月別アーカイブ: 2014年5月

複製モデル

一定の範囲で変形して元に戻るだけでは
テンセグリティモデルにはならない。
張力材ではなく、弾性のあるを弾性体を使用して
2点間距離を変動させているだけの3Dモデルは
テンセグリティモデルではない。
張力に対する間違った概念によって
テンセグリティの破壊に対抗する外力分散機能という
真の動的なシナジーはまだ理解されていないにちがいない。
テンセグリティの定義(=不連続な圧縮材を連続した張力材によって
統合した張力構造体)と
それを再現するプロトタイプ(=母型としての鋳型)によって
実に知的な先験的な<構造とパターン>が発見されたのであるが、
美的な範疇に閉じ込めるための
自惚れた思考パターンにすり替えられてきた。
この混乱は、テンセグリティ原理を
リアルなユーティリティに変換する前に
魅力的な形態の手っ取り早い模倣によって
世界中に拡がってしまったのである。

生活器(livingry)

固定によって安定するすべての構造は
<大地>に自重を流している危険な構造と言える。
その<大地>とは、そもそも
不動を前提にした作業仮説であるから。
免震装置も、耐震装置も
構造に付加されたそれらの自重を支えるのは
割れない沈まない地盤である。
構造とパターンを理解せずに
ただ構造を安定させたい結果、
ジオデシック構造でさえ
移動できないように過剰な物質で固定されてきた。
<構造>が太陽系の軌道間を移動する場合、
科学的な安全率と単位体積あたりの重量計算は不可分である。
そして、<構造>が大気圏内を頻繁に移動する場合は
さらに空気力学的で熱力学的な配慮が加わる。
<構造>が強度と剛性を損なうことなく
最軽量にデザインされたテンセグリティ構造以外に
<生活器>の信頼できる構造は存在しない。
この<生活器>が
最初の移動するもっとも安定した自律的<構造>である。

続)全方位

シナジェティクスの<モデル言語>は
内部と外部の相互作用から生まれただけではない。
惑星地球を外部から見る行為と
その内部から宇宙を見る行為との
表裏とも720度の全方位の
非同時的視野角から生まれている。
例えば、同一のベクトル平衡体を
外部と内部とも720度の全方位から
異なる記述で表すことができる。

全方位

産業革命から工場労働者には
注意深く迅速に反復する動作が求められた。
政府は無数の学校を建造して
こどもの学習も模倣と反復から始める教育がはじまった。
しかし、コミュニケーションの方法を学ぶことは含まれていなかった。
遊びによって
こどもはコミュニケーションの方法から理解し始める。
さらに、必要性からコミュニケーションの方法を考案するには
模倣と反復による生産性からではなく
他者性が必要である。
こどもは最初の<言語>を作り出すのだ。
第3次産業革命(=デジタル情報革命)以後も
<言語>はつねに教育の外部から生まれている。
工場労働者の末裔たちは
内部的なデフォルト<言語>にまだ無関心である。

習性(habit)

動植物の場合は、生息地(habitation)は
習性(habit)が反復して形成される環境である。
欲しいと思うものを買うシステムは
必要なものだけは自分で作れない習性(habit)によって維持される。
たとえば、エネルギー、食料、住居。
消費は、もっとも簡単な習性の模倣である。
そして、知的産業社会では教育も消費に含まれる。
エネルギー、食料、住宅、教育を買う習性を
哺乳類では人間だけにしたいのだ。
その権力構造(Power Structure)が
けっして模倣されないように。

無知転用

核兵器の開発には
核兵器に転用できる原発が必要であった。
その原発の開発に税金を投入するためには
エネルギーの欠乏と
エネルギー危機が存在しなければならなかった。
原発の爆発後も、
原発の存続やエネルギー戦争には
人間の<無知>が不可欠である。
<無知(darkness)>は
専門分化によって
目のない<常識>に転用されている。

尊敬(respect)

