月別アーカイブ: 2015年9月

逃亡する自由

議会制民主主義国家は
秩序と法律に基づいて
他国でも自国でも
虐殺を行うことができる。

他国に逃れられないように虐殺する方法もあれば
自国で移動させないまま、静かに虐殺する方法もある。

夢から
逃亡する自由さえも奪われる時が
殺されるときだ。

彼らの刑罰操作はつねに自由だから。

服従の過程

懲りすぎた繊細すぎるテンセグリティモデル
テンセグリティ的に偽装した非構造的なモデル
軽量化を気取った非自立型モデル
構造解析を装った不完全なテンセグリティモデル

これらのモデルの共通点は
人間の居住とは無関係な技巧へのデモンストレーションであるだけではなく
テクノロジーへの服従の過程をなぞっているだけである。

革命的なシナジェティクスに
最初に挑戦する行為が
すでに発見された概念の退屈な複製である場合、
それらは受容されるための
学習過程に紛れた服従的な行為なのである。

テンセグリティ構造は
もっとも柔軟な強度を備えた唯一の構造である。

独創性

知的な人間は自分のアイデアの新規性について
独創性を得た人間はオリジナリティの教育方法について話すが
宇宙の原理の無限性については沈黙する。

人間はどんな原理もデザインできないことを知り
そのことによって
無限の発明を引き出す方法にはまだ無関心である。

宇宙のなかの人間は
独創性に紛れて生きていてはいけない。

秋のお茶漬け

今年最初の無農薬の新米を食べる。

炊きたての新米よりも
わざわざ冷やした新米を
17度の伏流水の井戸水で食べる
冷たいお茶漬けで
本当の新米のおいしさが分かる。

冷えた新米のおにぎりも同じである。

新米の芳香は、最高の季節のアロマである。

誘導システム

シナジェティクスモデリングは
原理の探究過程で自己自身の変化を誘導する試みであり
自己表現を目的とした自己と他者の相互関係を
単純化する試みによって
深めていく手段という理解から脱しなければならない。

前例のないシナジェティクスモデリングが
論文や特許を目的に利用される開発の諸段階から
生まれない理由でもある。

シナジェティクスモデリングは
直観による原理への誘導システムである。

誘導システムに誘導するのは
非人格的なメタフィジックスである。

無言の<錯乱状態>

放射性物質の牢獄地帯に居住する被曝行為を
隠蔽し支援する習慣のある
政治指導者たちの元で発言してきた
科学技術者たちを警戒すべきだった。

今年の9月11日に発生した福島原発の地下で発生した
異常な核分裂について何も報告しない軍産学複合体の
いつもの冷静さを装った
無気力な<錯乱状態>を警戒しなけばならない。

彼らは一様に、生命にとってもっとも危機的な
しかし、彼らの想像力をはるかに超えていた物理的作用には
つねに無言である。


地下で加速度的な核分裂を証明する
最大規模の閉じていない霧箱での粒子の軌跡群


1:30前後 霧の中に無数の軌跡を描く放射線群

構造とパターン再考

シナジェティクス・モデリングによって
基本的な構造とパターンを問い直すということは
その現実的な破壊
あるいは、その解体から
全く異なったモデリングへの転換、
こうした過程へと到るような
新たな概念の存在の気配を
感じることを意味している。

構造とパターンという
無機質的で幾何学的な純粋概念を媒介させながら
誰か他人の権威を受け入れてしまうような
意志の状態から脱出する瞬間の気配なのである。

 

もう一つの現実

シナジェティクスの思考とは、
非シナジェティクス的思考という圏外との境界に留まり続け、
それがデザインサイエンスという有限な物理性へと
現実化するテクノロジーを伴った経済的な合理性によって、
シナジェティクスに息づく自然のデザインを作動させる
一つの直観的な方法なのである。

