月別アーカイブ: 2013年12月

ロジスティクス

年末は年始の準備で忙しいが
忙しくする必要はないほど、物資は過剰だ。
成長する<空虚>を
無数の忙しさで充たそうとする
ロジスティクス(logistics)がある。
人々の要求を満たすための
<空虚>が生産されている。
それは、計算を基礎にした活動(=logistics)にちがいない。

方法序説

バックミンスター・フラーの思考方法は
アインシュタインの思考方法の<再現>から始まっている。
『コズモグラフィー』はその再現過程で発生した
方法の独創性を要約したメタフィジックスである。
その思考方法こそ、自己規律を含む
シナジェティクスの方法序説なのである。

直観について

直観的に理解できる能力は
専門分化できないが
その能力がなくても専門家になれる教育が
生き残っているかぎり
数学者がシナジェティクスを理解するよりも
こどもがシナジェティクスモデルを作るほうが簡単だ。

空腹から空頭へ

本当に<空腹>になってから何かを食べれば
ほとんど何でも美味しく感じやすくなっている。
それでもそう感じないほど
本当にまずい食物はたしかに存在するが
<空腹>でなければそれは分からない。
頭と知識の関係もほとんど同じである。
われわれはつねに美味しい知識を食べ過ぎている。
<空腹>と<空頭>とを同時的に連動させて学習すると
物事の相互関係がもっとも効果的に理解できる。
人類の圧倒的な時間は
意図に反して
<空腹>と<空頭>に費やされてきたからだ。

思考言語について

シナジェティクス・モデリングは
数学言語の3次元の置換形式、またはその置換過程ではない。
まして、個人的で孤立的な活動ではない。
シナジェティクス・モデリングは
25世紀間も継続していた幾何学上の思考言語と
その在り方を理解し、またはそれらを破壊することにある。
芸術には本来、技術の在り方を理解する行為が含まれるが
しばしば表現技術からその目的が排除されるように
シナジェティクスモデルの具体例であるテンセグリティモデルは
張力技術のアイコン(=偶像)に無意識的に置き換えられてきた。
その結果、テンセグリティの張力部材に
ゴム紐のような弾性体が使用され工学的な統合性が消失したのは
観察者が個人的で孤立的な活動に始終しているからである。
構造とは何かは、テンセグリティによってはじめて定義された。
その定義した思考言語こそ
観察者の言語構造の破壊、またはその再構築に関わっているのである。

関係について

ただ生きているだけという
無目的な生活は
生命の神秘を遠ざけるという
確実な外部との関係を形成している。
その関係には重さがないから
存在しないと考えているだけである。

配当金

配当金とは
ほとんど何のリスクも負わない資本主義という
新たな巨人による贈与である。
交換したいものが貨幣以外にない社会の
最大の、そして、もっとも凡庸な発明は
配当金である。

幻想生活

エネルギーを節約し
その集中から逃避する生活が
多種多様に編み出されてきた。
働かない未来の生活のために
無目的な生活を送っている。
いまや賃金労働はもっとも簡単な逃避行為である。

縁側

真冬の晴れた日の
太陽光だけで暖房は要らない縁側で
シナジェティクスを読む。
シナジェティクスの英知が
情報や知識と如何に異なっているかは
脳の中の<縁側>で理解できる。
<縁側>とは
内部でもなければ外部でもない空間領域なのだ。

個人的な目的

何かを獲得しようとして形成されるモノは
ほとんど個人的な目的のために蓄えられる
エネルギーと物質である。
その目的が全体のエネルギーと物質の流れを
著しく妨げているとはだれも想像しない。

想像力

独自な<構造とパターン>に関する理論や発見は滅多にない。
如何に既成の<構造とパターン>から自由になれないかを表している。
しかし、この現実は<構造とパターン>は
自然の観察から発見されるよりも
人間の想像力が先行して生成する事実と矛盾しない。
自らの想像力から自由になることが
もっとも困難な想像力だからだ。

デザインの目的

科学者は原理に接近する理論を作り
芸術家は美の形式を作り出す行為に集中する。
デザインするという究極の行為は
われわれの思考形式によって
宇宙のデザインを発見するという
矛盾した段階に至るのである。
そして、その非人格的なデザインの目的意識に気づくのである。

他人の思考

何かに心酔することは身を委ねる行為である。
熱狂的模倣は知を愛する代理行為でもない。
心酔や熱狂は他人の思考の巧みな変容形態である。
種々の変容形態が絶えず選択できる思考停止の時代に生きている。
思考停止こそ、新たな消費形態の不変的な根源であるから。

