月別アーカイブ: 2015年5月

宇宙エコロジー

自然から癒されると考えている間は
人間は傲慢になるばかりだ。
例えば、珊瑚から癒されるから
珊瑚を保護するという考えは
エコロジーにはならない。
人間がいなくても
宇宙エコロジーは存在する。

自律的気象

人間だけがサバイバルできるテクノロジーは
自然を変えないだろう。
モバイルテンセグリティシェルターは
自然を模倣した人工物ではない。
宇宙の原理を利用した小さなバイオスフィアの生成に近い。
このバイオスフィア内部には自律的気象が発生する。

ナーガ(NAGA)

那覇(NAHA)とは、
ノア(NOAH)であり、ナーガ(NAGA)である。
————–バックミンスター・フラーの1982年の講義
那覇が変われば、日本がかわる。
それをアメリカ海軍(NA-vi-GA-tion)がもっとも怖れてきたことである。
那覇は
バイオスフィアを航海,航空,航行する時の
浮かぶ永遠のマイルストーンである。

鋳型

プロトタイプとは母型であり、鋳型である。
複製されるための。
デザインサイエンスには
批評よりもプロトタイプが必要である。
それらの物質化には
シナジェティクスの探究から始まる。
しかし、バックミンスター・フラーが
誰にも似ていないのは
シナジェティクスの探究方法には
鋳型が存在しないからだ。

偶然性

幾何学に非凡さや神聖さを求めない。
それは、ある種のBelief Systemの拡張にすぎない。
私は、偶然性を操作する
自己のテクノロジーの存在を
シナジェティクスによって確認するばかりだ。

習慣

習慣はなかなか変えられない。
気楽に作れる習慣は
気楽に暮らせる技術を生まない。
技術は習慣から生まれないからこそ変わるのだ。

Cosmic Fishing

月明かりがなくとも
金星と木星が光輝く海面をみるだけで
砂浜で焚火をする必要はなかった。
環礁のあるがままの姿を見るとき
最初にシェルターのない生活が始まる。
人類は最初に大地ではなく、環礁に降り立った。
そして、貝殻から釣針をデザインしたのである。
いま、私は、環礁から外洋に出かけたままの人々のために
テンセグリティ・シェルターをデザインしている。
彼らも原初の<生活器>を待ち望んでいる。
無柱、無線、無管、無軌道な惑星での
コスミック・フィッシングができる<生活器>を。

張力膜

テンセグリティは
外部から受け取るすべての瞬間を統合する。
内部を通過するエネルギーは
すべてシステムをより強化する振動に変換される。
外部エネルギーを内部化するシントロピックなこの機能は
閉じた張力だけで形成できる。
人体にもに閉じた張力膜(筋膜)がある。

点、線、面

シナジェティクスは新しい幾何学ではない。
数千年間維持された
幾何学の点、線、面に関する概念を破壊し
点、線、面は
それぞれジョイント、ストラット、ウィンドウに
変換されたのである。
それぞれの部材には、熱伝導性や弾性が備わっている。

関心事(concern)

自分に関心を寄せてくれる人々に関心を寄せる人々は
自分以外の出来事に関心を寄せる人々に関心を寄せない。
彼らは、何故その傾向が生まれるかにはもっとも無・関心である。
関心(concern)とは
ふるいにかけるために混ぜ合わせて
利害関係を形成する原始的な行為だからだ。
興味(interest)とは、
間に存在する関係(relationship)へ引き入れる行為である。
関心と興味は、本質的に異なる心の動きを区別する言葉である。
したがって、自分以外の出来事に関心を寄せる人々は
自分に関心を寄せてくれる人々に関心を寄せる人々にも
興味があるのである。

故郷

核爆発後のヒロシマの人々は
草木や野鳥でさえ移動した後に
セシウムのことはまったく知らされなかったが
今、こんなに多くの人が自らの意志で
故郷で再び被曝するだろうか。
自然は故郷をけっして癒さない。
彼らが自然を癒さないかぎり。

太陽

権力に見えない影を与えるのは、
権力内部ではなく
われわれの混乱から生じる
惨めさと恐怖なのである。
権力の影に無関心が蔓延り
愛と対比的な影を与えるのは、
いま太陽だけだ。

原子力発電

「この仕事は絶対に奪われない」という専門分化によって
製造され独占されたので、その廃棄物もだれも処理できない。

単純化

物事の単純化には2通りある。
小さい物事に分けてみて、それをやり遂げるのが
楽になると感じてから始める方法と、
物事をより統合するために、
より単純化し続けた後に
高度な単純化の難しさ以上に、<直観と美>を感じる方法。

天測航行(astronavigation)

