カテゴリー別アーカイブ: グランチ

水・食料・エネルギー・シェルター

放射性物質の無意味な除染方法と
無謀な膨大なコストをみれば
長期的な短命化計画は明らかである。
水、食料、エネルギー、シェルターの4大元素を
相互に統合するノウハウは個人で実践できる。
大気圏内宇宙ではつねにモバイラーとしての個人が
この最優先課題をもっとも有利に解決できる。

長期的な短命化計画

スラム街での緩やかな隠蔽された死よりも
戦争による人間と都市の公開された短命さによって
死の危険性を計るのは兵器テクノロジーの主目的であった。
一方で過剰な砂糖とアルコールによる緩やかな死と
それに対抗する無謀なダイエットが人口を制御している。
長期的な短命化計画は
放射性物質の除染方法とその計画をみれば明らかである。

素食

人や動物が習慣的に摂る食事は、すべて規定食(ダイエット)である。
その規定食から逸脱することはとても難しい。
食事で思考する条件が制限されているからだろう。
自然農を実践し理解すると
習慣的な粗食からプリミティブな素食(平均的ベジタリアン)に
無理なく移行できる。

平凡化vs平均化

学校ほど圧縮力のみを高めて平凡化される場所はない。

地球の自転や月の公転によって海水には潮汐力が作用して
満月に満潮があっても平均海水面が存在するように、
自然は圧縮力と張力(=引力)との相互作用に満ちている。
自然には同時的な平凡化はなく
非同時的な平均化が絶えず調和を生成している。

平均(律)化には非鏡像性や反対称性が含まれる。

Gimme Shelter

真の空間製造技術とは
権力が引き受けた生命空間の領域が破綻する方法、つまり
エネルギーと食糧生産の自律性を生命空間に導入する方法である。
この方法は、大気圏外の宇宙ステーションの設計では前提条件である。

喜びと苦痛を分離するための
空間製造技術(=シェルターの量産化)は存在する。
なぜなら、平均的な人々の税金でその開発は賄えるから。

操作主義的科学

経験にのみ基づいて思考すれば
純粋な操作から未知の現実でさえ類推または再現できる
シナジェティクスは、
思考の確実性の前提に潜む偏見を無効にする
操作主義的科学である。
バックミンスターフラーがベクトル平衡体とそのシンメトリーを発見するまで
25世紀間の思考の暗黒時代が存在する。

SYNERGETICS; RBF
Fig. 465.03 Rotation of Four Axes of Vector Equilibrium:

マイクロ波

惑星地球での人類の最初の生存方法は
動物と植物を食料にするテクノロジーだった。
現代の自然・科学博物館で見られるのは
最良のテクノロジーの大半が武器に費やされてきた人類学の歴史である。
一方、テレビの料理番組ではほぼ電子レンジを使う。
第2次世界大戦のレーダー開発時に、
マイクロ波による加熱現象を偶然発見したことが電子レンジの始まりである。