法をより単純にするために。
しかし、もっとも困難なことは
単純なシナジェティクスモデルを発見することだ。
新たなシナジェティクスモデルを発見するためには
より包括的な思考方法を同時的に、
あるいは非同時的に発見しなけれならない。
自然には人間のような思考のルールが無いが
モデル言語は探査の過程に出現する。

グランチの配当金について

3.11以後の極端な陰謀論に人々は偏向してきたが、
その後もグランチの概念とその歴史は、金融資本主義の未来をも説明してきた。
『グランチ』の翻訳は現在進行中である。(監修・解説 シナジェティクス研究所)
☆2008年10月8日のブログから再び全文引用
「グランチは、世界規模の大量生産と大量流通のあらゆる投機的企業を創始するために
すべての金融資産を支配してきた。
非共産主義圏の金融クレジット・システムを意のままに動かすことができる。
グランチ(GR-UN-C-H)とは、全宇宙から真の富を現金化して奪う
見えない超法人格的な泥棒(GRoss UNiverse Cash Heist)〉を意味する。
負債総額、約64兆円のリーマンの破綻でさえその配当金額には及ばない。
1980年代のグランチはすでに一兆USドルを越える配当金を毎年支払ってきた。
そのグランチについて、われわれはあまりにも無知である。
『グランチ』は、1981年に出版された『クリティカル・パス』の直後に書かれた
バックミンスター・フラーの最晩年の著作である。
彼はあらゆる構造の歴史を扱った。
グランチという世界権力構造(Power Structure)も含まれたのである。
1960年代に書かれた『宇宙船地球号操縦マニュアル』に出てくる海賊のアナロジーは
『グランチ』ではいっさい使われなかった。
それゆえに、『宇宙船地球号操縦マニュアル』ほど理解されるまでに
半世紀の懐胎期間を必要とした。
同時に、グランチはますますひとびとの驚異になりつつある。」

『クリティカルパス』『シナジェティクス』『コズモグラフィー』と同様に
『グランチ』の日本語化に必要なバックミンスター・フラーの重要なタームは
すでに辞書化している。

続)構造について

構造の原理の発見者が
建築家であることは稀である。
建築(Architect)は、 構造ではなく
支配(arch)の歴史である。
支配(arch)は階級組織(hierarchy)を形成する。
支配(arch)は圧縮の歴史である。
そして、反建築とは、無政府(an-archy)を意味する。
構造を安定化させる原理は
本質的に無秩序(anarchic=支配のない状態)
から発見されてきた。

構造について

構造の安定性に自己表現は不要だ。
構造デザインに
オリジナリティは介在しない。
テンセグリティは
新しい構造をデザインした結果ではなかった。
原理の発見がこそが
前例のない工学的な閃きをもたらすだろう。

動的な順応

インフルエンザウイルスは、
有機体生命の細胞外では短時間しか生存できないので
その細胞内では自らの構造とパターンを
短時間に複製して生存する。
人間は社会の外では短時間しか生存できないので
社会の構造とパターンの模倣によって長期的に生存する。
その生存方法の歴史のほとんどは、
宇宙の中の人間の最適化のための順応ではなく
人間社会への服従にプログラムされる歴史である。
その服従のシステムを個々人が作り上げたプログラムに見せかける
個人主義的な世界像と刷り替える間に
ウイルスはより多くの細胞内で生き残るために
RNA情報革命を繰り返してきた。
彼らの情報革命は産業効率や搾取のためには使われない。
生存のための宇宙における最良の構造とパターンへの
動的な順応方法だ。

反対称性について

構造とパターンに潜む秩序の探査に
美的な対称性を求めすぎてはいけない。
美的とは視覚的な存在形態に限定されている。
概念的な対称性は、形態的な対称性よりも広い。
たとえば、反対称性の概念は
1950年代に認識されはじめ、未だ1世紀を経ていない。
対称性以外の概念は
非対称性
鏡像対称性
無対称性
反対称性
それらの相違に関して明確な定義はまだ不安定である。
反対称性に関してシナジェティクスはもっとも包括的な
モデルを発見している。

未知なこと

現在に繋がっているのは
昨日でも、明日でもない。
現在を覆う唯一のグリッドは
未知(unknown)である。
ジオデシックの総三角形グリッドから
夜空の星々を捉えるモバイル・シェルターは
過去や未来にイリュージョンを決して投影しない。
この透明なシェルターの球面スクリーンは
非同時的で同時的な宇宙を投影するばかりだ。

