月別アーカイブ: 2016年6月

大黒柱

権力は、住居の個性化というデザインで矯正し、階層化し、
構造の自律化を回避しようとする。

すでに家庭や学校における個性化によって
構造の<大黒柱>への依存性をより強化してきた方法と変わらない。

より太く重い<大黒柱>とそれを羨望するデザインが、
人々を圧死させてきたにもかかわらず
<大黒柱>は再生産されてきた。

権力が最も恐れているのは、構造の自律である。
真の構造の自律化によって、<大黒柱>は消滅する。

構造の内部へ

混血していくと、人類はすべて黒人になる。
生物学的に人類には人種は存在しない。

安定した構造が、互いに融合していけば
すべてテンセグリティになる。
——–人体を構成する70兆個の細胞のように。

そして、構造学的に、科学的に、
人類はまだ構造の内部には居住していない。

構造の内部へ移動して
e・食・住(energy-food-shelter)を満たす時が来たのである。

直観と美(再考)

<直観>と<美>は、
法律(=記号)と土地という人為的な富による権力作用の中に組み込まれ、
さらに後には、教育や医療、精神分析、
そして大量生産技術なとど相互に連動し統合されることで、
あるいは、宗教と共に除外され続けることで
その重要性と自立性に関して独自なエネルギーを失ってしまった。

<直観>と<美>なくして
モバイルシェルターがデザインできないのは
それらこそが生存と自己のテクノロジーに深く関与しているからである。

非生産的すぎるテクノロジー

生存するには非生産的すぎるこれまでのアーティファクトとノウハウのほとんどは、
権力構造に属する人間が考案した適者生存の産物である。

鯨のネットワークに比較すれば「電力と情報のネットワーク」さえ、
抜け目なく課金するための分断された局所的なネットワークである。

『宇宙エコロジー』バックミンスター・フラー+梶川泰司 著 から引用

無関心

両親は、愛情の現れとして
こどもに生命保険をかける。

同じ理由から
こどもに教育投資を施す。

感謝されたいだけではなく
こどもが何を感じ、
何を考えるかには無関心でいられるから。

そして、無関心は、無目的である人生を遠ざけるのだ。

リダンダンシ( redundancy)という概念の崩壊

構造とは何かという問いが建築領域で辿った物理的・数学的軌跡は、
建築学ではその問いを退け、
耐震、免震、制振の機能を備えた疑似構造によって
その問いかけは遂に無力になる。

しかし、バックミンスター・フラーの発見において完結する。
すなわち、共鳴型テンセグリティ構造原理の発見。
テンセグリティ構造は、耐震、免震、制振のどの機能も本質的に包含するが
それらの機能のためのどんな部材も存在しない。

テンセグリティ構造には、どんな多重化システムもデザインされていない。
すべての局所的破壊から構造の深刻な破壊に連鎖しないために
優れた外力分散機能が自動生成されているのである。

建築学は、いまもフラーによる決定的な<リダンダンシーという概念の崩壊>を退けている。

予め構造を構造材によって多重化する行為で
そして、人々を構造の安全性への広範囲な幻想に閉じ込めたままである。

死因贈与

子供のもっとも関心のある出来事に無関心な、
それゆえに裕福な両親は珍しくない。

愛を装った人たちによって
無関心は意図的に教育されている。

無関心は、その主体が死んだら贈与する、
あるいは、
贈与される富にはもっとも関心がある。

<構造>の統合性

バックミンスター・フラーレーンの
構造安定性をテンセグリティ原理で理解する物理学者も存在しない。

なぜなら、バックミンスター・フラーが<構造>と呼んだものを
古いコードでシナジーを除外してコード化して
軽量化と安全性と経済性が融合した<構造>を阻止しようとする意志が、
さらには、テンセグリティを解釈する基礎を必要とする不安定なグリッドとして
人々に提示する専門家の行き詰まった意図が
<構造>の統合性の理解を阻んでいる。

シナジェティクスとデザインサイエンスとの融合のみが
軽量化と安全性と経済性が融合した<構造>を発見し物質化する。

原理とデザイン

日々のモデリングの中の陳腐化によって
引きずり込まれる突然の空虚こそ、
そして直ちに起こるモデル言語の誕生こそ、
構造原理という物理的存在形式を定義するだろう。

デザインサイエンスにおける
デザインとは
安全性、施工性、分解性、移動性、経済性、
そして軽量化を生成するための構造原理を
部分と全体の絶えざる相互作用から発見するだけではなく
それらを相互に調整する行為である。

学ぶ方法について(再考)

