月別アーカイブ: 2013年5月

張力的飛躍

自重で変形しているのが分かる
ゴム紐や釣糸を使ったテンセグリティが、
美しく見えることはない。
最適な張力を利用した
構造には飛躍がある。
科学的に飛躍したテンセグリティは
制作可能であるが
大きさにかかわらず
ほとんど存在していないのは
不完全なエンジニアリングではなく
メタフィジックスの欠如からだ。

内部と外部の分離について

テンセグリティを
幾何学モデルに閉じ込めるよりも
球状大気圏をモバイルする包括的テクノロジーとして
複製すべきである。
そうすれば、
内部と外部を分離するための
メタフィジックスが
自然に芽生えてくるだろう。

続)人為的な被曝

日々人生は
より短くなっていくようにデザインされている。
自分や家族を守るための
日々の労働によって。
人生はより弱まっていき
個人的なエネルギーが
徐々に失われていくと感じている時は
まだ生きる残るために闘っている。
しかし、腐敗した社会ゆえに
ついに人為的に被曝させる社会では
日々何か失われていく感覚さえも
なくなっている。
そのような社会は
個と共に死滅するようにデザインされている。

人為的な被曝

茨城県東海の加速器実験施設「J−PARC」は
5月23日正午ごろに同施設内で発生した放射性物質を
排気ファンによって
管理区域に排出させた人為的行為を
「実験装置はコンピューターで制御しているため、
人為的なミスではない」とした。
私の知る限り
<すべての科学実験は人為的である。>
室内放射線量も公表されていないのは
数千億ベクレルを超えた異常な事故だったからだろう。

K2=8886m

中国のエベレスト測量隊はエベレストに登頂して
エベレストを三角測量した。
その結果は、8844.43m±0.21mだった。
世界一高い山の高さを測った人(8886m)は
その登頂に成功した人ではない。
もっと高い大気圏外から無人衛星が
レーザー光で測定している。
ただし、
地球の引力と自転による遠心力による
均一な分布を基準にした楕円体の「平均海面=水準面」からの
高さである。
裏庭のことは
無人衛星が一番よく知っている。

続)5月の満月

太陽系ではすべてが
月のように軸回転している。
人間の知性は、情報量ではなく
地軸に対する回転移動距離に比例する。
しかし、人々は一つの場所に
定住したがっている。

5月の満月

満月の夜は、焚き火をしない。
新緑の葉が数えられるほど
森も輝いている。
精神的肉体的な浪費も苦労もなく
個人的な物質をいっさい所有せず
どんなイデオロギーにも魂と奪われることもなく
ひたすらに身軽に自立的に移動するためには
かなりの包括的なテクノロジーが必要だ。
————太陽系と重力、そして
この潮力交流発生機がなければ
5月の風さえも存在しないだろう。

忌々しい時代

1929年以後、再来する経済的な緊急事態を想定して
何を食べて生存するかが問題だった。
そして、人間はセシウムを食べることにした。
人間は問題自体を食べる習慣を発明したのだ。
忌々しい時代は終わらないまま
忘れられている。
遺伝子レベルにはなかった構造とパターンだから。

転写と翻訳

いかなる安定も持たない自由に目覚めるとき
限定された幻想的な世界が終焉する。
シナジェティクスは
直観をすでに理解したシナジェティクスによって
翻訳しない。
昔から存在するように見える
その何かを転写したい
風のようにやってくる直観を
昨日の概念で翻訳してはいけない。
そして、幻想的な、あるいは論理的思考によっても
けっして捉えられない
別の次元から新たな存在の絶えざる開示がはじまる。
それは、シナジェティクスの
始めなき、それゆえに終わりなき
リアリティの転写と翻訳が持続する時だ。
それ以上のリアリティを求めてはいけない。

レイマン(layman)

当時シルクスクリーンの印刷工だった私は
休日にテンセグリティモデルと
ベクトル平衡体モデルを制作しても
シナジェティクスを理解できなかった。
そもそも英語が読めなかったせいにしていたが
その魅力は脳裏から去らなかった。
————完璧な3Dでインプリントされたのだ。
40年前に遭遇したこの出来事は
バックミンスター・フラーに会う十分な動機であった。
最初の論文のスパーバイザーは
バックミンスター・フラーであったが
彼は英会話の素晴らしい最初の教師だった。
私が最初に書いた論文は、最初に印刷された数学論文となった。
私が完璧な<レイマン(layman)>からスタートした事実は
論文を書くよりも重要だった。
これほどまでに単純で個人的な関係を選択できたのは
バックミンスター・フラーが完璧な<レイマン>を理解する
真に知的な教育者であったからだ。
現在の知的産業社会が教育に期待するのは
私のようなレイマンではなく、超専門家たちである。
彼らが教育カリキュラムや株価、
そして、原子炉を設計している。

