カテゴリー別アーカイブ: ヒロシマノート

早朝の天然酵母パン

天然酵母パンを最初に作ったのは幼稚園の授業だった。
葡萄から酵母菌を培養してパンを作る方法は
子どもの遊びを超えた革命的な知恵だった。
今では酵母と塩と小麦粉は
全自動で生化学的に8時間後に焼き上がる。
パンの香りで目覚める早朝は、いつもその鮮やかな記憶が漂っている。

HBで焼き上がった1.5斤の天然酵母パン
砂糖を入れなくとも多めの塩と小麦粉だけで十分に発酵する

内部被曝しないバイオスフィアまでに

人類に対する外部被曝も内部被曝も、
バイオスフィアにとってはすべ内部被曝である。
内部被曝しないバイオスフィアまでに
バンアレン帯という陽子と電子からなる放射線帯の核シェルターと
40億年間かけて原始大気に蓄積された放射性物質を減らす
微生物システムが必要だった。

バンアレン帯 Van Allen radiation belt 1958年発見

アナーキーな動的均衡

静的で固体的な安定を求める願望こそが無秩序の原因なのである。
テンセグリティの構造安定性を形成する振動は動的秩序をもたらす。
動的均衡を制御する構造は
本質的にアナーキーな(an-archi)主たる存在がない自然の秩序によって、
破壊を遠ざける振動数にするために
絶えず共振しながら安定する。

共鳴型テンセグリティモデル 直径100cm シナジェティクス研究所 制作 2008

心理作戦

人間が生きている限り被爆しないものがある。
それは知識である。
だからこそ、知識を扱う頭脳は洗脳されてきた。
この心理作戦には、
心理作戦には全軍事費の半分以上が毎年費やされてきた結果、
もはや洗脳されていることに気づかないほど巧みに洗練される。
実際、全軍事費がいくらか誰も知らない。

アウトドアにドアはなかった

近い未来よりも
遠い場所に喜びを求めて
人々が移動する時、
アウトドアにドアはなかった。
剥き出しのヒロシマは絶えることはないだろう。

見捨てられたありふれた畑を探して
超軽量の2層ミニバイオスフィアに棲み、
井戸を掘って微生物と共に畑をこしらえる。

裏庭のドアを開けてCosmic Fishingに出かける時、
静かな生活は何処にでも降りてくる。

「互いに掛け替えられる」存在

どんな製品にも理論にも死が訪れる。
「掛け替えのない」アイデアは存在しない。
アイデアは無尽蔵的に、欠点は次々と発見される。
そして、人間が思考した存在ではない原理だけが生き残る。
92の有限な元素が「互いに掛け替えられる」ように。

アボリジニという発端や発祥(origin)

アボリジニ(aborigine)とは、原住民という意味である。
狩猟採集生活を営む先住民をアボリジニと呼んだのは
イギリスによる植民地化政策からである。
アボリジニ(aborigine)とは、
ab-originalであり
最初の剥奪という意味がある。
abortionが妊娠中絶を意味するのは
最初の発育状態から除く行為だからだ。
発端や発祥(origin)は、
後から来た大多数の都合によって
より少数のアボリジニ(aborigine)にされてきた。

環礁での生活圏は那覇(NAGA)に始まる

哲学を真に理解したいなら、
哲学書を読むよりも哲学者になる可能性があるように、
国家という幻想を理解するには、
哲学者になる努力よりも
辺野古での権力の無謀さとメディアの無関心を
同時に体験する選択肢がある。
環礁での人類の生活圏はナーガに包囲された那覇(NAGA)に始まる。

2017年 那覇の世界最大級の成長する「微環礁」が発見された

人体の微量元素の存在比

地球惑星にはこれまでの星の一生の中で生まれたすべての元素が存在する。
この元素存在比は太陽系の元素存在比を複製している。
さらに人体の元素存在比は地球の元素存在比をほぼ複製している。
人体に放射性元素を加えて微量元素の存在比を変える権利は
電力会社と国家には存在しない。
人体の元素存在比は宇宙のメタフィジックスである。

【第2版・販売開始】『「図説」17都県放射能測定マップ+読み解き集』

https://minnanods.thebase.in/items/13861614