月別アーカイブ: 2009年8月

映画

経験には、試行錯誤という
つねに時間を伴うシナリオがある。
ほとんどの人は、シナリオよりも映画を見たがる。
その場合は、簡単に時間を潰せるからだ。

遺伝子組換え農産物用の表示技術

大豆(枝豆、大豆もやしを含む)、とうもろこし、ばれいしょ、なたね、
綿実、アルファルファ、てん菜を使った加工食品には、
遺伝子組換え農産物の表示が義務づけられている。
しかし、「これらの農産物に限って食品の主な原材料ではない場合は
表示しなくてもいい。」という表示条件はほとんど知られていない。
その条件とは、各使用量を重い順に並べたときに4位以下で、
すべての原材料の重さに占める割合が5%未満の場合である。
加工済みの食料品からその割合を検査する時間とコストは、膨大だから、
モラルに訴えているだけで事実上罰則のない法律に近い。
こうした記号のテクノロジーは遺伝子工学の一部である。
食料の不足を前提に
日々の食料に、合法的に危険性や毒性を混入させるために。

無食から無職へ

食欲があっても食を買えなければ、
断食できるのがテクノロジーである。
空腹は、限界を超えれば食欲からの解放がやってくる。
職欲があっても職が見つけられなければ、
このテクノロジーを使えばいい。
無のテクノロジーに350万年も準備したお陰だ。

専門分化

過去はぎこちなく改ざんされ、
現在は抜け目なく編集される。
未来は、より空想的にデザインされる。
いつになったら、現実的に思考できるのか。
作詞や作曲まで分業して。

自然の法則(natural law)

英語圏では、自然の法則(natural law )は、
自然界の法則および人間社会の法則を含む概念である。
「自然破壊」という場合も人間社会の法則を包含した「自然」を前提にしている。
つまり、法律家資本主義(Law Capitalism)も、
「自然の法則」という上位概念に基づいたイデオロギーである。
法律家(Lawyer)もまたその概念に基づいた主要な専門分化である。
これほどアジア的自然観と異なった自然(nature)の概念のもとで、
政治・経済が進行しているとはほとんどの人は想像していないに違いない。
自然界の法則を発見するのは、人間の生得的な能力の一つである。
しかし、明らかに原理(principle)の形成に人間は関与できない存在である。
自然法則(natural law)を形成する権限は、人間にはない。
そして、驚くことにこの概念を表す言葉は、英語圏には存在しない。
「自然」から膨大な富を少数が独占するためには法律が必要だ。
社会の法律と自然の法則を、つねに同じ法律(=law)という言葉で
互換性をもたせ、富の強奪のための権力を維持するもっとも効果的な方法は、
概念の牢獄化を維持し続けることである。
(政権交代などでは、この概念は破壊できないほど根深い)
言語の違いや文化の違いのまえに、
この単純な話が包括的な誠実さ(integrity)で理解できるように
われわれはデザインされているにちがいない。
自然の法則に基づいて。

砂漠の機能

南極の気候はつねに寒冷であり、
この大陸の98%は氷で覆われている。
南極では雪は降るが雨はほとんど降らない。
気温が低すぎて、水蒸気が発生しにくいからだ。
大陸内部は、2%の海岸部分を除いて、
生物がほとんど棲息できない地球上の
最も大きな白い砂漠である。
降雨量も蒸発量ももっとも少ない乾燥地帯に、
バイオスフィアの60%の淡水が貯蔵されている。
人間が永住できない場所に
人間が必要とする資源が豊富に配置されているのは
偶然ではないだろう。
nankyoku.jpg

a rolling stone

狭い家に無理して住んでも金利を奪い、
節約した素食でも健康を奪い、
エネルギーを節約しても使う度に、
地球の富を少しずつ奪うシステムは
ついに水を独占しようとしている。
空気と光が残っている間に
しっかりひきこもるのも悪くない。
増えも減りもしないエネルギー宇宙に。
ここは奪われない唯一の球状シェルターだ。
転がる石にこけが生えないように、
スピンアウトだ。

