月別アーカイブ: 2016年7月

続)アンチ・イノベーション<innovation>

自然にイノベーションやリノベーションは存在しない。
自然はすでに統合されたテクノロジーである。

群れから離れた個人がまったく新しいものを、発見、発明してきたのは
自然からの情報を受け取れやすくするためである。

自然からの情報を受け取れやすくするための自己教育方法から
シナジェティクスは生まれた。

自然からの情報を受け取れやすくするための
効果的なメタフィジックスの教育方法は
大学には未だ受け入れられない。

教師の存在意義が奪われるという妄想が支配しているかぎり
自己のテクノロジーは進化しない。

アンチ・イノベーション<innovation>

シナジェティクスにイノベーション<innovation>は馴染まない。

イノベーション<innovation>は、
生産を拡大するために新たな生産要素を導入したりする企業家の言語である。

発明は、物事の新しい結びつきを考え出すことにある。
さらに、発明の中から際だった独創性へと発展していく時、新しい概念が形成されている。

リノベーション<renovation>は、既にあるものを修復改善して複数の人間で評価する行為である。
これはもっとも簡単な事である。企業間の競争によってある段階までは達成できる。
日本企業はこの分野で優位さを維持してきた。

しかし、「成長に貢献するイノベーションの創造のための長期的 戦略指針」などは
それ自体、政治家や経済学者たちの妄想で汚染された言語である。
発明が産業を形成し、産業が経済を形成する産業史の歴然としたパターンに逆らっている。

<創造>行為に彼らの立案した長期的 戦略指針が意味をなさないばかりか、
そもそも人間にテクノロジーを<創造>することは不可能だからである。

デザインサイエンス教育

自動車やパソコンが、個人が好みに応じて自由に選べるように、
教育は、個人が好みに応じて自らを変えることを可能にすることを
知識によって理解することができる。

デザインサイエンスは、個人の思考や行動、そして知識を変えるよりも
環境を変えることを可能にする。

これは宇宙の諸原理が恒久的であるという条件でのみ可能なことだ。

したがって、デザインサイエンス教育は、自分を変えたい知識から始まらない。

固体の概念

構造とは、大地と結びついた固体的剛体主義のすべての効果、
むしろ、固体の概念と結びついた知のすべての効果を、
可能な限り、深く、そして広い範囲で暴き出すことに違いない。

例えば、太さと重さで誇る大黒柱のある家屋の崩壊によって
もっと太い柱を求める超専門分化主義を。

大黒柱は、固体の概念の象徴であるばかりか
もっとも重要な部分を構造に与えた固体的経済主義の終焉でもある。