メタフィジックスモデル

飛行機のプラモデルを組立しても
航空力学が理解できないように
ベクトル平衡体モデルや
テンセグリティモデルを制作しても
シナジェティクスを理解できない。
完全な理解を求めれば、
すぐに失業するようにデザインされている
希有なメタフィジックスモデルである。
何かがあると感じても行動することは稀である。
知識は増えるほど行動しないように人間を教育できる。
みんな専門家になりたがっているから。

振動について

光合成生物が
光エネルギーを使って
水と空気中の二酸化炭素から炭水化物を合成しているように、
テンセグリティは
風や雪や雨といった外部からのエネルギーを
張力によって<より分散してより統合する>非有機的生命である。
<分割して統治する方法>は
外部からシステムを変容または破壊する方法であるが
<より分散してより統合する方法>は
システムを通過する外部エネルギーが
そのシステムをより統合する方法である。
共鳴現象は無生物の統合過程にも現れる。

新たなジオデシック構造

21世紀のジオデシックドームの製作者たちが
新たなジオデシック構造とそのパターンに関する原理を
発見することがないのは
その機能だけを信じているからである。
実用性の信奉者が実用性を生み出すことはないだろう。
ウイルスでさえ自己複製だけを行っているわけではない。
生き残るための新たな構造とパターンを
発見する方法を知っている。

複製と翻訳

道を覚えられない人が
赤い車を目印にするように
シナジェティクス原理を独自に発見できない人は
シナジェティクス・オブジェをより美的に複製している。
美的な指標にするために。
美しいオブジェを指標することは
シナジェティクスモデルを翻訳するよりも
簡単なことだ。
シナジェティクスモデルには
無数の未知な言語が潜んでいるがゆえに
翻訳に成功したモデル言語よりも
シナジェティクス・オブジェの方が複製されやすい。
シナジェティクスモデルの複製と
シナジェティクスモデル言語の転写・翻訳は、
互いに異なった行為である。
前者は形態と機能の複製が優先されるが
後者では概念の解読または原理の発見、
そしてその翻訳が優先される。
そして後者が新たな前者を生成するのである。

アンチ・レバレッジ

外部や内部からの力に対して
変形しない物体は宇宙には存在しない。
剛体は理想化された仮想的な物質である。
剛体力学は、数千年間も梃子(lever)という
棒状の剛体の実用性に囚われてきた。
経済でさえ、他人資本を使うことで、
自己資本に対する利益率を高めるレバレッジに夢中である。
rigid body dynamicsから
レバレッジなきtensegrity dynamicsへ
この張力の包括的な原理と実践方法については
まだ誰も科学的に教育できていない。

より細く、より強い方法について

球の表面積に対して
より小さく分割して頂点数を増加して強度と剛性を
シナジー的に増大させる方法が
ジオデシックの振動数=分割数(frequency)の原理である。
より細い繊維状の炭素繊維が
最強の張力材を形成する場合は
同じ直径の張力材では
張力材の表面積が増大するほど
張力がシナジー的に増大する原理を利用している。
すべての張力が物質の表面に現れ
ついに張力をその表面から離脱させるテクノロジーこそ
ジオデシック・テンセグリティだ。

非共鳴テンセグリティ

しかし、もう一つの工学的な原因については
ほとんど理解されていない。
張力がゴム紐や釣糸などの不適切な弾性によって
2点間距離がつねに変動して
その振動数をほとんど吸収している。
張力材には弾性率の高い物質が望ましい。
(註:弾性率の高い物質ほど変形しにくい)
自動車ならかなり危険な
サスペンションシステムになるだろう。
フィジカルな原因からも
テンセグリティの非共鳴状態が
生成される。

共鳴について

テンセグリティに
振動していない瞬間は存在しない。
テンセグリティは
つねに環境と共鳴している。
その振動とその音に気がつき難いのは
われわれの感覚器の限界を超えた振動数だからではなく
感覚器自体がつねに自己のざわめきで
振動しているからである。

動的な非平衡状態

何を食べるかで
農地は変わらない。
どこに集めても
半減期は変わらない。
誰を選ぶかで
負債は変わらない。
何を与えるかで
だれも救えない。
何を考えるかで
誰も愛せない。
人間はDNAを変えられるが
生物学の範疇にはなかった。
人間は人間を深く拒絶できる
最初の生物になろうとしている。
より奪うことで
より小さい人間を生むように
奪うこと以外の報酬は与えられない
システムを創造したのだ。
もはや、体系化された無知が
生命の再生に関わっている。

