月別アーカイブ: 2013年4月

無尽蔵的に、そして無差別に

新しいアイデアを作り出すには
昨日までのアイデアを
掛け替えることがアイデア以上に必要である。
昨日のアイデアの死なくして
いかなる更新もなく
その死なくしていかなる発見もない。
ウォークマンの死が遅すぎたように
どんな製品にも理論にも死が訪れる。
<掛け替えのない>アイデアは存在しない。
アイデアは無尽蔵的に
欠点は無差別に発見される。
そして、人間が思考した存在ではない
原理だけが生き残る。

TPP

内部から発見された秩序は、絶えず均衡をもたらすが
外部から与えられた秩序は、つねに混乱をもたらす。
分断して征服するための欲望の影だから。
(すでに、日本の郵便貯金制度の破壊工作はその影で覆われた)

優れた張力機能

テンセグリティの張力が
優れたネットワークを形成する時
より劣った局所的な張力部材と
平等になりたいのではなく
より高い張力部材から張力を分散するように
機能することにある。
局所的な張力部材が破断しても
補償作用が機能することに関係している。

月と霧

満月の海では
張力は潮力となり
海面が上昇するように
満月の森では
月光で葉が光合成をしているだけではない。
気孔が開口し
森全体の水分が上昇している。
5月の森の満月の後
朝霧はとても美しい。
単純になるほど張力が
偉大であることがわかる。
満月は張力発生機だ。

大気圏の内部化

マルセル・デュシャンの『パリの空気50cc』 (Air de Paris) (1919年)
よりもはやく大気圏を内部化した人間はいない。
「パリの空気」は芸術作品であるが
内部化された空気のなかに住み続けるには工学が必要だ。
もっとも少ない材料で短時間に
組立と分解を反復して
移動するための『地球の空気』は
テンセグリティ・モバイルシェルター(2008年 by Yasushi Kajikawa)
によって内部化される。