月別アーカイブ: 2014年4月

モズ(mozu)

スタジオの庭には最近モズが規則的にやってくる。
モズはいろいろな鳥(百種の鳥)の鳴き声を
真似た複雑な囀りができるので
百舌鳥(モズ)と呼ばれる。
そのモズがカッコウに真似て托卵することもある。
しかし、そのカッコウもまた体温変動が大きいので
他の鳥に托卵するらしい。
そうなると、体温変動がより少ない他種に抱卵させる習性は
百舌鳥の場合にはまったく説明できなくなる。
体温変動は自然淘汰の結果なのだろうか。
進化と漸進的変化はつねに混同されている。

関係性の発見

より多く理解する方法は
より少なく知る方法である。
その方法は、
知識ではなく
知識と知識との関係を
発見する行為から生まれる。
例えば、岩石とミュートコミュニケーションとの関係を。

衰退の加速度

静かに衰退と孤立化が進む過程で
非常事態によって瞬間的に自己変革に目覚めるられるなら
衰退やトラブルはより決定的に発生したほうが
元来の環境への復活が可能になると期待する人々は
3.11後からは、いなくなっている。
—–尖閣防衛のための親米保守たち以外は
彼らにもはやコントロールできないのは
人口減少と産業競争力の衰退の加速度だ。
そして、彼らの思い上がった歴史修正主義は増大するばかりだ。
もはや株価では誤魔化せないのだ。

続)内部と外部について

それは、自然から隔離するテクノロジーではなく
自然と融合する峻烈な試みから生まれる。
大地を移動するこの宇宙船は
船や自動車、飛行機に比べてまだ不完全だ。
つまり、移動を止めてしまった家に
長くしがみついた結果
内部と外部の生きた相互作用が消滅しかけているのだ。

内部と外部について

アウトドアは
ドアを隔てて内部と外部が存在する家の概念から生まれた。
その内部はドアや壁の厚みで包まれている。
自然から隔離するためのこれらの厚みが
建造コストの大部分である。
永続的な皮膜とモバイルシェルターとの結合方法の
経済的な発明がなければ
紫外線と風雨と外気温の激しい変化で短命に終わるように
皮膜と構造を統合するテクノロジーがなければ
自由と自律から、簡単に分離そして解離される。
内部と外部を隔てるテクノロジーから
モバイルシェルターは生まれない。

という鋳型

他人とは違った人間になることに基づいて
もっと知的になり、もっと明晰で尊敬されるために
思考が他人と異なるように努力する。
これこそが絶えず知的産業社会が
個人に求める個性へのアプローチなのである。
そのアプローチの見返りに
個性に見合った深い安心感を期待しているのである。
しかし、アプローチは対象とするものに接近する方法である。
動機のないまま他人とは違った人間になる方法に没頭すればするほど
言葉や規範、願望によって
がんじがらめにされているのである。
個性は社会が作り出す見えない鋳型なのだ。
生成される中身はどれも驚くほど同型である。
思考方法を壊す思考はその方法からは生まれない。
Think different はすぐれたキャッチコピーであったが
命令形は何の違いも生まないのである。

発明と発見

「私が発明した」というとき、
その人間は過ぎ去った出来事の記憶の中に
生きていなければならない。
発明という分離的行為は過去の蓄積から生まれるからだ。
「私が発見した」というとき、
その人間は宇宙の記憶に生きている。
単独者として原理を発見したにもかかわらず、
先験的な相互関係を再発見したにすぎないからだ。

平均律

好きな音楽があれば
嫌いになるまで聞いてしまう。
嫌いになる理由を知りたいとしても
それは、好きになる理由とあまり変わらない。
思考したいときに、バッハの平均律を聴きたくなるのは
好きという限界を知りたいからではなく
音楽を好きにさせる意図を超越する方法として
無限に対するバッハの操作主義的な作曲法が理解できるからだ。
それは永続的な方法にちがいない。

