月別アーカイブ: 2013年8月

自然農 再考

無農薬、無化学肥料、不耕起、非遺伝子組み換え、
無除草、種子の自家採取などが
自然農の目的ではなかった。ましてその方法でもない。
バイオスフィアの偉大な能力を生長させ、
その普遍的な方法を独自に発見するという志がなければ
もはや自然農ではない。
これまでの有機農法や自然農法の定義もその基準も
破壊するほどの先験的な諸原理の発見が
自然農を加速度的に発展させてきたのである。
自然農を支える諸原理の使用に
誰も課金できない。

インサイダーVSアウトサイダー

世界の覇権が第2次世界大戦によって
内部から外部へと入れ替わったように
知識にはインサイダーとアウトサイダーがある。
学問にもインサイダーとアウトサイダーがある。
現在の世界の政治経済情報は
インサイダー(つまり、かつてのアウトサイダー)が編集した情報である。
同じ対象を観察する観察者の場所の問題を
操作主義的に扱う包括的なシナジェティクスは
そのどちらにも属さない。
シナジェティクスはこの半世紀間
内部と外部には同時には属することができない
客観的に記述可能な物理的かつ超物理的(フィジカル&メタフィジカル)な
シナジェティクス・モデルを数多く発見してきた。

自然の富

資本主義社会における学級崩壊と
原子炉のメルトダウン(炉心溶融)
およびメルトスルー(溶融貫通)は
前世紀から継承された危機的な出来事である。
教育システムと原子力発電システムは
自然の富(好奇心と自発性、そして有限な元素)を破壊し
それらからエネルギーを奪うための技術であり
人類の生存に対する包括的なテクノロジーは
まだほとんど確立できていないのである。

絆・依存症

原発もその爆発も
文化的、社会的、経済的、政治的背景から
生み出されたものである。
しかし、外部からでも内部からでも
はっきりとその真の被曝の姿を見ようとしない。
送電線に繋がれた電力エネルギー依存症なのである。
それによって、冷酷な社会は
より多くの凡庸な模倣者を
課金ネットワークにより長く繋ぎ止められる。

実験教育とシナジェティクス

原爆実験の後のヒロシマでは
こどもがこどもを教える<教科書のない>教育システムが
教会が運営する幼稚園や公立の小学校で実験された事実は
セシウムの内部被曝の事実と共に隠蔽されてきた。
戦後復興の混乱のなかで
こどもにとっては学校が一番楽しい場所となるこの教育実験の結果は
1950年代から始まった冷戦時代の米ソの宇宙開発競争に
勝利するために全米の幼児教育で表向きは
「モンテッソーリ教育」として後に利用されたのであるが
こどもにいっさい試験をしない理想的な教育理論の実験は
<規範となる教科書がない>ばかりか
<監視する教師がいない>実験でもあった。
こどもがこどもを教える過程で
こどもは様々な原理を自律的に発見していく。
この革命的な教育実験なくして
私はバックミンスター・フラーの教育理論を理解できなかったばかりか
彼との共同研究を支えてくれた動機など存在しえなかっただろうと思う。
書物や情報に対する依存心、競争に対する依存心、
そして権威に対する依存心などは
規範と監視のための<教科書と教師>を陳腐化した
教育システムではほとんど形成されない。
シナジェティクス教育には、
初等教育も高等教育も専門教育も存在しない。
こどもは、すでに混乱から秩序を発見する自律的な才能を備えている。
彼らは言語を自ら形成できるからだ。

安定学習

こどもの学習エネルギーの大半は比較に費やされ
教師も学生も学習に<安定>を求めている。
学習は淀んだ自己満足に使われている。
安定学習の最終形態は学級崩壊である。

節約テクノロジー

なぜ政府と東電はエネルギーを節約させてきたのか?
テクノロジーの陳腐化をできるだけ遅らせるだけで
利益を長く独占できる。
それが原子力産業とその産業化に失敗しても存続できる
半永久的な除染産業である。
節約テクノロジーは省エネでも省力化でもない
ひたすら誘導利益のためのテクノロジーである。
節約はけっして新しいテクノロジーを生まない。

言葉を書き換える

議論は生き方を変えなかった。
肯定も否定も環境を変えられなかった。
言葉は思考を規定し、思考は行動を規定し、
行動がはじめて生き方を規定する。
新たな生き方が現れるには、
古い言葉をすべて書き換えなければならない。

