月別アーカイブ: 2016年6月

大黒柱

権力は、住居の個性化というデザインで矯正し、階層化し、
構造の自律化を回避しようとする。

すでに家庭や学校における個性化によって
構造の<大黒柱>への依存性をより強化してきた方法と変わらない。

より太く重い<大黒柱>とそれを羨望するデザインが、
人々を圧死させてきたにもかかわらず
<大黒柱>は再生産されてきた。

権力が最も恐れているのは、構造の自律である。
真の構造の自律化によって、<大黒柱>は消滅する。

構造の内部へ

混血していくと、人類はすべて黒人になる。
生物学的に人類には人種は存在しない。

安定した構造が、互いに融合していけば
すべてテンセグリティになる。
——–人体を構成する70兆個の細胞のように。

そして、構造学的に、科学的に、
人類はまだ構造の内部には居住していない。

構造の内部へ移動して
e・食・住(energy-food-shelter)を満たす時が来たのである。

直観と美(再考)

<直観>と<美>は、
法律(=記号)と土地という人為的な富による権力作用の中に組み込まれ、
さらに後には、教育や医療、精神分析、
そして大量生産技術なとど相互に連動し統合されることで、
あるいは、宗教と共に除外され続けることで
その重要性と自立性に関して独自なエネルギーを失ってしまった。

<直観>と<美>なくして
モバイルシェルターがデザインできないのは
それらこそが生存と自己のテクノロジーに深く関与しているからである。

非生産的すぎるテクノロジー

生存するには非生産的すぎるこれまでのアーティファクトとノウハウのほとんどは、
権力構造に属する人間が考案した適者生存の産物である。

鯨のネットワークに比較すれば「電力と情報のネットワーク」さえ、
抜け目なく課金するための分断された局所的なネットワークである。

『宇宙エコロジー』バックミンスター・フラー+梶川泰司 著 から引用

無関心

両親は、愛情の現れとして
こどもに生命保険をかける。

同じ理由から
こどもに教育投資を施す。

感謝されたいだけではなく
こどもが何を感じ、
何を考えるかには無関心でいられるから。

そして、無関心は、無目的である人生を遠ざけるのだ。