非シナジェティクス的思考と共に
絶えず想起せねばならない
自然へのメタフィジックスは、
もう一つの現実に属する。

プリミティブな動機

教育が自己のために生きる目的と
矛盾しないかぎり
絶えず自らが自己とともに生きる行為を
利己的と見なすであろう。

自己に対して生きる目的と行為が失われるほど
プリミティブな動機は、つねに背後に曖昧に残されてしまう。
忘れ去られるように。

反固有性へ

発明の才をより自発的にするためには
技巧を凝らす時の受動性に対して
より反発を感じるようになるだろう。

発明は
個人の固有性としてではなく
前提条件を破壊するための
戦略として理解されるべきである。

還元という操作

強行採決という
反民主主義的なプロセスと
それを反論する根拠は
どうでもよいのであって
それを言い渡す側の力を行使しているだけである。

システムへの還元操作によって
法が制定可能なのである。

退屈な手続き

権力は、議員とメディア、そして

議員ではない人々を基点として、不平等で不合理なゲームを永続化する。

経験と意味作用の数々を破壊する心理ゲームの前提条件は
自在に書き換えられる。

あらゆる退屈な手続きは、
高い報酬と共に
主体の無化へと誘導する。

局所的な有限性

人々は自分のために
自分の利益のために
そして、自分の家族のために生きる。

しかし、それらの目的に生きる者が
絶えず自己とともに存在することにはならない。

さらに、自己を含む宇宙のために
存在することへの移行は
有限性に自分自身が繋がれている幻想に
直ちに呼び戻されてしまうだろう。

税金で構築される国家の安全システムこそ
この有限性という幻想の終着駅である。

安全システムが
たとえば異常気象による短期間の異常な雨量という概念で
自らをシステムから免責できるのは
この局所的な有限性なのである。

(利根川水系という浮かぶ都市に住んでいる前提条件こそ
無限性に基づいた自然が導く安全へのテクノロジーを生むに違いない。)

Tone_river_map

安全メカニズム

安全メカニズムを機能させているのは
国家権力であるが
福島原発が生成するトリチウムの水蒸気雲は
植物の光合成レベルの安全メカニズムを
短時間で変容してしまったが
彼らはその過程で死滅するわけではない。

植物には
少ない太陽光でも生存可能な
葉緑体とミトコンドリアを用意できる
テクノロジーがある。

大気圏内の安全性を制する人類の軍事テクノロジーは
植物ほどにも達していない。

マイナンバーカード

マイナンバーカードとは
<人口>という概念で捉えた住民であって、
固有な現象と変数に基づいて、
複数のマイナンバー、つまり<人口>は推移する。

被曝率、出生率、納税率・病気の履歴
そして、食料費や学歴、住宅ローン、寿命との相互関連の
ビッグデータから安全性のシナリオを作り出し
未来を統治できるのだ。

権力は、イデオロギー的ではなく、無媒介な影響力によって
無益な学習と労働を強制しつづける。

仕事

最初の宇宙飛行士ガガーリンは
宇宙飛行士という職業意すら思い描く必要もなかった。
それは、家族にも極秘にされた特殊任務であった。

人類が必要とするにもかかわらず
現在の職業を超越する、または陳腐化する<仕事>は無数にあるが
その<仕事>の特徴は(ただし、軍事目的以外の場合)
その仕事ではつねに経済的に生きていけないと感じることにある。

職業とは、他になすべきことを持たないように教育された人々の
ありふれた生きる手段である。

放射性物質による被曝に対して
医者や医学者でさえ、せいぜい被曝検査以外になすべきことを持たないように。

感覚器

生物濃縮は、蓄積されるばかりだが
被曝を感覚器で捉えてそれを回避する能力は
まったく蓄積できない。

つまり、人間は、放射性物質がバイオスフィアの居住圏から
ほとんどなくなったときにやって来たのである。

反宇宙的<安全装置>

航空機には、墜落を回避する安全装置は存在しない。

飛行するための優れた<安全装置>は
揚力をより経済的に向上させる科学的な翼と
剛性と強度のあるモノコック的な機体以外にデザインできない。

エンジンを2基しか持たない旅客機では
飛行中にその内の一基が停止し
一定時間以内に代替の空港へ緊急着陸する時でさえ
可能な航空路のみの飛行が許されている方法は
システムに付加する<安全装置>から生まれていない。

