月別アーカイブ: 2006年6月

ロイヤリティ

アメリカの特許庁の玄関の石には
「特許制度は天才という火に利益という油を注いだ」
というアメリカ大統領リンカーンの言葉が刻まれている。

特許権使用料の概念は弁護士でもあったリンカーンが策定した。アメリカ大統領が武力を発動し、アメリカの「統一」を保つために発明家たちに武器の特許出願を奨励する歴史がはじまった。
21世紀のデザイナーが開発したがるのは、人間が人間を少しでもより巧妙に支配するための技術を開発しようという目的に効果的な人工物ばかりであることは、この歴史が説明する。
この200年間のデザイナーを支配するための単純な技術は、ロイヤリティ(royalty)というご褒美である。
ロイヤリティとは、語源的に王の特権、 採掘権を意味する。
リンカーンは王の特権を個人に分散化した最初の発明家であった。  Y.K

静的効果と動的効果


水を撒くときホースの先端を絞ると、水流は加速されてより遠くまで水が放出される。
水や風のような流体を加速するためにはノズル(加速管) が用いられてきた。
このノズルを反転させて太い方をホースの先端に取り付けるとホースの水は減速する。


ところが、加速管より減速管を用いた場合は、管の外部の自由流速よりも高い流速が得られることがわかった。このノズルの中にプロペラを入れてその回転からエネルギーを取り出すアイデアが最近の風車の歴史に登場した。
さらに意図的に風の流れに障害を発生させて後方に激しい渦流れを生じさせると、トリチェリーの原理から生じる低圧域によって入口での流れの加速がさらに促進される。(入り口と出口の増加する気圧差で先端部は冷却される。)入口付近で得られた加速する風速をプロペラで回転エネルギーに変換できる。

1と2は矛盾するように感じられる。ホースの場合はホース内部の流体に関しての原理である。加速管も減速管も全体が流体の中にある2の場合は、内部と外部のシナジー作用を考慮しなければならない。減速管と思われていた部品は、加速管として機能していたのである。間違った概念によってこの発明が登場するまでかなり制限されていたことになる。もっとも概念も含めて偉大な発明発見のテーマだから、こだわることは必要ないのであるが、発明者のレポートを見る限り、発明者自身がこの概念の重大な変更に気づいてない記述がある。

どのタイプの風車でも発電量は風速の3乗に比例する。
この風車は風車の静的なパーツが風速自体を増幅させるので3乗以上の効率がある。結果的に発電量が従来のおよそ5倍になる。エネルギーを取り出す場合は動的な回転装置だけではなく、風の速度自体を外部入力なしで局所的に増幅させる静的装置とのシナジー作用が発見されたのである。このシナジー作用には、外部と内部とのフィードバックが存在する。  Y.K

参照
風レンズマイクロ風車の開発
http://www.jsme.or.jp/publish/kaisi/040701t.pdf

位置センサー

雲の中またはその近くにいると雲は見えない。

雲には雲の境界線が観察者から見えるまで雲という対象物と概念は存在しない。それまではだだの水蒸気である。

観察者も一緒に雲の中に入っている場合、基準を外に探さなければならない。このような場合に基準になるのは地球という大気圏である。
さらに観察者も一緒に大気圏内に入っている場合、基準を外に探さなければならない。このような場合に基準になるのは宇宙である。
宇宙に対する姿勢や位置を正しく知るにはセンサーが必要である。
人間の場合、三半規管による姿勢制御で90度の重力との相互作用が学習することなく予め装備されている。しかし、高速で移動すると姿勢や位置を正しく知るこのセンサーはまったく役に立たなくなる。つまり宇宙に対する姿勢や位置を正しく知るにはセンサーを外部化しなければならない。天文学や航海術から幾何学が発展したのはこうした宇宙を基準とした絶対的センサーをデザインする必要があったのである。局所的な場所にいても地球を外から見るオペレーションを純化した。