続)ノウワット・ノウハウ・ノウホワイ再考

子どもを組織的に内部被爆させる社会は
この生得的デフォルトを
内部から破壊しているのである。
ノウホワイの破壊行為を教育する社会では
ノウハウやノウワットは
単なる捏造か模倣にすぎない。
あるいは
生得的デフォルトの反乱の予兆かもしれない。

モバイラーのメタフィジックス

仕事と職業が完全に一致することがなくとも
仕事をすることはできる。
パートタイムかフルタイムかではない。
私の現実と宇宙の現実を
どうして自から区分しなければならならないのか。
仕事と職業が完全に一致することがない場合の
睡眠時間は5時間で十分だ。
バックミンスター・フラーに会ったとき
すでにモバイラーのメタフィジックスは
偏西風に逆らって進んでいた。

続)多様性について

1602年に設立された東インド会社は
アジア地域との貿易独占権を与えられた
最初の独占企業だけだったわけではない。
生物多様性をもっとも重要視していたからこそ
それらを新たに<分類>するために
1881年に自然史関連を独立させた大英博物館(自然史博物館)を
建造してまでコレクションしてきたのである。
投資がいっさい不用な
できれば生きたままの多様性を維持するための
持続的社会の形成こそ
世界初のグローバリズム戦略を
採用した最初の株式会社の現実的な構想であった。
チャールズ・ダーウィンの<種の起源>という概念は
<株式会社の起源>よりも約2世紀も遅く、
自然史博物館の設立とほぼ同じである。
世界中の生きたままの森や人間から
最適に搾取する以上の合法的で経済的な方法は存在しない。

ノウワット・ノウハウ・ノウホワイ再考

ノウワット(know what=目的意識)ばかりでは、
ノウハウも発見も生まれない。
目的意識は簡単に捏造できる。
ノウハウ( know how=技術知識)ばかりでは、
何も発見されない。
技術知識は独占されやすい。
ノウホワイ(know why=理由・動機)を知っていることには、
国家や大企業、教育組織は依然無関心である。
個人は、ノウホワイを生得的デフォルトから自ら発見できる。
あらゆる発見と発明は、
この個人的で生得的なノウホワイを排除して存在してない。
発見と発明の方法の開発に教育組織は依然無関心であるが
この個人的なデフォルトなしで、
知的な産業社会は本質的に形成できない段階にいる。

多様性について

自然の生物多様性が
人間のように支離滅裂にならないでも
維持されているのは
生物多様性という概念が
自然のシステムには不用だからだ。
シナジー(synergy)と
完全無欠(integrity)で十分だ。

科学的な統計

「電気エネルギーの消費が増加すると少子化になる」
この統計学は、バックミンスター・フラーが
1970年代のワールドゲームで発見している。
(『クリティカルパス』バックミンスター・フラー著 
梶川泰司 訳 白揚社 1998)
「女性の就労率(労働力率)が高くなると女性が子どもを産むようになる」
(武田邦彦 少子化問題での役所のトリック)
最近は、非科学的な統計が
国家によってしばしば流布されている。

続)デフォルト都市

僕は、他人から借りた知識に依存するすればするほど
生存できない場所に生まれた
子どもの一人だった。
学校から教科書が消えた数年間、
子どもが子どもを教えていた。
つまり、最初の破壊実験が
まだ十分ではなかったからだろう。

デフォルト都市

空中で爆発した最初の原爆が
都市のすべてを吹き飛ばした後の
見晴らしのいい廃墟のままの5年後に生まれた。
その都市では
バラックのシェルターが最初に川沿いに蘇生した。
7つの川が大量の流木を上流から運んでくれたからだ。
もし、その川がなければ
無数の黒い死者のうずくまる
悪臭が漂うひたすら焦げた廃墟だったはずだ。
最小限のバラックの構造材と
そして、生きるための魚と飲料水と燃料は
その川から調達された。
もし、当時の父親がテンセグリティを知っていたなら
最小限のバラックの構造材から生存生活を始めただろう。
そして、ずっとそれに住んでいただろう。
僕が生まれるまで30回以上も引っ越しをしていたのだから。