原発の発電するためのすべての<安全装置>は
発電装置以外の装置として付加されている。

原発は、地下資源マフィアの利益のためにデザインされている
反宇宙的なテクノロジーである。

電気エネルギーは、それを発生させる装置以外に
安全装置は不要である。

非科学的で高価な安全装置で統治するのは時代遅れである。

レトリック

内部被曝は
権力に対する科学者・技術者の追従だけではなく
いかに聴衆を納得させるかを目的とする
かなり政治的なレトリックなければ
長期的には成功し得ない。

モラルが予め破壊されているという前提条件は
教育によって隠蔽できる。

最初のモデリング

シナジェティクスの自己認識は
モデリングで十分である。

シナジェティクス・モデリングは
自己を外から見る行為に他ならない。

しばしば、その行為は
自己の思考方法から逸脱する偶然性を
呼び寄せる前提条件を作り出すのである。

自己を外から見る自己は
最初のモデリングの対象である。

最古のモデリング

まったく思考されなかったものをモデリングする。
発見すらモデリングの後にやってくる。

この方法が最古のモデリングである。

つまりシナジェティクスモデリングは
言語以前の直観的な概念破壊であり、
夜空の星々から新しいナビゲーションの方法を
読みとることにほかならない。

シンメトリー

構造よりも優先し、パターンよりも優先する存在。

個的存在性を震撼させるその発見なくして
数学は構造とパターンに関与しない。

シンメトリーは、原子核の構造とパターンに採用された。

そして、もはや個的存在性を作品として練り上げる人々の方法から
新たな空間構造は生まれない。

プライムデザイナー

エンブレムのデザイナーは
つねにデザイナーではない。
それを審査する組織でもない。

その工業所有権を所有し、その権利のもとで
利益を確保するシステムが基本をデザインしている。

グラフィックデザイナーが
このプライムデザイナーを騙す技術を習得し始める時、
デザイナーはつねに偽装される存在なのだが
グラフィックデザイナーは
プライムデザイナーの概念を理解するほど
彼らは哲学的ではない。

権力が欲する意味作用を変換する作業が
生存とその方法には、無関係であるかぎり。


プライムデザイン再考
http://synergetics.jp/tensegrityblog/

自然のテクノロジー

他人の意見は変えられないが
環境は変えられる。

地下に潜ったウラニウムのように
福島にオーロラを人工的に呼び寄せることもできる。

より明るい人工オーロラで使われる物質は、より残留する物質として
セシウム、リチウム、ストロンチウム、バリウムである。

権力構造のためのデザイン

シナジェティクスで発見された原理を
一連の蓋然的な出来事の内部へと統合する行為には
原理を発見するエネルギーとは異なるエネルギーが必要である。

つまり、デザインは、発見された原理が派生する
過渡的な形式における反日常的な意味作用を把握する
峻烈な行為なのである。

抽象概念を視覚的な用語で具体化させる
グランチのためのデザイン行為、
例えば、怠け者が好むエンブレムデザインとは
絶縁している。

<戦争機械>について

これほどの厚いトリチウム雲に覆われた
広範囲の内部被爆を隠蔽する
権力構造とは、
世界秩序と税金収奪が実在し
人間が実存しなかった歴史が
まだ引き継がれていることを
想起することさえ出来ない<構造>にこそ現れている。

戦争機械は、思考方法にまで複製され続ける。

内部被曝人口

経済的・政治的問題として〈内部被曝人口〉の問題が浮上した。

軍事的な研究としての内部被曝人口であり、
被曝者の医療或いは
医学的対象としての人口であり、

さらに、地下で増大し永続する核分裂と被曝人体実験の研究資源として
その人口制御の可能性との間の経済的・政治的均衡関係において
捉えた内部被曝人口である。

そして、その事実は隠蔽された。

原子力発電の利用が不可欠としている国際エネルギー機関(IEA)による
「エネルギーと気候変動の構図を描き直す」ために
世界の平均気温の上昇を2度以内に抑える
非科学的な政策を、共産国も批判しない理由と共に。