しかし、飛行するどんな動物や昆虫でも生得的に装備された宇宙を基準としたセンサーが機能する。
たとえば、昆虫は偏光を識別できる。昆虫の複眼の中には、特定の偏光方向に敏感な視覚細胞が色々な方位に規則正しく集合している。また昆虫は自然界の偏光をうまく利用している。例えば、ミツバチは太陽の偏極を基準にして太陽の見えない曇天であっても方向を間違えないで長い距離を飛行できる。また、ある種のカゲロウは生殖期になると水溜まりの固有の反射光の偏光を求めて集合する。
昆虫には天文学や幾何学はなくても宇宙に対する姿勢や位置を正しく知るセンサーが予めデザインされている。 Y.K

雑草と海草

森は他にすることがないほど緩やかに再生するように見えるが本当は、ゆっくりと人間には感じられない速度で移動している。海に向かって。
現在の人類が海から内陸に向かって自然森を根絶やしにしたと同じように、人類がいなければ惑星地球全体を覆っていたのだから。だから、いまでも森と共生していた雑草は海草になって生き延びている。  Y.K

デフォルト

教室でノートに書きとめられた情報はたいてい教科書に書かれている。
情報を複製するだけではつまらない。
情報は複製よりも生成されやすい。

シナジェティクスのモデリングを始めよう。複製された尊敬とちがって、それは喜びをとおした理解だ。試行錯誤というひとつの軌道を生成させるには、見た目は美しくない最初の軌道を本棚に飾ろうと思ってはいけない。失敗作を廃棄する学校の悪い習慣を受け入れてはならない。
失敗はフィジクスではなく、人類固有の神秘(ミスティック・ミステイク)であり、メタフィジクスへの入口だ。
失敗は優れたデフォルトである。
構造とパターンを統合するための。  Y.K

バックミンスター・フラーとイサム・ノグチ展

デザインサイエンスは個人的に所有できる人工物デザインを除外した最初のコロニーである。
この展覧会はこのコロニーの貴重な軌跡を再現した。
例えば、ダイマクション・カーは、車体とタイヤが受ける空気抵抗を軽減するために、風洞実験から生まれた人類初のエアロダイナミクスデザインである。

フラーとノグチという独立したオリジナリティの強い結びつきには、パウリの排他原理が働く。
1つの原子軌道に属する2つの電子は、全く同一の量子状態を持つことはできない。
2つの異なった粒子は、自転軸の向きに対して90度の方向を中心として唯一の大円軌道上を回転しているのが見える。共通した軌道が、あたかも人工物という同一の中心テーマを仮想的に存在させている。

「所有は、社会的な喜びより重要とは思われない。この新たな目的なくして、彫刻という意味は、存在し得ないのである。」
このイサム・ノグチの言葉から、「彫刻」を「デザインサイエンス」に入れ替えても、2つの異なった粒子は普遍的にふるまうことができる。
こうした軌跡は、この原子核コロニーに最初から属していたもう一人のアーティストサイエンティストであるショージ・サダオ氏しか編集できなかった。

だが、気をつけなければならない。
これらの交換可能な目的には、対象物に衝突しないとき、元にかえってくるブーメランのようなプリミティブな張力プリセッションがいまも存在する。
目標に到達しない過去のエネルギーはわれわれ自身に激突する。
われわれとは天才たちの仕事を伝記のように尊敬ばかりしている主観的傍観者の場合である。
“Man knows so much and does so little. ” RBF
これは彼の忠告だろうか。 
否、傍観者に容赦なく飛来するメタフィジクスのブーメランだ。

バックミンスター・フラーとイサム・ノグチ論というもっとも困難な評論は21世紀に持ち越されている。

Tetrahelix Room 3.coc.jpg
Best of Friends: R. Buckminster Fuller and Isamu NoguchiOn view at The Noguchi MuseumMay 19, 2006 〜 October 15, 2006
http://www.noguchi.org/exhibitions.html

生きたデータベース

世界中の雑草の原種はすでに世界権力構造によって収集されてきた。
その中に日本の古代米の原種も当然含まれている。
雑草天国の日本では想像しにくいが、あらゆる穀物はかつての雑草の原種から改良された結果であるという単純な理論がやがて人々を支配するだろう。遺伝子組み換えにはこうした生きたデータベースがなければならない。このデータベースがあるからこそ遺伝子組み換えのリスクヘッジにのためにむしろ無数の原種という<現実>が担保されていくのだ。地球上の表土全体が球面モニター上でのシミュレーションような役目を負わされている。
世界中の雑草データベースは、未開民族や少数民族の血液が遺伝子治療の特許開発のために風土病の調査を装った医療チームによって、密かに採血される方法と酷似している。  Y.K

