月別アーカイブ: 2016年8月

未知へのシナジェティクスへ

表象がシナジェティクスモデル言語に完全には帰属させられてはいない。

つまり、多様性が予め結合した状態で主観に与えられてはいないことこそが、
宇宙の階層構造の諸表象との相互作用をつねに可能にする。

シナジェティクスモデルからの表象が
どのように触発されるかによっては規定されず、
表象を合成することにおいて自らのモデル言語を規定して行く回路がある。

バックミンスター・フラーが
即座に20代の私のその認識回路を看破した瞬間から
そしてその瞬間を共有したバックミンスター・フラー研究所
(1981年当時はフィラデルフィアのサイエンスセンター)という<磁場>から
自らの未知へのシナジェティクスが開始されたのだ。

知(Integrity)の探査における、師(マスター)の存在は明確であった。
しかし、彼の最晩年という希有な段階だったのである。

思考とモデリング

残されたモデリングに
思考した以上の情報が内在している現象を
経験したことがあるならば、
思考とモデリンググの相補性は
批判であると同時に存在論であるような
思考の方法の本質的な在り方なのである。

しかし、この方法によって、
つまり、ある種の<意図的>な戦略に沿って
自然のシナジェティクス原理を発見するまでには
10年の歳月がかかるだろう。

もし、それ以外の方法と試練で到達できたなら
野生の思考力を備えていたに違いない。

その野生の思考力こそ
外部宇宙との互換性があるに違いない。

抑圧の起源

人間に対する抑圧の起源には
政治的抑圧以外はそれほど注目されていないが
重い屋根と頑強で太い大黒柱からなる
物質的に過剰な住居の構造による
長い歴史的な抑圧がある。

あらゆる権力の起源は
重厚な存在を目指している。

概念の監獄

街頭や道路において
警察の厳戒な監視カメラが設置され、
日々の生活に対する絶えざる矯正力によって
のろまな群れが形成される。

太陽黒点がゼロになった宇宙的現実へと転換されないまま、
シナジェティクスを学習しても
概念の監獄から脱出できる保証はない。