過剰なテクノロジー

ジーンズには値段に応じて(高くなるほど)ダメージ加工が施してある。
ダメージ加工は機能を短命にするための技術である。
消費の向上のためにジーンズのファッション性が企画され、
意図的に糸を細く弱くしてダメージを効果的に進行させるのである。
こうした計画的陳腐化は、
家電や自動車、パソコンなどで馴染みがある。
肥料と農薬もまた農産物という植物へのダメージ加工に属するだろう。
計画的陳腐化は、不況下では急激に後退する。
つまり、不況下での価格と技術が、本来の性能と機能である。
ほとんどの生きるためのテクノロジーは前世紀に完成済みだ。

地主と海主、そして空主

より広大な正方形の土地の4隅は
90度よりも大きい。
その境界線が直線なら、境界線は地中に存在する。
ところが地主はそれほど広大な土地を所有できなかったので
この矛盾から不利益は生じなかった。
しかし、海主はこの問題に対処している。
賢明な海主は、2点間距離ではなく、
地球の中心角で海域を所有するだろう。
海主とは、第2次世界大戦までの海軍である。
正確な測量技術を伴なったナビゲーションシステムがなければ、
敵の現在位置は特定できない。
現在の衛星からの測量もまた、地球の中心を原点とする
中心角がもっとも信頼できる。
空主は、海域と空域、そして地表域を閉じた表面として
階層的に統合している。
半径が異なるすべての同心の球状階層は中心角だけで管理できる。

確率

宝くじに当選したらできることは
誰かがすでに世界中で実行していることだ。
例えば、宝くじを考案した連中は、
1等に当選した幸運な人よりも、良い暮らしをしている。
自分だけのために期待する確率は、時代遅れだ。

賢明

急いで行くときは、古い道を通る。
ゆっくり行けるときこそ、新しい道を探す。
そのうち、どこにもいく用がなくなったら、
独りで新しい道を造らなければならない。
だから、みんな忙しがっているんだ。

EVモード

田舎暮らしのいいところは、
エンジン音を聞くだけで誰って分かることだ。
それが都合悪い時は、
エンジンを止めて、モーターだけで走行(EVモード)できる
無音のハイブリッド車がぴったりだ。

馬力から太陽力へ

ヒトの脳の平均消費は最大40W程度である。
人体の消費エネルギー量は100W。
1馬力 = 735.5Wである。
馬は人間の体重の7倍程度だからである。
しかし、最新エコカーであるハイブリッドカーや電気自動車は、
まだ燃費で換算されている。
つまり、ガソリンリッターあたりの発電量で換算されている。
ガソリン1リッターのエネルギーは9.8kWであるが、
発電用のタービンのエネルギー変換率を30%程度で計算した場合である。
(宇宙飛行士が使う燃料電池ではじめて80%の効率になる。)
最新の電気自動車で1キロメートル走行するには125W必要である。
人体の消費エネルギー量と同程度である。
燃費の概念は電費に移行する。
電気自動車の電費は、
最新の太陽パネルの単位パネル(最大210W程度)あたりの発電量を
単位とすべきである。
つまり、馬力ではなく太陽力である。

個性

個性は、少ないほど余計に自惚れる。
あるいは、
より個性的になるために、何らかの欠点が与えられる。
個性は動的な相互作用である。

情報の共有

本や食べ物や音楽、そして天気予報など
だだ知るだけの方法、
ただ食べるだけの場所、
ただ感じるだけの時間は、
ありふれている。
学校やレストラン、そして映画館や美術館は
思考にとっては危険な場所だ。
いつでもどこでも思考できるなら、
情報を共有してはいけない。
異なった経験をつなぐ関係は、
経験の数の自乗で増加するばかりか、
それゆえに、他者と共有できないから。