暇森と忙人

人間が数百万年かけてやっと破壊的なほどの無駄遣いを覚えたのに、森の広葉樹は四分の一世紀おきに伐採すればまたすぐに生えてくる。
自然はなぜ、再生というお金のかからない方法をわざわざ繰り返しているのか。
「忙しくて時間がない」モバイラーと違って、森は時間を自ら生成する。
この時間にほとんどの人間は耐えられないようにデザインされている。例えば年輪だ。人間はこんなにじっとしていられない。  Y.K

ハイパーハイブリッド

雑草の種にも天然の淡水資源と同じような「価値のパラドックス」が発生しないと誰がいえようか。
天然水は有用だがガソリンのように高価になったように、雑草の種が無用であったときは安価ですらなかったが、除草剤や化学肥料に変わる役割が認識されたとき、タダのタネではなくなるのだ。

雑草と稲作は一種の共生関係にあるという自然農の発見こそ地下埋蔵資源を独占してきた権力構造が開発した農業テクノロジーと深く対立する。
しかし、この対立こそが都市と農村が共生する前に発生しなければ、小さなペットボトルに入れられた自然採取の複数の雑草の種(これが真のハイパーハイブリッド)は、やがて家庭菜園のオークションで売られていくだろう。

稀少価値は、使用価値に基づいた資本主義の源泉であるが、天然水や雑草のタネは商品に投下された「労働量」とは無関係に自然界という無人工場で自然エネルギーを100%再利用しながら完全自動生産されている。
この矛盾を解消するのが自然資本主義なのであるが、どのタイプの資本主義も惑星地球のエコロジー基本システムの開発に関与した歴史はない。  Y.K

ユビキタス桃源郷

高齢、過疎化で中山間地の農地が荒れるというのは科学的ではない。 
農地は雑草によってより豊壌になっている。
休耕田は稲作により優位な環境を整えている。
高齢、過疎化の農村は、電子的格差社会が偶然に用意した自然農革命のためのプリセッション(副作用)である。

ブロードバンドがなくとも他に求められないほど希有な気象と地理的条件によって、無農薬自然農米と野菜だけで生活できる場所に感謝しよう。10年以内に330万世帯が住まう中山間地がユビキタス桃源郷に接近することは科学的に可能である。
不耕起自然農によって水田稲作という農耕のメカニズムにこれまでない大変革が生じている現実をみれば、もはや自然農理論の探査段階ではなく、生産者と消費者による相互理解の段階になっている。
それを阻んでいるのは稲作に対する間違った数千年の絶えざる刷り込みではなく、人間が雑草に対する敵意を抱くための雑草という植物に対する無知だけである。
この無知の維持には、毎年膨大なコストが使われている。
このコストには、枯れ葉剤を開発し除草剤に転用する軍事費なども含まれている。  Y.K

さらにトポロジーデザインの終焉

「+チームガイスト」でさえ、ぎっしり詰め込まれた空気の塊、つまり
気体が表皮を中心から外側の全方向に向かって押している固体状の球面を想定している。
連続的な表皮でできた閉じた球面は、外部に出ていくことができない気体の圧力で丸い形状を保持できると捉えている。
これは悪しき固体物理学である。
サッカーボールは人間が血の詰まったただの袋ではないように空気の入った堅い袋ではないのだ。

情報に関してネットワークが存在するようにサッカーボールも動的なエネルギー・ネットワークが存在する。
選手から強烈なシュートの打撃を受けても内部の気体分子が外部に逃れられないほど空気の分子よりも微細な穴のあるネットワークが空気の分子と相互作用した結果がほぼ球体に見えるのである。

選手がシュートする前から「固体」ではない。
見えないネットワークはつねに振動しているのである。

サッカーボールは、ゴールのネットのように穴だらけであるばかりでなく、完全に不連続である。
連続的な「固体」が存在しないように連続的な「皮膜」も存在しない。

このことを理解したらならば、サッカーボールの「皮膜」デザインの流行は終わり、穴だらけのテンセグリティ球としての構造デザインに移行するにちがいない。
テンセグリティのように内部の空洞が見えるサッカーボールが究極のサッカーボールだ。
そのとき、再び5回対称性は復活するだろう。これは外力分散システムの問題だ。  Y.K