累計死者数

連続する記録的な猛暑で
電力も記録的に消費された。
体温以上の外部の気温がある環境では
人間は長期に生活できないので
人間はテクノロジーを利用してその環境をコントロールできる。
熱中症で亡くなった人は
2010年の夏の記録的な猛暑でさえ
累計1718人であったが、今年はそれをはるかに凌駕する。
この夏、メディアが節電キャンペーンをしなかったのは
節電によって生命維持ができなくなるほど
猛暑だったからである。
(現実的な理由は、道徳的判断ではなく、
猛暑で節電キャンペーンを続ければメディア側が敗訴するからだった。)
一方、原発の爆発の影響で
この2年半の間に亡くなった人は
すくなくともその200倍以上である。
人類は原発によって環境をコントロールして生命維持できないのである。
原発とその維持は
人類のためのテクノロジーではないことは
死者の数で決められるが
それゆえに政府と医学専門家たちはその数をけっして公開しない。

ありふれた信念

才能の8割が体力だと思い込まされている人に
才能は宿らない。
残りの2割がその体力と体力以外を作り出している生命の仕組み
ーーーーノウホワイトとノウハウとの相互作用に無関心だから。
原子核では、すべての核子(陽子や中性子)を相互に統合するための
結合エネルギー(質量欠損)は全質量のわずか0.05%にすぎない。

物質から抽象化へ

DNAモデルは2本の鎖状ポリヌクレオチドが一組となって2重螺旋を構成する。
1951年に発見されたこのモデルには実際のDNAの複製の機能はない。
2本のポリヌクレオチドを結びつける水素結合の相互関係を
捉えた謂わば3Dのストップモーションモデルである。
しかし、テンセグリティモデルには機能が形成されている。
共鳴テンセグリティのすべての形成過程とは、物質から抽象化に至る過程である。
細胞テンセグリティモデルでも
原子核またはフラーレン・テンセグリティモデルでも
テンセグリティモデルは物質の関係を抽象化し
もっとも純粋な機能を物質化しているのである。

シナジェティクスモデル再考

気づきは有限であるが
より完全な理解はより永続する。
理解から生まれる知識は
経験よりもモデルによって
より有機的に組織できる。
知識には周期的な軌道がある。
それを観るのはもはや知識ではない。
モデルに先験的に内在する英知(wisdoms)である。
すべてのシナジェティクスモデルは
発見されている。
シナジェティクスは形態デザインを陳腐化する。

モデル言語

シナジェティクスモデリングは原理の理解のための方法ではない。
シナジェティクスのモデル言語の生成こそ
手段であり同時に目的である。
モデル言語の生成過程を注視し洞察することによって
自己は非常に鋭敏になる。
そのプリセッションとして
シナジェティクスモデルが発見される。
内的なカオスから脱却するこの生成過程で
しばしば直観の役割を経験できるだろう。
自己と自己との関係に
宇宙の要求が投影される瞬間をはじめて知ることができる。
それは知識から知ることを破壊するだろう。

テンセグリティとインテグリティ

自由に思考することは不可能である。
ーーー思考の構造が昨日までの知識の蓄積から形成されているかぎり
テンセグリティは
構造を自由に思考した結果発見されたのではなかった。
大気圏内における内部空間を拡張する
テクノロジーの探査の過程で発見されている。
マンハッタン計画に対抗した
反建築(アナキー)的なメタフィジックスへの
志向性から生まれている。
テンセグリティ構造とは
思考の構造さえも否定する
前例のない純粋な構造の物質化だったのである。
純粋な構造の物質化の過程には
社会規範からではない
宇宙に対する自己の誠実さ(integrity)を伴うにちがいない。

