ヒロシマノート」カテゴリーアーカイブ

対称性の破れ(Broken Symmetry)

世界権力構造は、資本主義と共産主義という
イデオロギーの左右対称性を維持してきた。
CPT対称性実験から左右の鏡像性は破綻していた。
対称性の破れは現象への局所的観察結果と見なされた。
しかし、自然は内部と外部の反転操作から
非鏡像的な反対称性を自発的に生成する。
自然は反対称性を含む。

「対称性の破れ Broken Symmetry」1989
反対称性の動くシナジェティクスモデル 
シナジェティクス研究所 梶川 泰司
一つの過程ですべての粒子がその反粒子で置き換わったものは、
もとの過程の鏡像と等価である現象に対する相似律が
シナジェティクスモデルに存在する、

黒いキノコはなぜ黒いか

巨大な核エネルギーは最短距離を選んだのだ。
原爆で吹き飛ばされたのではなく吸引されたのだ。
大量の地表の放射性物質は1時間後には上空一万メートルまで上昇した。
これが黒い雨となって
夕立のように激しく降下した。
ヒロシマ平和記念館で今日も上映されている原爆の瞬間のCGは
科学的に根拠をもたない黒いキノコの成長である。

アメリカ空軍が撮影した高度1万メートル上空からのキノコ雲。
キノコ雲よりもトルネードの方が黒いのは、
爆発によって形成された放射性物質を吸い上げているからだ。

キノコの螺旋は最短距離

黒い雨は、元安川の水と放射性物質から生成されている。
ピカドン(ヒロシマ原爆)で
一瞬の内に焼かれて吹き飛ばされたという。
しかし、次の瞬間に大量の人間が
川の水と建物の破片とが一緒に吸われて
上空に螺旋を描きながら
成長して黒いキノコの笠を開こうとしていた。

最初の原爆のニュースは、共同通信社の特派員による手書きのイラストだった。
キノコ雲の下には、巨大な螺旋状のトルネードが描かれている。

大気重力波

20世紀までの草の根運動は、一般大衆が
政党・結社などの指導者層に対する運動だった。
草と草の根は直接的に地域的に繋がっていた。
21世紀の草の根運動は、
互いに遠隔にいる分断された個人が形成する
浮遊するクラウド運動までに変貌する。
指導者がいないクラウドは決してパッケージされない。

クラウドはつねに大気重力波によって気象を変化させている。

重曹+みかん=食用

重曹は洗剤と違って食用であるから、
調理後に器具に重曹をスプレーをするよりも
使用する前にスプレーすれば、
クリーニングは驚くほど短時間となる。
付着した重曹の表面に形成される新たな油汚れが
重曹と反応して石鹸を作り、
その石鹸が調理器具の表面の汚れを
次回の調理前までに自動的に落とすからだ。
私の子供時代は洗剤は不要だった。

重曹+みかんの皮で重曹スプレーを作る

『男性・女性』

男性と女性の差異はしばしば差別化の理由にされる。
女性化する男性と男性化する女性は存在するが純粋な女性と男性は存在しない。
男性と女性は非相似的で
非鏡像的であるにも関わらず
女性は連続性に男性は非連続性を種族として維持するように
相補的機能がデザインされている。

ジャン=リュック・ゴダール監督作品「男性・女性」(1966年フランス)

無知と暗黒(darkness)の製造方法

無知と暗黒(darkness)の製造方法は
高度な軍事機密である。
義務教育における宿題と試験、
そして、半ば強制的な部活は効果的なアプリである。
動機と興味を
合法的に奪う無知と暗黒システムに従事するための。
たとえ草原で暮らしたとしても。

ロシア映画『草原の実験』(ISPYTANIE)の最終シーン
監督:アレクサンドル・コット

無知(darkness)の貯蔵システム

核兵器には
濃縮ウランを貯蔵できる原発が必要であった。
その原発の開発に税金を投入するためには
エネルギーの欠乏と
エネルギー危機が存在しなければならなかった。
原発の爆発後も、
原発の存続やエネルギー戦争には
専門分化によって常識に変換された
無知と暗黒(darkness)が不可欠である。

無知と暗黒(darkness)の製造方法は高度な軍事機密である。

比較する教育システム

劣等感も優越感も
自分より高い能力またはより低い能力との
比較から始まる。
理解度を試験で比較する教育システムは、
自分の間違いから遠ざかるために生まれる
権力構造の物まねである。
グランチが原爆投下による死者数と
戦争終結の効果を比較して
核開発を正当化したように。

人口や経済は面積比では表れせない。

停電テクノロジー

大地震で都市が大規模に停電するのは、
電力会社がウランもプルトニウムも電子も発見しなかったからだ。
さらに発電機を発明したわけではないし、
銅線ネットワークと電気メーターを量産したにすぎないからだ。
彼らは大多数の生命に関わるテクノロジーに無関心だ。
有線は地震に対して時代遅れだ。
バイオスフィアに停電はない。

自然に停電はない。バイオスフィアには1秒間に無数の落雷がある。