キュービックなサッカーボール

「+チームガイスト」(写真上)は2006年ワールドカップドイツ大会で使用されるアディダス製の試合球である。
とにかく丸い。

teamgeist.jpg

6枚のプロペラ型パネルと8枚の三角形状パネルを組み合わせて
ボール表面の微細な凹凸を無くし、より球体を実現するデザインだ。

「+チームガイスト」はトポロジー的に見て原型は切頭8面体であることがわかる。
6枚のプロペラ型パネルは正方形から8枚の三角形状パネルは正三角形から変形可能である。
従来は5角形と6角形の32枚のパネルを張り合わせた32面体(写真下)だから面数を約60%減少させている。

teamgeist01.jpeg

そればかりか、これまでの5回対称性(=正20面体の対称性)は完全に破棄されている。数学的には双対性の原型から、キュービックでも8面体でもある。従来では球面の精度を上げるために面数を増加させたのであるが、縫製技術の革命によってデザインの根拠は反転して面数が少ないほど球面の精度は向上すると考えられる。
しかし、新旧のデザインにも共通しているのは、
構成部材の縫合される交差点(見かけ上の頂点)は常に3叉路である。
しかし、この三叉路の数は従来のサッカーボールでは60カ所あったが、このデザインでは60%減の24カ所である。

この面数と頂点数を劇的に減少させるデザインによって、
さらに縫合部分の全距離の短縮によって球面の精度と耐久性は著しく向上する。
特に試合中の変形度が低下するはずだ。
縫製部分の水分の吸収量も抑えられ、雨天時もボールコントロールはかなり容易になる。

これらの基本性能の革命によって、従来のデザインは完全に陳腐化されたといっていい。
今回のサッカーボールの機能デザインは、
グラフィカルな表面デザインではなくトポロジー理論から生まれた優れた解決法の一つである。  Y.K

流体地理学

都市はエネルギー、食料、住居のシントロピーから遠ざかることで成立している。

日本のほとんどの都市も海のそばにある。
都市はエネルギー、食料、住居のエントロピーの出口で人間を抱擁することを覚えたのだ。

私は直感ではなく直観的に生活する入り口を見つけるために海ではなく森のそばに棲んでいる。
しかし、私以外にたいした変化は見られないので、友人は古典的エコロジーと言っているが、
真の森は人間を排除している事実を知らないでいる。
森林浴が健康にいいのはせいぜい里山という人工林だ。
真の海は人間を排除している。
真の大気は人間を排除している。

どこに住もうが、すべての矛盾を川へそして海に大気に流しているのだから。
入り口はもう僅かしかない。
これが私の直観だ。  Y.K

黒ぼく土

遺跡はたいてい大地を掘り起こして発見される。
なぜ埋まっているのか。
私のこどもの頃からの単純な疑問であった。
砂漠では恐竜の骨が露出したままで発見されていたからである。

光合成による炭酸同化作用によってバイオマスは堆積する。
そして火山活動によって、火山灰も堆積する。

黒ぼく土は火山灰からできた土壌で、有機物をたくさん含んだ黒色をしている。
褐色森林土という中央中国山脈を代表する土壌によって、褐色森林土は場所によっては5mに達している。
黄砂のように大地が削られている砂漠地帯もあるが、私は地球の半径が徐々に増大している場所が好きだ。
焚き火をするために薪を買わなければならない場所からは100キロは離れている。  Y.K

反対称性

頭の良い人は自分を頭が良いとは思っていない。
頭の悪い人は自分を頭が悪いとは思っていない。
しかし、狡い人はたいてい自分を頭が良いと思っている。

真の正直者は頭が良い悪いなどにこだわらない場所を見つけている。  Y.K

空力学的パッケージ

サッカーボールのシュートから学ぶエアロダイナミクスはスポーツバッグの形態デザインにも応用できるだろう。
ここでは、パッケージの左右のニッティングの対称性に注目すべきである。
鏡対称は空力学的に処理された結果である。
ただし、この空気による見えないパッケージではシュートでの回転は無視されている。