情報植民地

情報には重さがない。
実際に、いっぱいになったハードディスクは、
イニシャライズした状態と重さに変化はない。
情報はモノではない。
支配者にとって、他者の頭蓋の中に存在する抽象的で重さのない思考を
感じることができないことは脅威であった。
しかし、最近ロボットの研究によって、
脳の電気的状態から喜怒哀楽を認識する装置が開発されている。
つまり、大気圏外から人類すべての感情をほぼリアルタイムで
ファイリングされる段階になるだろう。
Googleの検索項目の統計以上に、
究極の軍事的なモリタリングの開発は進んでいる。
大国が軍事的かつ経済的に支配してきた手段そのものが
時代遅れになろうとしている。
モノを消費させるシステムは、
情報を消費させて支配するシステムを生み、
ついに同じコトを主体的に思考させるシステムを発明してきた。

2つの水平線

真夏の水平線の朝日を4日連続して見たのは、1年前だ。
真冬の水平線の夕陽を見たのは、2年前だ。
真夏の海の夕日を見たのは、10年ぶりだ。
その両方の水平線が毎日見える場所をついに探した。
40年に一回の月食よりも人間に影響を与える場所だろう。
しかし、その場所に村落ができなかったのは、
明るすぎるからではなく、森がなかったからだろう。
2番目の場所はまだ知らないが、
きっとそこも海辺ではないだろう。

ふたたび反・地産地消

局所的に産まれて、局所的に消える
どんなエネルギーも物質も存在しない。
水や空気は、バイオスフィアを循環しているばかりか
そもそもエネルギーは増えも減りもしないから。
もし、農作物だけが例外的ならば、
われわれの体は、反宇宙的な存在である。

食糧自給率という暗黒時代の概念

食糧自給率が100%を越えるアメリカの農業は、
農業自体のエネルギー収支でみれば、
石油依存型で完全に破綻しているように、
補助金という農業支援だけで食糧自給率を
向上させることは、近視眼的である。
たとえば、補助金だらけの農業政策の結果、
アメリカの人口は日本の約2倍であるが、
年間の全食糧費5兆円の2割が廃棄されている。
日本では年間の全食糧費10兆円の2割は、廃棄されている。
エネルギー自給率が国内のエネルギー生産量の増加で解決できない場合、
エアコンや冷蔵庫、エコカーなどのエネルギー効率の改善によって
原油の輸入量を減少させたように、
食料自給率も、農業生産の過程および、生体内での
エネルギー変換率を改善して輸入量を減少させるべきである。
つまり、
食糧廃棄率を減少させれば、自給率は相対的に向上する。
そして、よく咀嚼すれば、栄養の吸収率ばかりか、
免疫力を高める健康な食生活法を向上させることができる。
より少ない、安全な食料で、より効果的に健康に生命を維持するための
テクノロジー(more with less)は存在する。
その一つに長寿食(マクロビオティック)がある。
そして、生命維持の生化学反応には、栄養学のカロリーベースで計量できない
種々の微量元素が含まれるが、
現在の食糧自給率の概念では、
栄養のない水や微量元素はまだ統合されていない。
食糧自給率は、国境毎の軍事的な兵站線の延長にすぎないからだ。

流体地理学2

不動産には、土地資本主義によって安定した固体的価値が注入される。
そして、地球は、周期的に反撃する。
地震という動産でその幻想性を。
陸、海、空ともにバイオスフィアは、流体から構成されている。
大陸プレートも本質的な流体である。
日本列島は、複数のビッグウェイブが交差する絶好のサーフポイントだ。
しかし、1本の波には基本的には1人しか乗ってはいけない。
「太平洋プレート」「フィリピン海プレート」
「ユーラシアプレート」「北米プレート」の4枚のプレート上で
もっとも危険な波乗りをして連中が、
東海サーファーたちだ。
彼らをビーチで観戦する場所も危険だ。2