月は楕円軌道を描いている。
その見かけの大きさも変化するほど
地球との距離は近い。
その月明かりがなくても
金星と木星が海に反射する明かりによって
外洋を航行する人々の島で
天測航行(astronavigation)の概念が発見されたに違いない。
しかし、その発見には
それらの惑星がつねに太陽の軌道面と
ほぼ平行な楕円軌道を形成している発見が
先行していなければならない。
そして、天測航法による「位置」の概念は
2つの天体について位置の線の交点から現在位置を知るための
テクノロジーを形成したのである。
動くものから動くものとの関係の法則を
見出す行為は
すべてシナジェティクスへの道である。

デザインサイエンス

デザインは、形態の変換ではないし、
テクノロジーの翻訳でもない。
デザインサイエンスでは
それを原寸大の物質にすることより
その方法を発見することの方が困難である。
その方法こそ、創造的な才能で
デザインできると考えている限り。

閉じた自由

お金が「鋳造された自由」なら、
テンセグリティは
振動する「閉じた自由」である。
「鋳造された自由」は、つねに変動するがゆえに
外部に安定を求める。資源や土地やゴールドに。
「閉じた自由」は、つねに外力を振動と共鳴に
変換することによって、構造安定性を生む。

遠隔作用論

圧縮力の影は、張力ではない。
真の張力に影はない。
テンセグリティの張力は、不可視の包括的な重力に近い。
つまり、圧縮材に対して働いている力は
月や惑星が互いに働いている力である。

構造の自由

複数の圧縮材をまとめて1つの全体に
統合する実験から
テンセグリティは生まれなかった。
圧縮材が不連続で、
互いに非接触であり続けるには
どんな足場も持たず、大地もなく、
何事かをなしとげてもいない
自由な存在から
<構造の自由>を定義しなければならなかった。
それまでの人類には、結晶質的な固体の概念以外から
考察された構造は、存在していなかった。
どんな部分よりもより重要な部分を所有しない
構造システムの物質化への英知の発見から
半世紀間も経過したが
人々は、より重要でない部分を排除する経済学に依存したままだ。

自由な視力

狡猾な言葉を囁くための政治や経済的思考は
他人と同じように見る行為を優先する。
自然を発見するためには
見る行為は絶えず破壊されやすく
デザインされる。
素晴らしい技術や学問を発展させるための思考でさえ。
あるがままを見ることは
ほとんど稀か不可能であるという思考から
破壊していく場合、
それに続く破壊の恐怖から
自由でなければならない。
自由は、発見された世界で満たされるのではなく、
あるがままの現実を見極める試行錯誤と
それを記述する言葉にある。

Vision

時間は退屈すれば長く、充実すれば短いが
ビジョンに退屈すれば短く、充実すれば長く感じるかもしれない。
自分以外の他者のために自発的に
開発する仕事から新たな機能が生まれる。
ビジョンは本来、可視光線での出来事を超えた先見性であり、
宇宙での人間の役割に関連している。

分割から分裂へ

問題は分割だけでは、問題を増やすだけである。
彼らはそれを分裂させることにした。
そして、ウラン235は核分裂の連鎖反応をおこし、
地下でも、人々の腎臓の中でも
放射エネルギーを増大し続けている。

カエルと田植え

田んぼに水を入れる前に
カエルが鳴き始める。
土の中からカエルが自然に
冬眠から目覚める時よりも早く
トラクターが田んぼを掻き混ぜる時に
突然目覚めてしまうからだ。
彼らの大半は、目覚めた時には
トラクターで踏む潰されるか
あるいは、切り裂かれている。
農薬ではなく
トラクターが彼らを眠りから起こさなければ、
カエルは田植えの後に
もっとたくさん存在しているだろう。
トラクターの作業の後に
鳶やカラスが集団で田んぼに集結している現象から
その殺戮を説明できる。

現実的

16歳の時いろいろなアイデアをたくさん考えた。
そしてまだ経験しない人生の問題もほとんど想像していた。
その後も、その想像はいつも有益だった。
そのほとんどを現実化しなかったことに慣れたからではない。
想像したよりもアイデアはより現実的になったから。

排除システム

病原微生物やウイルスといった非自己となる
異物の排除システムによって
人間はブタやパイナップルを食べても
ブタやパイナップルにはならないが
ポップコーンとコーラを体内に注ぎながら
ハリウッド映画を見ると
なぜかアメリカを尊敬するようになるシステムは
軍事的に研究されている。
生得的システムがそれらを排除しないように。

軌道

再び満月と焚火の夜がきた。
満月は違って見える。
同じ焚火を同じ薪で再現できないからではなく
焚火も違う軌道を通るから。

元素産業

ウラニウム元素を扱う原子力産業よりも
食べられる元素を扱う農業のほうが
人類には有用な元素産業である。
その元素産業は
太陽光と水と二酸化炭素で永久に運営される。