優れたキーパーは、ボールの回転と軌道を瞬時に読まなければならない。
惑星地球人は地球の自転と公転による大気のエアロダイナミクスを読まなければカトリーナ級のシュートを何度も受けることだろう。
温暖化のエアロダイナミクスは惨めなオウンゴールに終わる。

大気圏の動的なパッケージデザインの見事さはアーティストサイエンティストの卓越した想像力以外、最近まで可視化できなかったのである。  Y.K

pth_3_sm.jpg
http://www.fluent.com/news/pr/pr132.htm

熊の出生率

観察からシナジーは生まれない。シナジーは偶然に発見されるのみである。
熊を数えれば、森の大きさが測れるのである。
しかし熊は常に移動しているので数えるのはコストがかかる。
森の大きさを衛星から測る方が簡単である。

森とはブナの広葉樹林である。
この森こそが熊の出生率を決定しているということから
熊が増えればこのブナ林も拡張することが理解されなければならない。

同様に、人類の出生率を下げるには、電気エネルギーの消費量を上げれば良いのである。
人口増加はつねに電気エネルギーの消費量が少ない地域で発生している。
こうした根本的なモノの見方はたいてい見えないモノとの関係の発見に始終しなければならない。
しばしばその理解に1世紀以上を要することがやっと分かってきたのだ。
われわれが物質的理解だけに期待しているならば。  Y.K

熊の絶滅計画と保護計画

私は数学者として統計学の数字を無意識に追跡する習性がある。

昨日、西中国山地に生息するツキノワグマは現在推定300〜740頭との調査結果が発表された。
しかし、6年前の2002年度の280〜680頭に比べて微増したという発表は、2004年度、広島、山口、島根の三県では260頭が捕獲され、放獣されるなどした28頭を除いてすべて殺処分されている事実と矛盾する。
なぜなら2004年度は熊の総数の半分を虐殺した事実を無視して微増しているとは矛盾である。
熊の出生率から推定すると熊は微増したのではなく、明らかに虐殺によって激減しているのである。
現在の数字が間違っていないのならば、6年前の調査がいい加減なのである。
 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200606060111.html

私の住む季節風の激しい豪雪地域では人が襲われる被害は一件もないが、そのことが熊が少ないことにはならない。
中央中国山脈では熊は里山に降りてくるのではなく、いつものコースを散歩しているのである。
衛星から観察した結果では、熊の一日の移動距離は30キロ以上である。
少なくとも中国山脈の過疎の村々では人口密度よりは熊の密度が多いのは自然だ。われわれが寝ている間、熊は自由に散歩している。熊は夜行性なのだ。
人間の熊への関心が少ないので夜間に観察されていないだけだ。村人にはイノシシと熊は昼間の狩猟の対象でしかない。
密度は最も高い地域で「 3.4平方キロメートルに1頭」らしいが、もし虐殺されていなかたったばらば、密度は単純に倍になっていただろう。つまり「 3.4平方キロメートルに2頭」以上だ。

ツキノワグマは西中国山地以上に中央中国山脈のブナ林に生息してきた。しかし、地形が入り組み雪が少ない西中国山地しかツキノワグマの生息数は推定できない。それが現在の調査技術のレベルであるという前提がある。この前提こそが統計を怪しくしている。
熊と森の生存はこの技術レベルで決められているならば、熊の絶滅計画と保護計画は貧しい思考の表裏だ。

人とクマとの共生を考える保護計画の策定は、いつものように自然環境の保護を前提としているように思われる。しかし、熊の大量虐殺という負のシナジェティクスオペレーションが森を短期間に破滅に導くという認識はそこには欠落しているにちがいない。  Y.K

面点師

中国のうどん屋は面点師といわれる。
「点」は小麦粉であり麺は「面」である。

「面」の発見は、グルテンという張力の発見であり
幾何学法則の発見よりも人類を幸福にしてきた。

「面」の文化圏はパンと違って小麦を発酵させない文化圏である。
張力コントロールだけが面点師のわざではない。
「面」には発酵にはないフレーバーがある。

これから、あたらしい「面」の発見があるとするならば、生化学的構造デザインに依存する。  Y.K

ジオデシック構造

ジオデシック構造は適切にデザインされているとは限らない。
富士山頂ドームは直径10mのフレームだけで650kgを超える構造体であったが、
もちろん古めかしい構造計算の安全率のために
ヘリによる空輸の危険率は最大になっていた事実はほとんど知られていない。