非致死的調査

人間が水深150メートルも潜水できるのは
60兆個の細胞テンセグリティと
地球規模の血管ネットワークのお陰だ。
毛細管を含めると人間の血管というネットワークの総長は地球1周分もある。
ただし、それは圧縮材のネットワークだ。
水圧をかけたホースは鉄のような圧縮材に変換できる。
(その時ホースはけっして長さ方向には延びない。
直径が拡大されるのみである。)
哺乳類の鯨が300メートル以上も潜行するのは
深海に住む生物を餌にするためだけではなく
塩分の濃い水深での地球規模の高速通信ネットワーク網に入るためでもある。
地球の裏側いる仲間たちと非同時的に通信するのだ。
こうした事実は、日本の類資源管理技術から発見されなかった。
———-偽装された捕鯨調査情報などは、即座に共有されているにちがいない。

脱カタログ化

ダイマクションカーはボディとシャーシー以外は
すべて当時の自動車部品のカタログから注文してアセンブルされている。
V8エンジンはフォードが提供している。
1930年代からすでに新製品は既製部品から構成されていた。
それから80年以上が経過した現在
すべての部品をオリジナルで生産するメリットは
より少なくなっている。
無数の工場から出荷されたままの<デフォルト群>は
21世紀の予測的デザインサイエンスがプロダクトする
<トリムタブ>のほぼ完全部品になる可能性は
加速度的に高まっている。
しかし、異なった複数の既製品を矛盾なく統合するには
既知となった機能との葛藤や
新たな用途開発への混乱をもたらす断片化と
頻繁に闘わなくてはならない。
開発過程での葛藤や断片化はデザインの不足よりも
関係性の発見の不足から生じているからだ。
異業種界の無数のカタログに潜んでいる
新たな関係性の発見とそれから発生する機能の獲得は
自然界から新種の生物を発見する行為に似ているだろう。
デザインサイエンスの実践によって
新しいユーティリティが従来のカテゴリーの相互関係を陳腐化する時だ。
シナジーという脱カタログ化現象は広範囲に始まっている。

構造の死

古い構造が死んで
新しい構造が生まれるのではない。
テンセグリティが発見されるまで
構造は存在していなかった。
つまり、構造が死ぬことさえ不可能であった。
この科学的事実を認識できないほど
専門分化は概念の牢獄に繋がれている。
構造は容易に記号のテクノロジーに
置換されてきたのである。
これから構造が誕生する前に、概念が死なない限り
テンセグリティ理論でさえ
実験から理論を陳腐化できないのだ。
さらにその理論が作業仮説という
デスクトップ上( desk top theory)に存在する限り
まだ原理ではないのだ。
これらの操作の過程で
原理の発見は偶然にやってくる。
偶然はまだ構造のように記号化されていないからだ。

再び操作主義へ

秩序から生まれた操作方法が
さらに次なる秩序を生み出すのではなく、
操作主義から発見された秩序が
さらなる操作方法を生み出すのである。
この客観的な操作主義は
科学テクノロジーではなく、自己のテクノロジーに属する。
それは1000万人に一人の割合で経験されている。

「既製品を使え!」

バックミンスター・フラーは、唯一命令形の言葉を残している。
その命令を完全に遂行したプロジェクトはこれまで存在しなかった。
その理由は彼でさえ、完全には成功していかなったという事実で十分だろう。
しかし、工場から出荷されたままの<デフォルト群>が
21世紀の予測的デザインサイエンスによって生み出される
<トリムタブ>の完全な構成部品になる可能性は
バックミンスター・フラーの時代よりは比較できないほど高まっていた。
異なった複数の既製品を矛盾なく統合するには
既知となった機能との葛藤や
新たな用途開発への混乱をもたらす断片化と
頻繁に闘わなくてはならないだろう。
葛藤や断片化はデザインの不足よりも
関係性の発見の不足から生じているからだ。
産業化における量産とは
原寸大プロトタイプという原型の再生産であるが
量産された既製部品からなる
デザインサイエンスの<トリムタブ>においては
もはや構成部品のいかなる複製も不要になるだろう。
<トリムタブ>では
重さのない新たな機能が複製されるだけである。
その機能はどんな既製品の個別の機能からも予測できなかった
包括的システムから生まれる。

エネルギー、食料、シェルター

バイオスフィア内で都市部に定住する人類はより増加している。
火星移住計画は準備されてきたが
バイオスフィア内で25年間も頻繁に移住できる
シェルターはまだデザインされていない。
新たなシェルターが現れるには
ライフスタイルの選択からではなく
古い概念がすべて終わらなければならない。
バイオスフィア移住計画には
分離または隔離しても自律できる
エネルギー、食料、シェルターの個人による
製造方法の確立が必要だ。
われわれは再び生産者になるのである。