クリティカル・パス法と最短時間

問題解決にはコストや時間がかかる。
その問題解決方法を思考するための時間もコストである。
多くの場合は、より複雑な解決方法によって、解決する過程がより長期化する。
そこで解決を中止するほうが経済的だと考える。
もっとも矛盾のない単純で効果的な方法にたどりつくのは稀である。
多くの人々は、その時間もエネルギーも想像するだけで終わる。
そこに到達するための
時間もコストもエネルギーも予め用意しなければならないと
最初に考えられたのは、国家か大企業か軍隊である。
単純で効果的なクリティカル・パス法には
時間とコストとエネルギーが含まれている。
固有安全性を含んだ最短時間の解決方法には
最長な経路が内包されている。
実践的なクリティカル・パス方法の最大の障害は
人々の常識と非常識を区別する社会的道徳である。
国家か大企業か軍隊には、その社会的道徳はない。
彼らがそれらを作り出し利用してきたのである。
たとえば、TPPはクリティカル・パスの産物である以上
今後最小のコストとエネルギー、そして最短時間で実行される。

終わりのない戦後

子供の時に
国を愛せないように教育された最初の世代は
それを民主主義として学んだ。
半世紀後、彼らは郵政民営化(日本版ビッグバン)を歓迎した。
そして、最初の被爆国の被曝が
除染産業と共にほぼ永久的に拡大したのは
敗戦国から自己愛という先験的な仕組みが
計画的に破壊されてきたからである。
1989年の冷戦終結、ソ連崩壊に始まる
<終わりのない戦後>を知らない世代でも
敗者は敗者を愛せないばかりか
互いに傷つけ裏切る無意識に見せかけた
張りぼての行動は見事に持続している。
1200兆円の個人貯蓄の効率的運用は
<終わりのない戦後>の終着駅である。

自己愛

自分を愛してばかりいると
人を愛することができなくなるのではなく
子供の時に人に愛されていないと
自分を愛することができない仕組みがある。
学校で学ぶことは
自己愛でさえほんの一瞬の<刷り込み=imprinting>によって
自己と他者との相互関係から生まれるという事実だけだ。

エネルギー資本主義

土地資本主義からエネルギー資本主義に移行した段階では
エネルギーは資源の所有ではなく、テクノロジーの開発方法にある。
そのテクノロジーのもっとも基本的な開発方法は
国家や企業によるノウハウの所有ではなく
発明者の動機付け(ノウホワイ)との出会いにある。
20世紀の主要な発見と発明(自動車、飛行機、パソコンなど)のほとんどは
大学内部からは生まれなかったように
国家や企業や大学はけっして
人間の動機付けを開発したり所有したりできなかったからである。
真の動機はすべての個人に自発的に生まれるように
生得的にデザインされている。
参照
世界を探査するモバイラーはノウホワイ(know why)と対話する。
“http://www.mammo.tv/interview/archives/no210.html”:http://www.mammo.tv/interview/archives/no210.html

国家公務員

ヒットラーに強大な権力を持たせたのは
少数からなる組織ではない。
国家から雇用された普通の公務員たちだった。
権力への監視システムを独占した彼らは
国家を民主的に運営できると自惚れていた。
目と耳を誰にも自惚れさせてはいけない。
これまでのように終身雇用システムに
代行させてもいけない。
それらは
未来につづく独占と強奪の最初の兆しだったはずだ。

異常な森

土石流の原因のほとんどは
大雨ではなく
保水しない杉林にある。
杉林は土石流によって
移動する人工の森である。
異常気象を
「過去30年の気候に対して著しい偏りを示した天候」と定義しているように
杉林という異常な森は
「過去60年の気候に対して著しい偏りを示した森」と定義できる。
稲作の周辺には広葉樹の森が存在しなければならない。
杉林は第2次世界大戦後にアジアの稲作の破壊工作のために
アメリカで考案された前駆的な枯葉作戦である。
この裏庭を覆う異常な森はエコロジー運動で保護され
自然破壊を合法化してきた。

目的論

星雲の一生に比べて
あまりにも束の間にすぎない生命には
つねに非対称な遅延
あるいは様々な空虚が訪れる。
その空虚を
無数の知識や世間話、
そして投資や消費に飽きたら
神秘への逃避で満たそうとする。
われわれを互いに孤立させ分断するのは
権力による合法的な目的であるが
生命の目的は科学的知識から除外されている。

クリティカルパス

長寿社会は死への恐怖から逃走する
テクノロジーを歓迎する。
例えば、マクロビオティックを目的的に
愛好する若者たちの急増。
自己を実現するテクノロジーは
意図的に減速させられている。
例えば、クリティカルパス方法。