バックミンスター・フラーへの尊敬から始まり
彼の発見と発明への順応によって
新しいものを発見できない場合
しばしば、凡庸な模倣者になっている。
尊敬(respect)とは
語源的に注意深く見る行為である。
注意深くなければ、凡庸さは自己欺瞞と化学反応しやすい。
フラーを尊敬するなら
彼が誰にも似ていないことに注目すべきだ。

自然のデザイン

本当の概念の新しさに遭遇した時
先行事例を参照してその新しさを解釈している間は
あるいは、
自然がデザインした原理から
変換された真の機能の効果を予測できない間は
前例のない概念に潜むその技術(utility)を捉えることができない。
美しさから賛美された過去のデザインを
現在に引きずり出すだけに終わる。

情報の定住化

異なった生活空間に移動することは
脳の記憶力や空間学習能力に関わる。
ナビや携帯の位置情報の代行によって
脳の記憶や空間学習能力の急速な劣化を招いた。
税収奪の手段を超えて
個人情報の収集と管理は
安定した情報の定住化をもたらしている。

自己のテクノロジー(再考)

私は、土日祝日は働きたくないし、
週3日以上は働きたくないし、
1日8時間は嫌だという
最初の戦後世代に属している。
そして日本の工業化にとても寄与してきたと思う。
なぜなら、工業化とは<怠惰を賛歌する>ための
テクノロジーへの移行から始まるからである。
<より少なく働く>ことが
最大の動機になることによって
自己のテクノロジーを獲得するための
プリセッションを生む。

続)自己のテクノロジー

例えば、他者への配慮は
余剰生産性からではなく
<怠惰を賛歌する>自己のテクノロジーから生まれる。
しかし、社会は、より少なく働くための
最大限の効率を実現しているにもかかわらず
より少なく分配するテクノロジーを
優位にするシステム(=法律家資本主義)によって
長く独占されている。
そして、人々は互いに他者の余暇ではなく自己の怠惰に無関心である。
そればかりか、他者の怠惰には攻撃的である。
より少なく分配するテクノロジーは
バイオスフィアにおける
人類の人口分布とエネルギー資源の分布状態に反したまま
いまのところ、株主の配当金に変換されている。

2つの自由

間違いを犯す自由よりも
経済的な自由(liberty)を選んだ時、
間違いを犯す自由(freedom)を失うことに
気づかないにしても
リバティ(liberty)という特権で
国債は買えても
自由(freedom)を用いる方法は買えないことが
理解できない人たちが
住宅を購入することができる。
生命を抵当に入れて
経済的な自由(liberty)を獲得するこの歴史は
まだ1世紀を経過していない。
きっと、他の惑星でも存続できない概念だ。

科学論文

真の発見は第三者の目撃者のいない場に発生する。
科学的発見が、同時的かつ共時的に
他者と共有されることは稀である。
科学論文は、その遊離し孤立したリアリティを再現するために
最後に他者と共有する表現形式である。
科学論文を書くために論文形式から学ぶほど
堕落した教育はない。

交流発生機

満月は周期的にやってくる。
私の場合、満月を見ると何故かいつも笑いがこみあげてくる。
月の裏面の満月を誰も見れないのは
バイオスフィアの海水との相互作用によって
月の自転と公転が地球とシンクロナイズされた結果なのである。
月の特殊な自転と公転の周期は
地球エコロジーには不可欠な重力交流発生機だ。
この奇跡的な重力交流発生機は
明らかに世界の気象だけではなく
動物の感情と植物の夜の光合成をコントロールしている。
動くものは距離を置いて動くものに影響を与える。
————太陽系のように
われわれは、接近し過ぎて互いの斥力を受けている。
プリセッションを信頼して、もっと互いに離れるべきだ。

単純化

複雑に見える出来事は
ある程度単純化できるが、
単純化して生成するためには
モデル言語が不可欠だ。
そのプロセスを単純化することは困難だが
単純に見えるように出来事は確かに再現される。
———–望むがままに

試行錯誤 (trial and error)