新しい何かを学ぶ過程は
それほど純粋でなもなければ
素晴らしくもない理由を経験しなければ
どんな知的な挑戦も無謀に終わるだろう。

「何かを学ぶには
すべての権威からの離脱と
服従への拒否が必要である。

学ぶためのエネルギーの99%は
その過程に費やされるだろう。

こうした学ぶための環境条件の整備は
学校では最初から除外されている。

理事会と建物(=土地不動産)、そして教師の権威を予め受容した学校という
学ぶための非効果的な環境条件は
子供には拒否できないシステムで運営されている。」

2012年6月27日 犬のしっぽブログから引用

直観と直感

直観(intuition)が教育の対象にならなかったのは、
直観が内包するメタフィジックスを奪われたからだ。

そして権威と競争に依存する学習に追われている。

シナジーが科学の対象にならなかったのは、
自然が内包する未知を奪われたからだ。
あるいは、宇宙が内包するメタフィジックスを除外したからだ。

そして計算力と情報量に依存する学習に追われている。
科学は、直観と直感を区別することができない。

シナジェティクスは、
直観と美によって初めて
Cosmic Integrityが認識される
メタフィジックスである。

地球の裏庭(back door)

限界集落は拡大しながら
耕作が放棄されていく無数の荒地を形成し、
農村共同体自体とさらに農村と都市とをより分け隔てているが、
モバイルシェルターや水の完全再生テクノロジーを含む
4つの無のテクノロジー(無柱、無管、無線、無軌道)は、
生産性を持たないこれらの領域を超えて互いに遊離した個人が再び接近し、
人類が共通に持っている地球の表面に対するこのテクノロジーとその権利を
最小限のコロニー間の相互交流の手段となることを可能にしてくれる。

われわれは、無意味な生業と不可避的な失業を繰り返しながら、
遂に、広大な地球の裏庭(背戸=back door)の内部において
生存技術の目的意識の形成とその技術習得のための生存自体が可能になるのである。

資本主義がつねに、ロボットと荒地を所有するがゆえに。

Cosmograpfy(コスモグラフィー)

既存のインフラに生存形式を限定している空間構造から
生存形式を開放するために
構造を破壊する。

しかし、無限定の存在が生存方法を
消去した限界に引き戻すために
永遠の構造を発見する。

どちらかが、シナジェティクスで
他方がデザインサイエンスである。

概念と物質は
相補的な行為が非同時的に存在する
<Cosmograpfy(コスモグラフィー)>によって統合される。

参考
宇宙線(cosimic-ray)とコスモグラフィー

コズモグラフィー―シナジェティクス原理

メタフィジカルな生物学的現象

エネルギー、食料、水の生産と再生の統合されたテクノロジーは
人類においては、分析的に分断されて形成され、
意図的に解消されていると考えるべきだ。

自然を形成する未知なる不可視の奥底から
現実を決定しているような
生の決定的なメタフィジカルな生物学的現象を
そうした政治的な変異の集合体に見てはならない。
ましてミスリードされてはならない。

二重性

合法性と違法性のルールを組織する政治システムの二重性そのものが
政治家のモラルと処罰を曖昧にしている。

昼となく夜となく

古い重い構造で人が破壊され
昼となく夜となく未来に怯える時は、しばしばやって来る。

何のためにか。
怯える群れから離脱して
自らその仮想的な記号システムを破壊するために、
その構造を支えた概念の歴史的起源の解体と
その思考方法を教育するシステムの破壊、
そして、まったく異質な、しかし現実的な構造への転換に到るような
構造原理の発見とそれに基づいた認識を
群れから孤立した他者と共有することを意味している。

誰かに生存のための自律システムの開発と生産を
期待し委託する主観的な情況は終わった。

メタフィジックスなき過剰な物質群の相互の結合関係を
すっかり組み替える方法によって
未来からではなく
未知(unknown)を内包するシナジーから
構造とパターンをデザインして
現在を記号的過去からも未来からも客観的に解放するのだ。

プライムデザイン

思考の追従は、科学的態度の対極にあり
レトリックは、技術的手続の対極にある。
自発的で率直な話し方は、シナジェティクスに要求される。

機能を排除された形態デザインは、デザインサイエンスの対極にあり
部品交換の不可能な構造デザインは、
イニシアティブを放棄した宇宙ゴミである。

クライアントなき原寸大のプライムデザインは、
デザインサイエンスに要求される。

離脱シナジェティクス

自己を知る知識と方法を
自分のものにするためのシナジェティクスではなく、
自己からの離脱を可能にしてくれるシナジェティクスがなければ
自己を外から観ることはできない。

食料とエネルギー、そしてシェルターの外部的3大元素を統合するのは
シナジェティクスにある。

構造的思考

この21年間に、巨大地震を少なくとも3度も経験した建築構造学は
単に構造や形態デザインに関する学問であるだけではなく、
生命を保護する空間形成が安全な構造を保障する知識であることをも意味し
人間存在に対して規範的な態度をとる学問になるはずだった。

そもそも構造に対する定義が科学的になされていなかったことを
批判しないのは、構造学ではないのである。

法的に正常な構造に対して予測を超えた地震という考えではなく、
どんな地震に対しても正常な構造が存在するための構造的思考が
明らかに意識されることになった。

真に宇宙に適応した構造は、大地と人間社会には依存しない。

空間の配分

暗黙の空間の配分によって
住居デザインを人々に強制する方法は
こどもたちを物理的・空間的に配置させる義務教育を
実施する建築空間において始まり
動作や歩行姿勢・生活作法などの身体に関する
見えない政治的テクノロジーによって
長期的に矯正されていく。
(大多数は、夜空の見えない低すぎる天井の住宅に慣れきっている。)

