裏庭(背戸)」カテゴリーアーカイブ

自分以外の環境を変える単独者

巨石は、動いてきた結果である。
森は、樹木が光を求めて移動してきたのではなく
単独では生存できない樹木が寄り添っているのである。
巨大都市は、人間が群れつづけながら入れ替わり
遂に移動しないことで安定する。
個人だけが「自分以外のすべて」である環境を変えられるように
死の危険性さえも受容する単独者モバイラーとして
デザインされている。

アル・ナスラ(Al-Naslaa)の体積が二分された巨石
サウジアラビア

重さのない冷却装置=自働気象システム

ドーム空間のベルヌ−イ効果による冷却作用は
台風の内部構造に相似律的に存在する。
ドーム内部を冷却するエネルギー源は
太陽熱による球面の反射熱から生まれる上昇気流である。
ドームの冷却装置は重さのない
自律的な自働気象システムだ。
太陽は動くシェルターに小さな台風を閉じ込める。

ジオデシックドームの冷却機能は
ベルヌ−イ効果による自律的な自動気象システムから生まれる

知識と食物との組合せ

頭が、良い悪いに分ける習慣は、
頭が、強い弱いでも分けられることには気づかない。
身体が、良い悪いに分ける習慣は、
身体が、強い弱いでも分けられることにも気づかない。
頭と体を、同時に組み合わせ生きる習慣がないのはなぜか。
知識と食物との組合せが
人間を生成し再生している宇宙がある。

KAJIKAWA Band
捻れて閉じたリングはテトラ構造を再生する。
https://www.tensegrity.jp

シナジーを除外してコード化した テクノロジー

フラーレーンの構造安定性を
テンセグリティ原理で理解する物理学者は未だいない。
シナジーを除外してコード化した
テクノロジーの記号システムは、
バックミンスター・フラーが構造と呼んだ自然を
容認できない。
軽量化と安全性と経済性が統合した
真の構造の理解を遠ざける。

Circuit Pattern Tensegrity:
In Anthony Pugh’s model 12 struts form four interlocking
but nontouching triangular circuits.
tensegrity

部分的破壊から推測できない 全体のシステムの働き 

テンセグリティにシンメトリックな美や動的平衡
そして付加されないリダンダンシーや
自律的な外力分散機能を望む前に
テンセグリティを破壊したことがあるだろうか。
部分と全体が破壊される時の
部分的破壊から推測できない
全体のシステムの働きが最も効果的に作用するその瞬間を

SYNERGETICS R.Buckminster Fuller 1975
Indefinitely Extensive Array of Tensegrity Icosahedra.
TENSEGRITY

テンセグリティはどこで生まれたか

TENSILE-INTEGRITY STRUCTUREの短縮形テンセグリティは、
動詞に複数の意味的または文法的単位が複合され名詞化された。
言語の形態学的類型の分布から見ると
シナジェティクスは分析的言語型の場所で生まれている。
しかし、構造とパターンが数字と互いに融合する
前例のない野性的な21世紀の視覚言語が
どの場所でどのように形成されるかは未知である。
http://synergetics.jp/tensegrityblog/

世界の言語の形態学的類型の分布
言語の型はどの場所で形成されるか
analytical
Fusional
Agglutinative
Polysynthetic

もう一つの現実

自然は、
光をわれわれの現実と一致させるための波動を生成するが、
原理と原理の間には、
波動が作り出す認識可能な質以上の
もう一つの現実がある。
複数の原理間には矛盾が存在しないという現実は
メタフィジックスにある。

マジックナンバーとシナジェティクス RBF 1975
A Vector Models of Atomic Nuclei: Magic Numbers:
In the structure of atomic nuclei there are certain numbers of neutrons and protons
which correspond to states of increased stability.
These numbers are known as the magic numbers and have the following values:
2, 8, 20, 28, 50, 82, and 126.

テンセグリティは原子核モデル

核力は陽子と中性子の間に働く力である。
離れた圧縮材の間に働く張力は
テンセグリティ構造を生成する。
核力が核子を原子核に結合するように
張力は不連続な圧縮材を相互結合する。
自然の構造のシナジーの起源に関する相似律が存在する。
テンセグリティは原子核モデルである。

http://synergetics.jp/tensegrityblog/
30−Struts Tensegrity Model 
シナジェティクス研究所制作 2007 

テンセグリティはジョイントレスではない

テンセグリティが
結合角度を統合的にかつ動的に
向上させることができるのは
ジョイントレスであるという理解は
多面体が固体(Solid)として見立てる習慣と変わらない。
真のテンセグリティジョイントは
圧縮力と張力を相互変換するノードとなり
重要な張力調整機能がある。

テンセグリティモデル 制作 シナジェティクス研究所