従来の構造力学は、荷重を分散しない結晶質でできた柱や梁の圧縮力のみを
考察の対象とする法律的な基準でジオデシック構造を分析してきた。
これまで製作されたジオデシック・ドームの多くは、
その強度が、航空科学が採用した適切な安全率をはるかに超えるリダンダンシーを採用する。
建築家は航空科学者の3倍の安全率で顧客に安全を約束する。
テクノロジーに関する無知が増すにつれて、
無意味な恐怖心の裏返しである安全率が大きくなるのは、
安全率に比例してリダンダンシーも大きくなる一方で、
荷重を分散する自由度を狭めていくからである。
過剰な重量を抱え込む構造こそ死の危険を増大させコストを上昇させる。  Y.K

流体地理学

サケの遡上が多かった年は木の年輪の幅が広くなる。
熊によって森の中に運ばれた窒素は遂に1ヘクタール当り120kgとなり、
造林業者が人為的に施肥する窒素肥料の量に匹敵するからだ。
樹木に含まれる窒素の中でサケからの窒素分の割合を同位元素別で調査した結果、
鮭の溯上の3年後に樹木中のサケの窒素の増加が認められ、
すべての森の樹木の窒素の30% 以上がサケからのものであるというレポートを読んだ。

流体地理学では熊はシナジェティクス的オペレーションでサケを森に加えたので
海の一部が樹木に化身したのである。
加えられたサケで未知でなる森の情報は明らかに生成されていることを意味している。
サケは森が雲という移動する淡水を生成するための媒介者である。
熊とサケはこの流体地理学を知らない。
サケと熊は異なったシナジェティクス的オペレーションを媒介する。

海と森の価値も知らないサケと熊の行動とは異なる人類だけが
シナジェティクス的オペレーションに<意識的に>参加することによって、
海と森の価値をはじめて理解できるのだ。  Y.K

異なった存在 

富の定義が対立すること、
これはもっとも激しい葛藤を引き受けることでもある。
この葛藤を乗り越えたエコロジストはほとんどいないとしても、
富の新たな定義が地球的民主主義で採択されるわけではない。
少なくとも気体である水素と酸素が互いに水分子として結合する場合、
自然は地球的社会経済性を単純に超越する有理数的な富のシステムを採用する。  Y.K

シナジェティクス

元素の発見の歴史は、加速度的にあたらな元素が発見された根拠を科学的には偶然性に委ねたが、同時に、その神秘性はメタフィジクスに、その膨大なシステムの体系化はシナジェティクスに委ねられた。 そしてその産業化による経済性の恩恵(プリセッション)はデザインサイエンスに委ねられた。
1927年、それらをたった一人の無名の個人が構想していたという事実を受けいれなければ、バックミンスター・フラーの著作は世界中の本屋で瞑想精神世界に分類されたままだ。  Y.K

ウィルスとワクチン

昆虫ビジネスから<共有するシステム>という
エコシステム自体の開発費は除外されているにもかかわらず、
理由なき発見のほとんどには特許的な価値がある。
昆虫はあきらかに人類よりも種類と個体数が多いから、
昆虫と人間が必要とする閉じた環境に特定の生命を加える行為でそれまで未知であった情報が生成することはもっとも産業化されやすい。
生態系の破壊が進行すればするほど、
昆虫ビジネスにも<ウィルスとワクチン>の関係が登場しやすくなるだろう。  Y.K

外破と内破

グローバリゼーションは進行する。
かつての大英帝国という内部がアメリカ合衆国という看板の外部と入れ替わり、
現在その世界権力構造内部が内部から解体されていく。
外破と内破の違いは内破には開放がないことから無開放閉鎖音になるが、
無数の破裂音のテロと同時進行する。
内部はテロを新たな外部とすることでしか構造化できない。
これが内部が外部に資金調達するメカニズムである。  Y.K