純粋さについて

経験と知識に身を任せ
思考に依存しても
シナジェティクスの純粋さは生まれない。
細胞テンセグリティは観察から発見されたが
テンセグリティは観察から生まれなかった。
顕微鏡が細胞を発見するまえに
細胞という概念が存在していなかった事実は
経験や知識ではなく
純粋さの現れなのである。
知識や経験によって
見えない存在を求めるノウハウは存在しない。

シナジェティクスの操作主義(operationalism)

観察するモデルは
ほぼ同時に観察される概念である。
発見された概念は
非同時的に発見される可能性があるモデルである。
葛藤、混乱、思考の飛躍が介在しない
自己のテクノロジーは
絶えず拡大していく瞑想に近い。

続)Modelability

「形態が機能に従う」思想から
テンセグリティは発見できなかった。
形態とモデルの差異は
フィジックスとメタフィジックスとの差異である。
形態は特殊な経験に従い、
モデルは一般化された原理に従う。
この違いをmodelabilityを通して認識できるのは
シナジェティクスのみである。

秩序について

圧縮力が過剰な構造には
大地からの恐怖がある。
張力が過剰な構造には
大地への依存がある。
テンセグリティは
大地と重力から最初に離脱した
<構造とパターン>であるが
その<構造とパターン>に
どんな過剰も欠乏も見あたらない。
<構造とパターン>には重さがないから。
そして、どんな秘密もないだろう。
完全無欠な原理は
秘密ではなく、秩序だから。

脱獄用シェルター

テンセグリティは
固体的概念のすべてを否定し去った時に誕生した。
つまり構造の定義はテンセグリティよりも前には存在しなかった。
航空機よりも半世紀遅れて
不動の大地への依存から解放された
空間構造が発見されて約70年が経過した。
通勤や通学という概念には
土地資本主義による不動産の所有化が含まれているように
モバイル可能なシェルターには
固体的概念からの脱獄化が含まれている。
大陸さえもテンセグリティのように
互いに振動しながら
球状に移動しているのである。

現状維持について

非有機的生命である
テンセグリティの現状維持とは
共鳴することである。
——-隔たった部分をより統合するために。
怖れや不安があっても
人間には様々な幻想が与えられ
互いに震えないように
全体から分断されている。
人間の現状維持とは
無知をより不連続化することである。

瞬間について

考えること、信じること、知ることを学べるが、
誰も原理を発見する方法を学べない。
自分以外の何者でもない存在を
言葉ではなく、構造とパターンによって表現しようとすることは
簡単ではない。
ほとんどいつも自然を模倣してしまうからだ。
発見する瞬間というのは、自然を知るための抽象化において
もっとも困難な闘いを通して
自分以外の何者でもない瞬間だからである。
その闘いなくしてウイルスのように
構造とパターンの無限性から抜け出す
その独自の瞬間はやって来ない。

modelability

modelabilityに対応する日本語はまだ存在しない。
テンセグリティは形態(form)から離脱し始める
シナジェティクスモデルの一つである。
真の機能はモデル化できても
形態化できるとは限らない。
形態(form)からシナジェティクス(model)へ移行する過程が
デザインサイエンスにおけるエフェメラリゼーションである。

MOX燃料

金持ちが汚染された物を売り、
貧乏人が彼らのためにきれいな食べ物をつくる
という方法がいつでも容易に実行されるかぎり
グランチの法律家資本主義は揺るぎない。 
2013年4月15日、700キロのプルトニウムを含む10トンのMOX燃料は
英・フランス軍による厳格な警備体制の中、
福井県にある高浜原発第3号機で使用されるために輸送された。
断層とプルトニウムによる今世紀最大で最強の核拡散実験に
無関心なのは市民ではなく、科学者と技術者とメディアである。
彼らが汚染された物を売る側の富で生活しているかぎり。

快適な催眠

IT革命によって、瞬間ごとに情報を更新できる。
瞬間ごとに自己を実現する幻想を抱かせる
その知識や気取った道具は
信じやすい人々を催眠状態に陥らせたまま
労働時間をけっして減少させなかった。
その革命は情報を人間よりも重要な存在にする
快適な催眠革命にすぎない。

計画的陳腐化

日本人によるウォークマンの脳死宣告が
遅すぎたのではない。
模倣やコストダウン、製品管理で対抗する世界が終わったのだ。
計画的陳腐化は製品だけではなく
ノウハウの習得方法にも及んでいる。
知識や技術の習得において
頭が良いだけの人には不都合な世界が始まった。