試行錯誤は傍観者のためにある
醒めた方法論だ。
危険(リスク)のない試行錯誤から
錯誤以上のものは試行されない。
真の試行錯誤は
冒険を冒すことである。
しかし、真の冒険者に
99.99%がダメ元だと思って
冒険をする人はいない。
経験的な方法のほとんどは
間違った冒険から帰還できたことから生まれる。
その時、試行錯誤 (trial and error)は
過去の経験との(cut and error )になるだろう。

『現金製造装置』 

「現金製造装置は、原発と違って
けっして爆発や爆破できないように発明されている。
ガソリン価格はもうじきレギュラー170円になろうとしている。
グランチは実に抜け目なく巧妙だ。
知性的な気取った若者が真似したくなる訳だ。
原発が爆発する2ヶ月前のブログから引用する。
Posted date: 2011年1月 6日ーーーーーーーーーーーー
外車のハイブリッドカーを最近まで
国内で見たことがないのは
政府が輸入禁止にしていたからだ。
その結果、国民は日本車のハイブリッドカーが
世界でもっとも優れていると思っている。
最初のハイブリッドカーは
ポルシェが1896年に発表している。
そして最新のポルシェのハイブリッドカーは
最高速350キロで燃費は35キロだ。
同時に燃料電池車をすでに市販している。
エコカー減税で多くの人が
燃費のいいガソリンの内燃機関を延長させた新車を購入して
次世代の燃料電池車や電気自動車の開発を
遅らせてしまったのである。
自動車産業の大株主たちは
エコカー減税という補助金の延長で
手っ取り早い配当金を貰ったように、
自動車産業が開発よりも
現金製造装置を選ばせる保護政策こそ
グランチの基本的な戦略である。
つまり
石油の価格は今後確実にもっと高くなるのである。
燃費こそ石油を存続させるために生まれた
19世紀の概念である。
電気自動車では電費であり。
太陽光エネルギーに換算可能である。

偶然

適応を目的として変化しないとすると
予め計画することで有利さを獲得するよりも
優位な変異をとどめたいだけかもしれない。
われわれは本質的に変化しやすい。
けれども、不利な変異を排除するように変化することを意味しない。
人間が最終目標であることを証明できないかぎり、
過去を編集し未来に意味を与えるのは
「変更を伴う起源」なのだ。
その起源すら偶然によって選択される。
原子炉の爆発は、この起源に変更を与えるためなのだ。
ーーーーーーこの爆発が津波による偶然のせいならば

無題

ひどく風に吹かれて
誰にもつかめない季節の変化は
あっという間に去ってしまった
メールを出しても
電話がなることもない図書館にいても
その裏庭もWiFiでますます狭くなる
働いても働いても
暮らしはもう終わっているから
風が吹かなければ
誰もどこにも
居場所がないと思いはじめた
気をつけろよ、風の吹かない場所は
いつも移動しているから一番安全なんだ
陽電子のように動く海だから

インテグリティ(integrity)

知性(intelligence)が
統合エネルギーよりも
放射エネルギーに加担する時、
誠実さ(integrity)は
つまり統合力は、知性に反比例する。
より知識のある人々が
真実を隠蔽しながら
自分と家族を優先するモラルに生きている。
グランチは
放射エネルギーをより拡散することに成功してきた。

凡庸な才能

すべてを疑って聞くことが知的だと思っている学生がいる。
なぜそのような態度に決めたのかと質問したら
こどもの時に親からそう教わったと平然と答えるタイプだ。
その親の職業はほとんど知的な場合が多い。
単純で強い自己愛に包まれたまま静止している習慣を
自己の外から見ることは困難だ。
こうした凡庸な才能の形成には
両親の権威による刷り込みが影響しているのである。
何に対しても驚かない
そして、何も信用しないこどもは
誰からも信頼されないにちがいない。
天真爛漫に、ある物事に集中する時のこどもは
疑うことからほど遠い存在に
幾度も投げ込まれているのである。
それ以上の知的な瞬間があるだろうか。

