月別アーカイブ: 2017年12月

銀河新年 テトラマ(TETRAMA)販売開始

シナジェティクス研究所からオリジナル教材を販売開始
全方位720度の正4面体世界地図
バックミンスター・フラーのダイマクションマップの不連続な海を連続化し、
矩形化した世界初の流体地理学的な投影法に基づく正4面体世界地図。

シナジェティクス研究所オリジナル教材
https://www.tensegrity.jp/

概念の解説 「全方位720度矩形画像モニタリングシステム」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%96%B9%E4%BD%8D720%E5%BA%A6%E7%9F%A9%E5%BD%A2%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

欠損(defect)

専門分化とは、細分化された能力である。
しかし細分化させる能力を分岐させ、
あるいは、
それらを統合させる場合にはほとんど無力である。

分断して統合する方法よりも
より統合する方法は、自然(=たとえば原子核)においては
質量欠損(mass defect)となる。

結合エネルギーによって質量が増減する現象は、
原子核だけに限らず化学反応やテンセグリティでも生じる。

欠損(defct)とは、統合(integrity)の現れである。

ハンドシェイク(handshake)

手を使う哺乳類の中で、互いに握手できるのは人間だけである。
手の感触からの情報量はかなりある。

PCでさえ、ハンドシェイクを確立するための手順は、
2点間の通信路を確定し、
本格的に通信を行うための事前のやり取りを自動的に行ってから、
通常の情報のデータ転送を行う。

握手しない名刺交換の情報量は極めて少ない。

究極のアブノックス

「人類は国家を存続させるための武器と税金という究極のアブノックスを発明すると同時に、
人間の一生には住居とエネルギー以外に食料、水、空気が1000トン以上必要である統計から、
手っ取り早くそしてくまなく生計を立てさせるためのお金と利子という人為的システムをでっち上げた。」
(『宇宙エコロジー』バックミンスター・フラー+梶川泰司 著 2004)
この現実を変革する政治指導者は、資本主義でも共産主義でも存続できない。

Think different between the original and the fake.4/4

テトラマ(Tetrama)の地図投影法の独創性とその概念は誰に帰属するのか。

「朝目覚めたらアイデアを思いついていた」
長期の偽装工作で自らをも欺くこの口実で
先行する概念を変革する動機付け(know why)までは偽装できない。

Think different between the original and the fake.2/4

テトラマ(Tetrama)の地図投影法の独創性とその概念は誰に帰属するのか。

「朝目覚めたらアイデアを思いついていた」
長期の偽装工作で自らをも欺くこの口実で
先行する概念を変革する動機付け(know why)までは偽装できない。

Think different between the original and the fake.3/4

テトラマ(Tetrama)の地図投影法の独創性とその概念は誰に帰属するのか。

「朝目覚めたらアイデアを思いついていた」
長期の偽装工作で自らをも欺くこの口実で
先行する概念を変革する動機付け(know why)までは偽装できない。

Think different between the original and the fake.1/4

テトラマ(Tetrama)の地図の投影法の独創性は誰に帰属するのか。

「朝目覚めたらアイデアを思いついていた」
長期の偽装工作で自らをも欺くこの口実で
先行する概念を変革する動機付け(know why)までは偽装できない。

不可視の回転軸と3種の軌道

革命(revolution)=re(逆らって)+volvere(回転する)
単なる逆回転なら、同じ軌道上に留まるだろう。

真の革命は、テトラヒリックスのように見えない回転軸(‎Axis of rotation)と
異なった3種の螺旋軌道(helical path)を生成する。
それらの軌道は互いに三角形化されるのである。

臆病者

臆病者のアイデアの起源は、たいてい外部の寄せ集めだ。
独創性の起源を秘匿し続ける臆病者のアイデアは、
ほとんど剽窃に費やされてきた。

外部の起源が分かれば、それぞれに空洞が残る。
知の起源は、アイデアではなく、発見されるのみである。

https://togetter.com/li/1142743

上記のように、私のこれまでの反論を支援する人々の直観的判断は正しい。
なぜなら、独創性の起源を秘匿し隠蔽した事実が真実であると証明された場合には違法性がなく、
批判し反論する者において真実と信ずる発言について相当の理由がある場合には、
故意もしくは過失がなく、不法行為は成立しないからだ。