政治的テクノロジーによって
自律的シェルターの空間デザインが
衰退しきっているのではなく
完全な無管、無柱、無線、無軌道で生存可能な
空間の配分に成功したシェルターを
誰もデザインしたことがないのである。

変換効率

建築の単位体積あたりの重量・エネルギーコストは、
植物の有機体システムを構成する細胞単位あたりのそれらと比較されたことがない。
エンジンの燃費は、決して植物の光エネルギー変換効率と比較されない。

デザインサイエンスは
包括的な変換効率から生命のための構造をデザインする。

構造の歴史

構造は構造安定性について、
振動を有害なものとして疎外する言語でしか語ることができなかった。
構造への批判または構造学自体への批判を通してしか
耐震・制振・免震に関するすべての構造の概念は
存在できないのである。

しかし、テンセグリティ構造は
振動を有益な者として受容するのではなく
外力などの振動を分散する過程で
振動そのものが構造自体を形成しているのである。

しばしば地震によって
テンセグリティ構造はより強化されるのである。

振動しない原子核が存在しないように。

偽装したエコロジー

エコロジーの起源は
ダーウィン一派の適者生存説を推進していた
動物分類学の権威ヘッケルにより、
生物学の一専門分野として創設されたにすぎない。

科学で偽装したエコロジーは
先験的メタフィジックスが決定的に不足したまま開始された。

分断されたエコロジーは
その後、地球温暖化説に利用されたのだ。

計画的偶然(precession)

デザインサイエンスが
自己に関わる現実のプロセスを反映したデザインから形成されると
思い込んでしまう一方で、
デザインサイエンスのプロトタイプ制作は
その資金調達において
もっとも平凡な方法に陥ってしまった。

デザインサイエンスのプロトタイプ制作に
必要な道具類や素材、そして制作環境は
プリセッション(計画的偶然)から始まる。

デザインサイエンスに
資金調達のためのプレゼンテーションは存在しない。

原理の発見のみが
デザインサイエンスの開発エネルギーと物質を誘導する。

優先課題

エネルギーと食料、そして住居のテクノロジーを
支配し、独占することが搾取の歴史的手段であり、
いまやそれらが人口を制御する重要な手段と化しているかぎり
彼らは決して安全で耐久性があり、安価な住居をデザインしない。

それらは、彼らの優先課題ではないからだ。

記号テクノロジー

金融工学は、もはや保護すべき国家や企業の名においてなされるのではない。
局所的な組織を超えて自分たちだけが生き残ることを目的にしてなされ、
人口全体の長期的な破産を前提として
国内外で戦争し殺し合うように訓練するための
包括的な記号テクノロジーを形成している。

国家を超越した企業体の構成員である金融工学者は、
グランチに雇用された経済学・会計学の専門家ではなく
それらを理解した産業テクノロジーにも精通した数学者や科学者である。

彼らはいまや権力テクノロジーの主要な部分である。

太陽系哺乳類

家を自分で作るための
自己のテクノロジーに
金融工学者と建築家たちは
これからも協力しない。

借金と長時間労働が
未来の失業者の群れを加速させている側の
<知の体系>と<太陽系>は無関係である。

<太陽系>では
風と光が買えないように
哺乳類は家を買わない。

非論理性

テンセグリティ構造は、構成要素であるはずの張力材と圧縮材を主体にしても、
分析されえないにも関わらず発見されたのであるが
テンセグリティの全体機能が分かったのは、その発見後である。

このシナジェティクスの非論理性の習得は、子供の時にしか理解できない。

真理の構造学

クリティカル・パス[=真理の構造学]における権力メカニズムの分析から、
社会の中で展開される闘争・対決・闘いと
その戦争の諸要素である様々な権力戦術によって
生産される様々な知がどのように作用するかが理解できるようになる。

その理解から生まれる新たな知が
これまでの権力戦術よりも
より統合された知を生んできたところに
真理の構造学がある。

シナジェティクスの探究においても
すべての科学的・数学的な概念形成過程に無関心ではいられない。

私の知る限り、『クリティカル・パス』を深い関心と共に
自発的に読み始めた13歳の少女に、
理科と数学の理解に明解な変化が始まった背景を説明できる。

もちろん、『クリティカル・パス』を写本するだけで
それらの成績が飛躍的に向上したことは
真理の構造学の目的ではなかった。

思考衛星

宇宙の諸規則の対する忠誠(faithful)という考え方が
前世紀から消滅しつつあり、既に消滅してしまった。

『コスモグラフィー』(バックミンスター・フラー著 梶川泰司 訳 白揚社 2007)は
最晩年のバックミンスター・フラーによるシナジェティクスへの入門書でも、遺稿でもない。

神秘とメタフィジックスの不在に応え
かつ<integrityの存在>に応えるべき探求は、
シナジェティクス原理の発見とそのための思考方法となったのである。

地球外探査衛星のように
バイオスフィアを外部から自在に探査する
重さのない一つの思考衛星なのだ。