残像

親友が第2の自己であるとすると
その親友の親友は第3の自己である。
親友を悪友にかえても事情は変わらない。
自己増殖を望むのは、児童期の空想の残像だ。

同期(シンクロ)

仕事は二分されてしまった。
座って仕事するインドアか、
立って仕事するアウトドアかで。
学習が文系と理系に二分されたように。
仕事も学習も二分されるのが
専門分化の始まりである。
学習も仕事も群れと同期(=シンクロ)し過ぎている。
さらなる反復と進行によって、
自発的な動機(know-why)と同調できないままに。
同期(シンクロ)は、爆破するよりも簡単なモラルだ。
例えば、同期によって
放射性物質を意図的に混ぜた食品を
救済のために食べる人々を慈悲い市民とするモラルが生成できる。
記号化されたモラルからの離脱は
群れと共に反復と進行(=シンクロ)しないことから始まる。
この単純な行為に変換するプロセスは
まだ記号化されていない。

企て

より少ない種類の核子から
92種の原子核を効果的に形成するために
自然は核子という安定したモジュールに到達した。
モジュールは分割された結果ではなかった。
部分と全体の絶えざる相互作用の結果でもなかかった。
なぜなら、
<部分と全体>はまだ存在していなかったからだ。
難問の解決方法は
問題を最初から分割するのではなく、
より操作可能にするために
問題を可能な限り全体から対象化する企てにある。
ほとんどの問題は
問題でない残りの部分から生成されるだけではなく
<部分と全体>がまだ存在していないことから形成されている。

想像力

複数の局が同じシナリオで
同時に流すニュースのほとんどは
出来の悪いフィクションではなく
笑えない冗談に近づいている。
語られぬ事実によって
真実を映し出す反時代的な想像力は共有できる。
想像力は、距離を隔てても
電磁誘導的にエネルギーを同時的に伝達できる。

逸脱

住居を得ようと思ったら、土地を買わなければならない。
食料とエネルギーを得ようと思ったら、金を使わなければならない。
発明を得ようと思ったら、頭を使わなければならない。
その発明を金に換えようと思ったら、法律家を使わなければならない。
原理を発見しようと思ったら、宇宙の法則を理解しなければならない。
つまり、自分と自分以外のすべてを初めて外から見るのである。
この完全に客観的な逸脱を制限する法律はまだ存在しない。

偶然

最良のモデリングが決定できるのは
熟考の末になされた結果ではなく
偶然にやってきた場合が多い。
新しい概念を内在したモデリングが
つねに単純な素材から構成されていることは
偶然ではない。

焚火

夕暮れ時から畑の傍で焚火を始める。
薪を積み上げて、熾火の遠赤外線が最高になるまで
しばらくの間、薪の燃える音に聴き入る。
熾火でこしらえた玄米は
広葉樹の極上スモークの香りがする。
最近の気に入った音楽を聴き
星空を見ながら仲間と酒を酌み交わす。
風がすっかり静まった時
鳥の黒い羽ばたきと交互に鋭い鳴き声が
低い夜空を駆ける。
湿度が低い春の夜には
遠くの谷間から雪解けの川沿いに獣たちがやってくる。
まだ草の生えていない柔らかい畑には
彼らの足跡が残されているだろう。

自己複製

静かに衰退と孤立化が進む過程では
友人は自己複製した一部ではなく
複製の手段になる。
自己が孤立化しないように。
そして
けっして、初期化されないように。

関係性(relationships)について

関係性は異なった出来事から構築される。
学習過程では
より多くの情報を取り込む習慣を
関係性の構築方法として肯定しがちである。
しかし、新たな情報に期待する必要がないほど
経験された事実はほとんど未整理のままである。
統合するという行為によって
出来事を外部化すると同時に
秩序は内部化される。
自然は諸原理を矛盾なく内部化しているが
人間が肉体的精神的に束縛するものを減少させるために
自然を利用するかぎり、
自然はいつも外部のようにふるまう。