単純さについて

圧縮材には圧縮力だけが
張力材には張力だけが働くテンセグリティほど
単純な構造は存在しない。
ほとんど重さのない張力が
幾何学的な構造とパターンに
予測できない重さのない機能を
生成していることに気づくには
より単純さが求められる。
単純さとは
すでに統合された精神だからである。

自然農

農業は定住することで
生産性を拡大できる。
そして、栽培技術と共に
人間が移動したからこそ
栽培技術がより向上し
都市人口が飛躍的に増大したのである。
移動(モバイル)技術は
人間の知性を短時間に
包括的知性へと変換できる。
自然農法(稲作)は
森と共に移動した結果生まれた。

ドメイン

一日の三分の二の時間を
自由に使えない個人は
まだ労働者である。
ドメイン(=空間領域)の三分の二を
自由に使えない個人は
まだ奴隷である。
時間よりもドメインを獲得する方が
より困難だから。

マンハッタン計画

マンハッタン計画は
原爆開発の過程で生じたビッグデータを
どう分類するかを開発し
ハイパーテキストの基礎を築いた。
今ではweb2.0やeducational2.0に継続され
20世紀型の通学と教授方法は
すでに破壊されている。
しかし、対話によって予測できない
関係を生む生得的な場を妨害するのは
古びた権威と正義で武装した
教育システムである。

続)分割統治 (divide and conquer)

しかし、日本ではこの古典的な<分割(divide and conquer)>が
突如として<絆(divide and combine)>に置き換えられた。
人々をより広範囲に被曝させる方法が採用されたのは
揺るぎない権力構造内部で開発した
しかし、もはやコントロール不能な半永久的な核分裂反応によって
分割統治が加速度的に陳腐化されはじめた事実を隠蔽するために。
分割統治さえも破壊する
歴史上類を見ない核爆発によって
永続的な放射エネルギーの終わりのない破壊的増殖が始まった事実は
権力には受容できないほどの規模だった。
権力によって、人々を統治することができても
分裂した物質を再び統合することは不可能だ。
すべての権力もまた本質的に放射エネルギーだからだ。
今や権力構造は
激しい自己分裂の危機によって
黄昏れているのである。

分割統治(divide and conquer)

植民は植樹のように
人工的に内部にもう一つの森をつくる方法である。
この森は植民地(コロニー; colony)と呼ばれる。
異民族を対立させるためには
最初の森を分断しなければならない。
分断するには他の民族を連れてきて植民させる。
その双方を外部からの支配によって
異民族同士の対立をより煽ることができる。
分割こそ、互いに異なった森の効果的な征服方法である。
すべての人工的な裏庭(エデン)は植民地に繋がっている。

エネルギー資本主義

原発は、国家と企業がそれらから獲得できる利益以上に
膨大な半減期を所有してしまった。
否、半減期こそが原子力産業をほぼ半永久的に
維持できるシステムを生んだのである。
エネルギー資本主義への依存システムが永続的な恐怖を生んでいる。
エネルギー危機を操作する権力テクノロジーが
人間存在よりもはるかに大きな重要性を帯びた
過酷な時代を生きている。

闇夜のカラス

闇の中へカラスを追え、やがて光が見える。
(アメリカ先住民の言葉)
切り離された「図」と「地」の
それぞれの込み入った同型の外形線からは
格子のパターンは、けっして推測できない。
しかし、隙間のない「図」と「地」から
突如として隠れた格子が現れる。

非人格的な神(=Cosmic Integrity)

Cosmic Integrityの実在を科学的にも証明できるとするのが
『シナジェティクス』である。
シナジェティクス原論を構成した『コズモグラフィー』
(バックミンスター・フラー著、梶川泰司訳 白揚社 2007)は
数学的証明可能なシナジェティクス原理群のみで記述されている。
『シナジェティクス』には
21世紀のメタフィジックスを決定的に先導する
シナジェティクスの諸原理とそのモデル群が存在する。
Cosmic Integrityは
シナジェティクスモデル群に内在する
先験的な構造とパターン(=デフォルト)を
デザインする<非人格的な神>を意味する。
☆『シナジェティクス』は『宇宙エコロジー』
(バックミンスター・フラー+梶川泰司著・訳(美術出版社 2004))
の一部にその翻訳がある。
☆また『コズモグラフィー』には『シナジェティクス』1975年以後の
死の直前までのフラーの発見したシナジェティクスモデルが記述されている。