思考する手

フォトショップが絵を描く才能を機敏に反映しより拡張したように
プロダクト革命にとって<手>は
思考する最初の精緻な3DMAKERである。
手は、3次元の軌跡を描いていく
船の舵を取るようにデザインされている。
手は原初的でありながら
3次元の最適なサイバネティクス(cybernetics)である。
現在の3Dプリンターが
<思考する手>を複製する機能であるかぎり
プロダクト革命を連鎖的に引き起こす新たな道具類は
ますますこの<思考する手>に依存するだろう。

専制への予防

縄張りのある領域(ドメイン)の内部には
無数の絆がある。
長さの単位が長さを測定できるように
縄張りや手綱や絆という概念が領域を形成している。
歴史的にその領域の外側は、つねにその内部よりも広大だったから。
自由とは、そのような概念操作から
領域の内部や外部を形成しない<デフォルト空間>である。

自己愛

自己愛は自分の一部であるから、
自己を冷静に外から見つめるということは困難だ。
見る行為を妨げる存在がどうして愛と呼ばれるのだろうか。

構造とパターン

構造とパターンは反復される記憶にすぎないから
実際には新しい構造とパターンを観察しても
独立した思考や感情は生成されない。
細胞という概念は観察から生まれなかっただけではなく
ジオデシックスも細胞テンセグリティという概念も
電子顕微鏡という道具の進化からは生まれていない。
既成の構造とパターンから真に自由であるためには
反復される言葉や映像、そして
それらの条件反射から逃れる方法を必要とする。
構造とパターンは
ほとんど観察の対象にはなく、数学的自然観に依存している。
私の場合、数学的自然観は
ほぼアプリオリに刷り込まれていると感じている。

見えない戦争

人々に移ろいやすい慰めを与え
外部的だけではなく内部的な権威から生まれる信念が
武力戦争以上の見えない戦争を形成してきた。
その歴史は圧倒的だ。
たとえば、米情報機関・米国家安全保障局(NSA)が
世界中の携帯電話の位置情報を極秘に集めるためには
権力テクノロジーと記号テクノロジーとを
融合させたアメリカ版特定秘密保護法が必要であった。
種々の計画的で危機的な状況を作り出すにあたって
信念をもって行動するように人々を教育しているのは
イデオロギーを問わずつねに政治家である。
そのためには政治家を権力テクノロジーと記号テクノロジーの
擬似的な専門家、あるいは科学テクノロジーの代理人に
仕立てるシステムが最初に必要である。
この見えない戦争は、冷戦中に始動した。
半世紀後、このシステムには<議会制民主主義>として
誤認識させるためのサブシステムがインストールされていることに
人々は気づき始めている。
日本では国家的メディアNHKによる
3.11直後からの人々を被曝させる<硬直した言語システム>が
それを証明しているだろう。

動的システム

テンセグリティがただ好奇心を夢中にさせるだけであって
精神を<平静>にできないならば
生命のない、しかし<動的システム>を
未だ理解できていないのだ。
生命の<平静>が<静止>を意味する限り。

知的産業社会

先端テクノロジーのユーザになっても
まだ掃除機を掃除するロボットは
掃除機より高価になるように
内部を自動洗浄するトイレロボットよりも
トイレロボットの外部含むトイレ全体を掃除する
掃除ロボットはまだ開発されない。
ロボット産業がコストの問題で
掃除機やトイレの掃除の労働を人間のための
残してくれているように
人間を解放するための発明や発見は
まだこの惑星に無数に残っている。
これが知的産業社会の初期設定だ。

2つのミスリーディング(misreadingとmisleading)

新たなモデル言語を生成するためには、
古いモデル言語を破壊しなければならないとしても
注意力を傾倒して
破壊と発見が交差する時を待つ時に
知ろうとする努力は
すべて間違った生成法だ。
シンタックスとセマンティックスが
DNAのように交差して組替わる時
偶発的な2つのミスリーディング(misreadingとmisleading)
がなければならない。
読み落しと誤解のプリセッション。

個別性

人との違いを生み、人を互いに区別する習慣は
個別性への欲望から作られている。
学習過程でのほとんどのエネルギーは
この個別性を基にした個性への変換に費やされている。
個別性は一種の自己催眠か反射条件に過ぎない。
しかし、水素原子や電子に個別性は存在しない。
無限の物質の組み合わせを作り出すために。
つまり、経験の組み合わせも互いにけっして重ならない。