相補性

世間では、ポジティブとネガティブは
互いに反転可能な鏡像関係にある。
正義とモラルは
悪と懲罰にそれぞれ置換できる。
そして、明晰は、愚鈍と非論理性に
裕福は、貧困と不足に
愛情は、暴力と無関心に
知識は、無知と競争に。
自然は、ポジティブとネガティブを
互いにネガティブな関係で構築しない。
ネガティブな存在は
けっしてポジティブな存在の反転からは生成されない。
電子が陽子から生成されないように
自然は非鏡像的な存在を共存させている。
同時的または非同時的に。

余剰生産力

知的産業社会では
エネルギーコストが同じなら
労賃が安いほど競合できるとは限らない。
革命的な発明によって
これまで主流となった製品の機能を陳腐化すれば、
その製品や工場は瞬く間に不要になる。
真の発明力は
電気エネルギーコストの削減や
資源の独占だけでは調達できない。
発明のための教育は
余剰生産力から生まれるメタフィジックスであるが
現在の教育プログラムにはほとんど含まれていない。
現在の教育プログラムは
通勤する大量の工場労働者を教育するために
作成された1世紀前の原型を継承している。
教育コストのほとんどは
時代遅れの学力向上に費やされているにすぎない。

単純さについて

自然の原理は単純である。
科学論文の審査機構のほうが自然よりも複雑である。
「Nature」に記載されたレベルのノウハウは
最初に発見された単純な概念レベルで十分である。
STAP細胞の再現性には
かなりの理論とノウハウがあってしかるべきである。
軍事技術を見る限り、もっとも効果的な発明が
特許出願がなくとも開発されてきたように
テクノロジーは科学論文の受理とは無関係に開発できる。
「Nature」に記載される名誉よりも
論文も審査に出さないだけでなく
特許出願しないそのノウハウの方が情況によっては
高価であるというビジネスは存在する。
それは単純な資本主義だ。

ところで、論文の審査機構において、審査される論文の機密性を一体誰が
民主的に監視できるのだろうか。
科学論文の審査機構がほぼ権力構造に属しているならば。

科学論文

専門分化しながらも
集団化した科学者のクライアントは
限りなく真実に見せかけた
科学論文の<構造>に夢中である。
論文形式と審査機構との相互作用は
民主主義的ではない。
STAP細胞の発見が
科学に無知なメディアと法律家資本主義に毒されたのは
科学論文の<構造>と科学者が構成する社会<構造>に
自由な人間どうしの対話が不在だからだろう。
科学者に自由な対話と批判をもたらす<構造>がなければ
動く<細胞>の構造も見えないだろう。
現在のテクノロジーとその余剰生産性からいえば
優れた科学者が国家公務員である必要はない。
この国には、10億円以上の現金を所有する個人が
150万人以上もいる。
細胞生物学もシナジェティクスのように
メタフィジックスに接近する科学なら
個人で展開可能な時代だ。

母川回帰

2012年の世界貿易額で見ると
輸出額はアメリカではなく中国が第1位であり
輸入額では中国は第2位である。
しかし、中国の黒字と米国の赤字が共に減少しているのは
安価なエネルギー源を求めて、
多くの工場はサケの源流への遡上のように
技術が生まれた場所に回帰しはじめたからだ。
シェールガス革命は原発を陳腐化し
製造コストを中国よりも安価にできるのだ。
(日本は4位であり、輸入額のほうが輸出額よりも多い情況が続いている。
先進諸国で輸出額が輸入額よりも多いのはドイツだけである。)
日本はロシアやアメリカから余剰な天然ガスを輸入するかぎり
製造コストの革命は自国では望めない。

美的存在

彫刻家によって
テンセグリティ原理が応用されるとき
構造の軽量化よりも
美的存在とその永続性を優先した
素材が選択される。
ステンレスパイプやワイヤーロープなどの
腐食しない重い金属が必要とされる。
さらに決定的に
皮膜材を張力材に採用しない暗黙の了解がある。
つまり、美的なオブジェとしてすべての細部がデザインされ
テンセグリティは空間構造としてはけっして考察されない。
素材の構成から<構造>を除外した概念が解析できるのは
流行する様式のように
衰退していく思考方法の特徴であるが
それゆえに伝染しやすい。

