裏庭(背戸)」カテゴリーアーカイブ

無人グライダーの超軽量の翼とその生産工場

植物が自らの種子を全方向により遠方に
空輸する超軽量の無人グライダーの翼は、
螺旋状に飛行して滞空時間を延ばして
より高度を上げるチャンスを得るために
僅かに左右非対称にデザインされる。
それらは球状正四面体の果実の内部空間に
予め対称的にパッケージされ、さらに、
この強固な格納庫は無数のグライダーの生産工場を兼ねる。
かつて森に移動して群れで生存した植物は、
森から離脱するために、遂に飛行する機能を獲得した。

ハネフクベ(Alsomitra macrocarpa)(Wiki)
熟して割れた果実からグライダー状の羽根を付けた種子が落下・飛散する

強欲なシステムの犯罪

3.11以後、両親たちが何を食べてきたか以上に、
包囲された学生を救出する市民戦争によって、
生き方を変えれば何処に住みたいかが
子どもたちに見えはじめた時、
日本政府は、温存した芸能ネタや
IPS細胞の研究開発の打ち切りで
強欲なシステムの犯罪の隠蔽に明け暮れる。

すべての人為的構造は黄昏れる。

テンセグリティはモバイル生活器の元型

バックミンスターフラー研究所の
60トンものクロノファイルを検証した時、
驚くことに、テンセグリティ概念の発見とそのモデルに
ケネス・スネルソンはまったく関与していない事実が分かった。
彼がフラー独自のテンセグリティ概念を使用したこと以上に
その原理を構造として開発していないのだ。
つまり、美的価値に絶えず惹かれて
古典的表現様式へ固執する行為こそ
反シナジェティクスであり、
シナジェティクスの発展に貢献したとは考えにくい。

スネルソンが自分芸術作品に対して、
フラーのテンセグリティ以外の名称を考案していない事実は、
独創的な表現様式へ固執する行為にも反する。

テンセグリティ構造は、人類のためのモバイル生活器である。
展開型テンセグリティ構造 直径11mの縮小モデル図面  
制作 シナジェティクス研究所 梶川 泰司
バックミンスター・フラー生誕100年祭 1995 ニューヨークで展示

極地の裏庭に回帰したイヌイット

水も、食料も、エネルギーも欠乏しないデフォルトが形成され、
その後に、人間はバイオスフィアにやって来た。
大多数は、分断して支配される見えない牢獄に幽閉され、
幸運にもその牢獄の外で生き延びたとしても
「欠乏か、さもなくば過剰」という無知と引換に、
そのありふれたデフォルトは奪われ続けてきた。

しかし、移動するための人工物(外洋カヤック)を開発したイヌイットは、
住居構造の三角形化によって極地の裏庭に回帰できた。

クジラの骨でできた半地下の冬場住居=イグルーの元型(Wiki)
鯨の骨は、風雪に耐えるように互いに三角形化されている。
この強固なフレームは防水性に富んだアザラシの毛皮で被覆される。

伏流水は80年を経由する

早朝にコップ一杯の伏流水を飲む。
地下の温度が体内を巡る。
水分子を一つだけ分離して印を付けたとして
この分子が再び私の新陳代謝に加わることはないだろう。
もしバンアレン帯がなかったらこの確率さえ消えるだろう。
この現実は他の惑星との最良の出来事から成り立っている。 

北アルプスからの伏流水は80年を経由する。

この映画には圧倒的に他人が存在しない。

異なる経験を積むに従って
人生のシナリオを編集するという
時間を伴う予想外の試行錯誤が待ち伏せしている。
間違ったシナリオに耐えるよりも映画を見るほうが簡単だ。
時間を潰せると同時に他人を代理経験できるからだが、
7時間18分のこの映画には圧倒的に他人が存在しない。

『サタンタンゴ』4Kデジタル・レストア版
7時間18分あるのは、つまり人生と同じだからだ。(タル・ベーラ監督)

必要な物が何もない無常観があらゆる場所で充填される

百年前には観測機器さえなかったその場所が
自然災害に遭った場合、
どんな証拠から「百年に一度」が発せられるのか。
(僅か、三百年前、1707年の江戸時代中期に富士山は大噴火しているので
「三百年に一度」も周期的自然)
言葉が世界を様々に解釈する技法と化す時、
過去の間違った前提条件が最初に復旧され、
変革は後回しにされる。
必要な物が何もない無常観が
あらゆる場所で充填されるのが
平時(戦争と戦争の間)である。

エネルギーと水と食料を買わないで生存する方法は科学的に確立されている。
HI-SEAS(Hawaii Space Exploration Analog and Simulation) Mission 3
PHOTOGRAPH BY HI-SEAS/FACEBOOK

地球上の既製品を使う自律的技法

私はテンセグリティでこれまで三度行き詰まった。
最初は正確な高張力モデルを作成する技法に。
次は折りたためるテンセグリティ構造を
量産型シェルターに変換する理論に。
最後はそのテンセグリティシェルターを
既製品からのみで再現する経済的方法の発見に。
遂に、誰でも複製できる自律的技法は存在したのだ。

これまでの三度の行き詰まりは、
シナジェティクスが自然を模倣しないからだ。

一方、藻類のシェルターを複製する自律的技法は
1億年前以上に完成している。
同型モジュールから構成される藻類の正12面体状の殻が
構造力学的に安定しているのは
自然素材を完全に再生するための
数学とテクノロジーを習得しているからだ。
彼らにとって、既製品とは元素そのものなのだ。

藻類の破壊されたシェルターでは
正五角形状同型モジュールまでは破壊されていない。

http://www.mikrotax.org/Nannotax3/index.php?dir=Coccolithophores%2FNannolith+families+inc+sed%2FBraarudosphaeraceae%2FBraarudosphaera%2FBraarudosphaera+bigelowii

林檎と農薬を球状にコーティングするワックス

林檎に含まれるリノール酸等の脂肪酸が
林檎表面のろう物質を溶かすのでワックスが溶けたようにべた付く。
自然のワックスは重曹で安全に溶かせるが、
果実と農薬を球状にコーティングしたワックスは、
沸騰した湯をかければ瞬時に洗い流すことが出来る。
林檎が自ら封印した森の新鮮な香りが再生される。

熟したリンゴ表面はろう物質で覆われている。

偽テクノロジーは無為自然を遠ざける

自然は結果に対して責任を取らない。
破壊行為の復旧もしない。
人間との絆も必要としない。
始めと終わりがない無限の再生システムが
無機物から有機物まで一貫した無矛盾の過程を
再現するだけではなく、
どんな意図も超えて何もしないことで
すべてを成すシステムに到達したのだ。

火星の砂嵐の中を進む 映画「オデッセイ」より