料理

科学的原理を発見しても
不幸になる科学者はいるが、
新しい料理の発見は、
他人を同時に幸福にする。

金がないから何もできないのではなく、
ないのはお金だけと言い切れるかで定義される。

環境被爆

外部被爆は、人体の外部から飛んできた放射線を人体が吸収する場合である。
内部被爆は、アルファ線やガンマ線などの放射線が
細胞中のDNA分子と化学反応を起こし、遺伝情報を損傷する場合である。
内部と外部は、人体の表面を境界にした分類方法である。
内部被爆は、ウラン、プルトニウム、トリウムのような放射能をもつ物質が、
水や食料として取り込まれた場合を含む以上、
内部と外部は人体を基準に分割できない。
遺伝子の損傷からみれば、外部被爆も内部被爆も、
すべて遺伝子よりも外側の環境被爆が原因である。
人間の遺伝子情報だけの損傷だけではなく、
植物や動物を含む環境のすべての遺伝子の損傷については、
被爆の概念はまだ人体中心なのである。
(植物だって、ヒロシマの土壌に残留したセシウムによって内部被爆している。
人体内でカリウムと置き換わるので、半減期の概念では見逃されてきた。)

オバマジョリティ

今世紀でもっとも滑稽な造語の一つになるだろう。
アメリカの大統領が世界を平和にした歴史は存在しない。
宇宙のマジョリティは、
ウラニウムではなく、水素原子だ。
(ヒロシマ平和公園のベンチにて、市長の平和宣言を聞きながら)

元素存在比

人間が原爆を発明したことよりも、
自然がデザインしたプルトニウムの地球上での存在比と分布を
変化させたことの方が重大である。
核爆発の後、人間の気道を経由して骨と肝臓に沈着した
超ウラン元素プルトニウムの生物学的半減期が
半世紀間もあるからではなく、
46億年間のすべての生命体活動にとって、
プルトニウム は全く不必要な元素だったからである。

適応性

魅力的なモノを身につけて、
魅力的になる場合は、
相手にも魅力がない場合だ。
適応性は、消費することで買える。

FRB(米連邦準備制度理事会)

必要なモノを売らないで、
欲しいモノを買わせたいなら、
必要でないモノこそ価値がある。
必要でないモノの最高傑作は、
いつでも幻想と交換できる
紙幣である。
水と食料は汚染され、
資源とエネルギーは独占され、
住居の半分は金利でパッケージされている。
人類に必要なモノは、21世紀でも売られていない。

ガイア・テンセグリティ

テンセグリティは、棒とひもだけから成り立っているだろうか。
だれが張力を与えたのかという意志は、物質でない。
温暖化も寒冷化もそれぞれのデータからは正しくみえる。
事実にこだわる科学者を信じてはいけない。
二酸化炭素をお金と交換するシステムに、意志を託してはいけない。
真実は事実を統合したものではないから。

3つの栽培法の区別

先日、野菜の栽培法の表示に関する、
冷蔵庫を利用した簡単な見分け方を教えてもらったので、
実験方法を公開する。
比較する野菜は以下の3種類である。
1. 農薬と化学肥料で栽培された野菜
2. 有機農法で栽培された野菜
3. 自然農で栽培した野菜
たとえばキュウリの場合、
一ヶ月間程度冷蔵庫のなかで保存させると、
3種のキュウリはそれぞれどう変化するのだろう。
その結果は、3つの段階に区別された。
1は、溶解して液体になる。
2は、形は保っているが腐敗する。
3は、野菜のミイラになる。
1と2はもちろん強力な悪臭がする。
3にはまだ野菜独自の香りが残っている。
農薬は腐敗菌の繁殖を増殖させる役目があるのである。
農民たちは農薬の使用目的を消毒というが、
農薬自体の毒性は消えないだけではなく、保存期間中に腐敗作用に変換されている。
生化学反応は、部分からはけっして推測できないので、
栽培には包括的な知識が必要だ。