トリムタブ再考

高速戦闘機では、翼の中でも
補助翼(補助翼、昇降舵、方向舵)の3種の舵の
軽量化と表面剛性が優先的に必要である。
零戦の設計では構造重量を軽くするために
翼の一部を羽布張り構造(=飛行機の翼に用いる布)の
表面にしていたようだ。
(8歳の時に、零戦の木製の精密モデルを作成した時に
この軽量化のエンジニアリングにかなり興味があった。)
しかし、高速飛行時には空気という高速の流体で
その羽布の表面が内側に凹んで平滑な曲面が失われ
補助翼はやがてトラス構造から羽布張り部分が
膨らんで破裂する危険性があった。
フレキシブルな表面材による構造のこのような欠点は
トラス構造のテンセグリティ化によって応力外板構造に変換し
軽量化も飛躍的に向上させた上で機体剛性も向上できる。
同じようにテンセグリティシェルターでは
ハリケーンや台風などの激しく変化する高速の風圧に対して
表面が内側に陥没(ディンプル)しないように
シェルターを空力学的に解決し
同時に機体剛性と強度を飛躍的に向上できる。
最大のテンセグリティシェルターのデザイン上の問題は
皮膜材と構造の同時的・非同時的な
人力での短時間によるアセンブル方法とその全コストである。
テンセグリティシェルターは
飛行機と同様に、大気圏を移動するための
効果的な地上用のトリムタブだからである。

モバイルシェルター vs スモールハウス

<スモールハウス>は
単位体積あたりの重量が
ほとんど軽減されていないならば
省エネとは言えない。
エネルギーと食糧と住居の三代要素を
まだ解決できていない。
それぞれの要素を縮小しただけである。
あるいは
都市と家族の矛盾から分離したにすぎない。
増殖しながら移動する人類に不可欠な
全天候性の自律的なモバイルシェルターを
開発する理由が忘れ去られる<平時>が終わった時にこそ
最初のモバイルシェルターは生産される。
バイオスフィアの陸地の80%は、依然未使用である。
驚くことにその大半は北半球にある。

抑圧空間

建築の空間構造とそのデザインが
どれほど人間の精神に影響を与えているかという心理学的研究は
贈与経済学が経済学から駆逐されたように
あまりにも現実的すぎて禁止されているように見える。
病院や老人ホーム、学校やオフィス
そして、仮設住宅の建築空間でさえ
人間を昼夜を問わず手っ取り早く抑圧できるからだ。
意図的に陳腐にした空間デザインだけでなく
モダンに見せかけた空間でさえ
人間の思考を効果的にコントロールできる。
そもそも、上下水道と電力ネットワークに
常時繋げるだけでも十分なはずだ。

数学と軽量化

軽量化とは
他の部品や部材
そして、環境や概念との関係においてのみ
存在しうる概念である。
事物の総相互関係(=三角形化)が完遂したネットワークとして。
建築の空間構造が、記号の法律言語(コード)に依存しているかぎり
人間が大気圏内で安全に健康に生活できる最軽量の空間構造は
もはや建築の領域ではない。
空間の超・軽量化は
航空機の翼やロケットの胴体の構造のエンジニアリング以上に
非物質化(エフェメラリゼーション)の前駆体なのである。
構造とパターンは
もっとも純粋なシナジェティクス数学に接近する。
漸近的な極限では
数学による軽量化だけではなく
数学の軽量化さえも生成されるのである。

再生的

デザインサイエンスプロジェクトを展開していると
ほぼ周期的にデザインサイエンスに貢献したい若者と出会う。
彼らは<掛け替えのない>人生を求めている。
貢献とは
理想とする誰かか、あるいは何かになろうとしているだけの
偽装した逃避のひとつである。
<掛け替えのない>行為は
人間が陥りやすい奇妙な思い上がりであり、
混乱のはじまりである。
その目的を達成するための社会的な選択的プロセスこそ
再生的宇宙に反する。